26歳の職歴なしニートは就活をすぐにやるべき?正社員を目指す方法と末路

26歳ニートアイキャッチ
  • 26歳のニートから社会復帰したい…
  • 3、4年もニートをしていたら就職は難しいのかなぁ

このような疑問・不安を抱えていませんか?

労働政策研究・研修機構がニートを対象に行った調査によると、20代でニートだった方の「5人に1人」は1年以内に正社員として就職しています。

結論からいうと、26歳はニートから正社員になれる可能性が高い年齢です。

26歳ニートの方が、正社員になれる理由は下記です。

  • やる気と若さがあれば採用される
  • 若手の人材需要が高まっている
  • 第二新卒として採用される可能性がある

とはいえ、26歳は20代後半に差し掛かっているので、23~25歳と比較すると正社員になるのが簡単ではないのはたしかです。

本記事では、26歳ニートの方が正社員になる方法を徹底的に調べた私が、客観的な意見も交えて解説します。

この記事を読むとわかること
  • 26歳ニートでも正社員を目指せる理由
  • 就職しやすい業種・職種
  • 就職活動を成功させるためのコツ

26歳ニートから正社員になる方法を解説しているので、就職先を見つける近道が分かります。

ニートにおすすめの就職サイト・エージェントは下記記事で解説しています。エージェントを選ぶポイントや活用方法も解説しているのでぜひ参考にしてください。

目次

26歳職歴なしニートでも正社員を目指せる5つの理由

職歴なし25歳ニートでも正社員を目指せる5つの理由

「職歴のないニートでも正社員に就職できるの?」「26歳から就活ってもう遅いのかなぁ…」と思っていませんか?

結論からいうと、経歴なしの26歳ニートの方でも、正社員として就職できます。

派遣社員やアルバイトを経由しなくとも「若い」「ポテンシャルがある」だけで正社員雇用してくれる企業は多くあります。

26歳ニートでも正社員を目指せる理由は下記です。

実際のデータを元に、26歳ニートの方でも就職できる理由を解説しているため、具体的な就活対策が分かります。

理由①正社員の採用基準|経歴以外にも重視される

1つ目の理由は、正社員の採用基準には「経歴以外のポイントも重視される」からです。

実際、厚生労働省の行った「正社員を採用した際に重視した点」を調査した結果によると、以下の内容となりました。

正社員を採用した際に重視した点
単位:%

引用:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況

中途採用の方は学歴以外にも重視される部分が多いと分かります。

「長い間ニートだったから自信がない…」「キャリアやスキルなんか持ってない…」と思っている方でも、コミュニケーション能力や適応力を磨けば、正社員になれる可能性は十分にあり得ます

とはいえ「コミュニケーションを取るなんて難しいよ…」と考えている方は多いでしょう。

じょぶお

その場合は、家族や友人、近所の人などまずは身近な人とのコミュニケーションに挑戦してみましょう。

理由②採用人事の本音|やる気と若さがあれば採用される

2つ目の理由は「やる気と若さがあれば採用される」からです。

26歳は、20代後半に差し掛かったばかりの年齢です。そのためもし未経験の職種でも「やる気があって若い」というだけで、採用してくれる企業が多くあるでしょう。

リクナビNEXTが行った「企業がどこを評価して正社員に採用するのか」を調査でも、やる気を評価する企業が最も多かったです。

企業がどこを評価して正社員に採用するのか

引用:「フリーター、派遣社員を正社員採用する理由

やる気が企業に伝われば経歴に関係なく採用してもらいやすいことが分かります。

また、同調査で「正社員として採用する対象年齢」を調査した結果、下記の内容となりました。

正社員として採用する対象年齢

引用:「フリーター、派遣社員を正社員採用する理由

とはいえ、26歳は若いという理由で採用してくれるギリギリの年齢です。

生活リズムを整えたり、自己分析をしたりと、まずは小さいことからでもいいので始めてみましょう。

理由③有効求人倍率の実状|人手不足な業種が多数存在する

3つ目の理由は「人手不足な業種が多数存在する」からです。

たとえば、下記の特徴がある業種です。

  • 未経験でも働ける業種
  • 人手不足の業種
  • 研修制度の多い業種

現状、人手が足りていない企業は多数存在しており、業種は有効求人倍率が高くなっています。

端的にいうと、有効求人倍率とは「求職者1人あたり、何件の求人があるか」を表す指標のこと。

厚生労働省の「就職の状況をとりまとめた」調査結果によると、有効求人倍率が高い業種は下記表の通りでした。

業種・職種有効求人倍率
販売業(営業職)1.70倍
サービス業
(飲食系)
2.49倍
サービス業
(介護系)
3.68倍
輸送業
(自動車運転の職業)
2.20倍
建設業4.86倍

引用:厚生労働省「参考統計表

有効求人倍率が高い業種は人手不足であると共に、未経験でも可能な職業が多いため、比較的就職しやすいです。

26歳ニートです。営業職で内定をいただきました。

引用元:Yahoo!知恵袋

理由④少子高齢化の影響|若手の人材需要が高まっている

理由4つ目は、少子高齢化の影響により「若手の人材需要が高まっている」からです。

実際、厚生労働省の「企業における人手不足の緩和」に対する調査によると、過去3年間で人手不足を緩和するための対策に取り組んできた企業は、全体の8割を超えています。

人手不足の企業が実際に取り組んでいる対策は下記です。

企業における人手不足の緩和
単位:%

引用:経済産業省「我が国における人手不足の緩和に向けた企業の取組状況について

中途採用を強化する対策として、採用年齢を「15歳〜35歳」と拡大しており、26歳ニートの方が就職できる可能性は十分に高くなっています。

じょぶお

26歳はまだギリギリ若手として採用される年齢です。
28歳~になると、就職難易度がガッと高くなるでしょう。

理由⑤第二新卒の定義|第二新卒として採用される可能性がある

5つ目の理由は、26歳の場合は「第二新卒として採用される」可能性があるからです。

第二新卒とは「卒業後に就職するも離職し、再就職をする就活者」のこと。年齢は卒業後3年以内を指すケースが多く、一般的に25歳前後とされますが厳格な基準はありません。

大卒の場合、26歳はギリギリ第二新卒として扱われるため、1つのブランドとして活用できます。

ニートであっても、第二新卒かどうかで採用されるかが大きく変わるでしょう。

じょぶお

26歳は第二新卒としてみなされるラストチャンスです。積極的に行動しましょう。

20代ニートから正社員になるためのポイントやおすすめの業種・職種は下記記事で解説しています。

26歳以降もニートを続けた末路は?

25歳以降もニートを続けた末路はもう終わり?

「26歳でニートってヤバイ?」「26歳以降もニートの末路は?」と不安に思っている方もいるでしょう。

26歳以降もニートを続けると、年々正社員として就職することが難しくなります。

また下記のような未来が待っていることが予測されます。

本章を読めば、就活しなかった際のあなたの近い将来を具体的に想像できるため、就活するモチベーションに繋がります。

末路①正社員としての就職が難しくなる

30代、40代とニートを続けていると、正社員として就職するのが難しくなります。

26歳~27歳が「若い」という理由で採用してもらえるラストチャンスです。28歳以降になると、途端に就職難易度が上がるでしょう。

実際、労働政策研究・研修機構の「1年前ニートだった方が現在正社員として働いている割合」を調査した結果によると以下の通りでした。

1年前ニートだった方が現在正社員として働いている割合
単位:%

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「非求職無業者(ニート)の経歴と意識、世帯の状況

ニートから正社員になった割合が20代で最も高く、すぐに就職できています。

一方、30代から就職率が一気に低くなっており、35歳以降は20代の就職率の半分以下です。

30代ニートです ハロワやジョブカフェに行ってもやはりコロナ禍のなかでもあるのか、就職が難しく、なかなか就職先が見つかりません。 人手不足を謳っているIT企業に興味が湧いてきて、プログラミングを独学で勉強していますがちんぷんかんぷんです。 就職先は今のところプログラミングを考えていますがやはり長期間ニート、職歴なし、学歴悪いではバイトですら雇ってくれません。

引用元:Yahoo!知恵袋

30代ニートの末路や実態については下記記事で解説しています。

末路②生涯年収に大きな差が出る

正社員とニートでは、生涯年収が大きく異なります。

実際、独立行政法人労働政策研究・研修機構の「大卒の正社員とフリーターの生涯年収」を調査した結果では、下記の内容になりました。

男性女性
正社員2億7,210万円2億1,570万円
フリーター1億5,390万円1億2,150万円

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2020

正社員とフリーターの生涯年収を比較すると、その差は1億以上です。フリーターではなく、ニートと比較した場合は、それ以上に差が出るでしょう。

上記の結果から、正社員就職していないだけで、生涯年収が大きく変わることが分かります。

末路③新人という立場ではいられない年齢になる

30代、40代になってもニートを続けていると「新人」という立場ではいられない年齢になります。

30代以上になってしまうと、職場の多くの人が自分より年下で「上司が自分より年齢が下だった…」という状況もあり得るでしょう。

人によっては、自分より若い人に教えてもらうことに恐怖心を抱いてしまうケースも少なくありません。

現在、47歳でニートです
コンビニのバイトには何度か行きましたが
いつも高校生のバイトに馬鹿にされてしまい長続きしません
もう、どうしたらよいのか分かりません

引用:Yahoo知恵袋

上記の内容からも、新人という立場が通用する若いうちに正社員として就職し、キャリアを積んでおくことが大切です。

じょぶお

26歳はまだ新人という立場が使える年齢です。ただ28、29歳になってくると段々新人という立場ではいられなくなります。

末路④社会的信用が低く人生設計が難しくなる

26歳になると、結婚したりマイホームを買い始めてもおかしくない年齢です。

しかし、26歳以降もニートだと社会的信頼が低いために、様々な制限がかかってしまいます。

たとえば、下記のようなお金に関する信頼が低くなるため、大きな買い物がしにくくなります。

  • クレジットカードが新規で作成できない
  • 車のローンの申請が通らない
  • 住宅ローンの申請が通らない

ニートを続けた場合、理想とする人生設計が難しくなり、選択肢を狭めてしまう結果となるでしょう。

ニートを続けた末路や将来困らないためのポイントは下記記事で解説しています。

26歳ニートが正社員に就職しやすい業種・職種

25歳ニートが正社員に就職しやすい業種・職種

「26歳ニートでも採用されやすい職種はある?」「職歴なしが正社員として就職できる職種なんてないよなぁ…」と不安に思うかもしれません。

結論からいうと、26歳であればまだまだ選択肢の幅は広く、他の年代よりも採用されやすいです。

さらにニートの方に向いている業種・職種であれば、サポート体制も充実しており、長く働き続けられます。

26歳ニートの方向けの業種・職種は下記です。

26歳ニートの方向けの業種・職種

上記の業種・職種は未経験でも働きやすく、研修制度を採用している企業が多いです。

「26歳ニートでも働きやすい職種がしりたい方」「いつかはキャリアアップも狙える職種がしりたい方」は参考にしてください。

介護職|需要が高くやりがいがある

介護職は「少子高齢化に伴い慢性的な人手不足が続いている職種」です。

研修サポートのある企業がほとんどで、働きながら資格が取れる「資格取得制度」を採用している所もあります。

介護職は未経験よりも経験者の方が優遇して採用されるため、今後の転職活動でもキャリアアップが狙えます。

未経験から介護士を目指せる転職サイトは下記記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

IT系職種|基本スキルを身につければ正社員になりやすい

IT系の職種は、デジタル化の発達に伴い常に人手不足です。

基本的なITスキルを身につけていれば、他の職種よりも正社員として採用してもらいやすいです。

正社員としてさらに経験を積むことで、長い目で見ればキャリアアップにも繋がります。就職エージェント「ウズキャリ」は、IT業界の紹介に強いため、IT系に興味がある方は利用してみましょう。

じょぶお

コミュニケーションや人と関わるのが苦手な方は、リモートで人と関わる機会が比較的少ないIT業界がおすすめ

技術職|その後のキャリアアップに繋がる

技術職は「専門的な知識を活かしてものづくりをする職業」を指します。

専門的なスキルが必要となるため、ジャンルによっては人手を必要としている業種も多数存在します。

26歳であれば、まだまだキャリアアップの見込みがあります。若いうちからスキルを磨き、今後のキャリアアップに繋げると良いでしょう。

飲食業界|アルバイト経験が活かせる

飲食業界は、世の中の飲食需要が高い点から人手不足が続いており、未経験の有無に関わらず積極的に採用をしています。

アルバイトで飲食をされていた方も多いため、経験をそのまま仕事に活かせるでしょう

最初は店舗スタッフ配属になることが多いですが、長い目で見れば店長や店舗開発などに昇進する可能性も少なくありません。

26歳ニートが就職活動に成功するためのコツ5選

25歳ニートが就職活動に成功するためのコツ5選

「26歳ニートが就職活動するときのコツってあるの?」「なるべく早く就職活動を終わらせたい」このような要望はありませんか?

本章では、26歳ニートが就職活動に成功するためのコツを紹介します。

具体的な就職活動に成功するためのコツは下記です。

上記のポイントを抑えておけば、正社員に就職する近道が分かります。

自己分析で自分の強みを明確にする

「やりたいことが見つからない…」「自分に合った職種が分からない」と思っている方は、まず自己分析から始めましょう。

自己分析では、過去の経験を振り返り、自分の性格や強みを把握します。

自分の強みを明確にしておくと、向いている職種が見つかりやすくなるでしょう。

じょぶお

就職エージェントを利用すれば、あなたの強みや弱点をプロのアドバイザーが徹底的に分析し、希望に合った職種や企業を紹介してくれます。

面接対策を徹底する

就職活動の際、必ずと言っていいほどあるのが「面接」です。「面接でどう答えればいいか、何が聞かれるか」と悩んでいる方は多いでしょう。

その後も働きたいとは思ってたのですが、期間が空いてしまいました。 空白期間の長い私はまずはアルバイトからでも探してみようかなと思っていたので、面接が決まったことでより緊張しています。 面接はスーツで行くべきですよね? また履歴書なのですが、志望動機やPRが多いものではないとダメでしょうか。アルバイト等の履歴書だと書くことが少なく助かるなと思っています。 志望動機やPRを書くとなると書くことがなく悩んでいます。

引用元:Yahoo!知恵袋

26歳ニートが就職活動をする場合、「ニートだった期間」に関する質問を面接時に聞かれるケースが多いです。

具体的には下記の質問が挙げられます。

  • 空白期間があるのはなぜか
  • ニート期間は何をして過ごしていたか
  • なぜニートになったのか

面接時に上記のような質問に対してスムーズに答えられるように、面接対策をしておきましょう。企業側は、あなたの未来を期待して採用しようとしています。

あなたの過去を素直に打ち明け、今後の就業意欲をアピールすれば、良い印象に繋がります

じょぶお

ただし、すべて答えてしまうと採用してくれない場合もあるため、どの程度言って、どれくらい言わないのかを注意しましょう。

就職に有利な資格・スキルを取得する

20代であれば、キャリアアップも期待できる年齢です。若いうちに資格やスキルを取得しておくのも良いでしょう。

具体的なおすすめの資格は下記です。

  • 医療事務
  • 介護福祉士
  • 日商簿記
  • 宅地建物取引士
  • 社会保険労務士

いずれも、キャリアアップが狙える資格であり、今後の転職活動でも役立ちます。

資格と同様にスキルを身につけるのも就職活動では大きな強みとなります。特にIT業界は常に人手不足なため、プログラミングスキルを身に付けておくと良いでしょう。

プログラミングは独学では難しいため、スクールの利用をおすすめします。

20代の社会人におすすめの自己投資は下記記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ニートに強い就職サイトを活用する

「多くの求人から自分に合った就職先を見つけたい」「自分で就職先を見つけたい」方は、就職サイトの利用をおすすめします。

就職サイトは「就職活動をする人に役立つサイト」で、求人や企業の情報を調べられる便利なサービスが多数存在します。

26歳ニートの方の場合は、リクナビNEXT(ネクスト)の利用がおすすめです。

リクナビNEXT

公式サイト:https://next.rikunabi.com

リクナビネクストは、ニートやフリーター向けの求人が多く、未経験歓迎の求人も多数存在しています。

とはいえ、ブラック企業の求人があるなどデメリットも存在するため、見極めが必要です。就職サイトを利用する場合は、併せて「就職エージェント」も利用しましょう。

ニートに強い就職エージェントを利用する

「就職活動って面倒だなぁ」「履歴書作成や面接対策に自信がない」方は、就職エージェントの利用をおすすめします。

就職エージェントは「あなたの就職活動を支援してくれる」サービスです。

就活者一人ひとりに、プロのキャリアアドバイザーがつくため、就職活動を包括的に支援してもらえます。

ニートをターゲット層にしている就職エージェントを利用すれば、あなたに合った就職先を紹介してもらいやすくなります。

就職エージェントは、その人にとって働きやすい企業をマッチングしてもらえるため、就職活動に慣れていないニートの方こそ利用した方が良い就職サービスです。

ニートから正社員を目指す方法は下記記事で解説しています。おすすめの職種や成功のポイントを知りたい方はぜひ参考にしてください。

ニートから正社員を目指すなら就職エージェントがおすすめ

ニートから正社員を目指すなら就職エージェントがおすすめ!

26歳ニートの方が、就職エージェントを利用すべき理由は下記です。

就職エージェントは、一人ひとりに担当のアドバイザーが付き、就職活動を支援してくれます。

手厚いサポート体制は、就職サイトにはない強みであり、就職経験の少ないニートの方こそ利用して欲しいサービスです。

理由①非公開求人が多く厳選して紹介してくれる

就職エージェントには、ネットに公開されていない「非公開求人」が存在します。

非公開求人とは「就職サイトや企業HPなどに掲載していない求人」を指します。

非公開求人の特徴
  • 公開すると応募者が殺到してしまう大手企業の求人
  • 企業の事業プロジェクトに直結している求人
  • 幹部候補クラスを探している求人

上記のように非公開求人には、一般には公開されていない質の高い求人が多数存在します。

就職エージェントなら、厳選された優良企業を紹介してもらいやすいです。

非公開求人とマッチングする機会を増やすためにも、就職エージェントを利用しておいた方が良いでしょう。

理由②就職エージェントを利用した方が書類選考を通過しやすい

ニート・無職の方の場合、空白期間を理由に「書類選考で落とされる」可能性があります。

ただし就職エージェントを利用すれば、書類選考を突破するために手厚くサポートしてもらえます。

  • 徹底した履歴書の添削
  • エージェントから企業への推薦状
  • 書類選考なしで面接をセッティング

担当コンサルタントが就職者の強みを分析し、履歴書や推薦状へ反映してくれるため、書類選考が通過しやすくなります。

また本記事で紹介している「就職Shop」では、書類選考なしで面接までセッティングしてもらえるのが強みです。

書類選考通過しやすい

出典元:就職Shop

就職エージェントの特色を活かして書類通過率を上げられるのは、大きなメリットでしょう。

理由③あなたに合った就職先を探してくれる

就職に成功しても「自分が思っていた企業と違った…」「ブラック企業に就職してしまった…」と後悔するケースがあります。

就職エージェントを利用すれば、自分で探すよりもあなたに合った企業が見つけやすいです。

あなたに合う就職先を見つけてもらえる理由は下記です。

  • 担当エージェントは企業の情報を知り尽くしている
  • 就職者が求めている企業を的確にマッチングしてくれる
  • 事前に企業を訪問してブラック企業ではないか確認している

就職エージェントは、就職者だけでなく企業の内情も知り尽くしているため、あなたに合った企業を提案してくれます。

事前に就職者自身も、担当コンサルタントから応募企業の情報を聞けるため、ミスマッチを防ぎやすいです。また企業を訪問しているため、ブラック企業を紹介されるケースはほとんどありません。

理由④面接対策や書類添削などの就活サポートが手厚い

就職サイトを利用する場合、登録から案件への応募、相談まですべて自分で行う必要があります。

一方で就職エージェントの場合は、就職者が「面倒だなぁ」と感じる工程をすべて無料で行ってくれます。

就職エージェントの具体的なサービス体制は下記の通りです。

  • 自分に合った求人紹介
  • 面接対策
  • 履歴書添削
  • 面接の日程調整
  • 内定後の入社条件の交渉

書類選考で落とされやすいニートの方にとって、履歴書添削を手厚くサポートしてもらえるのは大きなメリットです。

さらにニートの方は面接時に「空白期間だった理由」を聞かれるケースが多いです。

就職エージェントでは、ニートの方が質問されるであろう内容を、事前に対策・アドバイスしてもらえるので安心して面接に臨めます。

理由⑤短期間で就職活動が終わらせられる

就職エージェントを利用すれば、短期間で就職活動を終わらせられます

短期間で就職活動を終わらせられる理由は下記の通りです。

  • 担当コンサルタントが自分に合った就職先を見つけてくれるから
  • 内定がもらえるように手厚いサポートをしてくれるから
  • 担当コンサルタントが面接日程を直近で調整してくれるから
  • 内定時に入社日や入社条件を代行してくれるから

あなたが行う活動の負担が減るため、比較的短い期間で就職先が見つかります。

26歳ニートの方におすすめの就職エージェント3選

ニートの方に強いおすすめの就職エージェント3選

26歳のニート・無職の方に強い就職エージェントは、下記を軸に決定しています。

ニートの方向けのエージェントを選ぶ軸
  1. 対象層
    …26歳ニート・無職の方でも登録できる
  2. 求人の種類
    …26歳ニートの方が求める求人がある
  3. サポートの質
    …26歳ニート向けの就職サポートが充実している

その結果、とくに評価の高かった「26歳ニートに強い」就職エージェントを総合的な評価が高い順に、ランキング形式で並べています。

エージェント特徴
1位.
マイナビジョブ20’s
就職・転職経験がない方でも手厚いサポートが受けられる
2位.
ハタラクティブ
マンツーマンで就職支援をしてもらえる
3位.
就職Shop
書類選考なしで面接まで進められる

就職エージェントによって、取り扱っている求人やサービス内容が異なります。満足の行く就職活動を行うためにも、複数登録して、あなたに合ったサービスを見つけましょう

もし迷ったら「マイナビジョブ20’s」「ハタラクティブ」に登録してみてください。

1位.マイナビジョブ20’s|20代でキャリアアップを目指したい

マイナビジョブ20s-サービスサイトアイキャッチ

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp

マイナビジョブ20’sは「20代の就職支援」に力を入れている就職エージェントです。

  • 未経験歓迎の求人を豊富に取り扱っている
  • 非公開求人が多数存在している
  • 20代・第二新卒・既卒に特化したアドバイザーが在籍している

第二新卒・既卒に特化しているため、すべての求人が20代対象で、就職・転職経験がない方でも担当コンサルタントが手厚くサポートしてくれます。

また紹介されるほとんどが非公開求人のため、好条件の企業を紹介してもらいやすいでしょう。

「20代でキャリアアップを目指している方」「好条件な求人に応募したい方」におすすめの就職エージェントです。

運営会社株式会社マイナビワークス
対象者・第二新卒
・既卒
対応エリア・首都圏
・東海3県
・関西圏
求人数非公開

※2022年7月時点

20代の初めての就職・転職活動におすすめ

無料登録後もお金はかかりません。

2位.ハタラクティブ|未経験でもチャレンジしたい

ハタラクティブ

公式サイト:https://hataractive.jp/

ハタラクティブは「未経験の業種への就職」に特化した就職エージェントです。

スキルや経歴に自信がない26歳ニートの方でも、安心して就職活動を始められるサポート体制が整っています。

  • 未経験からでも正社員として就職できる
  • マンツーマンで就職支援をしてもらえる
  • 書類選考の通過率が高い

就職経験のない方でも、プロのアドバイザーが手厚くサポートしてくれるため、大企業への内定獲得率が80%を超えています。(参考:ハタラクティブ 2020年8月〜2021年1月利用者の内定実績)

「経歴や職歴などキャリアに自信のない方」「未経験の業種にチャレンジしたい方」にはおすすめの就職エージェントです。

運営会社レバレジーズ株式会社
対象者・ニート
・フリーター
・第二新卒
・既卒
対応エリア・首都圏
・愛知
・大阪
・福岡
求人数非公開

※2022年7月時点

既卒・フリーター・第二新卒におすすめ

無料登録後もお金はかかりません。

3位.就職Shop|自分に合った就職先を探したい

就職ShopLP

公式サイト:https://www.ss-shop.jp

就職Shopでは「未経験から正社員採用に特化した就職エージェントです。

  • 未経験でも応募できる求人が多い
  • 取り扱う求人全てを訪問取材している
  • 書類選考なしで面接までセッティングしてもらえる

未経験でも応募できる求人が多く、書類選考なしで面接まで進められるため、ニートの方が苦戦する「書類選考で落ちる」心配がありません。

また、取り扱う求人全てを取材しているため「どんな企業なのか」「どんな人に合っているのかを知り尽くしています

しっかりと企業調査をしているため、ブラック企業を紹介されるケースもほとんどありません。

「自分に合った就職先を探したい方」「経験やスキルに自信がない方」におすすめの就職エージェントです。

運営会社株式会社リクルート
対象者・新卒
・既卒
・第二新卒
・フリーター
・ニート
対応エリア・首都圏
・近畿
求人数非公開

※2022年7月時点

\ 20代の既卒・フリーターなら登録必須

無料登録後もお金はかかりません。

正社員の就職を目指す26歳ニートによくある質問

正社員の就職を目指す25歳ニートによくある質問

26歳ニートの方が正社員に就職する際に、不安・疑問に思う点を回答を交えてまとめて紹介します。

不安要素が解消され、就職活動や就職エージェントを利用するモチベーションに繋がるため、気になる点がある人は参考にしてください。

26歳でも就職エージェントを利用できますか?

結論からいうと、就職エージェントによっては利用できます。

30代や40代をターゲットとした就職エージェントでは、なかなか自分に合う就職先を紹介してもらえないため、自分がターゲット層となるサービスを探すと良いです。

じょぶお

本記事で紹介している就職エージェントは全て「20代のニートの方が対象」です

「20代ニートからの就職を目指す方」は、下記の記事を参考にしてみてください。

26歳で就職活動を始めるのは遅いですか?

結論からいうと、遅くありません。

26歳であれば、若さややる気が評価されて正社員として就職しやすいケースが多いです。

20代ニートの場合は、働く企業の選択肢も多いため、優良企業に就職するためにも就職エージェントを利用してみましょう。

就職エージェントでは、非公開求人が多く存在しており、あなたに合った就職先を紹介してくれます。

中卒・高卒ニートでも正社員になれますか?

中卒・高卒の方でも応募できる企業は多数存在します。

また、ニートをターゲット層としている就職エージェントでは、中卒・高卒でも登録可能なサービスが多いです。

エージェント名学歴
マイナビジョブ20’s不問
ハタラクティブ中卒以上
就職Shop中卒以上
第二新卒エージェントneo中卒以上
ウズキャリ高卒以上

就職エージェントは、慣れない履歴書作成や面接対策のサポートを受けられるため、中卒・高卒ニートの方こそ利用してほしいサービスです。

26歳ニートの女ってやばいですか?

20代は他の年代と比較すると、男女関係なく就職しやすい傾向にあります。

26歳の女性であれば、若さゆえにアパレル業や美容関係の仕事に就ける可能性も高いです。あなたの興味のある仕事にチャレンジするのも手です。

その際、女性に特化した就職エージェントを利用すると、あなたに合った就職先をより見つけやすくなります。

下記の記事は、女性におすすめの就職エージェントをまとめているので、参考にしてください。

26歳ニートでも正社員として就職する方法|まとめ

25歳ニートでも正社員として就職する方法まとめ

職歴なしの26歳ニートの方が、正社員に就職できる理由は下記の通りです。

26歳ニートの方が、正社員に就職できる理由
  • 経歴以外にも重視されるから
  • やる気と若さがあれば採用されるから
  • 人手不足な業種が多数存在するから
  • 若手の人材需要が高まっているから
  • 第二新卒として採用される可能性があるから

20代と30代では、正社員として就職できる割合が大きく変動するため、若いうちに就職活動をしておいた方が有利です。

ただ、「ずっとニートをしてきたし、今さら社会復帰なんて簡単にできない。怖い…」と考えている方もいるかと思います。

その場合は「就職エージェント」の利用がおすすめです。「就職エージェント」を利用すれば、幅広いサポートが受けられる上に、あなたに合った企業をマッチングしてもらえます。

職歴なしの就職活動に慣れていないニートの方こそ、利用した方が良い就職サービスでしょう。

「26歳ニートが正社員になるサポート」をしてくれる、おすすめの就職エージェントは下記です。

エージェント特徴
1位.
マイナビジョブ20’s
就職・転職経験がない方でも手厚いサポートが受けられる
2位.
ハタラクティブ
マンツーマンで就職支援をしてもらえる
3位.
就職Shop
書類選考なしで面接まで進められる

各就職エージェントによって、紹介してもらえる企業が異なるため、複数の利用をおすすめします。

どれを利用しようか迷っている方は「マイナビジョブ20’s」に登録してみるのがおすすめです。

もっと多くの就職エージェントから比較したい方は、下記の記事に「ニートの方向け」の就職サイト・就職エージェントを紹介しているので参考にしてください。

この記事を書いた人

浅井 優太のアバター

国公立大学外国語学部英米学科卒業。TOEIC 970点 / IELTS 7.0 / 高校の英語教員免許保有。新卒から大手メーカーの海外営業として働く。

コメント

コメントする

目次
閉じる