英語と年収の関係は?TOEIC900点越えの僕が考えてみた

年収アップと英語力の関係は?TOEIC900点越えの僕が考えてみた

「英語がもっと話せたら外資系企業でも海外でもどこでも働けて、ドカンと年収アップもさせられるのに…」

そんな風に思っている方は多いのではないでしょうか?

とーます君

最近だと、ハイキャリポジションでは英語力はあって当然くらいになってるもんね。

グローバル化の波が押し寄せる中でどんどんと「英語力」が必須となってきています。

今回は実際に英語力と年収には関係があるのか転職にも有利になるのか、その辺りを考えていきたいと思います。

この記事を読んでわかること
  • 英語力と年収の関係
  • TOEICと年収アップの関係
  • 英語力と転職の関係
  • おすすめの英語学習方法

とーます君

下記の僕時がタップできるので、気になるところから呼んでみてね。

英語と年収の関係

英語力と年収アップの関係

株式会社キャリアインデックスが英語力と年収についての面白い調査をしていました。

その調査によると英語力と年収には次のような関係があるそうです。

年収700万円以上の人の48.7%が英語での日常会話や読み書きができるレベルである

とーます君

日常レベルの読み書きはTOEICのスコアだと730点くらいかな。

ちなみに、

  • 年収500万円から700万円未満の人では34.0%
  • 年収500万円未満では22.4%

となり、英語力と年収の明らかな相関が見られる結果となっています

参考 「英語力と年収は密接な関係あり。年収700万円以上の人は約半数が英語での日常会話や読み書きが出来ると回答」年収・転職 実態調査 vol.7キャリアインデックス

ある転職エージェントの調べによれば、英語ができる人とできない人とでは平均して200万円近くの年収格差があるそうです。

これは、生涯年収に換算すると1億円程度の差になってきます。

とーます君

さすがにこの計算は雑だけど、英語が話せた方が年収が高いってことは伝わるね。

ただ、「英語での日常会話や読み書きができるレベル」を測ることは難しいですよね。

そこで企業が参考にしてるのがTOEICです。

TOEICのスコアは年収アップに有効?

転職にTOEICは必要?TOEIC970点の僕が解説します

TOEICを受けたことがある社会人の方は多いのではないでしょうか?

TOEICテストは、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストで、参考にするに値する結果を見ることができることで有名です。

とーます君

英語力だけでなく、スコアを伸ばす「努力の総量」を測ることもできるよね。

転職エージェントのdodaが発表した調査によれば、700点以上ある方の年収は一気に上がることがわかっています。

ただ、これは因果と相関の関係があり、あくまでも結果論です。

しかし、企業によってはTOEICのスコアを昇進するための1つのボーダーラインにしたりしているところもあります。

とーます君

楽天は入社までに800点ないと内定取り消しという噂を聞いたことがあるなあ。

イシコさん(@newsalaryman_21)もTOEICで900点あることが「錯覚資産」となり、キャリアを積む上で非常に使えることを提唱しています。

  • TOEIC900点以上は上位のたった3.6%
  • 日系企業であれば「英語できるキャラ」が確立できる
参考 商社マンの僕がTOEIC900点を目指すべきだと繰り返す理由とは?イシコの呟き

僕も実際950点程度ありますが、TOEIC900点以上が大したことないというのは確かにそのスコアをとった人にしかわかりませんので、錯覚資産として非常に有効に使うことができています。

結論、TOEICのスコアが高ければ年収アップにつながる可能性は高いでしょう。

転職にTOEICは必要?TOEIC970点の僕が解説します 転職にTOEICは必要?TOEIC970点の僕が解説します

英語と転職の関係

英語力と転職の関係も年収アップとの関係とほぼ同じです。

英語力があることとで、転職先のバリエーションはグンと広がります。

外資系企業であったり、マネジメント層を目指す方であれば、最低でも日常会話程度の英語力はもはや必須でしょう。

英語が使えるのであれば、かなりのキャリアアップが目指せますので、英語が使える方におすすめの転職エージェントを利用してみてください。

間違った転職エージェントを使ってしまうと、本当はもっと上がったはずの年収やポジションを失う機会損失になりかねません。

英語が使える方におすすめの転職エージェント

Twitterでは、英語力が転職に大きく貢献したといった内容が多数見られます。

TOEIC_勉強法 TOEIC970点の海外営業がおすすめするスコア別の学習方法

忙しい社会人におすすめの英語学習方法

英語と年収には大きな相関があり、転職にも非常に有利になることがわかりました。

ただ、社会人になるとなかなか英語を勉強する時間が取れないのが現実でしょう。

そこでここでは、忙しい社会人が隙間時間にできる英語学習方法を紹介します。

英語を使って転職をしたり年収を上げるためには、下記の2つに取り組みましょう。

  • TOEICの点数を上げる
  • ビジネスレベルの英会話をできるようにする

TOEICの点数を上げる

スタディサプリ

TOEICの点数は、転職で参考にされる指標なので頑張って高得点を取りましょう。

世の中には様々な参考書がありますが、忙しい社会人だと机に向かって勉強する時間はほとんど取れないのではないでしょうか?

圧倒的におすすめなのがスタディサプリです。

スタディサプリの特徴

  • 1日3分から始められる
  • 継続率92%・完走率96%
  • 利用者数No.1の英語学習アプリ

スマホ一台で簡単に英語学習ができるため、通勤電車や会社のちょっとした休憩時間に英語学習ができます。

スタディサプリによって、1ヶ月で250点スコアを上げた人もいるようで、リクルートが運営するだけありその信頼度は非常に高いです。

7日間の無料体験中

※無料体験はいつ終わるかわからないのでお早めに

ビジネスレベルの英会話をできるようにする

レアジョブ

TOEICのスコアがあれば転職もしやすいし、年収も大幅に上げられるのは事実です。

ただ、実務で使うことができたらもっとキャリアアップするためのチャンスが増えます。

実際には、TOEICで900点以上あっても英語が全く話せないような人は多数存在しており、英語が話せることは日本においては非常に大きな武器になることは間違いありません。

ビジネスレベルの英会話を身につけるためには、オンライン英会話を利用しましょう。

僕自身、TOEIC935点の時にGoogleの英語面接に落ちて自分の英語力のなさを痛感してからオンライン英会話を始めました。

その結果、定量的には測れていないもののかなりスピーキングスキルが伸びた自信があります。

会社の昼休みと出勤前の30分を利用してレアジョブを3ヶ月ほどやり続けました。

効果絶大なのでぜひ挑戦してみてください。

7日間の無料体験中

※無料体験はいつ終わるかわからないのでお早めに

英語と年収の関係まとめ

結果論として、英語力と年収アップには大きな相関がありそうです。

TOEIC900点があるからこそ言えますが、英語の習得は全く難しくありません。

ぜひ年収アップ・キャリアアップに向けて英語を学習してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です