30代が外資系転職に失敗しないためには?身につけるべきスキルとおすすめ転職エージェントを徹底解説

30代が外資系転職に失敗しないためには?身につけるべきスキルとおすすめ転職エージェントを徹底解説

30代からキャリアアップを目指したい・年収を上げたい時に考えるのが外資系転職。

ただ実際に外資系転職を検討しても、下記のような疑問はありませんか?

  • 30代でも外資系転職ってできるのかな?
  • 30代で外資系転職するためにはどんなスキルが必要なのかな?

結論からいうと、スキルさえあれば30代の外資系転職は20代若手よりも有利です。

  • 若手よりも経験や実績が豊富だから
  • 即戦力となる人材が多いから
  • 専門スキルが重要視されるから

上記の理由より、30代は外資系企業で「積極的に採用される」傾向にあります。

とはいえ、30代で外資系に転職する場合、求められるスキルも高いです。具体的には、最低限下記のスキルを求められます。

  • 円滑なコミュニケーションスキル
  • 即戦力となるスキル
  • チーム全体を管理するスキル
  • 相手に分かりやすく内容を伝えるスキル
  • TOEIC700点以上の英語スキル
じょぶお

記事内に「30代で外資系に転職するために身につけるべきスキル」をより詳しく解説しているよ

本記事では「30代で外資系転職を目指す方」が知っておくべきメリットと注意点を解説しています。

この記事でわかること
  • 30代が外資系転職するために必要なスキル
  • 30代が外資系に転職するメリットと注意点
  • 30代が外資系転職に成功する方法

30代の方が「外資系に転職するためのコツやポイントが分かる」ため、あなたの希望する外資系企業に就きやすくなるでしょう。

30代の外資系転職におすすめのエージェントをみる>>

目次

30代で外資系に転職は可能?積極採用している傾向にある

30代で外資系に転職は可能?積極採用している傾向にある

「30代で外資系に転職できるか不安…」と感じている方もいるでしょう。

結論からいうと、ハイクラス層と呼ばれる外資系企業において「30代は売り手市場」です。

実際にJAC Recruitmentが行った「外資系含むハイクラス層の年代別転職割合」の調査では、30~34歳・35~39歳の転職成功率は37%と高い数値になりました。

外資系含むハイクラス層の年代別転職割合

引用:JAC Recruitment 40代の転職に強い転職エージェント。実績を元に解説2022年最新版

一方で、厚生労働省が行った「性・年齢別の転職入職率」の調査では、30~34歳・35~39歳の転職成功率は10.6%となっています。

性・年齢別の転職入職率

引用:厚生労働省 令和2年上半期雇用動向調査結果の概況

「30代の外資系転職」と「30代の一般的な転職」の結果を比較すると、多くの外資系企業で、30代の人材を積極採用していると分かります。

一般的には、20代若手の方が転職時は積極採用されますが、なぜ外資系企業では30代の方が採用される傾向にあるのでしょうか?

外資系企業が30代を積極採用している理由は下記です。

  • 若手よりも経験や実績が豊富だ
  • 即戦力となる人材が多い
  • 専門スキルが重要視される

30代で外資系企業に転職する場合、マネージャークラスの求人が多いです。

マネージャーのポジションに就くと、マネジメント経験や専門スキルが必要となります。

経験や実績の少ない20代若手よりも、すぐに即戦力となる30代は外資系企業にとっては人材需要の高い存在と言えるでしょう。

30代で外資系に転職するために身につけるべき5つのスキル

30代で外資系に転職するために身につけるべき5つのスキル

30代が外資系企業に転職する場合、マネージャークラスを任されるケースが多いです。

マネージャークラスでは、より高いスキルが必要となります。

30代で外資系転職する際に、必要となるスキルは下記です。

30代で外資系転職する際に必要となるスキル
  • 円滑なコミュニケーションスキル
  • 即戦力となるスキル
  • チーム全体を管理するスキル
  • 相手に分かりやすく内容を伝えるスキル
  • TOEIC700点以上の英語スキル

本章を読めば「自分の強みとなるスキル」と転職までに「準備しておくべきスキル」が分かります。

①ビジネススキル|円滑なコミュニーケーションスキル

外資系企業では「自分の意見を伝えられるか」が重要視されます。

外資系企業に勤めると、異なる文化で育った人と一緒に働くケースが多いです。そのため「伝えたい内容」や「自分ができること」をきちんと言葉にする必要があります。

30代で外資系転職をする場合、上層部と意見交換する機会だけでなく、後輩を教育する立場にもなる点からも「どの人にも自分の意志を伝えられる力」は重要になるでしょう。

外資系では企業内外の人とも多く関わる機会があるため、どの環境でもパフォーマンスが変わらず対応できるコミュニケーション能力も求められます。

あらゆる状況でも柔軟に対応でき、円滑にコミュニケーションが取れる人が外資系では評価されるでしょう。

②積極性・自主性|即戦力となるスキル

30代であれば、マネージャークラスを任されるケースが多いため、自主的な行動が求められます。

一方で「言われた業務だけやる」指示待ち人間だと、外資系では評価されにくいです。

外資系企業の即戦力となるためには「過去の経験」や「専門的なスキル」が重要となるでしょう。

じょぶお

30代であれば過去の成果や失敗からの学びが多いので即戦力になりやすいよ

③マネジメント経験|チーム全体を管理するスキル

30代で外資系に転職する場合、マネージャーや管理職を任されるケースが多いです。

そのため、チーム全体を管理するマネジメントスキルが重要となります。

チームをまとめるためには前職で下記の経験があると良いでしょう。

  • 組織のマネジメント経験
  • 部下の教育・指導経験
  • プロジェクトのリーダー経験

30代前半の場合だと上記の経験が少ない方もいるかと思います。

その際は「プロジェクトでの自分の立ち位置」や「新人や後輩への指導方法や内容」をアピールできると良いでしょう。

④論理的な思考|相手に分かりやすく内容を伝えるスキル

ハイキャリアと呼ばれる外資系企業に転職する際には「論理的思考力」も重要です。

論理的思考とは「物事を結論と根拠に分け、論理的な繋がりを捉えながら理解する思考法」です。

じょぶお

最短で結果を出すためには必要不可欠な考え方だよ

問題点や課題点を明確に分析し、解決方法をピックアップできれば、最短で結果に繋げられるため、外資系企業では役立つスキルです。

論理的思考力は転職後だけでなく、転職活動中にも活用できます。

面接時は決められた時間内で、あなたのアピールポイントを相手に伝えなければいけません。

その際に、論理的思考力を養っておけば「いかに分かりやすく自分の強みを伝えられるか」が頭の中で組み立てられるでしょう。

⑤英語スキル|目安はTOEIC700点以上の英語スキル

外資系企業で働く以上、英語スキルは必須なため「TOEIC700点以上」の英語スキルがあると良いでしょう。

じょぶお

実際に多くの外資系では、TOEIC700点以上を条件にしている企業が多いよ

とはいえ外資系企業で働くと「実はTOEICの点数はあまり関係ない」ことが多いです。

外資系では英語の「読み書きスキル」よりも「話す聞くスキル」が重要です。

そのため、TOEICの点数が高く読み書きが得意な方が、外資系転職後につまずくケースも少なくありません。

目安としてはTOEIC700点ですが、実際の外資系企業の現場で即戦力となるためには「英語の話す聞くスキル」を磨いておくと良いでしょう。

じょぶお

下記記事では「英会話スキルを磨きたい方向け」のおすすめ英会話スクールを紹介しているので参考にしてください

30代で外資系転職をおすすめする3つのメリット

30代で外資系転職をおすすめする3つのメリット

30代であれば今の会社でも、ある程度のポジションが確約されているケースが多いです。

それでも「30代が外資系に転職するメリット」は下記の通りです。

30代が外資系に転職するメリット
  • さらなるキャリア形成に繋がる
  • 収入アップを狙える
  • 自分の実績やスキルを発揮できる

本章を読めば、30代が外資系に転職するメリットが分かるため、転職活動の後押しとなるでしょう。

メリット①さらなるキャリア形成に繋がる

30代であれば、20代〜30代にかけて経験してきたことを活かして、より高いキャリアを任せられるケースも多いです。

じょぶお

実際に30代で外資系に転職する場合は、マネージャーや管理職に就くことが多いよ

外資系に転職すれば、専門性やキャリアに磨きがかかるため、さらなるキャリア形成に繋がるでしょう。

さらに、自分の実力に挑戦できる機会が多いため、今後の将来を見据えたキャリアアップも期待できます。

メリット②収入アップを狙える

外資系企業は実力主義社会ゆえに「実績やキャリアがあれば今よりも収入アップ」が狙えます。

外資系であればどの職種でも、比較的高年収を期待できるでしょう。

実際に、JAC Recruitmentが行った「外資系企業の年収傾向」の調査では、下記の結果となりました。

金融系700万円〜2000万円程度
コンサル系1000〜2000万円程度(マネージャークラス)
IT系800〜2000万円程度(プロジェクトマネージャークラス)
メーカー系800~1500万円(マネージャークラス)

参考:JAC Recruitment「外資系企業の年収傾向-業界・年齢別の年収UP方法-2022年最新

30代の平均年収が「400万円〜437万円」であることから、外資系の平均年収の高さが分かります(参考:国税庁 民間給与実態統計調査

上記の結果からも、外資系転職による年収アップの可能性は大きいでしょう。

「実際の外資系企業の年収って実際どのくらいなんだろう?」「外資系の年収事情がしりたい」という方は下記の記事を参考にしてみてください。

メリット③自分の実績やスキルを発揮できる

30代で外資系に転職すると、マネージャーなどの高いポジションを任されることが多いです。

さらに外資系企業によっては「あなたの希望するポジション」への応募も可能です。

じょぶお

今までの実績やスキルを発揮できる機会が多いから、自分のスキルアップにも繋がるね

実力主義の外資系企業では、在職年数や年齢、性別は関係なく「結果や成果を評価」される環境であるため、自分の実力を試すチャンスになります。

30代で外資系転職はメリットだけじゃない?失敗しないための注意点

 実力主義社会である外資系企業では、在職年数や年齢、性別は関係なく「結果や成果を評価」される環境であるため、自分の実力を試すチャンスになります。  30代で外資系転職はメリットだけじゃない?失敗しないための注意点

30代の外資系転職はメリットがある反面、理想と違った外資系にギャップを感じ、転職を後悔してしまうケースも少なくありません。

外資系の転職に失敗しないための注意点として下記の内容が挙げられます。

外資系の転職に失敗しないための注意点
  • 実力主義の社会についていけない人もいる
  • 給与体系が合わない可能性がある
  • 企業によって高い英語スキルが必要となる

メリットだけでなくデメリットも理解できるため、転職後に後悔しない選択ができるでしょう。

注意点①実力主義の社会についていけない人もいる

上記に記載した通り、外資系では「過程よりも結果」が求められる実力主義社会です。

結果さえ出せていれば、自分でワークライフバランスを調整できますが、行動が成果に結びつかないと給与や勤務時間にも影響が出ます。

じょぶお

実力主義ゆえに、プレッシャーに弱い人は辛い職場環境になる可能性もあります

とはいえ、30代であれば前職や現職での経験があるため、スキルさえ発揮できれば20代若手より苦労はしないでしょう。

注意点②給与体系が合わない可能性がある

外資系企業の給与体系は下記2つによって給与が決定します。

  • ベース給(役職によって決まる報酬)
  • インセンティブ給(個人の成果・会社の業績によって決まる報酬)

外資系企業の給与は「個人の成果によって給与が大きく変動」するため、日系企業のように安定した給与が得られない特徴があります。

とはいえ、外資系企業の平均年収は30代の平均年収と比較しても高い傾向にあるため「結果が出ないと生活が苦しくなる」という末路には至らないでしょう。

実際、国税庁の行った「30代前半と後半の平均年収」の調査では下記の結果になりました。

30代前半400万円
30代後半437万円

参考:国税庁「民間給与実態統計調査

一方でJAC Recruitmentが行った調査では「30代外資系の平均年収は730万円程度」という結果になりました(参考:外資系企業の年収傾向-業界・年齢別の年収UP方法-2022年最新)。

上記の結果からも、30代で外資系転職の場合は、年収においてそこまで心配する必要はないでしょう。

注意点③企業によって高い英語スキルが必要となる

企業によっては、高い英語スキルを求められることもあり、英語力のなさについていけないと感じる人もいるようです。

英語に苦手意識がある方は、希望する外資系企業に必要な英語力を調べておくと良いでしょう。

外資系の業種別で求められる英語スキルは下記の通りです。

業種・職種求められる英語スキル
IT系・グローバル本社との流暢にコミュニケーションがとれる
・英語で書かれた設計図や説明書の読解ができる
・システム導入時に英語で説明できる
金融系・相手に的確に英語で説明できる
・会議の場で自分の意見を分かりやすく英語で伝えられる
マーケティング系・顧客が理解できるように英語で説明できる
・グローバル本社との会議に英語で対応できる

どの業種でも基本的な英語力は必要となるため「オンライン英会話」や「英語学習アプリ」を利用して語学力を磨くと良いでしょう。

30代からの外資系転職を成功させる方法

外資系の転職を成功させる方法|転職エージェントを利用

ここまで、30代外資系に転職した方が良い理由・メリットについて説明してきました。

では、どうしたら「自分に合う外資系企業」を見つけられるのでしょうか?

結論からいうと「転職エージェントの利用をおすすめします。

外資系転職を希望する方が、転職エージェントを活用するメリットは下記の通りです。

転職エージェントを活用するメリット
  • あなたの強みを活かせる外資系企業を紹介してくれる
  • 優良な非公開求人とマッチングできる
  • 履歴書添削や面接対策など手厚いサービスを受けられる

転職エージェントを利用すれば「あなたに合った外資系企業」を紹介してくれるでしょう。

利用するメリット①あなたの強みを活かせる外資系企業を紹介してくれる

いざ外資系企業に転職しても「自分のスキルに見合わない外資系に転職してしまった…」と後悔してしまうケースがあります。

転職エージェントを利用すれば、面談時に「転職者の強み・スキル」を分析してるので、その人に合った外資系企業を紹介してくれます。

さらに「外資系企業に強い」転職エージェントは、各企業の内情も知り尽くしているため、あなたに合った企業を提案してくれるのも特徴です。

じょぶお

本記事では「外資系企業に強い」転職エージェントを紹介しているので参考にしてください

自分で探すよりも、あなたの強みを活かせる企業を探せる点からも、転職エージェントを利用した方が良いでしょう。

利用するメリット②優良な非公開求人とマッチングできる

転職エージェントには、転職サイトや企業HPなどに掲載していない「非公開求人」が存在します。

非公開求人には、一般には公開されていない「優良の企業案件」が多いです。

転職エージェントを利用すれば、厳選された優良求人を紹介してもらいやすいです。

「非公開求人の外資系企業」とマッチングする機会を増やすためにも、転職エージェントを利用しておいた方が得策でしょう。

利用するメリット③履歴書添削や面接対策など手厚いサービスを受けられる

転職エージェントは、転職者が「面倒だなぁ」と感じる工程をすべて無料で代行してくれます。

じょぶお

なんで無料で代行してくれるの?と疑問に思った方は本記事の「よくある質問」に記載しているので参考にしてください

転職エージェントの具体的なサービス体制は下記の通りです。

  • 転職者の強みを分析
  • 転職者に合った外資系企業の紹介
  • 面接対策
  • 履歴書添削
  • 面接の日程調整
  • 内定後の入社条件の交渉

「外資系に強い」転職エージェントを利用すれば、外資系特有の面接内容や履歴書のチェック項目を把握しています。

面接や履歴書で、自身のスキルや強みを最大限アピールするためにも、転職エージェントの利用をおすすめします。

30代の外資系転職に強いおすすめの転職エージェント3選

外資系の転職に強いおすすめの転職エージェント3選

「30代の外資系転職向け」のおすすめ転職エージェントは、下記を軸に決定しています。

30代の外資系転職向けのエージェントを選ぶ軸
  1. 対象層
    …30代で外資系志望の方が対象である
  2. 求人の種類
    …外資系志望の方が求める求人がある
  3. サポートの質
    …30代で外資系向けの転職サポートが充実している

その結果、とくに評価の高かった「30代で外資系転職向け」の転職エージェントは下記の通りです。

エージェントおすすめの人
1位.
JACリクルートメント
・信頼ある転職エージェントを利用したい
・プロのアドバイザーに手厚くサポートしてほしい
2位.
リクルートエージェント
・多くの求人から比較したい
・年収アップを目指している
3位.
エンワールド
・自分の強みを活かせる転職先を紹介してほしい
・スキルアップ・年収アップを目指している

転職エージェントによって、取り扱っている求人やサービス内容が異なります。

それぞれの強み・メリットを判断するためにも、複数の転職エージェントに登録しておきましょう。

1位.JACリクルートメント|信頼ある転職エージェントを利用したい

JACリクルートメント|信頼ある転職エージェントを利用したい

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメントは「プロのアドバイザーにサポートして欲しい人向け」の転職エージェントです。

  • 利用者満足度が高い
  • 転職のエキスパートが多数在籍している
  • 転職活動を手厚くサポートしてもらえる

JACリクルートメントは、利用者満足度が高く利用者の94.5%が「知人・友人に紹介したい」と回答しています(参考:JACリクルートメント 2017年度利⽤者 アンケート結果)

ハイクラスや専門職への転職に関するエキスパートが多数在籍しているため、各分野の視点から転職活動をサポートしてもらえるのも特徴です。

信頼ある転職エージェントを利用したい方」や「プロのアドバイザーに手厚くサポートしてほしい方」におすすめの転職エージェントです。

かんたん3分で登録完了

無料登録後もお金はかかりません。

2位.リクルートエージェント|非公開求人の多さで選びたい

リクルートエージェント|非公開求人の多さで選びたい

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは「多くの企業から転職先を選びたい人向け」の転職エージェントです。

  • 非公開求人を多数取り揃えている
  • 外資系サービスの求人を多く保有している
  • 入社条件の交渉に力を入れている

リクルートエージェントでは、外資系サービスの求人も多く保有しているため選択肢の幅が広がります。サポート体制が充実しており「入社条件の交渉に力を入れている」のも利用するメリットの1つでしょう。

多くの求人から比較したい方」や「年収アップを目指している方」におすすめの転職エージェントです。

業界最大手の信頼感

かんたん3分で完了。無料登録後もお金はかかりません。

3位.エンワールド|管理職・経営幹部といった高ポジションへ転職したい

エンワールドとは

公式サイト:https://www.enworld.com/

エンワールドは、「外資系・日系グローバル企業の転職に強い転職エージェント」です。

業界や業種ごとに専門のチームを組んでいるため、転職先として目指す業界の情報を事細かく教えていただけるのが強みになります。

  • グローバル展開している企業の求人に強い
  • 経営幹部やスペシャリスト職などの高ポジションが豊富
  • 年収1人1人に合わせた丁寧なサポートを

担当するキャリアアドバイザーの方も優秀な人が多いと評判で、転職をサポートする際に背中を預けられるパートナーとなってくれるでしょう。

また、むやみに求人を紹介してこないことでも有名で、他の転職エージェントのように転職を急かされたりすることはありません。

徹底的にサポートしてくれるエンワールドなら、外資系への転職が成し遂げられるだけでなく、年収やキャリアアップも同時に叶えてくれる可能性が高いです。

かんたん3分で登録完了

無料登録後もお金はかかりません。

ヘッドハンティング型|30代の外資系転職に強いおすすめの転職サイト3選

ヘッドハンティング型|外資系の転職に強いおすすめの転職サイト3選

ヘッドハンティング型の「30代外資系転職向け」のおすすめ転職サイトは、下記を軸に決定しています。

20代ハイクラス向けのエージェントを選ぶ軸
  1. 対象層
    …30代外資系志望の方が登録できる
  2. 求人の種類
    …30代外資系志望の方が求める求人がある
  3. サービスの質
    …30代外資系志望の方にとって使いやすいサービスがある

その結果、とくに評価の高かった、ヘッドハンティング型の「30代の外資系転職に強い」転職サイトは下記です。

エージェントおすすめの人
1位.
ビズリーチ
・ハイクラス企業にスカウトされたい
・年収1,000万円を目指している方
2位.
リクルートダイレクトスカウト
・多くの求人から転職先を比較したい
・ハイクラス求人の情報収集をしたい方
3位.
iX転職
・手厚いサービスを受けながらヘッドハンティングされたい
じょぶお

転職サイトで情報収集しながら転職エージェントを利用する方法が、最も良い活用方法だよ

1位.ビズリーチ|ハイクラス企業にスカウトされたい

ビズリーチ

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは「ハイクラス求人に特化」した転職サイトです。

年収600万以上の方に支持されている転職サービスで、他では出会えない希少な求人も掲載しています。

  • 狙っていた企業からスカウトされる可能性がある
  • マッチング精度が高いため希望するハイクラス企業と出会える
  • 高年収の求人数が多く年収アップが期待できる

ビズリーチは、自ら求人を探すスタイルではなく、スカウトが来るのを待つタイプの転職サービスです。

大企業や狙っている企業からスカウトメールがくる可能性もあるため「なかなか自分の希望する企業が見つからない」と悩んでいる方は利用すると良いでしょう。

じょぶお

マッチング精度が高くハイクラス層の求人数が多い点から、あなたの志望する求人に出会える可能性が高いのも特徴です

「ハイクラス企業にスカウトされたい方」や「年収1,000万円を目指している方」におすすめの転職サイトです。

対応エリア運営会社株式会社ビズリーチ
対象者・20代〜30代
・第二新卒
・既卒
対応エリア全国
公開求人数約76,000件

※2022年8月時点

かんたん3分で登録完了

無料登録後もお金はかかりません。

2位.リクルートダイレクトスカウト|多くの求人から転職先を比較したい

リクルートダイレクトスカウト

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトは「ハイクラス限定」の会員制転職サイトです。

ハイクラス限定ということもあり、紹介される求人も年収800万以上のものばかりです。

  • 厳選求人を閲覧できるためハイクラス企業の比較がしやすい
  • 高年収の求人を取り扱っているため年収アップの見込みがある
  • 自分で担当者を選べるため狙っている業種の情報収集がしやすい

リクルートダイレクトスカウトにはヘッドハンターが多数在籍しています。

自分でヘッドハンターを選べるため「もっとこの業種の情報がしりたい」と感じている方は利用すると良いでしょう。

さらに、ハイクラスの厳選求人を閲覧できるのも特徴で、気になった求人は「気になるリスト」に追加できるため後から比較もできます。

多くのハイクラス求人から比較したい方」や「ハイクラス求人の情報収集をしたい方」におすすめの転職サイトです。

対応エリア運営会社株式会社リクルート
対象者・20代〜40代
・第二新卒
・既卒
対応エリア全国
公開求人数約110,000件

※2022年8月時点

ヘッドハンティング型

無料登録後もお金はかかりません。

3位.iX転職|手厚いサービスを受けながらヘッドハンティングされたい

IX転職

公式サイト:https://ix-tenshoku.jp

iX転職は「ハイクラスに特化」したヘッドハンティングサービスのある転職サイトです。

  • ヘッドハンターの質が高くあなたの潜在的な可能性を見出せる
  • 待っているだけでヘッドハンターからスカウトがくる
  • 交渉や手続きなど転職活動の面倒な工程を担当者に任せられる

iX転職は、他の転職サービスと比較すると求人数が少ない傾向にありますが、経験豊富なヘッドハンターによる手厚いサポートが受けられるのは大きな強みでしょう。

職務履歴書をしっかり記載しておけば、優秀なヘッドハンターがあなたにマッチする求人を探してくれます。

ヘッドハンティングされたい方」や「手厚い転職活動のサービスを受けたい方」におすすめの転職サイトです。

対応エリア運営会社パーソルキャリア株式会社
対象者・20代〜50代
・第二新卒
・既卒
対応エリア全国
公開求人数非公開

※2022年8月時点

スカウトの数が多い

無料登録後に電話がかかってくることもありません

30代で外資系に転職する方によくある質問

30代で外資系に転職する方によくある質問

30代の外資系転職に関してよくある質問と回答をまとめて紹介します。

不安要素が解消され、外資系企業への転職活動のモチベーションに繋がるため、気になる点がある人は参考にしてみてください。

未経験でも30代で外資系転職は可能ですか?

30代でも、業種によっては「未経験でも外資系転職は可能」です。

未経験でも外資系転職がしやすい業種は下記の通りです。

  • 営業業界|コミュニケーション能力を重視しているため未経験でも挑戦しやすい
  • コンサル業界|前職での経験が活かされるため未経験でも人材需要が高い
  • 製薬業界|MR(医療情報担当者)は未経験でも採用されやすい

とくにコンサル業界は、自身の経験や知識が外資系転職時の仕事に直結するため、おすすめです。

30代女性でも外資系企業に転職できますか?

30代女性でも外資系に転職できます。

30代であれば結婚や子育ても視野に入れて転職するケースが多いため、外資系は候補の1つにしておくのが得策です。

さらに外資系企業は、男女の収入差がなく、結果さえ出していれば役職に就きやすいため、キャリアアップを目指す女性にもおすすめです。

じょぶお

「女性に特化した」転職エージェントなら、女性ならではの悩みを相談しながら外資系企業を見つけられるので利用を検討してみましょう

30代が外資系転職に成功する方法|まとめ

30代が外資系転職に成功する方法|まとめ

30代は経験やスキルが豊富なため、外資系企業にとっては人材需要の高い存在です。

マネージャーなどの役職に就くケースも多いため、今までの自分の実力や経験スキルを発揮できます。

では、自分の「実力や経験スキルを発揮できる外資系企業」をどのように見つけたらいいのでしょうか?

30代の方が外資系転職を成功させるためには「転職エージェントを利用」をおすすめします。

転職エージェントでは、あなたに合った外資系企業を見つけられるように手厚くサポートしてくれます。

じょぶお

30代の方が外資系転職を目指す際には「外資系転職に特化した」転職エージェントを利用しましょう

「外資系に強い」おすすめの転職エージェントは下記3つです。

エージェントおすすめの人
1位.
リクルートエージェント
・多くの求人から比較したい
・年収アップを目指している
2位.
JACリクルートメント
・信頼ある転職エージェントを利用したい
・プロのアドバイザーに手厚くサポートしてほしい
3位.
ロバートウォルターズ
・自分の強みを活かせる転職先を紹介してほしい
・スキルアップ・年収アップを目指している

30代の外資系転職におすすめの転職サイトは下記3つです。

エージェントおすすめの人
1位.
ビズリーチ
・ハイクラス企業にスカウトされたい
・年収1,000万円を目指している方
2位.
リクルートダイレクトスカウト
・多くの求人から転職先を比較したい
・ハイクラス求人の情報収集をしたい方
3位.
iX転職
・手厚いサービスを受けながらヘッドハンティングされたい

転職サイト・エージェントによって、取り扱っている求人やサービス内容が異なります。

それぞれの強み・メリットを比較するためにも、複数の転職サイト・エージェントに登録しておきましょう。

もし迷ったら、本記事で紹介している転職エージェント「リクルートエージェント」「JACリクルートメント」「ビズリーチ」を利用してみてください。

じょぶお

より多くの「外資系に強い」転職サイト・転職エージェントから比較したい方は、下記の記事を参考にしてください

この記事を書いた人

浅井 優太のアバター

国公立大学外国語学部英米学科卒業。TOEIC 970点 / IELTS 7.0 / 高校の英語教員免許保有。新卒から大手メーカーの海外営業として働く。

コメント

コメントする

目次
閉じる