20代の僕が、キャリトレを実際に使ってその評判や口コミを確かめてみた。

20代の僕が、キャリトレを実際に使ってその評判や口コミを確かめてみた。

キャリトレをはじめ、転職サイトには様々な種類があり結局どれを使えば良いかわからないですよね…

転職サイトと転職エージェントを20社以上登録する僕ですが、20代のビジネスパーソンのための転職サイトならキャリトレがおすすめです。

キャリトレは、経歴や条件に合わせてAIが求人を紹介。それに対して、「興味がある」を選択した企業が同様にあなたに興味を持てば、内定につながる可能性が非常に高い『プレミアムスカウト』が届きます。

とーます君

興味がある・なしを伝えていくだけでオファーが届くのは、忙しいビジネスパーソンの方にとってはとても有益だね。

求人の紹介の精度は、興味のある・なしを伝えれば伝えるほど高まり、毎日数分だけキャリトレを利用すれば、志向にあった企業への内定に繋がることもあるため、「キャリトレは、1日5分でできる転職活動」と称されてもいます。

業界大手のビズリーチが運営し、会員の7割以上が20代と、20代に非常に特化した転職サイト「キャリトレ」をぜひお試しください。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

キャリトレとは?

キャリトレは、ビズリーチが運営する20代の本気の転職に特化した転職サイトです。

20代の求人が非常に豊富でCMも頻繁に放映されて最近話題になっています。

結論から述べると、もしあなたが20代でキャリア志向であれば間違いなく登録しておくべき転職サイトでしょう。

忙しい20代のビジネスパーソンが1日5分程度の隙間時間で転職活動ができるため、仕事をしながら次のステージも見据えていきたい方に非常におすすめです。

AIが経歴や条件に合わせて、様々な求人をレコメンドしてくれます。

おすすめされた求人に対して、興味のある・なしをつけていくことで人工知能があなたの興味を学習し、最適な求人をレコメンドしてくれる優れたサービスです。

運営会社のビズリーチとの差としては、ビズリーチがハイキャリアをターゲットにしているのに対して、キャリトレはまだ若くキャリアも浅い20代をターゲットにしている点。

とーます君

年収がある程度ないと、ビズリーチでは全くスカウトが来ません

この記事では、キャリトレの評判や口コミをまとめていきます。

20代の僕が実際に使ってみて分かったキャリトレのメリット・デメリットも記載してありますのでぜひ参考にしてみてください。

キャリトレはこんな人におすすめ!
  • 忙しい20代のビジネスパーソン
  • キャリア志向の方

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

キャリトレの評判は?

キャリトレの評判はどうでしょうか?

たまに「キャリトレよりも他の転職サービスを使うことをおすすめします」といったブログを目にしますが、個人的にはキャリトレはかなりおすすめで、20代でキャリア志向型の方であれば利用すべきサービスかと思います。

とーます君

20個以上の転職サイトを利用してる僕ですが、20代の転職サイトではキャリトレがもっともおすすめです。

キャリトレのメリット

キャリトレのメリット

キャリトレは初期登録が非常に簡単

キャリトレの初期登録は非常に簡単です。

必要最低限の情報だけであれば合計で1分程度しかかからないと思います。

とーます君

職務経歴書まできちんと書いても5分程度で無料登録が完了できます。

他の転職サイトであれば前職の内容などを書き込んだり、どんな業界に転職したいのかを登録しなければならず、それなりに面倒です。

キャリトレの場合、転職に関するいくつかの質問に答えて、氏名や職歴などの基本情報を登録すれば会員登録は完了です。

キャリトレはAIによるレコメンド機能が便利

冒頭でも述べたように、キャリトレでは提示されるレコメンド求人に対して興味があるかないかを答えていくだけで、求職者の興味を学習して最適な求人をレコメンドしてくれるようになります。

キャリトレのレコメンド求人

キャリトレのレコメンド求人

学習させるデータは多い方が精度も高くなるため、キャッチコピーでも述べているように「毎日5分の転職活動」として興味あるなしを伝えていくとより良いでしょう。

また、同じ出身大学の方がチェックしている企業やマッチングしやすい企業等も表示してくれます。

キャリトレなら内定もゲットできる

キャリトレにはプレミアムスカウト機能と呼ばれるものがあり、こちらのスカウトが届いた人は内定になる確率が非常に高いです。

プレミアムスカウトは、ユーザーが「興味ある」を押した企業の担当者があなたの経歴情報を閲覧し、ぜひ会ってみたいと思えばオファーを出すといった仕組みです。

いきなり面接といったパターンも多いそうで、お互いの興味がマッチしているからこそ内定まで非常に近くなり、効率的に転職活動を進めることができます。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

キャリトレのデメリット

キャリトレは20代でないとあまり使えない

キャリトレのターゲット層としては、20代から30代前半のビジネスマンです。

よってそれより年齢が上の方はあまり企業ともマッチせず、ほとんどメリットを享受できないでしょう。

30代以上の方は、スキルや経験に自信があれば転職エージェントの『JACリクルートメント』を使ってみたり、転職サイトの『リクナビネクスト』を利用してみてください。

キャリトレの口コミ

キャリトレの利用者の声

キャリトレ公式サイトに利用者の声が掲載されていたのでいくつかピックアップしてご紹介します。

興味があるボタンを押せば押すほどレコメンドの制度が上がって毎日の日課になった

(32歳男性)

企業から直接スカウトが来るのでスピーディーに転職活動を進めることができました

(31歳女性)

登録してすぐに複数社からスカウトをいただき、2ヶ月で内定までたどり着きました。

(25歳男性)

毎日、自分の希望にあった求人が届きます。マッチングの制度が高いので感動しました。

(27歳女性)

Twitterからもいくつか口コミを拾ってきました。

ポジティブな口コミが多い印象です。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

 

キャリトレを実際に使ってみた

キャリトレを実際に使ってみた感想を記載していきます。

AIによるレコメンド求人の精度が他のサービスと比べて圧倒的に優れてるね。

とーます君

AIによるレコメンド求人の精度が高い

キャリトレの一番の特徴であるAIによる求人のレコメンドの質は非常に高いです。

下記の写真のように、提示された求人に興味がある / なし をタップしていくだけで、割と求めているような求人が提示されてびっくりしました。

キャリトレで興味あるなしを選ぶ画面

キャリトレで興味あるなしを選ぶ画面

「本日のレコメンド」とあるように、ここに表示される求人は毎日変わっていくので、興味があるかないかを選べば選ぶほどレコメンドの精度も高くなっていく仕組みです。

最初のうちは割と毎日のようにやってみましたが、確かにレコメンドの精度は上がっていきます。

スカウトも嬉しい

キャリトレによるスカウト機能

キャリトレによるスカウト機能

メリットの箇所でもお伝えしましたが、キャリトレなら内定まで獲得することが可能です

プレミアムスカウトが届けば、内定の可能性は非常に高いと言われています。

ごーどん

「興味ある」を押した企業の担当者がこちらにも興味を持ってくれればプレミアムスカウトは来るんだったよね。

ビズリーチにもスカウト機能はありますが、20代の方であればキャリトレの方がマッチする企業からスカウトがかかる可能性は高いと思います。

転職やることリストもありがたい

キャリトレには「転職やることリスト」がページに記載されています。

転職やることリスト

転職やることリスト

採用担当者に会いたいと思わせる職務経歴書の書き方や、自己分析のポイント、応募する際のポイントなどが丁寧にまとまっており非常にありがたいです。

この辺りは転職エージェントに登録していればより丁寧なサポートを受けることは可能ですが、キャリトレでも簡易ではあるものの一歩ずつ転職に向けて準備をしていけるようになっています。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

 

キャリトレの評判や口コミまとめ

最後にキャリトレがどんな人におすすめなのかをまとめておきます。

  • 20代から30代前半の方
  • 転職活動初心者
  • キャリア志向
  • 大手や外資系に勤めている方

登録は非常に簡単なので、まずは実際に試しに使ってみてるのも1つの手です。

必要最低限の情報を埋めるだけなら2分程度で登録が完了しますのでぜひ登録してみてください。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です