10代中卒・高卒ニートでも就職できる?正社員に就職する方法とおすすめの就職サービスを徹底解説

10代中卒・高卒ニートでも就職できる?正社員に就職する方法とおすすめの就職サービスを徹底解説
  • 「社会経験がないからどうやって就活すればいいか分からない…」
  • 「中卒・高卒10代ニートが正社員に就職できるのかな?」

このような疑問・不安を抱えていませんか?

結論からいうと、10代ニートはポイントを抑えて就活すれば、正社員に十分なれます。

実際、労働政策研究・研修機構がニートを対象に行った調査によると、10代でニートだった方の「6人に1人」は1年以内に正社員として就職しています。

10代ニートの方が、正社員になれる理由は下記です。

  • 経歴以外にも重視されるから
  • 人手不足な業種が多数存在するから
  • 若手の人材需要が高まっているから

とくに10代や20代ニートの場合は、若い人材を必要としている業種が多く存在しているため、正社員として採用されやすいです。

本記事では、10代ニートの方が正社員になる方法を徹底的に調べた私が、客観的な意見も交えて解説します。

この記事を読むとわかること
  • 10代中卒・高卒ニートが就職できない理由
  • 10代ニートでも正社員として就職する方法
  • 10代中卒・高卒ニートにおすすめの就職サービス

10代ニートの方が、正社員になる方法を具体的に説明しているので、あなたに合った就職先を見つけられます。

目次

10代中卒・高卒ニートの実態|ニートの7割が中卒・高卒

10代中卒・高卒ニートの実態|ニートの7割が中卒・高卒

「中卒・高卒のニートって多いの?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

実は、ニートの7割以上が中卒・高卒です。労働政策研究・研修機構の「ニートの最終学歴の割合」を調査した結果によると下記の通りでした。

ニートの最終学歴の割合
単位:%

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「第3章 非求職無業者(ニート)の経歴と意識、世帯の状況

上記の結果からも、大卒や専門卒生ニートよりも中卒や高卒のニートの割合が多いことが分かります。

その理由として学歴が低いゆえに「就職先の選択肢が狭まっている」背景があります。

ニートを続けた末路や将来困らないためのポイントは下記記事で解説しています。

10代中卒・高卒ニートが就職できない理由

10代中卒・高卒ニートが就職できない理由

「学歴の違いが就活に影響するのかなぁ」と思った方もいるかもしれません。

結論からいうと、大卒と比較すると中卒や高卒の方が正社員の就職率が低いです。

実際、厚生労働省の「最終学歴と正社員就職率の関係」を調査した結果によると下記の通りでした。

最終学歴と正社員就職率の関係
単位:%

引用:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況

上記の結果からも、正社員に就職する際に、学歴が少なからず影響していることが分かります。

ではなぜ、中卒・高卒の方は大卒の方よりも就職しにくいのでしょうか?

中卒・高卒ニートが就職しにくい理由は下記です。

中卒・高卒ニートが就職しにくい理由
  • 職歴がないためスキルが身に付いていない
  • 企業側が学歴の低さをマイナスに捉えている
  • ニート期間があると働く意欲や成長見込みがないと思われる

上記理由を詳しく解説していきます。

職歴がないためスキルが身に付いていない

中卒・高卒の10代ニートの場合、社会経験やスキルの少なさから採用されにくい傾向にあります。

じょぶお

未経験歓迎の職種でも、社会人経験やアルバイト経験のある大卒ニートの方が積極採用されているのが現状だよ。

「職歴やスキルがない」ことを理由に面接に落ち続けている場合は、まず資格の取得やアルバイト経験を積むと良いでしょう。

企業側が学歴の低さをマイナスに捉えている

日本はまだ他国と比較すると、学歴社会のため中卒や高卒の人と比較すると大卒の方が就活に有利です。

さらに「中卒」という学歴に対して好印象を持つ企業が少ない点も、正社員に採用されにくい要因の1つでしょう。

じょぶお

理由もなく高校を出ていないと、学ぶ意欲の低さや人間性を問われる可能性もあるね。

ニート期間があると働く意欲や成長見込みがないと思われる

理由もなくニートとして過ごしていると「成長の見込みがない」「働く意欲がない」と企業側に思われてしまいます。

さらに、空白期間(ニート期間)が長くなると、面接時にその理由を聞かれやすくなります。

だらだらとニート生活を送っていると、印象がより悪くなってしまうため「早く行動に移すこと」が大切です。

じょぶお

30代や40代ニートと比較すると、若さゆえに採用されやすいので、その強みをしっかりと活かせるといいですね。

10代中卒・高卒ニートでも正社員に就職できる!

10代中卒・高卒ニートでも正社員に就職できる!

「職歴のない10代ニートでも正社員に就職できるの?」「学歴が低いとどこも雇ってくれないのかなぁ」と思っていませんか?

結論からいうと、経歴なしの10代ニートの方でも、今から就活を始めれば正社員として就職できます。

職歴なしの10代ニートでも正社員を目指せる理由は下記です。

職歴なしの10代ニートでも正社員を目指せる理由
  • 経歴以外にも重視されるから
  • 人手不足な業種が多数存在するから
  • 若手の人材需要が高まっているから

本章を読めば、学歴よりもやる気や人柄を重視している企業が増えている現状が分かり、就職活動のモチベーションに繋がるでしょう。

正社員の採用基準|経歴以外にも重視される

1つ目の理由は、正社員の採用基準には「経歴以外のポイントも重視される」からです。

実際、厚生労働省の行った「正社員を採用した際に重視した点」を調査した結果によると、以下の内容となりました。

正社員を採用した際に重視した点
単位:%

引用:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況ー2 若年労働者の採用状況

上記のデータから、学歴以外にも重視される部分が多いと分かります。

「中卒・高卒だから自信がない…」「キャリアやスキルなんか持ってない…」と思っている方でも、コミュニケーション能力や適応力を磨けば、正社員になれる可能性は十分にあり得ます。

じょぶお

10代でコミュニケーション能力や適応力を身につけておけば、今後の転職でも大いに役立つよ。

有効求人倍率の実状|人手不足な業種が多数存在する

2つ目の理由は「人手不足な業種が多数存在する」からです。

一般的に、ニートの方が就職しやすいジャンルとして下記の特徴が挙げられます。

  • 未経験でも働ける業種
  • 人手不足の業種
  • 研修制度の多い業種

現状、人手が足りていない企業は多数存在しており、それらの業種は有効求人倍率が高くなっています。

実際、厚生労働省の「就職の状況をとりまとめた」調査結果によると、有効求人倍率が高い業種は下記の通りでした。

業種・職種有効求人倍率
販売業(営業職)1.70倍
サービス業(飲食系)2.49倍
サービス業(介護系)3.68倍
輸送業(自動車運転の職業)2.20倍
建設業4.86倍

引用:厚生労働省「参考統計表

有効求人倍率が高い業種は人手不足であると共に、未経験でも可能な職業が多いため、比較的就職しやすいです。

じょぶお

どの職種も長い目で見れば、キャリアアップの可能性が十分あり得る職種だね。

少子高齢化の影響|若手の人材需要が高まっている 

理由3つ目は、少子高齢化の影響により「若手の人材需要が高まっている」からです。

実際、厚生労働省の「企業における人手不足の緩和」に対する調査によると、過去3年間で人手不足を緩和するための対策に取り組んできた企業は、全体の8割を超えています。

人手不足の企業が実際に取り組んでいる対策は下記です。

企業における人手不足の緩和
単位:%

引用:経済産業省「第2節 我が国における人手不足の緩和に向けた企業の取組状況について

中途採用を強化する対策として、採用年齢を「15歳〜35歳」と拡大しており、10代ニートの方が就職できる可能性は十分に高くなっています。

職歴なし10代ニートでも正社員として就職する方法

職歴なし10代ニートでも正社員として就職する方法

「職歴のない10代ニートが正社員に就職する方法なんかあるの?」「何から始めたらいいか分からない…」このような疑問・不安はありませんか?

本章では、職歴なしの10代ニートが正社員として就職する方法を紹介します。

具体的な正社員として就職する方法は下記です。

職歴なしの10代ニートが正社員として就職する方法
  • アルバイトから始める
  • 高等学校卒業程度認定試験に合格する
  • 就職に有利となる資格を取得する
  • 就職サイトを利用する
  • 就職エージェントを利用する

上記の方法を試せば、あなたの希望する就職先で働ける近道が分かります。

アルバイトから始める

「今まで働いたことがないから不安だなぁ」と思う方は、アルバイトから始めてみると良いでしょう。

自分の興味のある職種をアルバイトを通して経験すれば、本当に合っているかの判断材料にもなります。

じょぶお

10代の場合は、アルバイト経験が就活時のアピールポイントにもなるよ。

アルバイト求人の中には「正社員登用制度」を採用している企業もあります。

正社員登用制度とは「アルバイトや派遣社員から正社員雇用に変更して働ける」制度を指します。

ただし実際にアルバイトから正社員になれるとは限らず、厚生労働省の「正社員登用制度を採用している企業の調査」では、登用実績が47%に留まる結果でした。

アルバイト経験が経歴として活かせるメリットはありますが、すぐに正社員を狙いたい場合は遠回りになってしまう可能性があるので注意しましょう。

参照元:厚生労働省 労働経済動向調査(令和3年2月)の概況-4 結果の概要-

高等学校卒業程度認定試験に合格する

「中卒という学歴のせいで就職先の選択肢が狭まっている…」と感じている方もいるのではないでしょうか?

最終学歴が中卒のニートの方は「高等学校卒業程度認定試験」を受けてみると良いでしょう。

高等学校卒業程度認定試験とは「高等学校を卒業した者と同等の学力があるか判断する」試験です。 

よくある間違いとして、高等学校卒業程度認定試験はあくまで資格なため、合格しても最終学歴自体は変わりません。

しかし、上記試験に合格すれば履歴書にその旨が記載できるため、面接時の強いアピールポイントになります。

じょぶお

履歴書には「令和X年X月 高等学校卒業程度認定試験 合格」と学歴欄・資格欄どちらにも書けるよ。

高等学校卒業程度認定試験の過去3年間の合格者と合格率は下記の通りです。

受験者数合格者合格率
令和1年19,853人8,931人45.0%
令和2年16,654人7,681人46.1%
令和3年17,704人8,097人45.7%

参考元:文部科学省「令和2年度第2回高等学校卒業程度認定試験実施結果について
令和3年度第2回高等学校卒業程度認定試験実施結果について」

合格率は45%前後ですが、基本的な内容が多い点や毎年約1万人の合格者が出ている点から、しっかり勉強すれば誰でも合格できる可能性はあります。

就職に有利となる資格を取得する

10代であれば、今後キャリアアップも期待できる年齢です。

そのため、10代のうちに就職に有利となる資格を取得しておくのも良いでしょう。

具体的なおすすめの資格は下記です。

  • 医療事務
  • 介護福祉士
  • 日商簿記
  • 宅地建物取引士
  • 社会保険労務士

いずれも、キャリアアップが狙える資格であり、今後の転職活動でも役立ちます。

じょぶお

上記の資格は、高等学校卒業程度認定試験と同様にしっかりと勉強すれば、誰でも合格できる可能性が高い資格だよ。

就職サイトを利用する

自分に合った就職先を見つけたい」「自分で就職先を見つけたい」と思う方は、就職サイトの利用をおすすめします。

就職サイトは「就職活動をする人に役立つサイト」で、求人や企業の情報を調べられる便利なサービスが多数存在します。

じょぶお

どの就職サイトがいいか悩んでいる人は「リクナビネクスト」がおすすめだよ。

リクナビNEXT(ネクスト)は、ニートやフリーター向けの求人が多く、未経験歓迎の求人も多数存在しています。

とはいえ、ブラック企業の求人が稀に掲載されているなどデメリットもあるため、見極めが必要です。

就職サイトを利用する場合は、併せて「就職エージェント」も利用しましょう。

業界最大手の転職サイト

かんたん3分で登録完了。無料登録後もお金はかかりません。

就職エージェントを利用する

「就職活動って面倒だなぁ」「就職活動って何から始めたらいいか分からない」と思っている方は、就職エージェントの利用をおすすめします。

就職エージェントは「あなたの就職活動を支援してくれる」サービスです。

就活者一人ひとりに、プロのキャリアアドバイザーがつくため、就職活動を包括的に支援してもらえます。

ニートをターゲット層にしている就職エージェントを利用すれば、あなたに合った就職先を紹介してもらいやすくなります。

就職エージェントは、その人にとって働きやすい企業をマッチングしてもらえるため、就職活動に慣れていない10代ニートの方こそ利用した方が良い就職サービスです。

注意点として、就職エージェントによっては10代を対象としていないサイトもあるので事前に確認しておきましょう。

じょぶお

本記事で紹介している就職エージェントは「全て10代ニートが対象」のサイトだよ。

ニートから正社員を目指す方法は下記記事で解説しています。おすすめの職種や成功のポイントを知りたい方はぜひ参考にしてください。

10代中卒・高卒ニートに強いおすすめの就職サービス

10代中卒・高卒ニートに強いおすすめの就職サービス

10代のニート・無職の方に強い就職エージェントは、下記を軸に決定しています。

ニートの方向けのエージェントを選ぶ軸
  1. 対象層
    …10代ニート・無職の方でも登録できる
  2. 求人の種類
    …10代ニートの方が求める求人がある
  3. サポートの質
    …10代ニート向けの就職サポートが充実している

その結果、とくに評価の高かった「10代ニートに強い」就職エージェントを総合的な評価が高い順に、ランキング形式で並べています。

エージェント特徴
1位.
ハタラクティブ
マンツーマンで就職支援をしてもらえる
2位.
就職Shop
書類選考なしで面接まで進められる
3位.
ウズキャリ
就職者に合う企業をマッチングしてくれる

就職エージェントによって、取り扱っている求人やサービス内容が異なります。満足の行く就職活動を行うためにも、複数登録して、あなたに合ったサービスを見つけましょう

もし迷ったら「ハタラクティブ」「就職Shop」に登録してみてください。

1位.ハタラクティブ|未経験でもチャレンジしたい

ハタラクティブ

公式サイト:https://hataractive.jp/

ハタラクティブは「未経験の業種への就職」に特化した就職エージェントです。

スキルや経歴に自信がない20代ニートの方でも、安心して就職活動を始められるサポート体制が整っています。

  • 未経験からでも正社員として就職できる
  • マンツーマンで就職支援をしてもらえる
  • 書類選考の通過率が高い

就職経験のない方でも、プロのアドバイザーが手厚くサポートしてくれるため、大企業への内定獲得率が80%を超えています。(参考:ハタラクティブ 2020年8月〜2021年1月利用者の内定実績)

「経歴や職歴などキャリアに自信のない方」「未経験の業種にチャレンジしたい方」にはおすすめの就職エージェントです。

運営会社レバレジーズ株式会社
対象者・ニート
・フリーター
・第二新卒
・既卒
対応エリア・首都圏
・愛知
・大阪
・福岡
求人数非公開

※2022年8月時点

既卒・フリーター・第二新卒におすすめ

無料登録後もお金はかかりません。

2位.就職Shop|自分に合った就職先を探したい

就職ShopLP

公式サイト:https://www.ss-shop.jp

就職Shopでは「未経験から正社員採用に特化した就職エージェントです。

  • 未経験でも応募できる求人が多い
  • 取り扱う求人全てを訪問取材している
  • 書類選考なしで面接までセッティングしてもらえる

未経験でも応募できる求人が多く、書類選考なしで面接まで進められるため、ニートの方が苦戦する「書類選考で落ちる」心配がありません。

また、取り扱う求人全てを取材しているため「どんな企業なのか」「どんな人に合っているのかを知り尽くしています

しっかりと企業調査をしているため、ブラック企業を紹介されるケースもほとんどありません。

「自分に合った就職先を探したい方」「経験やスキルに自信がない方」におすすめの就職エージェントです。

運営会社株式会社リクルート
対象者・新卒
・既卒
・第二新卒
・フリーター
・ニート
対応エリア・首都圏
・近畿
求人数非公開

※2022年8月時点

\ 20代の既卒・フリーターなら登録必須

無料登録後もお金はかかりません。

3位.ウズキャリ(UZUZ)|丁寧な就職サポートを受けたい

ウズキャリ

公式サイト:https://uzuz.jp

ウズキャリ(UZUZ)は、第二新卒・既卒・新卒・フリーターに特化した若年層向けの就職エージェントです。

  • 就職者に合う企業をマッチングしてくれる
  • 就職者のアピール材料を集めて推薦状を書いてくれる
  • 厳選な判定基準によってブラック企業を排除している

じっくり時間をかけた丁寧なサポート体制が整っています。

丁寧なサポート体制を強みにしているウズキャリでは、就職者のアピールポイントを理解し、企業とマッチングしてくれます。

企業への推薦状も書いてくれるため、書類通過率も高い傾向になります。

「丁寧な就職サポートを受けたい方」や「自分の強みが分からない人」におすすめの就職エージェントです。

運営会社株式会社UZUZ
対象者・新卒
・第二新卒
・既卒
・フリーター
対応エリア全国
求人数非公開

※2022年8月時点

既卒・フリーターの内定率86%以上

無料登録後もお金はかかりません。

10代ニートによくある質問

10代ニートによくある質問

中卒・高卒の10代ニートの方が正社員に就職する際に、不安・疑問に思う点を回答を交えてまとめて紹介します。

不安要素が解消され、就職活動や就職エージェントを利用するモチベーションに繋がるため、気になる点がある人は参考にしてください。

ニートから脱出して社会復帰は可能ですか?

結論からいうと、正社員として社会復帰は可能です。

10代であれば、若さゆえに選択肢の幅が広く、高年齢層と比較すると採用されやすい傾向にあります。

長い目で見た時に、キャリアアップも狙える年齢なため、今すぐ行動を始めて経歴やキャリアを作っておくのが得策です。

中卒・高卒ニートでも正社員として就職できますか?

中卒・高卒の方でも応募できる企業は多数存在します。

さらにニートをターゲット層としている就職エージェントでは、中卒・高卒でも登録可能なサービスが多いです。

下記はニートをターゲット層にした就職エージェントと、対象学歴を表した表です。

エージェント名学歴
マイナビジョブ20’s不問
ハタラクティブ中卒以上
就職Shop中卒以上
第二新卒エージェントneo中卒以上
ウズキャリ高卒以上

就職エージェントは、慣れない履歴書作成や面接対策のサポートを受けられるため、就活経験のない10代ニートの方こそ利用してほしいサービスです。

職歴なしのニートが就職するには何から始めたら良いですか?

キャリアアップを視野に入れるのであれば、資格取得や高等学校卒業程度認定試験を受験しておくと、今後の就活に大いに役立つでしょう。

とくに若いうちから資格を取得し、資格を活用できる職種に就いておくと、ハイキャリアな企業もおいおい狙いやすくなります。

「やりたいことが見つからない」と悩んでいる方は、アルバイトから始めるのも手です。

アルバイトの経験が、就職活動でアピールポイントとなるため、まずは行動に移してみましょう。

10代中卒・高卒ニートが正社員に就職する方法|まとめ

10代中卒・高卒ニートが正社員に就職する方法|まとめ

社会経験のない中卒・高卒10代ニートの方が、正社員に就職できる理由は下記の通りです。

10代ニートの方が、正社員に就職できる理由
  • 経歴以外にも重視されるから
  • 人手不足な業種が多数存在するから
  • 若手の人材需要が高まっているから

10代や20代と比較すると30代では、正社員として就職できる割合が大幅に低下するため「若いうちに就職活動をしておいた方が有利」です。

じょぶお

就職活動と並行して資格取得や高等学校卒業程度認定試験を受けておくと、今後のキャリアアップにも繋がるよ。

就職活動をする際「就職エージェントを利用」すれば、幅広いサポートが受けられる上に、あなたに合った企業をマッチングしてもらえます。

「社会経験がない10代ニートの方」や「就職活動に慣れていない10代ニートの方」こそ、利用した方が良い就職サービスでしょう。

「中卒・高卒10代ニートが正社員になるサポート」をしてくれる、おすすめの就職エージェントは下記の通りです。

エージェント特徴
1位.
ハタラクティブ
マンツーマンで就職支援をしてもらえる
2位.
就職Shop
書類選考なしで面接まで進められる
3位.
ウズキャリ
就職者に合う企業をマッチングしてくれる

各就職エージェントによって、紹介してもらえる企業が異なるため、複数の利用をおすすめします。

どれを利用しようか迷っている方は「ハタラクティブ」「就職Shop」に登録して、どれが一番自分に合うか比較してみると良いです。

もっと多くの就職エージェントから比較したい方は、下記の記事に「ニートの方向け」の就職サイト・就職エージェントを紹介しているので参考にしてください。

この記事を書いた人

浅井 優太のアバター

国公立大学外国語学部英米学科卒業。TOEIC 970点 / IELTS 7.0 / 高校の英語教員免許保有。新卒から大手メーカーの海外営業として働く。

コメント

コメントする

目次
閉じる