【リスクあり】50代で外資系転職に成功する方法|求められるスキルも徹底解説

【リスクあり】50代で外資系転職に成功する方法|求められるスキルも徹底解説
  • 50代で外資系に転職は遅いのかな?
  • 日系企業でしか働いたことがないけど外資系で働けるのかな?

このような疑問はありませんか?

定年が近くなっている50代にとって「外資系に転職すること」は大きな人生の選択肢と言えるでしょう。

結論からいうと「スキルや実績があれば50代でも外資系に転職は可能」です。

50代の方が外資系企業の転職に成功するために必要なスキルは下記の通りです。

  • 特化した専門スキル
  • 円滑なコミュニケーションスキル
  • チーム全体を管理するスキル
  • ビジネスレベル以上の英語スキル

また、下記口コミのように「50代で外資系に転職する人」は近年増加傾向にあります。

実際に、アイティメディアが行った「50代の求人が増えている理由」の調査では、2019年より現在の方が「外資系の50代採用割合が増えている」結果となりました。

 50代の求人が増えている、その理由は?

出典:アイティメディア 50代の求人が増えている、その理由は?

上記の結果からも、外資系企業において50代の人材需要は年々増加傾向にあると分かります。

とはいえ、50代で外資系に転職する場合は突然解雇されるケースがされたり、年功序列の文化はなく成果で報酬が決まったりするリスクも伴います。

今まで日系企業で働いてきた方にとっては、外資系転職は大きなギャップになる可能性もあるでしょう。

本記事では、50代で外資系転職を目指す人に向けて「転職前の注意点」と「必要なスキル」を具体的に解説しています。

この記事でわかること
  • 日系企業との違いから分かる外資系転職のリスク
  • 50代で外資系転職を成功させる方法
  • 50代向け外資系に強い転職エージェント
  • 50代で外資系企業に成功する人が身につけているスキル

この記事を読めば、あなたが外資系に転職すべきかの選択ができるでしょう。

目次

50代で外資系未経験でも転職できる|スキルや実績が重要

50代で外資系未経験でも転職できる|スキルや実績が重要

「50代で外資系への転職は遅いかなぁ」と不安に思っている方も多いでしょう。

結論から言うと、外資系では「スキルや実績」さえあれば年齢は関係ありません。

上記口コミのように、スキルがあれば「50代でも外資系に転職は可能」です。

日系企業では、年齢が高くなるほど転職はしにくいのが現状です。

そのため、20代や30代と比較すると、一般的な50代の転職率は低い傾向にあります。実際に、厚生労働省の行った「年代別の転職入職率」の調査では、20代後半の転職率が13.4%だったのに対して、50代前半の転職率は5.3%でした。

中途採用に係る現状等について

出典:厚生労働省 中途採用に係る現状等について

一方で、JAC Recruitmentが行った「外資系を含むハイクラス層の年代別転職割合」の調査では、50代の転職成功率は計16%であったのに対して、20代若手の「ハイクラス転職の成功率」は計8%でした。

年代別転職成功割合

参考:JAC Recruitment 40代の転職に強い転職エージェント。実績を元に解説2022年最新版

上記の結果からも外資系企業の転職においては、スキルや実績が豊富な50代の方が「人材需要が高い」と伺えます。

とはいえ、今まで日系企業で働いてきた方は「外資系で働いたことがない50代が転職に成功できるか不安」と感じてしまうかもしれません。

実は、50代で外資系に転職した人の半数以上は「外資系未経験」で転職しています。
エン・ジャパンが行った「外資系勤務経験者の今までの経歴」を調査したところ、50代の約6割以上が「転職するまで外資系で働いたことがなかった」と回答しています。

外資系勤務経験者の今までの経歴

参考:エン・ジャパン 第73回 アンケート集計結果「外資系企業で働くこと」について

上記の結果からも「企業の求めるスキル・実績」があれば、50代で外資系で働いたことがない方でも転職できると伺えます。

何歳まで働ける?日系企業との違いから分かる外資系転職のリスク

何歳まで働ける?日系企業との違いから分かる外資系転職のリスク

「外資系企業って何歳まで働けるんだろう?」「長く働けないって聞くけど本当?」と不安に思う方もいるかと思います。

結論からいうと、外資系企業が求めるスキルがあれば、長く働き続けられるでしょう。

一方で、日系企業と比較するとギャップがあるのも事実です。

日系企業との違いから分かる、外資系転職のリスクは下記の通りです。

外資系転職のリスク
  • 突然解雇されるケースがある
  • 年功序列の文化はなく成果で報酬が決まる

年齢的にも転職が難しくなるため、しっかりと考えた上で転職活動を進めるのが得策です。

本章を読めば、50代が外資系へ転職するリスクが分かるため、あなたが外資系に転職するべきかの検討材料になるでしょう。

突然解雇されるケースがある

外資系企業の拠点は海外であるため、日本での事業展開を終了して撤退する可能性もあり得ます。

上記の口コミからも分かるように、日系企業と比較すると外資系企業は「雇用の安定性が低い」のが現状です。

日系企業は「終身雇用制度」が廃止されつつあるものの、いまだにその文化は根強く残っている傾向にあります。
実際に、厚生労働省が行った「雇用慣行に関する調査」では、新卒から採用されて同じ企業に勤め続ける生え抜き社員が大卒で5割以上という結果となりました。

雇用慣行に関する調査

出典:厚生労働省 我が国の構造問題・雇用慣行等について

上記の結果からも、外資系企業よりも日系企業の方が安定性があるように伺えます。

そのため「外資系転職を成功させても突然解雇されてしまう可能性があること」を理解した上で転職活動を進めていく必要があります。

年功序列の文化はなく成果で報酬が決まる

外資系企業の給与形態は下記2点で決まります。

  • ベース給(役職によって決まる報酬)
  • インセンティブ給(個人の成果・会社の業績によって決まる報酬)

「外資系は給与が高い」というイメージがあるかもしれませんが、結果や成果が認められないと、50代全体の平均年収より低くなる可能性も十分にあり得るでしょう。

日系企業の多くは年功序列のため、会社に長く勤めるほど、給与が年々上がる傾向にあります。

50代まで日系企業で勤続していた場合、外資系企業に転職しなくてもある程度の高収入が確約されています。
実際に国税庁が調査した「一般的な50代の平均年収」は514万円〜518万円でした。

50代全体の平均年収514万円〜518万円
50代男性の平均年収656万円〜668万円
50代女性の平均年収311万円〜319万円

上記の結果からも、外資系企業に転職しても、結果や成果が認められないと、50代全体の平均年収よりも低くなる可能性もあると伺えます。

50代で外資系転職を成功させる3つの手順

50代で外資系転職を成功させる3つの手順

前章では、50代でも外資系転職が可能な一方でリスクが伴うことをお伝えしました。

では、50代が外資系転職を成功させる方法はあるのでしょうか?

下記の手順で行動をすればリスクを最小限に抑えながら、外資系転職の成功に近づけます。

50代が外資系に転職する際は、下記のステップで転職活動を進めましょう。

50代が外資系に転職する際のステップ
  1. 転職する目的を明確にする
  2. 自分の市場価値を事前に把握する
  3. 外資系に強い転職エージェントを利用する

本章を読めば、外資系転職後に後悔しない事前準備ができるでしょう。

ステップ1|転職する目的を明確にする

外資系の転職を検討する場合は、転職する目的をはっきりさせることで、転職の軸が定まりやすいです。

具体的には、下記のような理由・目的があると良いでしょう。

目的理由
自分のスキルを活用したい実力主義の社会で経験したスキル・実績を試したいから
年収を今よりも上げたい外資系のインセンティブ制度で今よりも年収が上がる見込みがあるから
グローバル拠点で働きたい英語スキルに自信があり、海外規模で自分の実力を発揮したいから

明確な目的や理由を持って転職活動をすれば、面接時にもあなたのアピールポイントを説明できるため、採用されやすくなるでしょう。

反対に、上記の口コミのように「ただ外資系に転職することが目的」になってしまうと、失敗するケースが多いので注意しましょう。

ステップ2|自分の市場価値を事前に把握する

外資系に転職を検討している方は、自分の市場価値を把握することも重要です。

外資系が求める市場価値のある人材の具体例は下記の通りです。

  • スピーディに結果を出せる人材
  • 高い英語スキルを持っている人材
  • 周囲と協調性を持って仕事に取り組める人材

企業ごとに求める人材は異なるため、事前に調べておくと良いでしょう。

自分の市場価値を知っておくメリットは下記の通りです。

  • どのレベルの外資系に転職できるかの目安になる
  • 外資系企業が求めるスキルがあなたに備わっているかが分かる

事前に市場価値を把握しておくと、あなたに合う外資系企業が見つかりやすくなるでしょう。

自分の市場価値がどのくらいか分からないという方は「ミイダス」のサービス利用をおすすめします。

ミイダス

出典:ミイダス公式HP

ミイダスの「市場価値診断」は、7万人の転職データから、類似した経歴・スキルを持つユーザーへのオファー実績や、企業の選考条件に合致した企業数を算出し、あなたの市場価値を診断してくれます。

市場価値診断を利用することで、事前に自分の人材需要度が把握できるため、どのレベルの外資系企業を目指せるかの目安になるでしょう。

ステップ3|外資系に強い転職エージェントを利用する

50代が外資系転職に成功するためには「転職エージェントの利用」をおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、あなたが外資系企業に転職する際に「抱える悩み」を解決してくれます。
実際に、エン・ジャパンが行った「外資系に勤める50代の方が利用した転職活動の手段」を調査したところ、転職エージェントの利用が最も有効だったと答えています。

外資系に勤める50代の方が利用した転職活動の手段

参考:エン・ジャパン 第73回 アンケート集計結果「外資系企業で働くこと」について

上記の結果からも、外資系転職には転職エージェントの利用をおすすめします。

外資系企業を希望する方が、転職エージェントを活用するメリットは下記の通りです。

  • 非公開求人の外資系企業とマッチングできる
  • 履歴書添削や面接対策など手厚いサービスを受けられる
  • 年収交渉を代行してもらえるため年収アップに繋がる

転職エージェントの中でもとくに「外資系に強い」転職エージェントを利用すれば「あなたに合った外資系企業」を紹介してくれるでしょう。

本記事では「外資系転職に強い」おすすめの転職サービスを紹介しているので参考にしてください。

じょぶお

外資系以外の転職先も検討したい方は、50代向けの転職エージェントを比較すると良いでしょう。

50代向け外資系に強い転職エージェント3選

50代向け外資系に強い転職エージェントX選

「50代でも外資系企業を紹介してくれる転職エージェントってあるのかなぁ」と思っていませんか?

本章では「50代で外資系企業転職を目指す方向け」のおすすめ転職エージェントを紹介しています。

「50代で外資系企業転職を目指す方向け」のおすすめ転職エージェントは、下記を軸に決定しています。

50代の外資系転職向けのエージェントを選ぶ軸
  1. 対象層
    …50代で外資系志望の方が対象である
  2. 求人の種類
    …外資系志望の方が求める求人がある
  3. サポートの質
    …50代外資系転職向けの転職サポートが充実している

その結果、とくに評価の高かった「50代外資系転職向け」の転職エージェントは下記の通りです。

エージェント特徴
リクルートエージェント年収交渉力が高く年収アップに繋がる
JACリクルートメント外資系転職のプロに相談できる
ロバートウォルターズあなたのスキルに合った外資系企業を紹介してもらえる

転職エージェントによって、取り扱っている求人やサービス内容が異なります。

それぞれの強み・メリットを判断するためにも、複数の転職エージェントに登録しておきましょう。

もし迷ったら、本記事で紹介している転職エージェント「リクルートエージェント」「JACリクルートメント」「ロバートウォルターズ」を利用してみてください。

じょぶお

より多くの「外資系に強い」転職サイト・転職エージェントから比較したい方は、下記の記事を参考にしてください。

リクルートエージェント|外資系転職で年収1,000万円を目指したい

リクルートエージェント|外資系転職で年収1,000万円を目指したい

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは「求人の質と量」に力を入れている転職エージェントです。

50代が対象の外資系求人も多く保有しているため、選択肢の幅が広がります。

リクルートエージェントの強みは下記の通りです。

  • 非公開求人が多いため希望する企業が見つかりやすい
  • 内定後の年収の交渉力が高く年収アップが期待できる
  • 各業界に精通したコンサルタントが在籍しているので相談しやすい

リクルートエージェントは、非公開求人を多く取り扱っているため「あなたに合った外資系の転職先」が見つかりやすいです。

じょぶお

非公開求人の中には管理職やマネージャーの募集が多く、50代も対象の外資系求人が多数あります。

入社条件の交渉にも力を入れており、より良い条件で転職できるように、企業側にかけあってくれるのも特徴です。

「多くの求人から比較したい方」や「年収アップを目指している方」におすすめの転職エージェントです。

運営会社株式会社リクルート
対象者・20代
・30代
・40代
・50代
対応エリア全国(一部地域を除く)

※2022年8月時点

業界最大手の信頼感

かんたん3分で完了。無料登録後もお金はかかりません。

JACリクルートメント|海外拠点の外資系企業で働きたい

JACリクルートメント|海外拠点の外資系企業で働きたい

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメントは「プロのアドバイザーにサポートして欲しい人向け」の転職エージェントです。

JACリクルートメントの強みは下記の通りです。

  • 管理職やマネージャークラスの求人を紹介してもらいやすい
  • 外資系転職のプロが在籍しているため相談しやすい
  • 海外拠点の外資系企業とマッチングしやすい

JACリクルートメントは、利用者満足度が高く利用者の94.5%が「知人・友人に紹介したい」と回答しています(参考:JACリクルートメント 2017年度利⽤者 アンケート結果)

ハイクラスや専門職への転職に関するエキスパートが多数在籍しているため、外資系分野に精通しているプロからサポートしてもらえるのも特徴です。

「信頼ある転職エージェントを利用したい方」や「プロのアドバイザーに手厚くサポートしてほしい方」におすすめの転職エージェントです。

運営会社株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
対象者・20代
・30代
・40代
・50代
対応エリア東京・埼玉・横浜・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・広島

※2022年8月時点

かんたん3分で登録完了

無料登録後もお金はかかりません。

ロバートウォルターズ|英語スキルを活かしたキャリアアップがしたい

ロバートウォルターズ|英語スキルを活かしたキャリアアップがしたい

公式サイト:https://www.robertwalters.co.jp/

ロバートウォルターズは「自分の英語スキルを活かした転職先を紹介してほしい人向け」の転職エージェントです。

転職者の強みを分析し、あなたに合った転職先を紹介してくれます。

英語力に自信がある方は、海外拠点で働けるグローバル求人が多数あるため、おすすめです。

ロバートウォルターズの強みは下記の通りです。

  • 英語スキルを活かした外資系企業とマッチングしてもらえる
  • 海外の転職も視野に入れられる
  • 外資系のプロがグローバルな視点からアドバイスしてくれる

ロバートウォルターズは、年収・キャリアアップできる求人が多く、外資系企業の求人も保有しています。

キャリアコンサルタントの質が高く、転職者の強みやスキルを分析して、企業とマッチングしてもらえるのも特徴です。

「英語スキルを活かせる転職先を紹介してほしい方」や「海外拠点での転職を考えている方」におすすめの転職エージェントです。

運営会社ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社
対象者・30代
・40代
・50代
対応エリア・関東圏
・関西圏

※2022年8月時点

かんたん3分程度で登録完了

無料登録後もお金はかかりません。

50代で外資系企業に成功する人が身につけているスキル

50代で外資系企業に成功する人が身につけているスキル

「50代で外資系転職に成功する人はどんなスキルを身につけているのだろう?」と疑問に思うでしょう。

50代の方が外資系企業の転職に成功するために必要なスキルは下記の通りです。

外資系企業の転職に成功するために必要なスキル
  • 特化した専門スキル
  • 円滑なコミュニケーションスキル
  • チーム全体を管理するスキル
  • ビジネスレベル以上の英語スキル

あなたが持つスキルと、持っていないスキルが分かるため、現時点で外資系に転職するべきかの検討材料となるでしょう。

今までの経験・知識|特化した専門スキル

50代であれば、20代や30代と比較して多くの経験をしてきているでしょう。

外資系企業では、積み重ねた実績やスキルがある人ほど「即戦力」となります。

上記の口コミのように「特化した専門・経験スキルがある人」ほど、人材需要の高い存在となるでしょう。

具体的には下記のスキルがあると優遇されやすいです。

  • 業務で活かせる専門的な技能スキルがある
  • 部下や新人の育成を任されていた
  • プロジェクトや事業計画のリーダーをしていた
  • マネジメント経験がある

50代で外資系に転職する場合は、管理職やマネージャーのポジションに就くケースが多いため、上記のスキルを身につけておくと良いでしょう。実際に、エン・ジャパンが行った「学びたいスキルの調査」でも計87%の人が専門的なスキルやビジネススキルを学びたいと答えています。

 『エン転職』『AMBI』『ミドルの転職』ユーザーアンケート

出典:エン・ジャパン 『エン転職』『AMBI』『ミドルの転職』ユーザーアンケート

上記の結果からも、専門スキルを身につけることは、ハイクラス企業である外資系の転職に大きく役立つと伺えます。

論理的思考力|円滑なコミュニケーションスキル

外資系企業に勤めると、異なる文化で育った人と一緒に働くケースが多いです。

そのため「伝えたい内容」や「自分ができること」をきちんと言葉にする必要があります。

50代で外資系に転職する場合、上層部と意見交換する機会や、後輩を教育する立場になる点からも「どの人にも自分の意志を伝えられる力」は重要になるでしょう。

また、相手に意見を伝える際に「論理的思考力」も必要になります。

じょぶお

論理的思考とは「物事を結論と根拠に分け、論理的な繋がりを捉えながら理解する思考法」です。

決められた時間の中で、いかに分かりやすく自分の伝えたい内容が理解してもらえるかを順序立てて説明するのは、外資系に限らず役立つスキルでしょう。

マネジメント経験|チーム全体を管理するスキル

50代で外資系に転職する場合、役員クラスや上層部、管理職として募集されているケースが多いです。

その際に、マネジメント経験があると外資系企業に転職しやすくなります。 

具体的には前職で下記のマネジメント経験があると良いでしょう。

  • 組織全体のマネジメント経験
  • 部下の教育・指導経験
  • プロジェクトのリーダー経験

上記の経験があれば、面接のアピールポイントになるだけでなく、外資系企業に転職した後も即戦力になりやすいです。
実際に、マイナビが行った「ミドルシニアの転職動向」の調査では、企業が50代を採用する理由として「経験が豊富であること」が最も多い結果となりました。

ミドルシニアの転職動向

出典:マイナビミドルシニア ミドルシニア採用企業レポート2018

上記の結果からも、豊富な経験をもつ50代は外資系に限らず、どの企業でも採用されやすい傾向にあると伺えます。

語学力|ビジネスレベル以上の英語スキル

外資系企業に転職する場合は、英語スキルは必須です。

具体的には「ビジネスレベル以上」の英語スキルが必要になるでしょう。実際に、エン・ジャパンが行った「外資系勤務経験者が思う必要な英語スキル」を調査したところ、50代の約7割以上の方が、外資系で働く上で「ビジネスレベル以上の英語力が必要」と回答しています。

外資系勤務経験者が思う必要な英語スキル

参考:エン・ジャパン 第73回 アンケート集計結果「外資系企業で働くこと」について

管理職や役職につくことの多い50代の場合、海外本社の上層部と関わる機会が多くなるため、ビジネスレベル以上の英語スキルは必要となるのでしょう。

50代の外資系転職でよくある質問

50代の外資系転職でよくある質問

50代の外資系転職に関してよくある質問と回答をまとめて紹介します。

不安要素が解消され、外資系企業への転職活動のモチベーションに繋がるため、気になる点がある人は参考にしてみてください。

外資系企業に勤めた人の老後は?

外資系企業は、企業年金・退職金がないケースが多いため、日系企業よりも老後の蓄えを自分で備える必要があります。

じょぶお

外資系企業は年金制度や福利厚生がない分、結果の出せた人には高い報酬を出すのが一般的だよ。

外資系企業は成果が出ていれば報酬は高いため、早い段階で老後に向けて貯金をしておくことが大切でしょう。

50代女性でも外資系企業に転職できますか?

50代女性でも外資系企業に転職できます。

外資系企業は、男女の収入差がなく、結果さえ出していれば役職に就きやすいため、キャリアアップを目指す女性にもおすすめです。

実際に、エンワールド・ジャパンの行った「日系・外資の女性管理職の割合」を調査した結果、女性管理職が30%以上になっている企業は外資で17%、日系で8%となりました。

さらに同調査で、日系企業より外資系企業の方が、女性の管理職の割合が多いことが分かっています。

女性管理職 実態調査

出典:エンワールド・ジャパン 女性管理職 実態調査

上記の結果からも、外資系企業では「性別に関係なく」キャリアアップができると伺えます。

じょぶお

「女性に特化した」転職エージェントなら、女性ならではの悩みを相談しながら外資系企業を見つけられるので利用を検討してみましょう。

50代で外資系企業に成功する方法|まとめ

50代で外資系企業に成功する方法|まとめ

スキルや実績があれば「50代でも外資系に転職は可能」です。

とはいえ「突然解雇されるリスク」や「日系と報酬制度が異なる」ケースがあるため、本記事で注意点を理解しておくことが大切です。

50代の方が外資系転職を成功させるためには「転職エージェントを利用」をおすすめします。

転職エージェントでは、あなたに合った外資系企業を見つけられるように手厚くサポートしてくれます。

じょぶお

50代の方が外資系転職を目指す際には「外資系転職に特化した」転職エージェントを利用しましょう。

「外資系に強い」おすすめの転職エージェントは下記3つです。

エージェント特徴
リクルートエージェント年収交渉力が高く年収アップに繋がる
JACリクルートメント外資系転職のプロに相談できる
ロバートウォルターズあなたのスキルに合った外資系企業を紹介してもらえる

転職エージェントによって、取り扱っている求人やサービス内容が異なります。

それぞれの強み・メリットを比較するためにも、複数の転職エージェントに登録しておきましょう。

もし迷ったら、本記事で紹介している転職エージェント「リクルートエージェント」「JACリクルートメント」「ロバートウォルターズ」を利用すると良いです。

より多くの「外資系に強い」転職サイト・転職エージェントから比較したい方は、下記の記事を参考にしてください。

この記事を書いた人

浅井 優太のアバター

国公立大学外国語学部英米学科卒業。TOEIC 970点 / IELTS 7.0 / 高校の英語教員免許保有。新卒から大手メーカーの海外営業として働く。

コメント

コメントする

目次
閉じる