上司が嫌すぎて仕事を辞めたい?嫌な上司のタイプと対処法を紹介します

上司が嫌すぎて仕事を辞めたい?嫌な上司のパターンごとの対処法を紹介します

「上司が嫌すぎて仕事を辞めたい…」そんな風に思ったことはありませんか?

ぱーしー

めちゃくちゃあります。

それぞれの上司によって自分と合わない部分が数多くあると思います。

今回は上司が嫌すぎて仕事をやめたいと思った時の、それぞれの上司のタイプと対処法をお伝えします。

こんな人におすすめ!
  • 上司が嫌すぎて仕事を辞めたいと感じている人
  • 嫌な上司とどう付き合えばいいのかわからない人

すぐに対処法を知りたい方はこちらからジャンプしてください。

上司が嫌すぎる対処法をさっそく見る

上司が嫌!あなたの上司はどんなタイプ?

転職すべき人

上司が嫌だからやめたいと一口に言っても、上司には様々なタイプがいます。

まずはあなたの上司がどのタイプに当てはまるかを考えてみましょう。

タイプによって対処法はそれぞれ違います。

パワハラタイプ

パワハラタイプの上司が原因で仕事を辞めたいと思う人がもっとも多いです。

仕事ができていないと怒鳴る、暴言を吐く、目を合わせない、無言の圧力をかけてくる。

そもそも無理難題な量の仕事を押し付けてくる人もパワハラタイプに含まれます。

とびー

僕は “パワハラ” に近いことを上司にされたことがあります

上司は部下がミスをした時、悩んでるときには指導してアドバイスし、時にはミスをカバーすることが必要です。

もちろん厳しい言い方が必要な場合もあります。

しかし、パワハラタイプの上司は、ミスをしたらただ怒鳴りつける、暴力を振るうなどをします。

ぱーしー

シンプルに最低ですね。

このパワハラタイプの上司の下で働くのは、最悪のケースでしょう。

精神的、肉体的に追い詰められ、最悪の場合大事な身体を壊してしまう可能性もありますのですぐに対策を打ちましょう。

仕事ができない/仕事をしないタイプ

新卒 仕事できない

上司があまりにも仕事ができないからやめたい、仕事をしてくれないからやめたいといった話はよく聞きます。

仕事ができない、もしくはしないのに、なぜか管理職の人があなたの職場にもいませんか?

ぱーしー

僕の上司も悲しいかなこのタイプのでした(笑)

このタイプの中にはいくつかの種類の人がいます。

私の上司は仕事ができないと周りから言われていましたが、人柄はとても良く、やりたいことはやらせてもらえました。

ごーどん

部下に仕事ができないって言われてるのかわいそう
本当にできない人だったから(笑)

ぱーしー

他にも、無能なタイプにはただ上司にへこへこして、仕事は部下に丸投げ、そして指導をしないというかっこ悪い人もいます。

こういったタイプの上司の元では早いスピードで成長することができないので、大切な時間を無駄にしないためにも早めに対処する必要があるでしょう。

理不尽なタイプ(自己中心的・自分のやり方を押し付けてくるなど考えが合わないタイプ)

新卒 仕事できない

理不尽なタイプの上司は攻撃的ではないし、仕事ができないタイプでもありません。

しかし、話を聞いてくれない、聞いてくれても否定をしてくるのがこのタイプの特徴です。

ごーどん

フィードバックじゃなくて論破してくるタイプですね

自分なりの考えがあるのでしょうが、それを部下にうまく説明することはできず、とりあえず否定・無視などに繋がります。

こういうタイプは一見まともに見えてもプライドが高かったり、その割に仕事ができないタイプもいます。

ぱーしー

嫌な上司と言ってもいろんな種類がいそうですね

ざっくり分けると以上のような3種類の「嫌な上司タイプ」が世の中には多いようです。

では、こういった上司に対してどういうアクションを取るのが良いかをここからは見ていきましょう。

嫌な上司がいる場合の対処法

転職すべき人

私の経験上、嫌な上司がいる多くの場合は会社に問題があります。

上記で説明したタイプの上司がいる場合直接的に自分に悪い影響やストレスを与えてくるのは上司です。

では、なぜその人物が上司というポジションにいるのでしょうか?

それは以下の理由が考えられます。

  • 会社幹部が組織体制やハラスメントを軽視
  • その上司が幹部との関係が根強い
  • 人手不足で他に適した人がいない

これらの理由を見てもらってわかる通り、会社がその上司の行動を放置してしまっているわけです。

もしくは、その会社で上司が経験を積む中で現在のあなたの上司のような人間が形成されてしまったのかもしれません。

上司と言えど、一人の人間です。

パワハラタイプや理不尽タイプの上司も様々な経験を経た結果、彼らなりの考えがあってひどい態度を取っている可能性もあります。

上司がなぜそのような行動を取っているか背景を一度考えてみましょう。

また、仕事ができない・しないタイプの上司も、一応は管理職で、何かしら彼らから学ぶところはあります。

とーます君

外部との交渉や根回しの仕方など、経験豊富そうだね

しかしながら、いくら会社によって今の上司の人間性が形成されたからと言って、「自分が上にされたことは下にも同じようにする。」といういまだに無意識でこのようなスタンスで仕事をする人がいます。

多くの場合、上司自身が急激にいい方向に変わる可能性はほとんどありません。

よっぽど問題のある人だと周囲から評価されており、それが会社の幹部まで理解していれば別ですが、あなたの上司がすぐにクビになったり異動になるケースは稀です。

まずは冷静に現在の状況で、あなたが何を変えることができなくて、何を変えることができるのかを考えるべきです。

転職 売り手市場

もし、今の会社が好きで、強いエネルギーと精神を持って今の組織を変える覚悟があるのであれば、可能なところから周囲を巻き込んでいきましょう。

ただ、多くの会社の場合にそんなことができないのが現実です。

そんな中でいくら「自分の上司が嫌だ」「今の上司さえいなくなれば…」と言っていても何も変わりません。

環境に文句を言うことは簡単で、いくらでも出てきます。完璧な会社や組織はありません。

大事なのはその与えられた環境の中で「何ができるか」です。

無茶な要求をしてきたり、全く指導をしてくれない状況でも、自分の力を見せつける機会は少なからずあるはずです。

とにかく仕事をクリアして、上司に自分の力を認めさせる。そうすることで上司が自分を見る目や考えも変わってくるでしょう。

結果を出す過程でたくさんのスキルとスタンスを身に付けることができたり、様々な経験をすることも可能です。与えられた環境で「できる人」と「できない人」とでは大きな差があります。

新卒 仕事できない

しかしながら、もし今の環境を自分の手で変えるほどの覚悟や今の置かれた環境で全力を出すモチベーションを持っていないのであれば、できることは「自分の環境を変えること」です。

つまり、異動をするか転職をするかの二択になります。

とーます君

さすがにそれはちょっとハードルが高いなぁ…

「異動」や「転職」はちょっと…と思う方もいらっしゃると思います。

しかしながら、今の劣悪な環境に耐えていると、自分自身の精神と身体の健康状態に関わってきます。状態が悪くなれば鬱(うつ)になってしまうケースもあります。

一番大切なのは、あなた自身の健康です。身体を壊してしまってはどうしようもありません。

1.異動を希望する

まずは我慢をする、柔軟に上司に対応することも必要ですが、ストレスやプレッシャーに毎日耐えるわけにはいきません。

そうなった場合は思い切って自分の上司以上の人に相談する、もしくは異動を志願しても良いでしょう。

上司以上の立場の人に相談しても「我慢しろ」の一点張りの可能性だってありえます。

そうなった場合は、会社の相談窓口に話す、人事部へ異動を直談判することも考えましょう。

少しだけ勇気が必要ですが、自分を守るためにも機会があるのであれば利用しましょう。

2.転職する

先ほども申し上げた通り、会社自体に問題がある場合、他の部署に異動しても根本的な解決にはならず、同じような問題に直面してしまうでしょう。

ハードルは少し高いように感じますが、あなた自身の心身の健康状態やキャリアを考えると一番効果的な手段です。

もし転職活動をどのように進めればよいかわからない場合は、以下を参考にしてみてください。

  • 手順1
    転職サイトで求人を探す
    転職サイトで興味のある企業をいくつかピックアップしておきます。
  • 手順2
    転職エージェントに興味のある企業を伝える
    転職エージェントが案件を持っているかどうかを確認します
  • 手順3
    転職エージェントから推薦状付きで応募してもらう
    転職サイトから応募するのと、エージェント経由で応募するのでは書類選考の通過率が天と地の差です。
  • 手順4
    転職エージェントと面接対策をする
    エージェントのサポートは手厚いので、面接の練習などに付き合ってもらいましょう。
  • 手順5
    企業の口コミサイトで転職先の評判を調べる
    最後は企業の口コミを調べ、転職するかどうかの最終判断をしましょう。

それぞれの具体的な手順の内容についてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。

20代におすすめの転職サイト・転職エージェント転職活動の進め方をくわしく見る

ぱーしー

パワハラ上司の下では心身が持たない、理不尽上司や仕事できない・やらない上司の元では全く成長できないと見切りを付けて、早く行動した方がいいですね

転職活動を行う場合でも、企業文化を重点的にみた方がいいでしょう。

企業文化がしっかり根強いている場合、上司を含めてそれぞれの社員が同じミッションやバリューに共感しているので、パワハラなど個人の横行が少ない傾向にあります。

しかしながら、募集要項や会社案内を見るだけではわからない部分が多いでしょう。

そこでおすすめなのが企業への口コミサイトです。

OpenWork」や「転職会議」などように、実際に働いている、もしくは働いていた人が、その企業の給与ややりがい、雰囲気などの働きやすさを評価するサイトがあります。

企業風土・職場の雰囲気などリアルな声を確認することができ、実際に中で働く人・働いていた人が本音で語る情報を拾集できるので非常に有益です。

転職ならば望む職種で応募できますし、何より給与アップなど大幅に待遇が良くなる可能性もあります。

まずはこう口コミサイトに登録してみたり、キャリトレなどの転職サイトに登録して自分の転職の可能性を探ってみたり、ミイダスを使って自分の市場価値(想定年収)などを調べてみましょう。

嫌な上司のいる今の環境から抜け出し、少しでも違った楽しい環境でやりがいを持って働くことができることを心より願っています。

最後に

嫌な上司とはどの会社にもいるものです。多くの人が上司からのストレスに悩んでいることも事実です。

そんな時は今の自分の置かれた環境で「何ができるか」を客観的に考えましょう。

今の会社での環境を変えることができる可能性と覚悟があるのであれば、周囲を巻き込んで立ち向かいましょう。その会社にとっても大きなメリットにもなります。

もし、その環境を変えることが難しいのであれば、自分をおく環境を変えましょう。何もせずに嫌な上司に対してストレスを溜めていたり、居酒屋で文句を言っている時間が一番もったいないです。

まずは、転職サイトに登録してみたり、他の企業の口コミなどを調べるところから一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

あなたのキャリア・人生が少しでもいいものになることを心より願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です