Googleが導き出した「優れたマネージャー」が持つ10個の要素

Googleが導き出した「優れたマネージャー」が持つ10個の行動様式

組織においてマネージャーの存在は非常に重要です。

マネージャーの存在が、ビジネスの成果やチームのパフォーマンスに大きく影響をします。

しかし、多くの企業では適切にマネージャーを選出することができていなかったり、スキル開発が効果的に行われていない現状です。

とーます君

スキルがあって結果を出した人がそのままマネージャーになるケースが多いけど、プレーヤーで優れているからマネージャーでも優れているわけではないよね。

そんな状況の中、Googleは優れたマネージャーの要件を突き止めようとしました。

この記事では、Googleが研究によって導き出した優れたマネージャーが持つ10個の行動様式について説明します。

こんな人におすすめ!
  • 組織をマネジメントする立場にある人
  • 将来組織をマネジメントしたいと考えている人

Googleが導き出した「優れたマネージャー」が持つ10個の要素

優れたマネージャーの行動様式

Googleの研究チームは、まず初めに、「マネージャーの存在は重要性が低く、チームのパフォーマンスに影響を与えない」ことを証明しようとしました。

エンジニアが大半を占めていた時代のGoogleにおいては、マネージャーの存在はあくまでも官僚的な仕事をするだけの人であり、重要性が低いどころか、その存在自体が煙たがられていたためです。

とーます君

なるほど。最初は逆にマネージャーなんか要らないってことを証明しようとしたんだ。

そこでGoogleは以下の2つの定量的手法を用いてマネージャーの存在意義を確かめようとしました。

  • マネージャーの業績評価
  • 年 1 回実施される社員アンケートからのフィードバック

Googleの予想に反して、優れたマネージャーがいるチームのパフォーマンスは高く、メンバーもモチベーション高く働いていることが証明されました。

とーます君

マネージャーが重要だってことが定量的に証明できたんだね。

定量的に証明できたので、今度は定性的にどのようなマネージャーが優れているのかを調査しました。

マネージャーの業績とメンバーのアンケート結果により、優れたマネージャーには以下の10個の行動様式が存在することがわかったそうです。

  1. 良いコーチである
  2. チームに任せ、細かく管理しない
  3. チームの仕事面の成果だけでなく、健康を含めた充足性に配慮しインクルーシブ(包括的)なチーム環境を作る
  4. 生産性が高く、結果を重視する
  5. 効果的なコミュニケーションをする – 人の話をよく聞き、情報を共有する
  6. キャリア開発をサポートし、パフォーマンスについて話し合う
  7. 明確なビジョンや戦略を持ち、チームと共有する
  8. チームにアドバイスできる専門性がある
  9. 部門の枠を超えてコラボレーションを行う
  10. 決断力がある

周りにいる優秀なマネージャーの顔が思い浮かぶのではないでしょうか?

チームのメンバーに対して良きコーチでいたり、彼らの話をきちんと聞くなど当たり前のことが当たり前にできていないマネージャーも多いような気もします。

もし自分がチームをマネジメントする立場であるのだとしたらここにあげた10個の行動規範に沿って仕事ができているかどうかを振り返ってみてはください。

この10個の行動様式を見ると、Googleが導き出した最高のチームに共通するポイントも思い返されます。

Googleが導き出した最高のチームに共通するポイントは下記の5つです。

  • 心理的安全性
  • 相互信頼
  • 構造と明確さ
  • 仕事の意味
  • インパクト

重要な順に上から並んでいますが、優れたマネージャーは最高のチームを作るために心理的安全性や信頼関係を構築したり、仕事に対して構造的に伝えたり意味を与えたりする必要があるのだと思います。

つまり、最高のチームを作れる人が優れたマネージャーなのではないでしょうか?

Googleの研究によって導き出された「最高のチーム」に共通するポイントは記事にまとめてありますので、そちらもぜひ読んでみてください。

Googleが導き出した「最高のチーム」に共通する5つのポイント Googleのプロジェクトアリストテレスが導き出した「最高のチーム」に共通する5つのポイント

Googleが導き出した「優れたマネージャー」になるにはどうしたらいいか?

具体的に優れたマネージャーになるためにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは、先に説明した10個の要因を徹底的に意識しましょう。

普段の自身の行動と照らし合わせて、すべての項目に自身を持ってYesと言える状態を目指しましょう。

仮に、今の段階ではまだまだだと思う項目があるのだとすれば、改善策を自分なりに考えてみてください。

とーます君

自分の行動に対して振り返るための指針があるのはいいね。

要因を意識して振り返るのはもちろんですが、優れたマネージャーになるためには自分自身について客観的に把握する努力をしてください。

人は想像以上に自分自身のことを客観視することができておらず、特に立場が上になればなるほど、メタ認知が薄れていってしまう傾向があります。

徹底的に自己分析をして客観的に自分の姿を見られるようになって下さい。

おすすめの自己分析方法は下記の通りです。

自己分析ツール 料金 概要
ストレングス・ファインダー 1,980円 才能(強み)が5つわかる
ストレングス・リーダーシップ 1,980円 リーダーとしての強みがわかる
ミイダス 無料 生まれ持った特性と想定年収がわかる
リクナビNEXTのグッドポイント診断 無料 強みが5つわかる
16 Personalities 無料 人間を16種類に分けたときにどのタイプかわかる

とーます君

ミイダスとリクナビNEXTのグッドポイント診断は、そのまま転職活動にもつながるからおすすめだよ。

優れたマネージャーになるためには、メンバー一人一人のことを正確に把握する必要がありますが、まずは自分自身のことを客観的に把握することから始めましょう。

Googleが導き出した「優れたマネージャー」が持つ10個の要素 まとめ

Googleが導き出した「優れたマネージャー」が持つ10個の要素を紹介してきました。

  1. 良いコーチである
  2. チームに任せ、細かく管理しない
  3. チームの仕事面の成果だけでなく、健康を含めた充足性に配慮しインクルーシブ(包括的)なチーム環境を作る
  4. 生産性が高く、結果を重視する
  5. 効果的なコミュニケーションをする – 人の話をよく聞き、情報を共有する
  6. キャリア開発をサポートし、パフォーマンスについて話し合う
  7. 明確なビジョンや戦略を持ち、チームと共有する
  8. チームにアドバイスできる専門性がある
  9. 部門の枠を超えてコラボレーションを行う
  10. 決断力がある

これらの要素を日頃から意識し、実践に移すことが大切です。

ぜひ何度もこの10個の要素を見返して、優れたマネージャーへの道を歩んでいってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です