月曜日に仕事へ行きたくない2つ原因と対処法。仕事が苦痛でない人との違いも紹介

月曜日に仕事へ行きたくない2つ原因と対処法。仕事が苦痛でない人との違いも紹介

もう日曜日か…明日の仕事が憂鬱だな…

サザエさん症候群とも言われ、月曜日に仕事に行きたくないと感じている社会人は山のようにいます。

サザエさん症候群(サザエさんしょうこうぐん)とは、日曜日の夕方から深夜、「翌日(月曜日)からまた通学・仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の、日本における俗称である(wikipedia

同じように、長期休み後に仕事へ復帰するのが辛く、連休最終日が憂鬱で仕方ない方も多いことでしょう。

しかし、世の中には月曜日が来るのが楽しみでしょうがない人もいます。

また、月曜日が別に苦痛ではない人も多数存在し、仕事に行きたくないどころか早く仕事に行きたいと感じている人すらいるのが現実です。

この差はどこから来ているのでしょうか?

この記事では、月曜日になると仕事に行きたくないと極度に考えてしまう方に向けて、その原因と対処法、また月曜日であろうと仕事に行くのが苦痛ではない人との差を解説していきます。

僕自身、かつては月曜日になると仕事に行きたくなくてたまらないタイプでした。

しかし現在では、「めっちゃ仕事に行きたい」と思うことはないものの、全く月曜日がくることが苦痛ではありません。

僕の経験も交えながら書いたこの記事が、みなさんに少しでも有益になると嬉しいです。

この記事でわかること
  • 月曜日になると仕事に行きたくなくなる原因と対処法
  • 月曜日であろうと苦痛でない人との違い

月曜日に仕事に行きたくない原因と対処法

日曜日の夜に憂鬱(ゆううつ)になる人は、その原因について一度考えてみましょう。

大きくは下記2つの原因があると考えます。

  1. 土日の生活とのギャップ
  2. 月曜日とかは関係なく、仕事に行きたくない

とーます君

月曜日だから行きたくないのか、基本的に仕事に行きたくないのかは切り分けた方がいいね。

土日の生活とのギャップ

月曜日に仕事に行きたくない理由が、土日の生活とのギャップであれば対処法は簡単です。

このタイプであれば深刻ではないので、ひとまず安心してください。

土日に恋人とデートをしたり、学生時代の友人と朝まで飲んだり、趣味に没頭したりと、本当に楽しいことをしていた場合には、楽しかった土日が終わってしまうことに対する悲しさが感情として湧き上がってきます

つまり、仕事に行きたくないのではなく、土日が終わってほしくないだけです。

そのギャップが大きければ大きいほど、月曜日に仕事に行きたくないと感じますが、ただ楽しかった土日が終わってしまうことへの悲しさの大きさなのでむしろ健全。

実際、月曜日に仕事に行ってみるとそこまで辛くないと感じるのではないでしょうか?

むしろ、楽しい土日のために「稼がなきゃ」「早く業務を終わらせるために頑張ろう」とポジティブな気持ちで働いている人が多数かと思います。

よって、基本的には何も対処する必要ありません。

仕事に行きたくないのではなく、土日が終わってほしくないと思ってるリア充なんだと捉え直すだけで大丈夫です。

ただ、月曜日だけは土日との切り替えがうまくいかないという方もいるかと思うので、いくつか簡単な対処法を紹介します。

月曜日に定期的な楽しい予定を入れる

月曜日に仕事に行きたくなくなる場合、月曜日に定期的な楽しい予定を入れてみてはいかがでしょうか?

例えば、次のような予定はいかがでしょう。

  • 映画館で映画を見る
  • お気に入りのカフェで朝活をする
  • ちょっと高いモーニングを友人行く
  • 友人とディナーにいく

とーます君

月曜日の朝は土日と仕事モードとを切り替えるために、朝カフェをしてる人が多くいるみたいだね。

映画館で映画を見るのも個人的には結構おすすめです。

TOHOシネマズのauマンデイや、イオンのハッピーマンデイなどで映画館の料金が破格で安くなります。

これは月曜日に映画館があまり集客できないからなのですが、そこを狙って人と少し違う習慣を作ることでお得に生活でき、しかも月曜日が楽しくなる仕組みを作ることができるのです。

またお気に入りのカフェでの朝活で一週間を始めるのもおすすめですし、普段は行けないようなお高いモーニングを月曜朝に行ってみるのも良いかもしれません。

飲み会で使う5,000円をモーニングにすると相当レベルの高いサービスが受けられます。

朝は厳しければ、夜にディナーの予定を入れてみてもいいでしょう。

日曜の夜の過ごし方を工夫する

土日にはしゃぎすぎて月曜の朝が物理的に辛くなるタイプの方は、日曜の夜の過ごし方を工夫してみましょう。

日曜の夜の過ごし方についても、イシコさんが非常に参考になるツイートをしてくださっています。

軽く運動をして早く寝ることで月曜日の朝をすっきりと迎えることができ、1週間のエネルギーが蓄えられます。

月曜の過ごし方や日曜の夜の過ごし方に加えて、個人的には、YouTuberのAKIOさん(@AAAKKKIIIOOO)の生き方も参考になり、「今日も最高の1日にします!」と気合たっぷりで起き上がるのも一つのソリューションでしょう。

日曜日の夜の過ごし方も、月曜日の朝の過ごし方も、自分なりにリラックスしたり、楽しんだりできる方法を探求してみてください。

そもそも仕事に行きたくない

月曜日に仕事に行きたくない理由が、そもそも仕事に行きたくない場合は要注意。

つまり、月曜日じゃなくても毎日仕事に行くのが辛く、朝も起きれないような方のことです。

おそらく月曜日はもっとも憂鬱な気分を感じているものの、火曜でも水曜でも毎朝のように「今日も会社に行きたくないなあ」と感じているのではないでしょうか?

そのような方々は、根本的な対処が必要です。

新入社員の方で仕事に行きたくないと考えているのであれば、土日の楽しさとのギャップのように学生時代とのギャップに苦しんでいるだけな可能性が大きいので基本的にはそこまで問題ないかと。

以前、『仕事に行きたくない新入社員の方向けの7つの対処法を実体験を元に紹介』という記事に書きましたが、新入社員が仕事に行きたくないと考える大きな理由は下記があります。

  1. 職場の人間関係
  2. 上司へのストレス
  3. 覚えることが多すぎて辛い
  4. 入社前後のギャップ
  5. 学生時代とのギャップ

また、新入社員ではなく、仕事にも慣れた社会人であれば仕事に行きたくない理由は『「仕事をやめたい!」 – 理由に応じた4つの解決法』にまとめましたが、サマリとしては下記のようなものがあります。

  1. 人間関係がうまくいっていない
  2. 仕事環境が合わない
  3. 労働環境が劣悪

新入社員、仕事に慣れた社会人のそれぞれの理由に対する対処方法はそれぞれの記事にまとめてありますが、個人的には思い切って転職をするのも一つの手だと考えています。

その理由については、次の「月曜に出勤するのが苦痛じゃない人たちとの違い」のパートで説明します。

月曜に出勤するのが苦痛じゃない人たちとの違いは?

月曜日に仕事に行きたくないと感じている人がいる一方、月曜日がくるのが楽しみで仕方がないという方がいるのが現実です。

では、その違いはどこから来るのでしょうか?

結論、自分の情熱を捧げる仕事をできているかどうかです。

世界を代表する企業の経営者やスポーツ選手などは、早起きを習慣としている方が多くいますが、その理由として「アラームが鳴るのを待ちきれないほどワクワクする何かが待っているから」です。

現在の仕事に情熱を注げていないのであれば、早く1日が終わって欲しいと願いながら時計ばかりを見て毎日を過ごすことになってしまいます。

一度しかない人生で仕事にワクワクできなければもったいないです。

ぜひ人生を好転させるためにも、少しだけ時間を使って他の企業や職種を見てみることから始めてみてください。

たとえ転職する意志がなくても、『キャリトレ』のようなオファー型の転職サイトに登録してみたり、『リクルートエージェント』のような転職エージェントに会って話を聞いてみると良いでしょう。

僕自身、多くの転職サイトやエージェントに登録して転職活動をしていました。

現在自分がワクワクできる仕事をできているのも、多くの職種や会社を比較検討したからこそだと思っています。

世の中にいる楽しそうに仕事をしている人たちを見ても、かつては苦しみながら仕事をしていたけど、転職を重ねて満足の行く仕事を見つけたといったケースは非常に多いです。

ぜひ仕事に行きたくないと感じているのであれば、積極的に自分で動いてみると良いでしょう。

月曜日に仕事に行きたくない原因と対処法まとめ

月曜日に仕事に行きたくない原因と対処法をまとめました。

原因に関しては、土日の生活とのギャップのパターンとそもそも仕事に行きたくないパターンの2つがあるため、それぞれの場合での対処法があります。

個人的意見ですが、仕事に行きたくないと思ってしまうような人生ではもったいないです。

人生の中で仕事に費やす時間は本当に多く、その時間を苦痛のまま終わらせてしまうのは人生の無駄遣いのように思えます。

ぜひ積極的に行動を起こして、少しずつ人生を好転させていってくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です