キャリトレの評判を20代の僕が実際に利用して確かめてみた

キャリトレ

キャリトレをはじめ、転職サイトには様々な評判があり結局どれを使えば良いかわからないですよね…

転職サイトと転職エージェントを20社以上登録する僕ですが、20代のビジネスパーソンのための転職サイトならキャリトレがおすすめです。

キャリトレは、経歴や条件に合わせてAIが求人を紹介。それに対して、「興味がある」を選択した企業が同様にあなたに興味を持てば、内定につながる可能性が非常に高い『プラチナスカウト』が届きます。

興味がある・なしを伝えていくだけでオファーが届くのは、忙しいビジネスパーソンの方にとってはとても有益だね!

ハルカ

サトシ

だからこそ忙しい20代の社会人に絶大な支持を誇っているサービスなんだ。

求人の紹介の精度は、興味のある・なしを伝えれば伝えるほど高まり、毎日数分だけキャリトレを利用すれば、志向にあった企業への内定に繋がることもあるため、「キャリトレは、1日5分でできる転職活動」と称されてもいます。

業界大手のビズリーチが運営し、会員の7割以上が20代と、20代に非常に特化した転職サイト「キャリトレ」をぜひお試しください。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

20代に評判のキャリトレとは?

キャリトレ

公式サイト:https://www.careertrek.com/

キャリトレは、ビズリーチが運営する20代の本気の転職に特化した転職サイトです。

20代の求人が非常に豊富で、CMも頻繁に放映されて最近評判になっています。

結論から述べると、もしあなたが20代でキャリア志向であれば間違いなく登録しておくべき転職サイトでしょう。

忙しい20代のビジネスパーソンが1日5分程度の隙間時間で転職活動ができるため、仕事をしながら次のステージも見据えていきたい方に非常におすすめです。

ここでは、キャリトレの特徴とどんな人におすすめなのかをお伝えします。

キャリトレの特徴

キャリトレの特徴は、何と言ってもAIによる求人のレコメンドとスカウト機能です。

MEMO
レコメンド求人とは、キャリトレが利用者の志向性に合わせておすすめの求人を紹介してくれるものです。

キャリトレでは、AIが経歴や条件に合わせて、様々な求人をおすすめしてくれます。

おすすめされた求人に対して、興味のある・なしをつけていくことで人工知能があなたの興味を学習し、最適な求人をレコメンドしてくれる優れたサービスです。

運営会社のビズリーチとの差としては、ビズリーチがハイキャリアをターゲットにしているのに対して、キャリトレはまだ若くキャリアも浅い20代をターゲットにしている点。

年収が高くないと、ビズリーチでは全くスカウトが来ないって聞いたよ。

ハルカ

サトシ

ビズリーチは30代前後のハイキャリアの方をターゲットにしているからね。キャリトレなら年収に関係なくオファーがたくさん届いて便利だよ。

20代であれば、登録しておくだけで大手優良企業からイケてるベンチャー企業まで多種多様な企業からのスカウトが届きますので、登録しない手はないでしょう。

キャリトレ公式ページはこちら

キャリトレがおすすめな人

詳細な評判や口コミ、僕が実際に使った感想は後ほど紹介しますが、結論どんな方におすすめなのかを先んじて紹介します。

キャリトレはこんな人におすすめ!
  • 忙しい20代のビジネスパーソン
  • キャリア志向の方
  • 大手企業やITベンチャーに興味がある方

キャリトレは、忙しい20代のビジネスパーソンにおすすめ!

キャリトレは、忙しい20代からの評判が非常に高いです。

その理由は、毎日ちょっとした時間にキャリトレからおすすめされる求人に対して「興味ある」「興味ない」をタップしていくだけでどんどんレコメンドの精度が上がったり、企業とマッチングして面接確約スカウトが届いたりするようになるためです。

まだ転職するかどうかわからないけど、キャリアについてなんとなくもやもやしている20代の方はぜひ利用してみましょう。

1日5分、レコメンドされる求人のなかから「興味がある」求人を選択するだけで、より、志向性に合う求人がレコメンドされたり、
企業からスカウトが届くようになります。使えば使うほど、自身の潜在的なキャリアの可能性を発見できます。(キャリトレ公式サイト

※僕自身も、転職する予定が全くなかった頃からキャリトレを使い始めました。

キャリトレは、キャリア志向の方におすすめ!

キャリトレはキャリア志向の方に特におすすめです。

「挑戦する20代を応援する」をビジョンに掲げていることもあり、取り扱う求人には20代のビジネスパーソンが成長するであろう企業のものが多くなっています。

実際に利用してみるとわかりますが、おすすめされるレコメンド求人は名前を聞いたことのある大手企業や、話題のITベンチャー企業などが多いです。

これからキャリアを築いていきたいと考えている20代の方にとっては利用価値はかなり高いでしょう。

MEMO
キャリトレの大手企業やITベンチャーの求人では、即戦力を求めるよりも「挑戦したい」「成長したい」と考える20代や第二新卒の方の「ポテンシャル採用枠」のものが多いです。

キャリトレは、大手企業やITベンチャーに興味がある方におすすめ!

キャリトレの取扱企業の例

キャリトレの取り扱う求人には大手企業やITベンチャーが多いです。

写真のように、電通やIBMのような大手企業から、freeeやスマートニュースなどの最近ホットなITベンチャーまで多種多様な求人を取り揃えています。

20代でまだ進むべき方向性が明確に見えていなかったとしても、キャリトレで紹介されるような企業で経験を積めば確実にキャリアにとって大きな前進になるであろう企業が多い印象です。

上記の写真のような企業に興味のある方はぜひ利用してみてください。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

キャリトレの評判は?

キャリトレの評判はどうでしょうか?

たまに「キャリトレよりも他の転職サービスを使うことをおすすめします」といったブログを目にしますが、個人的にはキャリトレはかなりおすすめで、20代でキャリア志向型の方であれば利用すべきサービスかと。

とーます君

20個以上の転職サイトを利用してる僕ですが、20代の転職サイトではキャリトレがもっともおすすめです。

キャリトレのメリット(高い評判)

キャリトレのメリット

キャリトレは初期登録が非常に簡単

キャリトレの初期登録は非常に簡単です。

必要最低限の情報だけであれば合計で1分程度しかかからないと思います。

サトシ

職務経歴書まできちんと書いても5分程度で無料登録が完了できます。

他の転職サイトであれば前職の内容などを書き込んだり、どんな業界に転職したいのかを登録しなければならず、それなりに面倒です。

キャリトレの場合、転職に関するいくつかの質問に答えて、氏名や職歴などの基本情報を登録すれば会員登録は完了です。

キャリトレはAIによるレコメンド機能が便利

冒頭でも述べたように、キャリトレでは提示されるレコメンド求人に対して興味があるかないかを答えていくだけで、求職者の興味を学習して最適な求人をレコメンドしてくれるようになります。

キャリトレのレコメンド求人

キャリトレのレコメンド求人

学習させるデータは多い方が精度も高くなるため、キャッチコピーでも述べているように「毎日5分の転職活動」として興味あるなしを伝えていくとより良いでしょう。

また、同じ出身大学の方がチェックしている企業やマッチングしやすい企業等も表示してくれます。

キャリトレなら内定もゲットできる

キャリトレにはプラチナスカウト機能と呼ばれるものがあり、こちらのスカウトが届いた人は内定になる確率が非常に高いです。

プラチナスカウトは、ユーザーが「興味ある」を押した企業の担当者があなたの経歴情報を閲覧し、ぜひ会ってみたいと思えばオファーを出すといった仕組みです。

いきなり面接といったパターンも多いそうで、お互いの興味がマッチしているからこそ内定まで非常に近くなり、効率的に転職活動を進めることができます。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

キャリトレのデメリット(良くない評判)

キャリトレは20代でないとあまり使えない

キャリトレのターゲット層としては、20代から30代前半のビジネスマンです。

よってそれより年齢が上の方はあまり企業ともマッチせず、ほとんどメリットを享受できないでしょう。

30代以上の方は、スキルや経験に自信があれば転職エージェントの『JACリクルートメント』を使ってみたり、転職サイトの『リクナビネクスト』を利用してみてください。

キャリトレの口コミは?

キャリトレの利用者の声

キャリトレの公式サイトと、Twitterからキャリトレの口コミをピックアップしてきました。

まとめると次のような感じです。

  • レコメンド求人やスカウトによってサクサク転職活動ができた
  • 登録したらすぐにプラチナスカウトが来た
  • 求人が探しやすく、スカウトが来やすい

キャリトレ公式サイトに利用者の声が掲載されていたのでいくつかピックアップしてご紹介します。

興味があるボタンを押せば押すほどレコメンドの制度が上がって毎日の日課になった

(32歳男性)

企業から直接スカウトが来るのでスピーディーに転職活動を進めることができました

(31歳女性)

登録してすぐに複数社からスカウトをいただき、2ヶ月で内定までたどり着きました。

(25歳男性)

毎日、自分の希望にあった求人が届きます。マッチングの制度が高いので感動しました。

(27歳女性)

Twitterからもいくつか口コミを拾ってきました。

口コミを調査していく中でネガティブな評判にはたどり着けませんでした。

スカウト型の転職サービスなので、とりあえず登録して声がかかるのを待ってみるという方も多いようですね。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

キャリトレとビズリーチの違いは?

キャリトレとビスリーチの違い

キャリトレもビズリーチもスカウト型の転職サービスとして有名です。

どちらの転職サービスも、株式会社ビズリーチが運営しており、質の高いスカウトが多数届くことで評判です。

簡単にキャリトレとビズリーチの違いをまとめてみます。

転職エージェント 対象者 利用料 コンセプト
キャリトレ キャリア思考の20代 無料 挑戦したい20代を応援する
ビズリーチ 年収600万以上のハイキャリアの方 有料(一部無料) 求めているのは即戦力
オファー型なのは一緒だけど、使うべき人は大きく違いそうだね。

ハルカ

20代の方であればキャリトレを利用した方が良いでしょう。

ただ、すでに600万円以上の年収をもらっているハイキャリアの方であれば、ビズリーチと併用してみても良いかもしれません。

MEMO
スカウト型の転職サービスはいくつ登録していても無駄にはなりません。ビズリーチ社の運営するキャリトレとビズリーチは、どちらも業界でもかなり質の高いスカウトが届くことで有名なサービスですのでぜひ併用してみてください。

キャリトレ公式ページはこちら

キャリトレと他の転職サイトの評判を比較

転職サイト 比較 ポジショニングマップ

キャリトレと他の転職サイトを比較してみました。

特に評判の高い4社で細かく比較したのが次の表です。

転職サイト 総合評価 求人数 求人の質 20代にとっての使いやすさ 特徴 参考記事
キャリトレ 4.5 4.5 5.0 5.0

・オファー型

・スカウトが届く

リクナビネクスト 4.5 5.0 4.0 4.5

・圧倒的求人数

・8割の転職活動者が利用

リクナビNEXTの評判を20代の僕が実際に使って確かめてみた

doda 4.0 4.5 4.0 4.0 ・利用者満足度90% dodaの評判や口コミを20代の僕が実際にキャリアカウンセリングに行って確かめてみた
AMBI 4.0 3.0 4.0 4.0 ・20代ハイクラス向け AMBIの評判は?20代の僕が実際に使った感想や口コミを紹介

転職サイトは、複数登録するものなのでここに紹介した4つは20代の方であればすべて登録しておいても良いでしょう。

キャリトレが他の転職サイトと比べて優れているのは、「スカウト機能」の充実度です。

実際にどんなスカウトが届くのかはこの後の実際に使ってみた感想の箇所でお伝えしますが、20代でキャリアもまだあまり築けていない自分にですら大手優良企業から大量のスカウトがきました。

また、キャリトレのサイト自体も非常に使い勝手が良く、求人も探しやすかったです。

スカウト機能やサイトの使い勝手についてはこのあとご紹介します。

サトシ

20代の方向けのおすすめの転職エージェントは「20代におすすめの転職サイトと転職エージェントをランキング形式で紹介!」でもまとめているので、ぜひ目を通して見てください!

20代に評判のキャリトレを実際に使ってみた

キャリトレを実際に使ってみた感想を記載していきます。

キャリトレを使ってみると分かるけど、名前を聞いたことあるような優良企業からたくさんのオファーが届くんだね。

ハルカ

サトシ

しかも、AIによるレコメンド求人の精度が他のサービスと比べて圧倒的に優れてるよね。

まずはざっくり感想をお伝えして、その後に詳細な使い勝手についてご紹介します。

AIによるレコメンド求人の精度が高い

キャリトレの一番の特徴であるAIによる求人のレコメンドの質は非常に高いです。

下記の写真のように、提示された求人に興味がある / なし をタップしていくだけで、割と求めているような求人が提示されてびっくりしました。

キャリトレで興味あるなしを選ぶ画面

キャリトレで興味あるなしを選ぶ画面

「本日のレコメンド」とあるように、ここに表示される求人は毎日変わっていくので、興味があるかないかを選べば選ぶほどレコメンドの精度も高くなっていく仕組みです。

最初のうちは割と毎日のようにやってみましたが、確かにレコメンドの精度は上がっていきます。

大手優良企業からのスカウトが届く

キャリトレによるスカウト機能

キャリトレによるスカウト機能

メリットの箇所でもお伝えしましたが、キャリトレなら内定まで獲得することが可能です

プラチナスカウトが届けば、内定の可能性は非常に高いと言われています。

「興味ある」を押した企業の担当者がこちらにも興味を持ってくれればプラチナスカウトは来るんだったよね。

ハルカ

ビズリーチにもスカウト機能はありますが、20代の方であればキャリトレの方がマッチする企業からスカウトがかかる可能性は高いと思います。

転職やることリストが充実していて、初めての転職活動者に優しい

キャリトレには「転職やることリスト」がページに記載されています。

転職やることリスト

転職やることリスト

採用担当者に会いたいと思わせる職務経歴書の書き方や、自己分析のポイント、応募する際のポイントなどが丁寧にまとまっており非常にありがたいです。

この辺りは転職エージェントに登録していればより丁寧なサポートを受けることは可能ですが、キャリトレでも簡易ではあるものの一歩ずつ転職に向けて準備をしていけるようになっています。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

以下ではキャリトレの登録から転職活動までの流れをたくさんの写真付きでご紹介します。

キャリトレの登録から転職活動の流れ

キャリトレの登録から転職活動までの流れをご紹介します。

少し画像が多くなっていますが、登録自体は3分程度で終わるので読んでる間に登録は完了すると思いますので、時間がある方はキャリトレ公式サイトからサクッと登録してみてください。

キャリトレ登録の流れ

  • 手順1

    そして、「さっそく使ってみる」のボタンを押します。

    キャリトレ公式サイトへいく

  • 手順2
    転職時期をタップ

    いつまでに転職したいかを入れる

  • 手順3
    これまでの経験者数をタップ

    これまでの経験社数をタップ

  • 手順4
    生年月日の入力

    生年月日の入力

  • 手順5
    メールアドレスとパスワードの入力

    メールアドレスとパスワードの入力

  • 手順6
    登録したメールアドレスでメール認証

    手順5で入力したメールアドレスにメール認証用のメールが届きます。そこでメールアドレスが自分のものであることを認証してください。

    認証コードの入力

  • 手順7
    名前の入力

    名前を入力

  • 手順8
    性別の入力

    性別を入力する

  • 手順9
    住所を選択式で入力

    住所の入力

  • 手順10
    最終学歴を入力

    学校名も聞かれるので入力してください。

    最終学歴を入力します
    学校名の入力
  • 手順11
    電話番号の入力

    電話番号の入力

    MEMO
    応募前に電話がくることはありません。実際に僕自身、一度も電話が来たことはありません。
  • 手順12
    直近の職種・業種の入力
    直近の職種の入力
    直近の業種を選択
  • 手順13
    スキルの入力

    スキルと言っても入力しづらいかもしれませんが、おすすめのスキルを選択式で入力することも可能です。

    スキルの入力
    おすすめのスキル
  • 手順14
    現在の年収の選択

    現在の年収の入力

  • 手順15
    希望勤務地の選択

    希望勤務地の選択

  • 手順16
    希望職種・業種の入力
    希望職種の入力
    希望の業種を選択する
  • 手順17
    希望年収の選択

    希望年収の選択

以上で登録完了です。

ほぼ全てが選択式で入力していけるので、3分程度で完了します。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

キャリトレを使った転職活動の流れ

キャリトレを利用してどのように転職活動を進めていくのかをご紹介します。

基本的な流れは次の通りです。

  1. 時間のある時に、レコメンド求人に「興味ある」「興味なし」をする
  2. 届いたスカウトに目を通し、気になるものがあればメッセージを読む
  3. 話を聞いてみたい、実際に働いてみたいと思えばメッセージを返信する
  4. 企業の採用担当者と会って話してみる

上記のように、非常にサクサク転職活動が進みます。

毎日5分でできる転職活動とのキャッチコピーの通り、利用者が時間をかける部分は非常に少ないです。

しかも、企業側から質の高いスカウトが届くので、いますぐ転職活動をしたいと思っていなかった自分でも「なんとなく転職活動をする」ことが可能でした。

届いたスカウトの中で興味のある求人を見つけたら、メッセージのやり取りをして実際に採用担当者の話を聞きに行っても良いでしょう。

ぜひ20代の方はキャリトレにまずは登録だけでもしておきましょう。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

キャリトレを使う上での注意点

キャリトレを利用する際の注意点を簡単にお伝えしておきます。

キャリトレは転職サイト(転職エージェントではない)

キャリトレは転職サイトです。

転職エージェントではないため、職務経歴書のサポートや面接対策などのサポートはありません。

MEMO
転職サイトと転職エージェントの違いがわからない方は「転職サイトと転職エージェントの違いを解説。使い分け方も紹介します。」を読んでみてください。

逆に言えば、自分のペースで利用できるサービスなので転職するかどうか明確に定まっておらず、とりあえず世の中にどんな企業や仕事があるのか知りたいという方にとっては使いやすいです。

またキャリトレサイト内には、「転職やることリスト」がありますので、他と初めての転職活動であっても一つ一つ必要なタスクを潰しながら転職活動を進めることができるでしょう。

キャリトレが20代に特化していることもあって、初めての転職活動者に優しい作りになってるんだね。

ハルカ

スカウトを期待して受け身になりすぎない

キャリトレの一番のメリットは、質の高いスカウトです。

そのため、毎日のように届くスカウトに目を通しながら自分に合った企業を探すことができます。

ただし、スカウトだけを見て企業選択をする受け身の転職活動はやめましょう。

転職活動は人生においても大きな決断の一つですそ、世の中にはスカウトをしてきた企業の何千倍もの企業が存在しています。

転職エージェントも併用したりしながら、受動と主体を合わせた転職活動を行い、転職を成功させていきましょう。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

キャリトレに関するよくある質問

キャリトレに関する質問でよくあるものをまとめました。

キャリトレと他の転職サイトの違いは何ですか?

キャリトレでは、人工知能があなたの希望条件にマッチした求人をレコメンドするため、他の転職サイトにはない新しい仕事探しが可能です。

 

キャリトレを使うのにお金はかかりますか?

いいえ。完全無料です。

 

在籍企業にキャリトレを使っていることを隠すことはできますか?

はい。職務経歴書に書かれている企業には、自動的に経歴が非公開になります。

 

プラチナスカウトとは何ですか?

企業が「会ってみたい」と感じた求職者に送る「面接確約」のオファーです。詳しくは「【20代の武器】キャリトレのプラチナスカウトは20代の転職活動に必須のツールだ!」の記事でまとめてあります。

キャリトレ公式ページはこちら

キャリトレの評判まとめ

最後にキャリトレがどんな人におすすめなのかをまとめておきます。

  • 20代から30代前半の方
  • 転職活動初心者
  • キャリア志向
  • 大手や外資系に勤めている方

登録は非常に簡単なので、まずは実際に試しに使ってみてるのも1つの手です。

必要最低限の情報を埋めるだけなら2分程度で登録が完了しますのでぜひ登録してみてください。

スマホでかんたん3分で完了

無料登録後もお金はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です