転職 カテゴリページ

このページでは誰にでもおすすめできる転職サイトと転職エージェントを紹介しています。

気になるところから読んでみてください。

より業界や年代に特化したおすすめの転職サイトが知りたい方は次からお選びください。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職エージェント 転職サイト 違い

リクナビNEXTとリクルートエージェントって何が違うの?

ハルカ

サトシ

リクナビNEXTは転職サイト、リクルートエージェントは転職エージェントだよ。その二つは似たようで別物なのでその違いを解説するね。

転職サイトと転職エージェントの違いはざっくり次の通りです。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違い

サトシ

転職活動のすべての工程を自分で進めていくのが転職サイトで、プロに助けてもらいながら進めていくのが転職エージェントです。
転職エージェントを使ったほうがプロからのサポートも受けられるしお得そうだね。じゃあ転職エージェントを使えばいいのかな?

ハルカ

サトシ

それぞれにメリット・デメリットがあるから、それを補填するためにも併用することがベストだよ。

関連記事:転職サイトと転職エージェントの違いを解説。使い分け方も紹介します。

おすすめの転職サイト

転職サイト 比較 ポジショニングマップ

求人数とスカウト機能の充実度合いでマッピングしました。

転職サイトごとにそれぞれ強みが異なるので、ご自身の状況に合わせて使い分けるようにしてみてください。

転職サイト メリット デメリット
キャリトレ ・大企業からもスカウトが届きやすい
・AIによる求人のおすすめの質が高い
・20代でないとあまり使えない
リクナビNEXT ・求人数が業界No.1
・オファーが届く(2万社以上が利用)
・求人が多すぎて選ぶのが難しい
ビズリーチ ・ハイキャリアの方はスカウトが届きやすい
・スカウトが求人の年収が高い
・ハイキャリアでないとあまり使えない
doda ・利用者満足度が業界No.1
・求人数が業界No.2
・メールが多い
Liiga ・若手高学歴向けの求人が大量にある
・コンサルティングファームなどの選考対策コンテンツが豊富
・高学歴でないと登録できない(審査制)
AMBI ・20代向けの求人が豊富
・サービスに遊び心が満載
・ハイキャリアでないと利用価値が薄い
マイナビ転職 ・マイナビエージェントと併用することで価値を発揮する ・リクナビNEXTやdodaに比べて特筆すべき特徴がない
type転職エージェント ・IT・通信業界に強い
・20代や第二新卒に特化
・他の転職サイトに比べて求人が少ない
en転職 ・CMなどで知名度が上がってきている
・スカウト機能が充実してない
・求人数が少ない

おすすめの転職エージェント

転職エージェント 比較 ポジショニングマップ

サポートの質と紹介される案件の量・質の2軸で比較しました。

転職エージェントは、担当者の質でサービスの質が大きく左右されてしまうため複数利用しましょう。

転職エージェント メリット デメリット
doda ・利用者満足度が90%と業界No.1
・職務経歴書や面接対策などサポートが非常に手厚い
・紹介される求人に質の低いものもある
リクルートエージェント ・求人数が業界No.1
・転職成功実績No.1
・メールや電話の対応が遅い
パソナキャリア ・サポートやフォローがどこよりも手厚い
・年収アップ成功率が高い
・リクルートエージェントやdodaに比べて求人数が少ない
JACリクルートメント ・担当者の質が圧倒的に高い
・外資系企業への転職に強い
・年収600万円程度ないと相手にしてもらえない
type転職エージェント ・IT業界への転職に強い ・首都圏の求人以外は非常に少ない
マイナビエージェント ・独占求人が多い ・担当者の質が低い場合が多い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です