脱出不可能?30代ニートの末路と今からでも社会復帰できる6つの方法を徹底解説

脱出不可能?30代ニートの末路と今からでも社会復帰できる6つの方法を徹底解説
  • 30代ニートから脱出した人はどうやって社会復帰したんだろう?
  • 30代ニートで正社員に就職はもう無理だよな…

このような疑問・不安はありませんか?

日本では、30代後半以降のニートの割合が年々多くなっており問題視されています。

では、30代ニートはもうニートから脱出できないのでしょうか?

結論からいうと、30代ニートでも社会復帰はできます

30代ニートが社会復帰できる方法は下記の通りです。

  • 専門的なスキルを身につける
  • 職業訓練を利用する
  • アルバイトから始めてみる
  • 期間工で働いてみる
  • 就職サイトを利用する
  • 就職エージェントを利用する

実際、労働政策研究・研修機構がニートを対象に行った調査によると、30代でニートだった方の「10人に1人」は1年以内に正社員として就職しています。

じょぶお

上記調査は正社員のみを対象としているため、アルバイトや契約社員を含めたら、より多い割合となったでしょう

とはいえ、20代ニートと比較すると、30代ニートが社会復帰を目指すのは難しいです。

本記事では、30代ニートが社会復帰するための方法を徹底的に調べた私が、客観的な意見を交えて解説します。

この記事を読めば分かること
  • 職歴なし30代ニートの現状
  • 30代ニートの末路
  • 30代ニートでも社会復帰する方法
  • 30代ニートにおすすめの就職サービス

本記事に書かれたポイントを抑えて就職活動をすれば、社会復帰できる近道が分かります。

目次

30代ニートの実態を徹底分析

30代ニートの実態を徹底分析

「30代ニートってそろそろ危機感持った方がいいのかな?」「30代ニートってどれくらいいるの?」と思った方もいるでしょう。

結論からいうと、30代ニートは社会復帰できるギリギリのラインにいます。

今すぐに行動すれば正社員になれる可能性もありますが、このままニートを続けると就職しにくい未来が待ち受けているでしょう。

30代ニート・引きこもりの割合とその後の末路として、下記が挙げられます。

30代ニート・引きこもりの割合とその後の末路
  • 30代ニートになると就職率が一気に減少する
  • 35歳以降のニートの割合が多い

実際のデータを元に、30代ニートの割合やその後の末路について解説していきます。

30代ニートの就職率の割合|30を境に一気に減少する

20代ニートと比較すると、30代ニートでは正社員として就職するのが難しくなります。

実際、労働政策研究・研修機構の「1年前ニートだった方が現在正社員として働いている割合」を調査した結果によると下記の通りでした。

1年前ニートだった方が現在正社員として働いている割合
単位:%

参考元:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「第3章 非求職無業者(ニート)の経歴と意識、世帯の状況

30代以降、就職率が一気に低くなっており、35歳以降は20代の就職率の半分以下です。

40代になるとさらに就職率が低下している点から「すぐに行動に移すか」によって就活の難易度が大きく変わると伺えます。

30代ニートの割合|35歳以降のニートの割合が多い

「30代ニートって少ないの?多いの?」と疑問に思った方もいるかもしれません。

若年層と比較すると、35歳以降のニートの割合が最も多いです。

実際、総務省統計局の「若年者から44歳までのニートに行った」調査データでは下記の結果となりました。

若年者から44歳までのニートに行った」調査データ
単位:万人

参考元:総務省統計局「労働力調査(基本集計)2021年(令和3年)平均結果の要約

上記の調査からも、35歳以上のニートの割合が最も多いことが分かります。

なぜ、若年層よりも30代以降のニートの割合の方が多いのでしょうか?

35歳以降のニートの割合が最も高い理由として、下記が挙げられます。

  • 若年層は若さを理由に採用されやすいから
  • 空白期間が長い30代・40代は採用されにくいから
  • ニート歴が長いと就職活動がしにくくなるから

上記の理由から、年齢を重ねるごとに社会復帰が難しくなり「働きたくても働き先がない」現状が伺えます。

じょぶお

この調査結果からも早めの行動が「就職に有利になる」と分かりますね

もう手遅れ?30代ニートの末路は?

もう手遅れ?30代ニートの末路は?

「30代・40代もずっとニートだったらどうなるんだろう…」と漠然とした不安を抱えていませんか?

結論からいうと、30代・40代もニートの状態だと社会復帰はより厳しくなるでしょう。

職歴なしの30代ニートがそのままニートを続けた場合、下記のような状況になると予想されます。

職歴なしの30代ニートがそのままニートを続けた場合の予想
  • 就職先の選択肢が狭まる
  • 人生設計が崩れていく
  • 自分の希望する職業に就きにくくなる
  • 婚期を逃してしまう

あなたの近い将来を事前に知れるため、社会復帰に向けて行動するモチベーションに繋がるでしょう。

就職先の選択肢が狭まる

20代であれば、第二新卒や既卒、若手というターゲット層に当てはまるため、比較的就職がしやすいです。

しかし30代は、ターゲット層から外れるため、必然的に就職先の選択肢が狭まります。

また、30代はいわゆる「働き盛り」な年代のため、経歴やスキルが求められることが多く、経歴のないニートの方を雇ってくれる企業が少ないのが現状です。

人生設計が崩れていく

30代になると、車やマイホームを購入するなど、人生の大イベントが待っています。

しかし、30代以降もニートだと社会的な信頼が低いため、人生設計が崩れる可能性があります。

社会的信頼が低いと、主に金銭面で大きな影響が出るでしょう。

具体的な例は下記の通りです。

  • クレジットカードが新規で作成できない
  • 車のローンの申請が通らない
  • 住宅ローンの申請が通らない

ローンやクレジットカードの申請が通らないと、支払いなどで何かと不都合な生活を送ることになるでしょう。

自分の希望する職業に就きにくくなる

20代ニートの場合は、やる気やフレッシュさが評価されるため、職歴がなくても比較的採用されます。

しかし、30代になると年齢や空白期間の長さがネックとなり、自分の希望する職種に就きにくくなります。

たとえば20代女性ニートの場合は若さが評価されて、アパレル業や美容関係などでも就職しやすいですが、30代女性ニートだと難しいでしょう。

未経験歓迎の職種も、20代の若手が優先的に採用されるため、採用されにくくなります。

婚期を逃してしまう

30代ニートの場合、必然的に出会いが少なくなり、婚期を逃す可能性があります。

「女性なら30代ニートでも結婚できるでしょ」と思っている方もいるかと思います。

20代ニートなら可能性はあるかもしれませんが、30代になるまで理由もなくニートを続けている女性は結婚対象外と見なされるケースが多いです。

理由もなくニート生活を続けていると相手からの印象が悪く、30代の婚期を逃してしまうかもしれません。

ニートを続けた末路や将来困らないためのポイントは下記記事で解説しています。

30代ニートが社会復帰する6つの方法

30代ニートが社会復帰する6つの方法

ここまで30代ニートの現状とニートで居続けた際の末路を解説しました。

「30代でもニートを脱出する方法ってあるの?」「30代ニートで社会復帰はもう遅い?」と疑問・不安に思った方は多いでしょう。

結論からいうと、30代ニートでも社会復帰できます

30代ニートが社会復帰する方法は下記の通りです。

30代ニートが社会復帰する方法
  • 就職に有利なスキルを身につける
  • 職業訓練を受ける
  • アルバイトから始めてみる
  • 期間工で働いてみる
  • 就職サイトを利用する
  • 就職エージェントを利用する

本章を読めば、空白期間が長くても社会復帰できる近道が分かります。

就職に有利なスキルを身につける

職歴やスキルのない30代ニートの場合、スキルを身につけておくと就職活動で有利となります。

スキルを身につけるメリット・デメリットは下記の通りです。

メリットデメリット
就職先の選択肢が広がる
自分の強みとして活用できる
今後のキャリアアップも目指せる
就職活動を始める期間が遅くなる
就職先によっては武器にならないこともある

途中で挫折し中途半端に終わってしまう可能性がある

30代の方が身につけておくと良いおすすめなスキルは、IT関連スキルです。

IT業界は常に人手不足なため、プログラミングスキルなどを身に付けておくと就活時に役立つでしょう。

IT業界は、未経験向けの求人が比較的多く、キャリアアップも十分目指せるジャンルなため、検討しても良いかもしれません。

じょぶお

資格やスキルがある場合は、そのジャンルに特化した就職エージェントを利用すると、あなたに合った就職先を提案してくれますよ

職業訓練を受ける

自分の力だけでは資格・スキルの習得が難しいと感じる方は、職業訓練を受けると良いでしょう。

職業訓練とは、就職する際に役立つ資格の取得やスキルを身に付ける目的で通うスクールを指します。

職業訓練の種類は下記3つです。

  • 公共職業訓練(失業保険を受給している人が対象)
  • 求職者支援訓練(失業保険を受給していない人が対象)
  • 学卒者訓練(中卒・高卒・専門課程修了者が対象)
じょぶお

ニートの方の大半は失業保険を受給していない人が多いので「求職者支援訓練」になるね

職業訓練を受けるメリットとデメリットは下記の通りです。

職業訓練を受けるメリット職業訓練を受けるデメリット
就職活動に役立つ資格の取得やスキルを身につけられる
一定の条件を満たせば給付金を受け取りながら職業訓練を受けられる
面接時のアピールポイントになる
職業訓練を受けるまでの流れが大変
就職活動を始める期間が遅くなる
就職先によっては武器にならない可能性がある

就活に役立つ資格の取得やスキルを身につけられる一方、就職活動を始める期間が遅くなるデメリットもあるため、しっかりと考えた上で利用しましょう。

アルバイトから始めてみる

「今まで働いたことがないから不安だなぁ」と思う方は、アルバイトから始めてみるのも良いでしょう。

自分の興味のある職種をバイトを通して経験すれば、本当に合っているかの判断材料にもなります。

アルバイトから始めるメリットとデメリットは下記の通りです。

アルバイトから始めるメリットアルバイトから始めるデメリット
アルバイト経験が就活の自己アピールに繋がる
アルバイトで自分に合う職種を判断できる

シフト制が多いため時間の融通が効く
働いた分しか給料がもらえない
福利厚生がほとんどない

そのままズルズルとアルバイトを続けてしまう

アルバイト求人の中には「正社員登用制度」を採用している企業もあります。

じょぶお

正社員登用制度は「アルバイトや派遣社員から正社員雇用に変更して働ける」制度だよ

ただし「正社員登用制度」を導入している企業であっても実際にアルバイトから正社員になれるとは限りません。

実際、厚生労働省の「正社員登用制度を採用している企業の調査」では、登用実績が47%に留まる結果でした。

アルバイト経験が経歴として活かせるメリットはありますが、確実に正社員を狙う場合は遠回りになってしまう可能性があるので注意しましょう。

参照元:厚生労働省 労働経済動向調査(令和3年2月)の概況-4 結果の概要-

期間工で働いてみる

「いきなり正社員はハードルが高い…」と思う方は、期間工で働くのも1つの手です。

期間工とは「働く期間が決められている契約社員」を指します。

繁忙期に募集することが多く、多くの人材を欲しているため職歴のないニートの方でも採用されやすいです。

期間工で働くメリット・デメリットは下記の通りです。

期間工で働くメリット期間工で働くデメリット
黙々と作業ができるため、コミュニケーションが苦手な人なら働きやすい
会社に直接雇用される
人材を多く必要としているため採用されやすい
働く期間が決まっているためニートの振り出しに戻る可能性がある

単調作業なため人によって合わないと感じる

派遣社員とは異なり、会社に直接雇用される強みがある一方で、働く期間が定められているため再度ニートに戻ってしまう可能性も高いです。

就職サイトを利用する

多くの求人から自分に合った就職先を見つけたい方」「自分で就職先を見つけたい方」は、就職サイトの利用をおすすめします。

就職サイトは「就職活動をする人に役立つサイト」で、求人や企業の情報を調べられる便利なサービスが多数存在します。

就職サイトを利用するメリット・デメリットは下記の通りです。

就職サイトを利用するメリット就職サイトを利用するデメリット
自分のペースで就職活動できる
スカウトメールがくる可能性がある

ニートの方向けの求人を探しやすい
多くの企業から厳選して探せる
就職サイトによってはニート向けの求人が少ない場合がある

面接の日程調整は自分で行う必要がある

30代ニートの方の場合は、リクナビNEXT(ネクスト)の利用をおすすめします。

リクナビNEXT(ネクスト)の利用

公式サイト:https://next.rikunabi.com

リクナビネクストは、ニートやフリーター向けの求人が多く、未経験歓迎の求人も多数存在しています。

とはいえ、ブラック企業の求人が稀に掲載されているなどデメリットもあるため、見極めが必要です。

就職サイトを利用する場合は、併せて「就職エージェント」も利用しましょう。

業界最大手の転職サイト

かんたん3分で登録完了。無料登録後もお金はかかりません。

就職エージェントを利用する

「就職活動って面倒だなぁ」「履歴書作成や面接対策に自信がない」と思っている方は、就職エージェントの利用をおすすめします。

就職エージェントは「あなたの就職活動を支援してくれる」サービスです。

就活者一人ひとりに、プロのキャリアアドバイザーがつくため、就職活動を包括的に支援してもらえます

就職エージェントを利用するメリット・デメリットは下記の通りです。

就職エージェントを利用するメリット就職エージェントを利用するデメリット
あなたに合った就職先を紹介してくれる
書類選考や面接などニート特有の課題にしっかり対応してくれる
内定後も最後までサポートしてくれる
自分のペースで就活が行えない
担当者によっては合わないと感じる場合もある

ニートをターゲット層にしている就職エージェントを利用すれば、あなたに合った就職先を紹介してもらいやすくなります。

その人にとって働きやすい企業をマッチングしてもらえるため、就職活動に慣れていないニートの方こそ利用した方が良い就職サービスです。

ニートから正社員を目指す方法は下記記事で解説しています。おすすめの職種や成功のポイントを知りたい方はぜひ参考にしてください。

30代ニートにおすすめの就職サービス

30代ニートにおすすめの就職サービス

「30代ニートが利用できる就職サービスなんてあるの?」「年齢・ニートを理由に就職サービスの利用を断られた…」このような方も多いのではないでしょうか。

本章では30代ニートの方でも利用できる就職サービスを紹介します。

30代ニートの方でも利用できる就職サービスは下記です。

30代ニートの方でも利用できる就職サービス
  • ハタラクティブ
  • 就活エクスプレス
  • リクナビ(NEXT)ネクスト

ニートの方向けの求人情報やサービスもあるため、上記サービスを利用すれば社会復帰できる近道となるでしょう。

ハタラクティブ|未経験でもチャレンジしたい

ハタラクティブ

公式サイト:https://hataractive.jp/

ハタラクティブは「未経験の業種への就職」に特化した就職エージェントです。

スキルや経歴に自信がない方でも、安心して就職活動を始められるサポート体制が整っています。

  • 未経験からでも正社員として就職できる
  • マンツーマンで就職支援をしてもらえる
  • 書類選考の通過率が高い

就職経験のない方でも、プロのアドバイザーが手厚くサポートしてくれるため、大企業への内定獲得率が80%を超えています。(参考:ハタラクティブ 2020年8月〜2021年1月利用者の内定実績)

「経歴や職歴などキャリアに自信のない方」や「未経験の業種にチャレンジしたい方」にはおすすめの就職エージェントです。

運営会社レバレジーズ株式会社
対象者・ニート
・フリーター
・第二新卒
・既卒
対応エリア・首都圏
・愛知
・大阪
・福岡
求人数非公開

※2022年7月時点

既卒・フリーター・第二新卒におすすめ

無料登録後もお金はかかりません。

就活エクスプレス|30~54歳の正社員就職をサポート

就活エクスプレスLP

公式サイト:https://shu-katu-express.com

就活エクスプレスは「30〜54歳の正社員就職をサポート」する就職サービスです。

  • 30〜54歳に特化した就活支援サポートをしてくれる
  • 早期就業の支援をしてくれる
  • ニートの方に向けたコースが存在する

就活エクスプレスでは、担当のジョブコーディネーターがつき、3か月かけて早期就業を支援してくれます。

就活エクスプレス

出典元:就活エクスプレス

短期集中プログラムも存在しており、グループワークや講師からのアドバイスを通して就活力を向上させていきます。

何から始めたらいいか分からない方」「自分の強みや合う仕事が分からない方」は利用してみるといいでしょう。

\ 5日間の集中プログラム /

受講にお金はかかりません

リクナビ(NEXT)ネクスト|ニートの方向けの求人数が豊富にある

リクナビ(NEXT)ネクスト

公式サイト:https://next.rikunabi.com

リクナビネクストは「就職者・転職者の8割が利用」している就職サイトです。

  • 求人数が豊富で新着求人が多い
  • 就職者・転職者の8割が利用している(参考:採用成功ナビ 2020年12月末時点)
  • ニート・フリーター向けの求人が多数ある

リクナビネクストは、ニート・フリーター向けの求人が多数あり、職歴のない40代ニートに合った検索条件も存在します。

リクナビ

出典元:リクナビネクスト公式HP

新着求人も週2回更新されるため、就職の選択肢が広がります。

多くの求人の中から探したい方」や「自分に合う就職先をじっくり探したい方」にはおすすめの就職サイトです。

業界最大手の転職サイト

かんたん3分で登録完了。無料登録後もお金はかかりません。

30代ニートの方によくある質問

30代ニートの方によくある質問

30代ニートの方が社会復帰する際に、不安・疑問に思う点を回答を交えてまとめて紹介します。

不安要素が解消され、就職活動するモチベーションに繋がるため、気になる点がある人は参考にしてください。

40代までニートを続けていたらどうなりますか?

結論からいうと、ますます就職がしにくくなります。

40代ニートが就職しにくい理由は下記の通りです。

  • ニート期間が長いと抜け出せなくなるから
  • 企業が求める人材からかけ離れているから
  • 自分のアピールできる強みが少ないから

40代ニートになると、支援元である両親も定年退職する年齢となるため、さらに生活が苦しくなるでしょう。

両親が高齢となったことで、就活よりも親の介護を余儀なくされるケースもあります。

30代ニートでも就職サービスを利用できますか?

結論からいうと、就職サービスによっては利用が可能です。

就職サービスによって、サービス内容やターゲット層が異なるため、自分に合った就職サービスかどうか事前に調べておくと良いでしょう。

本記事で紹介している就職サービスは「全て30代ニートが対象」なため、利用してみてください。

30代ニートでも正社員として就職できますか?

30代ニートでも正社員として就職はできます。

とはいえ、20代と比較すると正社員として就職するハードルは上がるでしょう。

正社員として就職を希望する場合は、就職エージェントを利用すると良いです。

就職エージェントを利用すれば、あなたに合った就職先が見つかるだけでなく、正社員として就職できるようにサポートしてもらえます

30代ニートが社会復帰する方法|まとめ

30代ニートが社会復帰する方法|まとめ

30代ニートの現状は下記の通りです。

  • 30代ニートになると就職率が一気に減少する
  • 35歳以降のニートの割合が多い

20代ニートと比較すると、30代以降では就職率が一気に減少し、そのままニートを続ける人の割合が多くなります。

30代以降のニートが多い理由として、年齢や空白期間を理由に「働きたくても採用されない」背景があります。

そのため、30代ニートが社会復帰する場合「すぐに行動すること」が大切です。

では、実際に行動に移す場合、何をすれば良いのでしょうか?

30代ニートの方が社会復帰する方法は下記の通りです。

30代ニートの方が社会復帰する方法
  • 就職に有利なスキルを身につける
  • 職業訓練を受ける
  • アルバイトから始めてみる
  • 期間工で働いてみる
  • 就職サイトを利用する
  • 就職エージェントを利用する

とくに30代ニートの場合は「就職エージェントの利用」をおすすめします。

30代ニートにおすすめの就職エージェントは下記です。

30代ニートの方でも利用できる就職サービス
  • ハタラクティブ
  • 就活エクスプレス
  • リクナビ(NEXT)ネクスト

どれを利用すればいいか迷っている方は「ハタラクティブ」「就活エクスプレス」「リクナビネクスト」全てを利用して、あなたに合う就職サービスを見つけてみてください

ニートの方におすすめの就職サイト・エージェントは下記記事で解説しています。就職エージェントを選ぶポイントや活用方法も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人

浅井 優太のアバター

国公立大学外国語学部英米学科卒業。TOEIC 970点 / IELTS 7.0 / 高校の英語教員免許保有。新卒から大手メーカーの海外営業として働く。

コメント

コメントする

目次
閉じる