20代若手でもハイクラス層に転職できる?おすすめ転職エージェントを紹介

20代若手でもハイクラス層に転職できる?ハイキャリア向けのおすすめ転職エージェントを紹介

3人に1人が転職をする時代。

  • 20代でハイクラス転職はまだ早いかな?
  • 若手がハイクラス企業に転職するにはどうすれば良いんだろう?

このような疑問はありませんか?

結論からいうと、経験やスキルのある20代の方はハイクラス求人に転職すべきでしょう。理由は以下のとおり。

  • キャリアアップ・年収アップの可能性が高いから
  • 将来のキャリア形成がしやすくなるから
  • 多くのチャンスに携わる機会が増えるから

上記のメリットから、20代若手こそハイクラス転職をおすすめします。

とはいえ、20代前半と後半とでは求められるスキルが異なります。

20代前半と後半で求められる人材像やスキルを把握しておかないと、思うような転職ができない場合があるため注意しましょう。

じょぶお

次章で「ハイクラス企業で求められる人物像」を詳しく解説しているので参考にしてください

本記事では、20代若手でもハイクラス層への転職に成功する方法を徹底的に調べた私が、上記内容を詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 20代前半と後半で求められる人材像
  • 20代でハイクラス転職をする3つのメリット
  • ハイクラス転職を成功させる企業の選び方
  • 20代でハイクラス転職に成功させる方法

すべて読めば、あなたがハイクラス転職に成功する近道が分かります。

20代のハイクラス転職におすすめのエージェントをみる>>

目次

20代でハイクラス転職は可能|20代前半と後半で求められる人材像

20代でハイクラス転職は可能|20代前半と後半で求められる人材像

20代と言っても、20代前半と20代後半で求められる人材は大きく異なります。

20代で求められる人材
  • 20代前半:ポテンシャルの高い人材
  • 20代後半:高いスキルを持った人材

20代でハイクラス転職を目指す場合、自分の能力や年代に合わせてハイクラス企業を選ぶ必要があります。

本章では、20代前半と後半で求められる人材像について詳しく解説しているので「自分は転職先で何を求められているか」が分かります。

20代前半:ポテンシャルの高い人材

20代前半の場合、社会人経験や業務経験がまだ浅く、挑戦できる分野が限られてしまうため「今後の成長に期待できる人材」が求められます。

ポテンシャルの高さが面接時に評価されれば、経験の浅い20代前半でも「ハイクラス層の転職」に成功できます。

経営コンサルティング会社のリンクアンドモチベーションでは、ポテンシャルの高い人とは下記のように定義付けています。

リンクアンドモチベーションでは、ビジネスパーソンのポテンシャルは「合理力」と「情理力」によって構成されると定義しています。
「合理力」は、論理を構築したり物事の構造を理解するといったビジネスにおいて多く求められる「論理立てて物事を考えることができる力」を指しています。
また「情理力」は、場の情況を理解したり、人の感情を推察するといったビジネスコミュニケーションを円滑に行うために求められる「空気を読む力」を指しています。
これら2つの力をバランスよく兼ね備えることで、ビジネスパーソンとして活躍するための土台づくりができます。

引用:リンクアンドモチベーショングループ

上記のように「合理力」と「情理力」が高いポテンシャルのある人は採用される可能性は高くなるでしょう。

優秀な人材を育成したいという目的から、企業側も20代前半の方を積極的に募集する傾向にあります。

さらに20代前半は「第二新卒扱い」されるケースが多く、新卒よりも社会人としてのマナーが備わっているのも強みです。

上記の理由から、20代前半の方は、自分の強みやポテンシャルを発揮できる企業を選ぶと良いでしょう。

20代後半:高いスキルを持った人材

20代後半になると、社会人経験・業務経験を積んでキャリアができ始める年代です。

ハイクラス転職では、ポテンシャルの高さよりも実績や専門スキルの有無が重要視されます。

そのため「マネジメント経験」や「専門スキルの取得」がある人材は、ハイクラス転職がしやすい傾向にあります。

高いスキルを持った人材

出典元:リクルートダイレクトスカウト

自分が取り組んでいたことが、ハイクラス転職の役職に大きく繋がる可能性もあるため、意識して取り組んでおくと良いでしょう。

20代でハイクラス転職をする3つのメリット

20代でハイクラス転職をする3つのメリット

「20代であれば転職しなくても、現在の会社で実績を積める選択肢もあるのでは?」と思った方もいるでしょう。

20代若手でハイクラス転職をおすすめする理由は下記です。

20代若手でハイクラス転職をおすすめする理由
  • キャリアアップ・年収アップの可能性が高い
  • 将来のキャリア形成がしやすくなる
  • 多くのチャンスに携わる機会が増える

本章で「ハイクラス転職するメリット」を把握できるため、転職のモチベーションに繋がるでしょう。

理由①キャリアアップ・年収アップの可能性が高い

ハイクラス転職では「管理職」や「専門職」の求人が多いためキャリアアップの見込みがあります。

具体的には下記の求人が挙げられます。

  • 現場の管理職
  • 新規事業の責任者
  • 高度なスキルを持った専門職

ハイクラス層の求人を狙うと、必然的に年収は700万〜1,000万円となるため、年収アップも期待できるでしょう。

理由②将来のキャリア形成がしやすくなる

ハイクラス転職をすると、優秀な人材の人たちと仕事をするようになります。

優秀な人材が多くいる環境で刺激を受け、情報交換する中で自身のキャリア形成がしやすくなるでしょう。

さらにハイクラスキャリアに転職後は、大規模案件や新規事業を任せられるケースも多いため、自身のキャリアアップにも繋がります。

理由③多くのチャンスに携わる機会が増える

ハイクラス層の求人では、管理職や責任者、経営企画を担当できる人材を積極的に募集しています。

マネジメント能力などの必要スキルさえあれば、若いうちから多くのチャンスに携われます。

20代のうちに、新規事業の進行手順や経営企画を学ぶ機会を増やしておくと、自分自身が市場価値の高い人材へと成長できるでしょう。

20代でも狙える|ハイクラス転職を成功させる企業の選び方

20代でも狙える|ハイクラス転職を成功させる企業の選び方

「20代はどのようなハイクラス層の企業を選べば良いのだろう?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

20代がハイクラス転職を成功させるための「企業の選び方」は下記です。

20代がハイクラス転職を成功させるための「企業の選び方」
  • 外資系やベンチャー系など実力主義の企業を選ぶ
  • 市場価値の高い業種・職種を選ぶ
  • 20代から管理職に就ける企業を選ぶ

上記に該当する企業を選べば、あなたのハイクラス転職は成功に近づくでしょう。

選び方①外資系やベンチャー系など実力主義の企業を選ぶ

実力主義の企業であれば、20代若手でもキャリアアップが可能です。

実力重視の企業では、結果がしっかり残せられれば、自身のキャリアに直結します。

じょぶお

多くの日系企業は「年功序列」が根強いため、優秀な若手がなかなか評価されないのが現状です

とく下記のジャンルであれば、比較的「20代でもハイキャリア」を目指せるでしょう。

  • 外資系企業
  • ベンチャー系企業
  • 営業系企業

実力主義の企業であれば、結果や成果次第ですぐに昇進もできるため、若くしてマネジメントや管理職を任されるケースも少なくありません。

とくに「外資系企業」では、必要なスキルさえあれば20代でも活躍できる業界です。20代で外資系転職を検討している方は、下記の記事も参考にしてみてください。

選び方②市場価値の高い業種・職種を選ぶ

市場価値の高いキャリアやスキルを身につけていれば、競合人材が少ないゆえにハイクラス転職がしやすいです。

じょぶお

市場価値の高い人材は、企業も高い年収を払ってでも採用したいため、必然的に年収アップに繋がります

実際、dodaの「業種別 平均年収ランキング」のデータによると、下記の業種が上位となりました。

業種平均年収
専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)575万円
企画/管理系529万円
技術系(電気/電子/機械)444万円
技術系(IT/通信)438万円
営業系435万円

参考:doda「業種別 平均年収ランキング

上記の業種は全て、経験や専門スキルが必要となる分野です。

高度なスキルやキャリアがあれば、今の会社を退職してもハイクラス企業からの需要が高く、キャリアアップ・年収アップに繋がるでしょう。

自分の市場価値がどのくらいか分からない方」は転職エージェントを利用すると良いです。

転職エージェントでは、プロのエージェントがあなたの経歴や面談内容から「的確に市場価値を診断」してくれます。

じょぶお

本記事で紹介している転職エージェントは全て「ハイクラス向け」なので、あなたの市場価値を分析した上で希望する企業とマッチングしてくれますよ

20代のハイクラス転職におすすめのエージェントをみる>>

選び方③20代から管理職に就ける企業を選ぶ

20代若手でも、マネジメント経験がある場合は管理職を目指すのも一つの手でしょう。

管理職への登用実績が豊富な企業であれば、比較的若い層でも管理職を狙いやすいです。

とはいえ、年功序列の文化が根強い日系企業の場合は、いくらマネジメント経験があっても、転職後すぐに管理職を目指すのは難しいでしょう。

自分のマネジメント能力がどのくらいなのか」「どの企業なら管理職を狙えるのか」をしりたい方は転職エージェントの利用をおすすめします。

ハイクラス層に特化した転職エージェントであれば、あなたの適正を判断して、希望するキャリア・職種を紹介してくれます。

じょぶお

履歴書添削や面接対策など手厚いサポートもしてもらえるため、ハイキャリアを目指す方こそ利用してほしいサービスです。

20代でハイクラス転職に成功させる方法|転職エージェントを利用

20代でハイクラス転職に成功させる方法|転職エージェントを利用

ここまで、20代若手がハイクラスキャリアに転職した方が良いメリット・成功する方法について説明してきました。

では、どうしたら「自分に合うハイキャリア求人」を見つけられるのでしょうか?

結論からいうと「転職エージェントの利用をおすすめします。

ハイクラス転職を希望する方が、転職エージェントを活用するメリットは下記です。

転職エージェントを活用するメリット
  • あなたのスキル・年代に合った企業を紹介してくれる
  • 優良なハイクラス非公開求人とマッチングできる
  • 履歴書添削や面接対策など手厚いサービスを受けられる

転職エージェントを利用すれば「あなたに合ったハイクラスのキャリア」を紹介してくれるでしょう。

メリット①あなたのスキル・年代に合った企業を紹介してくれる

冒頭で紹介した通り、ハイクラス求人では20代前半と20代後半で、企業に求められる人材像が異なります

転職エージェントを利用すれば、「転職者のスキル・年代」を分析して、その人に合ったハイクラス求人を紹介してくれます。

「ハイクラスに特化した」転職エージェントでは、各企業の内情も知り尽くしているため、あなたに合った企業を提案してくれるのも特徴です。

自分で探すよりも、あなたの強みやスキルを活かせる企業を探せる点からも、転職エージェントを利用した方が良いでしょう。

メリット②優良なハイクラス非公開求人とマッチングできる

転職エージェントには「非公開求人」が存在します。

非公開求人とは「転職サービスや企業HPなどに掲載していない求人」を指します。

非公開求人には、一般には公開されていない「優良の企業案件」が多いです。

転職エージェントを利用すれば、厳選された優良求人を紹介してもらいやすいです。

「非公開求人のハイクラス案件」とマッチングする機会を増やすためにも、転職エージェントを利用しておいた方が得策でしょう。

じょぶお

管理職やCEO(最高経営責任者)などの案件は非公開で募集されているケースが多いので、ぜひ利用したいですね

メリット③履歴書添削や面接対策など手厚いサービスを受けられる

転職エージェントを利用すれば、手厚いサービスが受けられ転職に成功しやすくなります。

じょぶお

面接の日程調整など「面倒な工程」も代行してくれるため、在職中でも負担なく転職活動ができますよ

転職エージェントの具体的なサービス体制は下記です。

  • 転職者に合ったハイクラス求人を紹介
  • 企業に合わせた面接対策を実施
  • 履歴書の添削
  • 面接の日程調整
  • 内定後の入社条件の交渉

「ハイクラス転職向け」の転職エージェントを利用すれば、企業の特徴を把握しているため的確なFBがもらえます。

自身のスキルや強みを、面接時に最大限アピールするためにも、転職エージェントの利用をおすすめします。

じょぶお

本記事では「ハイクラス転職向け」の転職エージェントを紹介しているので参考にしてください

20代のハイクラス転職に強いおすすめ転職エージェント3選

20代のハイクラス転職に強いおすすめ転職エージェント3選

「20代ハイクラス転職向け」のおすすめ転職エージェントは、下記を軸に決定しています。

20代ハイクラス向けのエージェントを選ぶ軸
  1. 対象層
    …20代でハイクラス志望の方が対象である
  2. 求人の種類
    …ハイクラス志望の方が求める求人がある
  3. サポートの質
    …20代ハイクラス向けの転職サポートが充実している

その結果、とくに評価の高かった「20代ハイクラス転職向け」の転職エージェントは下記の通りです。

エージェントおすすめの人
1位.
エンワールド
・海外系のハイクラス転職を選択肢に入れたい
・各業界の内情を知りたい方
2位.
リクルートエージェント
・多くの求人からハイクラス転職先を選びたい
・年収アップを目指している方
3位.
ランスタッド
・丁寧なサポートを受けながら転職活動を進めたい
・ハイクラス転職の情報収集がしたい方

上記の転職エージェントは、20代でハイクラス転職を目指す人が抱える「悩みや疑問」を解決してくれるサービスが充実しています。

また、転職エージェントによって、取り扱っている求人やサービス内容が異なります。

それぞれの強み・メリットを判断するためにも、複数の転職エージェントに登録しておきましょう。もし迷ったら「エンワールド」「リクルートエージェント」「ランスタッド」すべてを登録して比較してみてください。

1位.エンワールド|海外系のハイクラス転職を選択肢に入れたい

エンワールド

公式サイト:https://www.enworld.com/

エンワールドは「海外系企業や外資系転職に強い」転職エージェントです。

管理職や経営幹部の求人も多く取り扱っているため、ハイクラス層の転職ならまず利用したいサービスでしょう。

  • ハイキャリア求人を多く転職の選択肢が広がりやすい
  • 各業界に精通したコンサルタントが在籍しているため相談しやすい
  • サポートが充実しているためハイキャリアに挑戦しやすい

エンワールドでは、各業界に精通したコンサルタントが在籍しているため「狙っている企業の情報がしりたい」という方は活用してみると良いでしょう。

じょぶお

事前に希望する企業の内情が聞けるので、入職後のミスマッチを防ぐメリットもあります

海外系企業のハイキャリア転職を目指している方」や「各業界の内情を知りたい方」におすすめの転職エージェントです。

対応エリア運営会社エンワールド・ジャパン株式会社
対象者・20代〜40代
・第二新卒
・既卒
対応エリア全国に4拠点(東京オフィス2つ、名古屋オフィス、大阪オフィス)

※2022年8月時点

かんたん3分で登録完了

無料登録後もお金はかかりません。

2位.リクルートエージェント|多くの求人からハイクラス転職先を選びたい

リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは「求人の質と量に力を入れている転職エージェントです。

ハイクラス求人も多く保有しているため、選択肢の幅が広がります。

  • 非公開求人が多く狙っていた企業が見つかる可能性がある
  • ハイクラス求人を多く保有しているためキャリアアップに繋がる
  • 内定後の年収の交渉力が高く年収アップが期待でき

リクルートエージェントは、非公開求人を多く取り扱っているため「あなたに合ったハイクラスの転職先」が見つかりやすいです。

入社条件の交渉に力を入れており、より良い条件で転職できるように、企業側にかけあってくれるのも特徴です。

多くの求人から比較したい方」や「年収アップを目指している方」におすすめの転職エージェントです。

対応エリア運営会社株式会社リクルート
対象者・新卒
・既卒
・第二新卒
・フリーター
対応エリア全国(一部地域を除く)

※2022年8月時点

業界最大手の信頼感

かんたん3分で完了。無料登録後もお金はかかりません。

3位.ランスタッド|丁寧なサポートを受けながら転職活動を進めたい

ランスタッド

公式サイト:https://www.randstad.co.jp/

ランスタッドは「ハイクラス系・外資系に強い」転職エージェントです。

年収700万円以上の求人数は約5,000件と、ハイクラス求人を多く取り扱っています。

  • ハイクラス求人に強いため自分に合った転職先が見つかる
  • サポートが手厚いため安心して転職活動を進められる
  • 書類選考の通過率が高く希望する企業に転職しやすい

ランスタッドは、担当アドバイザーの質が高く書類添削から面接対策まで手厚くサポートしてくれます。

じょぶお

サポートだけでなく転職活動のノウハウを公開しているため「転職経験が少なくて不安な方」でも安心して進められますよ

転職活動を手厚くサポートしてほしい方」や「ハイクラス転職の情報収集がしたい方」におすすめの転職エージェントです。

注意点として対応地域が関東圏に限定されてしまうため、地方でのハイクラス転職を目指す方は「リクルートエージェント」を利用しましょう。

対応エリア運営会社ランスタッド株式会社
対象者・20代〜30代
・第二新卒
・既卒
対応エリア関東圏

※2022年8月時点

かんたん3分で登録完了

無料登録後もお金はかかりません。

【ヘッドハンティング型】20代のハイクラス転職向けおすすめの転職サイト

【ヘッドハンティング型】20代のハイクラス転職向けおすすめの転職サイト

ヘッドハンティング型の「20代ハイクラス転職向け」のおすすめ転職サイトは、下記を軸に決定しています。

20代ハイクラス向けのエージェントを選ぶ軸
  1. 対象層
    …20代ハイクラス志望の方が登録できる
  2. 求人の種類
    …ハイクラス志望の方が求める求人がある
  3. サービスの質
    …20代ハイクラス志望の方にとって使いやすいサービスがある

その結果、とくに評価の高かった、ヘッドハンティング型の「20代ハイクラス転職に強い」転職サイトは下記の通りです。

エージェントおすすめの人
1位.
ビズリーチ
・ハイクラス企業にスカウトされたい
・年収1,000万円を目指している方
2位.
リクルートダイレクトスカウト
・多くの求人から転職先を比較したい
・ハイクラス求人の情報収集をしたい方
3位.
iX転職
・手厚いサービスを受けながらヘッドハンティングされたい
じょぶお

転職サイトで情報収集しながら転職エージェントを利用する方法が、最も良い活用方法だよ

1位.ビズリーチ|ハイクラス企業にスカウトされたい

ビズリーチ

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは「ハイクラス求人に特化」した転職サイトです。

年収600万以上の方に支持されている転職サービスで、他では出会えない希少な求人も掲載しています。

  • 狙っていた企業からスカウトされる可能性がある
  • マッチング精度が高いため希望するハイクラス企業と出会える
  • 高年収の求人数が多く年収アップが期待できる

ビズリーチは、自ら求人を探すスタイルではなく、スカウトが来るのを待つタイプの転職サービスです。

大企業や狙っている企業からスカウトメールがくる可能性もあるため「なかなか自分の希望する企業が見つからない」と悩んでいる方は利用すると良いでしょう。

じょぶお

マッチング精度が高くハイクラス層の求人数が多い点から、あなたの志望する求人に出会える可能性が高いのも特徴です

「ハイクラス企業にスカウトされたい方」や「年収1,000万円を目指している方」におすすめの転職サイトです。

対応エリア運営会社株式会社ビズリーチ
対象者・20代〜30代
・第二新卒
・既卒
対応エリア全国
公開求人数約76,000件

※2022年8月時点

かんたん3分で登録完了

無料登録後もお金はかかりません。

2位.リクルートダイレクトスカウト|多くの求人から転職先を比較したい

リクルートダイレクトスカウト

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトは「ハイクラス限定」の会員制転職サイトです。

ハイクラス限定ということもあり、紹介される求人も年収800万以上のものばかりです。

  • 厳選求人を閲覧できるためハイクラス企業の比較がしやすい
  • 高年収の求人を取り扱っているため年収アップの見込みがある
  • 自分で担当者を選べるため狙っている業種の情報収集がしやすい

リクルートダイレクトスカウトにはヘッドハンターが多数在籍しています。

自分でヘッドハンターを選べるため「もっとこの業種の情報がしりたい」と感じている方は利用すると良いでしょう。

さらに、ハイクラスの厳選求人を閲覧できるのも特徴で、気になった求人は「気になるリスト」に追加できるため後から比較もできます。

多くのハイクラス求人から比較したい方」や「ハイクラス求人の情報収集をしたい方」におすすめの転職サイトです。

対応エリア運営会社株式会社リクルート
対象者・20代〜40代
・第二新卒
・既卒
対応エリア全国
公開求人数約110,000件

※2022年8月時点

ヘッドハンティング型

無料登録後もお金はかかりません。

3位.iX転職|手厚いサービスを受けながらヘッドハンティングされたい

IX転職

公式サイト:https://ix-tenshoku.jp

iX転職は「ハイクラスに特化」したヘッドハンティングサービスのある転職サイトです。

  • ヘッドハンターの質が高くあなたの潜在的な可能性を見出せる
  • 待っているだけでヘッドハンターからスカウトがくる
  • 交渉や手続きなど転職活動の面倒な工程を担当者に任せられる

iX転職は、他の転職サービスと比較すると求人数が少ない傾向にありますが、経験豊富なヘッドハンターによる手厚いサポートが受けられるのは大きな強みでしょう。

職務履歴書をしっかり記載しておけば、優秀なヘッドハンターがあなたにマッチする求人を探してくれます。

ヘッドハンティングされたい方」や「手厚い転職活動のサービスを受けたい方」におすすめの転職サイトです。

対応エリア運営会社パーソルキャリア株式会社
対象者・20代〜50代
・第二新卒
・既卒
対応エリア全国
公開求人数非公開

※2022年8月時点

スカウトの数が多い

無料登録後に電話がかかってくることもありません

20代ハイクラス転職でよくある質問

20代ハイクラス転職でよくある質問

20代ハイクラス転職の方によくある質問と回答をまとめて紹介します。

不安要素が解消され転職エージェント・転職サイトを利用しやすくなるため、気になる点がある人は参考にしてみてください。

女性でもハイクラス転職を目指せますか?

結論からいうと、20代女性でもハイクラスキャリアに転職できます。

ハイクラス企業は実力主義の会社が多いため、結果を出していればワークライフバランスも調整しやすいです。

ハイクラス層では性別での収入差がなく、実力次第ではキャリアアップ・年収アップも大いに目指せます。

じょぶお

「女性に特化した」転職エージェントなら、女性ならではの悩みを相談しながらハイクラス企業を見つけられるので利用を検討してみましょう

転職エージェントの複数利用は可能ですか?

結論からいうと、転職エージェントは2〜3社の利用をおすすめします。

転職エージェントの複数利用がおすすめの理由は下記の通りです。

  • 自分に合った転職エージェントを比較できる
  • 紹介される求人数が異なるため選択肢が広がる
  • 各アドバイザーから異なる視点でアドバイスをもらえる

実際に当サイトじょぶおたくが「20代前半のビジネスパーソン100名に行った調査」によると「複数の転職サービスを利用した方が良い」と答えた人が全体の72%でした。

じょぶお

転職エージェント2〜3社と転職サイト1社を併用して利用する方が最も多い結果となったよ

この結果からも、転職エージェントは複数利用した方が得策でしょう。

20代でもヘッドハンティングされますか?

結論からいうと、自分に強みのあるスキルがあれば可能性はあります。

とはいえ、普段生活している上でヘッドハンティングされるタイミングは中々なく、自分をPRする場所がないと難しいでしょう。

一方で転職サイトを活用すればヘッドハンティングされる可能性は高くなります。

じょぶお

本記事で「ヘッドハンティング型」の転職サイトを紹介しているので参考にしてください

どの転職サイトがいいか迷っている方は「ビズリーチ」を利用してみると良いでしょう。

20代がハイクラス転職をする方法|まとめ

20代がハイクラス転職をする方法|まとめ

20代の方がハイクラス転職をするメリットは下記の通りです。

20代の方がハイクラス転職をするメリット
  • キャリアアップ・年収アップの可能性が高いから
  • 将来のキャリア形成がしやすくなるから
  • 多くのチャンスに携わる機会が増えるから

20代でハイクラス転職に成功すれば、キャリアアップや年収アップの可能性も高いため、積極的に転職活動を行うと良いでしょう。

20代の方がハイクラス転職を目指す際には「転職エージェント」と「ヘッドハンティング型の転職サイト」の利用をおすすめします。

20代ハイクラス転職向けの転職エージェントは下記3つです。

20代ハイクラス転職向けの転職サイトは下記3つです。

各転職サイト・転職エージェントによって、取り扱っている求人やサービス内容が異なります。

活用する転職サイトや転職エージェントの強みを判断するためにも「複数の利用」をおすすめします。

もし迷ったらエンワールド」「リクルートエージェント」「ビズリーチ」を利用してみましょう。

より多くの「ハイクラス転職向け」転職サイト・転職エージェントから比較したい方は下記の記事を参考にしてみてください。

この記事を書いた人

浅井 優太のアバター

国公立大学外国語学部英米学科卒業。TOEIC 970点 / IELTS 7.0 / 高校の英語教員免許保有。新卒から大手メーカーの海外営業として働く。

コメント

コメントする

目次
閉じる