【厳しい?】50代でハイクラス転職に成功する方法とリスクを徹底解説

【厳しい?】50代でハイクラス転職に成功する方法とリスクを徹底解説
  • 50代からハイクラス転職は目指せるのかな?
  • 50代がハイクラス転職する時は転職サービスを利用した方がいいのかなぁ?

一般的な50代の転職活動は、20代や30代よりも難易度が高くなるため、50代でハイクラス転職を目指すためには「覚悟が必要」と思っている方も多いでしょう。

しかし実は、ハイクラス層の転職であれば「50代での転職は有利」となります。
実際に、エン・ジャパンの行った「50代の転職動向」の調査では、直近で50代以上を対象とした求人が増えている・どちらかといえば増えていると感じる企業が計79%となりました。

50代の転職動向

参考:エン・ジャパン 「ミドルシニアの求人動向」調査

さらに同調査では、中小企業や大手企業、ベンチャー企業で「50代を採用するケースが増えた」と答えています。

上記の結果からも、50代は「ハイクラス層を狙いやすい年代」と言えるでしょう。

とはいえ、50代で転職をすることは「リスクがつきもの」です。

具体的なリスクは下記の通りです。

  • 退職金が少なくなる
  • ハイクラス企業が求めるスキル・実績がない
  • 今までに転職経験がない

記事を読んでリスクや注意点を理解しておけば、50代のハイクラス転職で後悔しにくくなるでしょう。

本記事では、50代でハイクラス転職を目指す人に向けて「ハイクラス転職に成功する方法」を具体的に解説しています。

この記事でわかること
  • 50代がハイクラス転職を目指すリスクと注意点
  • 50代がハイクラス転職に成功する方法
  • 50代がハイクラス層に転職するために必要なスキル

「ハイクラス転職に必要なスキル」や「50代で狙いやすい企業の特徴」も解説しているので、あなたがハイクラス企業に転職する近道が見つかるでしょう。

目次

50代ハイクラス転職は可能|50代の転職事情を解説

50代ハイクラス転職は可能

「50代でハイクラス転職は遅いかなぁ?」と不安に思っている方も多いでしょう。

結論からいうと「50代でハイクラス転職は遅くない」です。

50代のハイクラス層は、20代や30代と比較すると、転職に成功しやすい傾向にあります。
実際、エン・ジャパンが行った「年収1,000万円以上の転職事情」の調査では、年収1,000万円の転職先が決まった年代において、50代前半は40代に次いで多い結果となりました。

年収1,000万円以上の転職事情

出典:エン・ジャパン 年収1000万円以上の転職事情 意外に苦労することが……

ハイクラス層が求めている人材需要は「経験・スキルが豊富な人」であるため、必然的に若手よりも経験が豊富な50代の需要が高くなります。

実力さえあれば、50代でもハイクラス企業に採用されるケースは十分にあり得るため、キャリアやスキルに自信がある方はハイクラス企業への転職を検討してみましょう。

50代がハイクラス転職を目指すリスクと注意点

50代がハイクラス転職を目指すリスクと注意点

「50代がハイクラス企業に転職するデメリット・注意点はあるかなぁ?」と不安に感じている方もいるでしょう。

50代がハイクラス転職するリスクや注意点は下記の通りです。

50代がハイクラス転職するリスクや注意点
  • 退職金が少なくなる
  • ハイクラス企業が求めるスキル・実績がない
  • 今までに転職経験がない

本章を読めば、50代の方でも後悔せずにハイクラス層の転職活動を進められるでしょう。

退職金が少なくなる

日系企業では、退職金は「勤務年数が長ければ長いほど多くもらえる」仕組みになっている所がほとんどです。

勤続年数が長い方の場合、転職してしまうと定年退職時にもらえる退職金は少なくなります。

とはいえ、最近では退職金制度のない企業も増えており、その分給与に還元されるケースもあるため、一概にデメリットとは言い切れないでしょう。

ハイクラス企業が求めるスキル・実績がない

一般的な50代の求人は少なく、20代や30代と比較して転職率も低い傾向にあります。実際に、厚生労働省の行った「年代別の転職入職率」の調査では、20代後半の転職率が13.4%だったのに対して、50代前半の転職率は5.3%でした。

中途採用に係る現状等について

出典:厚生労働省 中途採用に係る現状等について

そのため50代でハイクラス転職をするためには「高いスキル・実績」がないと難しいでしょう。

具体的な「ハイクラス企業が求めるスキル」は下記の通りです。

  • 特化した専門スキル
  • ビジネススキル
  • マネジメントスキル
  • 英語スキル

とはいえ、スキルや実績があったとしても志望するハイクラス企業が求めるレベルに到達していないと採用されにくいのも現状です。

ハイクラス転職を検討する場合は、あなたの持つ経験やスキルがハイクラス企業で通用するのかを事前に知っておく必要があります。

転職エージェントでは「あなたの強みを分析してハイクラス企業とマッチング」してくれるのでおすすめです。

本記事で「ハイクラス企業に特化した」転職エージェントを紹介しているので参考にしてください。

50代ハイクラス向けのおすすめ転職サービス>>

今までに転職経験がない

転職経験がないと、下記の内容で苦戦するケースが多いです。

  • 何から始めたらいいのか分からない
  • 転職先の条件の基準が分からない
  • 自分の市場価値が分からない

今まで転職経験がない50代の方は、他者とスキルや実績を比較する機会が少ないため「自分のスキルや実績が転職先で通用するか」の判別も難しいでしょう。

じょぶお

年功序列の企業に勤めていた場合は、スキルがなくても勤続年数が長いだけで、管理職を任されるケースも多いから転職には注意が必要だよ。

転職経験がない方は転職活動で不利になるケースが多いため、転職エージェントの利用をおすすめします。

じょぶお

転職エージェントを利用すれば、あなたの市場価値だけでなくマッチするハイクラス企業を紹介してもらえるよ。

企業の紹介以外に「年収交渉を代行」してくれるため、今よりも高い給与になる可能性が高いのも利用するメリットでしょう。

50代がハイクラス転職に成功する方法

50代がハイクラス転職に成功する方法

前章では「50代がハイクラス企業に転職するリスク」を説明しました。

では、リスクを最小限に回避しながら「50代がハイクラス転職に成功する方法」はあるのでしょうか?

50代がハイクラス転職に成功する方法は下記の通りです。

50代がハイクラス転職に成功する方法
  • 中期的に転職活動を進める
  • ハイクラス企業が求めるスキルをアピールする
  • 転職エージェント・転職サイトを利用する

本章を読めば、ハイクラス企業への転職活動がスムーズに進むでしょう。

中期的に転職活動を進める

40代や50代のミドル転職は、履歴書の通過率も低くなるため「中期から長期的な目線」で粘り強く転職活動する必要があります。
実際に、エン・ジャパンの行った「50代の転職動向」の調査では、50代の約半数以上が転職するまで半年以上かかったと答えています。

50代の転職動向

参考:エン・ジャパン 「ミドルシニアの求人動向」調査

すぐに転職先が見つからなくても焦らないように、事前の準備や在職しながら転職先を探すのが得策でしょう。

じょぶお

転職エージェントを利用すれば、面接日程や入職日の調整を代行してくれるので、在職しながらでも無理なく転職活動を進められるよ。

ハイクラス企業が求めるスキルをアピールする

実績やスキルが多くても、志望する企業が「あなたの持つ経験・スキルを求めていない」場合は採用されません。

そのため、ハイクラス転職の面接では「企業にとって必要なスキルを保有している・貢献ができる」ことをアピールする必要があります。

実際に、エン・ジャパンが行った「年収1000万円以上の転職成功者に共通するポイント」を調査した結果、半数以上が「自分が貢献できる点を伝えられているかが成功のポイント」と答えています。

年収1000万円以上の転職事情

出典:エン・ジャパン 年収1000万円以上の転職事情 意外に苦労することが……

上記の結果からも「あなたのスキルが企業でどう活かせるかをアピールすることが重要だと伺えます。

「企業がどんなスキルを求めているか分からない」という方は、企業ごとの特徴・求められるスキルや経験を把握している転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、面接時にどんな内容をアピールすれば良いかアドバイスしてくれます。

転職エージェント・転職サイトを利用する

50代がハイクラス転職に成功するためには「転職サービスの利用」をおすすめします。

ハイクラス求人にある管理職や経営企画の求人は、公に募集されていないケースが多いです。

そのため、ヘッドハンティングで直接スカウトされたり、転職エージェントを利用して非公開求人を紹介してもらえば、希望する企業とのマッチング率が高くなるでしょう。

転職サービスの中でも、とくに利用したい転職サービスは下記2つです。

  • ハイクラス転職向けの転職エージェント
  • ヘッドハンティング型の転職サイト

実際、エンワールド・ジャパンの行った「年収1000万円以上の方の転職活動の内容」の調査では、転職活動で高年収を目指す方の約8割が「エージェント・ヘッドハンティング」のサービスを利用しています。

年収1000万円以上の方の転職活動の内容

参考:HUFFPOST「年収1000万円以上の転職事情 意外に苦労することが……

上記の結果からも、ハイクラス企業を志望する方ほど転職エージェント・ヘッドハンティングを積極的に利用していると分かります。

転職エージェントを利用するメリットは下記の通りです。

  • 大手企業やハイキャリア企業からスカウトされる
  • あなたのスキルを求めている企業を紹介してくれる
  • 実績を転職後どう活かせるかのアドバイスがもらえる
  • 年収交渉を代行してもらえる

転職サイトや転職エージェントを利用すれば「あなたに合ったハイクラスの企業」に転職しやすくなるでしょう。

50代ハイクラス向けおすすめの転職サービス3選

50代ハイクラス向けおすすめの転職サービスX選

「ハイクラス転職は決まっているけど、50代向けのおすすめの転職サービスはないかなぁ」と思っていませんか?

本章では「50代でハイクラス企業転職を目指す方向け」のおすすめ転職サービスを紹介しています。

「50代でハイクラス企業転職を目指す方向け」のおすすめ転職サービスは、下記を軸に決定しています。

50代ハイクラス向けのサービスを選ぶ軸
  1. 対象層
    …50代でハイクラス志望の方が対象である
  2. 求人の種類
    …ハイクラス志望の方が求める求人がある
  3. サービスの質
    …50代ハイクラス向けの転職サポートが充実している

その結果、とくに評価の高かった「50代ハイクラス転職向け」の転職サービスは下記の通りです。

エージェント特徴
エンワールドハイクラス企業に精通したコンサルタントに相談できる
リクルートエージェント年収交渉力が高く年収アップに繋がる
ランスタッドハイクラス企業向けの転職サポートが受けられる

上記には、50代でハイクラス転職を目指す人が抱える「悩みや疑問」を解決してくれるサービスが充実しています。

各転職サービスによって、取り扱っている求人やサービス内容が異なります。

それぞれの強み・メリットを判断するためにも、複数の転職サービスに登録しておきましょう。もし迷ったら「エンワールド」「リクルートエージェント」「ランスタッド」を利用して比較してみてください。

じょぶお

より多くの転職サービスから比較したい方は、下記の記事を参考にしてください

エンワールド|海外系企業の管理職・経営幹部に就きたい

エンワールド

公式サイト:https://www.enworld.com/

エンワールドは「海外系企業や外資系転職に強い」転職エージェントです。

管理職や経営幹部の求人も多く取り扱っているため、50代ハイクラス層の転職ならまず利用したいサービスでしょう。

  • 管理職などの求人が多いためキャリアアップに繋がりやすい
  • 各業界に精通したコンサルタントが在籍しているため相談しやすい
  • 求人では分からない企業の内情が聞けるためミスマッチを防ぎやすい

エンワールドでは、各業界に精通したコンサルタントが在籍しているため「狙っている企業の情報がしりたい」という方は活用してみると良いでしょう。

じょぶお

事前に希望する企業の内情が聞けるので、入職後のミスマッチを防げるメリットもあります

海外系企業のハイキャリア転職を目指している方」や「各業界の内情をしりたい方」におすすめの転職エージェントです。

運営会社エンワールド・ジャパン株式会社
対象者・20代〜50代
・第二新卒
・既卒
対応エリア全国に4拠点(東京オフィス2つ、名古屋オフィス、大阪オフィス)

※2022年8月時点

かんたん3分で登録完了

無料登録後もお金はかかりません。

リクルートエージェント|ハイクラス転職で年収1,000万円を目指したい

リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは「求人の質と量」に力を入れている転職エージェントです。

50代も対象のハイクラス求人も多く保有しているため、選択肢の幅が広がります。

  • 非公開求人が多いため希望する企業が見つかりやすい
  • 内定後の年収の交渉力が高く年収アップが期待できる
  • 各業界に精通したコンサルタントが在籍しているので相談しやすい

リクルートエージェントは、非公開求人を多く取り扱っているため「あなたに合ったハイクラスの転職先」が見つかりやすいです。

じょぶお

非公開求人の中には管理職やマネージャーの募集が多く、50代向けの求人が多数あります

入社条件の交渉にも力を入れており、より良い条件で転職できるように、企業側にかけあってくれるのも特徴です。

多くの求人から比較したい方」や「年収アップを目指している方」におすすめの転職エージェントです。

運営会社株式会社リクルート
対象者・新卒
・既卒
・第二新卒
・フリーター
対応エリア全国(一部地域を除く)

※2022年8月時点

業界最大手の信頼感

かんたん3分で完了。無料登録後もお金はかかりません。

ランスタッド|ハイクラス企業の情報収集がしたい

Randstad

公式サイト:https://www.randstad.co.jp/

ランスタッドは「ハイクラス系・外資系に強い」転職エージェントです。

年収700万円以上の求人数は約5,000件保有しており、50代向けのハイクラス求人を多く取り扱っています。

  • ハイクラス求人に強いためあなたに合った転職先が見つかる
  • 転職サポートが手厚いため在職中でも転職活動を進められる
  • 書類選考の通過率が高く希望する企業に転職しやすい

ランスタッドは、担当アドバイザーの質が高く書類添削から面接対策まで手厚くサポートしてくれます。

じょぶお

面接日の日程調整も行ってくれるため、在職中でも転職活動がしやすいのは大きな強みだね

上記サポートだけでなく転職活動のノウハウも公開しているため、効率良くあなたに合う企業が見つけられます。

転職活動を手厚くサポートしてほしい方」や「ハイクラス転職の情報収集がしたい方」におすすめの転職エージェントです。

注意点として対応地域が関東圏に限定されてしまうため、地方でのハイクラス転職を目指す方は「リクルートエージェント」を利用しましょう。

運営会社ランスタッド株式会社
対象者・20代〜50代
・第二新卒
・既卒
対応エリア関東圏
新規会員登録数ないようが入ります、内容が
ダミー見出し5ないね

※2022年8月時点

かんたん3分で登録完了

無料登録後もお金はかかりません。

50代がハイクラス層に転職するために必要なスキル4選

50代がハイクラス層に転職するために必要なスキル4選

「50代でハイクラス転職するために必要なスキルってなんだろう?」と疑問に感じた方もいるのではないでしょうか?

50代がハイクラス層に転職するために必要なスキルは下記の通りです。

50代がハイクラス層に転職するために必要なスキル
  • 特化した専門スキル
  • ビジネススキル
  • マネジメントスキル
  • 英語スキル

50代のハイクラス転職では20代や30代よりも「経験やスキルが重視される」ため、上記のスキルを身につけていれば、転職時にあなたの強みとなるでしょう。

特化した専門スキル|特化しているほど人材需要が高い

50代でハイクラス企業へ転職する場合、過去の実績や専門スキルを問われるケースが多いです。

そのため「特化した専門スキルがある人」ほど人材需要が高く、ハイクラス転職がしやすい傾向にあります。

具体的には下記のスキルが挙げられます。

  • 転職を希望する業界の知識・ノウハウ
  • 希望する業界・業種で必要な保有資格
  • 業務で活かせる専門的な技能スキル

実際に、エン・ジャパンの行った「50代の転職動向」の調査では、企業が50代の人材に求める特徴として「特定の専門スキルを持っている」ことが最も上位となりました。

特定の専門スキルを持っている

出典:エン・ジャパン 「ミドルシニアの求人動向」調査

上記の結果からも、50代で専門スキルを身につけていることは、ハイクラス企業の転職に大きく役立つと伺えます。

ビジネススキル|人脈の広さが求められるケースが多い

50代でハイクラス企業に転職する場合、上層部と意見交換する機会や、後輩を教育する立場になる点からも「どの人にも自分の意志を伝えられる力」は重要になるでしょう。

また、50代の場合は「人脈の広さ」を求めるハイクラス企業も多いです。

特に事業や部門の立ち上げ段階にある企業では、顧客や提携先を開拓するために、幅広い人的な繋がりが必要です。

人脈が広く、協業してくれるようなビジネスパートナーがいる50代の転職希望者は、企業にとっても大きな武器になるため、比較的採用されやすい傾向にあります。

マネジメントスキル|組織をまとめる力は必須となる

50代でハイクラス転職を目指す場合、マネージャーや管理職のポジションに就くケースが多いです。

重役を任されると「組織をまとめる力が必要」となるため、下記の経験があると比較的ハイクラス転職がしやすいでしょう。

  • マネジメント経験
  • プロジェクトリーダーの経験
  • 部下の育成経験
  • 事業の計画・管理の経験

実際に、マイナビが行った「ミドルシニアの転職動向」の調査では、企業が50代を採用する理由として「経験が豊富であること」が最も多い結果となりました。

経験が豊富であること

出典:マイナビ ミドルシニア採用企業レポート2018

上記の結果からも「今までの豊富な経験」は、ハイクラス転職で大きく役立つと伺えます。

英語スキル|年収1,000万円の人ほどビジネスレベルの英語力がある

50代でハイクラス企業に転職する場合「英語スキル」がある人ほど成功しやすい傾向にあります。
実際にエンワールド・ジャパンが行った「英語レベルと年収」の調査によると、年収1,000万円以上の方の約6割がビジネスレベル以上の英語力でした。

英語レベルと年収

出典:PR TIMES「英語レベル「上級」では、年収1,000万円以上が約60% 英語レベルと年収の高さに相関関係

上記の結果から、高年収であるハイクラス企業の人は、TOEIC750点以上のビジネスレベルの英語スキルが必要になると伺えます。

50代でハイクラス転職をする場合、他国との繋がりが多くなるため、どんな人とでも柔軟に対応できる人材を企業側も求めているのでしょう。

50代の人材需要が高いハイクラス企業の特徴

50代の人材需要が高いハイクラス企業の特徴

「50代でも転職しやすいハイクラス企業ってあるのかなぁ?」と思う方もいるでしょう。

ハイクラス企業の中でも特に「50代の人材需要が高い」業種・職種は下記の通りです。

ポイント
  • コンサルティング業界
  • 外資系企業
  • 中小企業

本章で、50代の人材需要が高いハイクラス企業の特徴を知ることで、あなたに合ったエグゼクティブ層の転職先が見つかるでしょう。

コンサルティング業界|異業界の経験が重宝される

コンサルティングは「幅広い業界の顧客に課題解決を提案するビジネス」です。

顧客の悩みや相談内容が多種多様であるため、異業界の専門人材が多く必要となります。

そのためコンサルティング業界では、異業種からの受け入れが盛んで、コンサル未経験の50代でも、高度な専門性や実績があれば採用されるケースもあります。

コンサルティング業界は実力主義の社風の企業が多く、成果に応じて高水準な報酬を得るケースも多いです。

「コンサルティング業界に興味がある」という方は、下記の記事を参考にしてください。

外資系企業|実力主義社会で自分の実績が試せる

外資系企業では、実力主義社会のため「スキルや実績があれば」50代でも採用されやすい傾向にあります。

実際に、JAC Recruitmentが行った「外資系を含むハイクラス層の年代別転職割合」の調査では、50代の転職成功率は計16%であったのに対して、20代若手の「ハイクラス転職の成功率」は計8%でした。

年代別転職割合

参考:JAC Recruitment 40代の転職に強い転職エージェント。実績を元に解説2022年最新版

上記の結果からも外資系企業の転職においては、スキルや実績が豊富な50代の方が「人材需要が高い」と伺えます。

【リスクあり】50代で外資系転職に成功する方法|求められるスキルも徹底解説

中小企業|経営幹部の採用に力を入れている

50代の場合は「中小企業の管理職」を目指すのも選択肢の1つでしょう。

人材育成が進んでいない企業では、社内での事業承継が難しいのが現状です。

そのため、転職者から優秀な人材を呼び込むケースが多く、50代はマネジメント経験が豊富なことから、経営幹部として採用される傾向にあります。実際に、エン・ジャパンの行った「50代の転職動向」の調査では、50代の採用が増えた企業ジャンルの中で「中小企業が最上位」となりました。

50代の採用が増えた企業ジャンル

出典:エン・ジャパン 「ミドルシニアの求人動向」調査

上記の結果からも、現在の日本の中小企業では「経験豊富な50代の人材を欲している」と伺えます。

50代のハイクラス転職|まとめ

50代のハイクラス転職|まとめ

50代の方がハイクラス転職を成功するためのポイントは下記の通りです。

50代の方がハイクラス転職を成功するためのポイント
  • 中期的に転職活動を進める
  • ハイクラス企業が求めるスキルをアピールする
  • 転職エージェント・転職サイトを利用

一方で「退職金が少なること」や「スキルがないと転職が難しいこと」など、50代のハイクラス転職はリスクが伴うのも事実です。

メリット・デメリットを理解した上で転職活動を進めると、後悔なくハイクラス企業に転職できるでしょう。

50代の方がハイクラス転職を目指す際には「転職サービス」の利用をおすすめします。

50代ハイクラス転職向けの転職サービスは下記3つです。

エージェント特徴
エンワールドハイクラス企業に精通したコンサルタントに相談できる
リクルートエージェント年収交渉力が高く年収アップに繋がる
ランスタッドハイクラス企業向けの転職サポートが受けられる

各転職サイト・転職エージェントによって、取り扱っている求人やサービス内容が異なります。

活用する転職サイトや転職エージェントの強みを判断するためにも「複数の利用」をおすすめします。

より多くの「ハイクラス転職向け」転職サイト・転職エージェントから比較したい方は下記の記事を参考にしてみてください。

 

この記事を書いた人

浅井 優太のアバター

国公立大学外国語学部英米学科卒業。TOEIC 970点 / IELTS 7.0 / 高校の英語教員免許保有。新卒から大手メーカーの海外営業として働く。

コメント

コメントする

目次
閉じる