リクルートで感じた若手の20代で出世する人の特徴

リクルートで感じた出世する20代の3つの特徴

僕がリクルートで働いていた際、「出世する人と出世しない人は入社後すぐにわかる」と当時のマネージャーに言われました。

特に、20代での仕事との向き合い方、生活の過ごし方で「こいつは出世する」という若手がわかるのだそうです。

この記事では、リクルート時代に感じた20代で出世する人のの特徴についてまとめていきます。

こんな人におすすめ!
  • どんどん出世したい若手の方
  • 成長する若手の特徴を知りたい方

リクルートで学んだ20代・若手で出世する人の特徴

20代若手出世

出世する人と、そうでない人は入社後にすぐわかるそうです。

すぐにわかるといっても、学生時代に特別なスキルを身につけていたとか、経歴がすごいとかそういったことではありません。

リクルートのマネージャーが言っていた「出世する20代の特徴」は次の3点です。

  • 仕事に対するスタンスが良い
  • 視座が高い
  • 目の前の仕事に全力を尽くせる

たとえ、学歴がなくてもスキルがなくても上記の特徴を持つ新入社員であれば、入社してすぐに活躍できる人材に化けるそうです。

一つ一つ紹介していきます。

仕事に対するスタンスが良い

リクルートでは、すべての社員が身につけさせられる「4つのスタンス」と呼ばれるものがあります。

4つのスタンスは以下の通りです。

  • 圧倒的な当事者意識
  • 考え抜く・やり抜く姿勢
  • 広く・深く学び続ける姿勢
  • チームとして協働を追求する姿勢

圧倒的な当事者意識は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

こういったスタンスは若いうちに徹底して身につけておくべきです。

なぜなら、こういった仕事に対する良いスタンスを持つ人にはたくさんの機会が与えられ、そして成長し、出世していくからです。

スキルや経験ももちろん大切ですが、スタンスという土台がなければその力を十分に発揮することはできないでしょう。

逆にスタンスさえよければスキルも身につきますし、たくさんの経験を積むための機会を手に入れることができます。

仕事に対する良いスタンス」をきちんと身につけて、20代のうちからどんどん出世していける人材へと成長しましょう。

圧倒的当事者意識など「6つのスキル・4つのスタンス」 圧倒的当事者意識など「6つのスキル・4つのスタンス」について元リクルート社員が徹底解説!

視座が高い

出世する若手は視座が異様に高いです。

新卒リクルート時代に、1年目にもかかわらず組織課題に対して疑問を投げかけたり、事業KPIを変更させようと奮闘している同期がいました。

自分の仕事が会社にとってどうつながっているのかを把握しながら働く人と、自分の仕事を狭い範囲で捉えて仕事をする人ではアウトプットに大きな差が出ます。

また、「組織をよくする」といった視点を持ってメンバーのうちから働くことができれば、マネジメント能力をメンバーながらも身につけていくことができます。

視座を高く持つことは出世するためだけではなく、今後のキャリアを築いていく上でも非常に有益です。

ぜひ高い視座を持って働いてみてください。

目の前の仕事に全力を尽くしている

20代若手出世

目の前の仕事に全力を尽くすことは簡単そうに見えて非常に難しいです。

特に若手のうちは、雑多なタスクがポンポンと振られてくることが多いでしょう。

そういった環境の中でも、すべての業務に意味を見出して働いたり、一見無駄に見えるタスクに対しても全力を尽くして行うことで後々大きな差が生まれてきます。

目の前の仕事に全力を尽くすことの大切さ 【リクルートで学んだ】目の前の仕事に全力を尽くすことの大切さ

また、目の前の仕事に全力を尽くすことで副次的な効果も生まれてきます。

例えば、飲み会の幹事を本気でやった結果、マネージャーに気に入られて個人的な仕事が振ってきたり、議事録を本気で書いていたら上司から認められて、重要な意思決定を下す場に出席させてもらえるようになるなどです。

目の前の仕事に全力を尽くして成果を出すことで次の機会が与えられ、その機会で大きな経験を得ることで成長することができるのです。

スティーブ・ジョブズが言っているように、意味ないと思ったタスクでも全力でやってみることで、最終的に振り返った時に「繋がった」と感じることができるのでしょう。

ぜひ20代の若いうちは無駄に考えすぎず、とにかく目の前の仕事に全力を注いでみてください。

20代・若手で出世する方法

上司 ストレス 限界

20代で出世(キャリアアップ)するには、2パターンのルートがあります。

  1. 社内でキャリアアップする
  2. 転職でキャリアアップする

リクルートでは、「転職でキャリアアップする」選択をする20代の社員が多かったです。

ここからは、「社内でのキャリアアップ」と「転職でのキャリアアップ」について説明していきます。

社内でキャリアアップする

会社やサービスに愛着があり、長く働き続けてもいいと思えていれば、社内でのキャリアアップを考えてみましょう。

社内でのキャリアアップについては、なんとなくイメージが湧くかもしれません。

きちんと目の前の仕事で成果を出し、リーダー職やマネジメント職に登りつめていくのが一般的なイメージです。

会社によっては社内でキャリアアップをしてほしいと願い、多くの部署を浅く広く経験させるいわゆる「幹部候補生」の育成があるところもあります。

リクルート時代に社内でのキャリアアップを考える際に上司に言われたのが、「目の前の仕事に全力を尽くして身の丈に合わない仕事をもらい続けろ」ということでした。

「目の前の仕事に全力を尽くして身の丈に合わない仕事をもらい続けろ」

目の前の仕事に全力を尽くすことの大切さ 【リクルートで学んだ】目の前の仕事に全力を尽くすことの大切さ

リクルートの「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」がまさに象徴していますが、人は機会によって成長しますし、行っている仕事の大きさによって評価されます。

機会を手に入れるためにも目の前の仕事に常に100%をぶつけて、成果を出し続けることが必要なのでしょう。

社内でキャリアアップするためには「目の前の仕事に全力を出し、成果を出し続ける」ことが一番の近道です。

転職でキャリアアップする考え方

転職すべき人

転職でキャリアアップする考えも、今では当たり前になってきました。

転職活動では、自分が活躍できるフィールドを主体的に選ぶことができ、ポジションや年収を交渉しながら新たなキャリアを探していけます。

リクルート時代の先輩に「ジョブホッパー」の方がいましたが、約2年ごとの転職を繰り返しながら多くの業界で経験を積み、その人にしか出せない色をリクルートで出していました。

現代社会では「石の上にも3年」などの古臭い考えは全くないので、自分のスキルや経験を様々なフィールドで磨きながらキャリアアップを図っていくのはいい方法だと思います。

会社にもよるかもしれませんが、リクルートは3年足らずでやめていく人がほとんどなので、会社のために働けといった雰囲気は全くなく、自らのキャリアを形成するためにリクルートを使い倒してほしいという感じでした。

そんな社風だからこそ、多くの人がキャリトレなどの転職サイトに登録したりや転職エージェントと定期的に会って自身の市場価値を確認していました

キャリトレキャリトレを詳しく見る

僕自身も新卒時から転職サイトに登録したり転職エージェントと会ってきましたので、簡単にキャリアアップするためのおすすめの転職サービスとその使い方を紹介します。

おすすめなのは、「転職する意思が固まる前から定期的に転職サイトに登録したり転職エージェントと会って自分の市場価値を確認し、機会があれば転職をする」という方法です。

転職しようと思ってからでは、求人を選ぶことに多くの時間を費やす必要があるため、なかなか自身の市場価値を分析したり、本当にやりたいことを探すことにほとんど時間を使えません。

だからこそ転職する意志がない段階から、転職サイトに登録したりや転職エージェントと会うようにしましょう。

20代におすすめの転職サイトや転職エージェントは次の通りです。

転職サイト:キャリトレ

キャリトレ

公式サイト:https://www.careertrek.com/

20代・若手のキャリアアップを目指している方ならキャリトレがもっともおすすめです。

人材業界の大手であるビズリーチが運営しており、登録している会員の7割以上が20代と、20代・若手に特化している転職サイトです。

企業からのが届くスカウト機能もあり、登録しておくだけで内定につながる可能性が高い『プレミアムスカウト』が届くこともあります。

隙間時間の5分程度で転職活動や自分の市場価値を確認できたりするので、忙しいビジネスパーソンの方は確実に登録しておくべき転職サイトです。もちろんどれだけ利用しても無料です。

かんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

転職エージェント:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20'sはこんな方におすすめ!

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

転職活動が初めてな20代の方であれば、マイナビジョブ20’s以上におすすめの転職エージェントはありません。

職務経歴書の作成や転職活動の面接を人生で経験したことない方にとっては、マイナビジョブ20’sの専門的で手厚いサポートは非常にありがたいでしょう。

他の転職エージェント経由だと職歴や経験がないとの理由で通らない書類も、マイナビジョブ20’s経由なら通るといったことが本当によくあります。

マイナビジョブ20’sに求人を出している企業も、第二新卒や20代の若手社員を求めているので、マッチングが非常にしやすいです。

20代の初めての転職活動におすすめ

無料登録後もお金はかかりません。

ぜひ出世・キャリアアップに向けて、今のうちから転職サイト・転職エージェントに登録して使用してみましょう。

転職エージェント 転職サイト 違い 転職サイトと転職エージェントの違いを解説。使い分け方も紹介します。

20代で出世する人の特徴とキャリアアップの方法まとめ

20代で出世する人の特徴とキャリアアップの方法をまとめてみました。

20代で出世する人の特徴

  • 仕事に対するスタンスが良い
  • 視座が高い
  • 目の前の仕事に全力を尽くしている

キャリアアップの方法

  • 社内でキャリアアップする
  • 転職でキャリアアップする

出世するためだけでなく、大きく成長するためにも上の3つの観点は非常に大切です。

また成長する際に転職してみるのも一つ有効な手です。

実際にリクルートの新卒も2〜3年もすると様々な業界に転職をして、元リクとして他の会社で活躍をはじめる方が多くいました。

リクルートではメンバーレベルだけど、他の会社に行けばマネージャークラスになるといった話はよく聞きます。

逆に転職活動をしてみることで、現在の会社でどんなことを成し遂げるべきなのかも見えてくるはずです。

ぜひ今のうちから動き出してみてください。

転職エージェント 転職サイト 違い 転職サイトと転職エージェントの違いを解説。使い分け方も紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です