20代におすすめの転職サイト▶︎

何も決まってないけど大丈夫? 転職エージェントは相談だけでも良いのか解説

何も決まってないけど大丈夫? 転職エージェントは相談だけでも良いのか解説

「転職するか迷っている段階でも相談していいの?」
「相談したら転職しなくちゃいけないの?」

転職エージェントをはじめて使うとき、気軽に相談してもいいのか迷いますよね。

これまでわたしは人材会社で働き、キャリアアドバイザーとして求職者と100件以上の面談をしてきました。

そこで結論からいうと、“転職の相談だけでも可能”なのでご安心ください。

また、無理に転職をすすめてくることも、通常ならまずありえません。

転職エージェントの本来の役割は、求職者と企業側、双方にとって良い出会いとなるようサポートすること。

求職者に無理やり転職をうながすことは、転職エージェントとして失格なのです。

とはいえ「はじめて転職サービスを使うから不安…」という方もいるでしょう。

そこで本記事では、転職エージェントの不安を解消するために、以下の内容をお伝えいたします。

  • 本当に転職エージェントは相談だけでも可能?
  • 転職エージェントのメリット・デメリット
  • 転職エージェントの使い方・流れ
  • 相談だけでもOKな転職エージェント

それでは詳しく見ていきましょう!

MEMO
おすすめ転職サービスを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

20代におすすめの転職サイト 【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

【結論】転職エージェントは相談だけでもOK

【結論】転職エージェントは相談だけでもOK
冒頭でもお伝えしたように、多くの転職エージェントでは、転職を決めていなくても気軽に相談に乗ってくれます。

大手転職エージェントでも、「相談だけでもOK」という文言が示されています。

  • わからないことや不安を感じることがあったら、まずは話をしに来てほしいです(引用元:マイナビジョブ20’s
  • ご相談だけでもお待ちしております。(引用元:リクルートエージェント
  • 転職活動をするか迷っている場合も、お気軽にご登録下さい。(引用元:パソナキャリア
  • 「転職するかどうか迷っている…」という人は、まずは相談だけでもOK!(引用元:doda

わたしは上記とは違う人材会社で働いていましたが、相談だけの求職者をよく担当してきました。

転職は人生で重要な決断だからこそ、簡単には決められませんよね。

そのため転職エージェントには、求職者の悩みをしっかりと聞き、要望に合わせてじっくりと向きあう義務があるのです。

サトシ

ちなみにわたしが担当したケースですが、求職者と相談を重ねたうえで「いまの会社でもまだまだ活躍できる」と気付き、転職活動をやめた方もいました。

転職エージェントは、求職者が“いま”どんな選択が最善なのか、親身にアドバイスをくれます。

「転職しようか迷っている…」という方も、ぜひ一度気軽に転職エージェントに相談してみてください。

きっと力になってくれると思いますよ。

以下の記事ではおすすめの転職エージェントを紹介しています。

ぜひ一度ご覧になってください。

20代におすすめの転職サイト 【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

またmentorsのような、転職よりもキャリア相談を主に行う転職エージェントもあります。

mentorsの評判や口コミは?特徴や他サービスとの比較を紹介

転職エージェントに相談するメリット・デメリット

転職エージェントに相談するメリット・デメリット
「そもそも転職エージェントを使うメリットってなんなの?」
「逆にデメリットはあるの?」

はじめて転職エージェントを使う方は、このように思うかもしれません。

そのためいまから、転職エージェントを使うメリット・デメリットをお伝えします。

 

メリット
  • 親身に転職の相談に乗ってくれる
  • 内定率が高い
  • 書類選考で通過しやすい
  • 無料で使える
デメリット
  • 担当者とのやり取りの手間がある
  • 希望の求人を紹介してもらえないことがある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

転職エージェントに相談するメリット4つ

転職エージェントを使うメリットは以下の4つです。

メリット
  • 親身に転職の相談に乗ってくれる
  • 内定率が高い
  • 書類選考で通過しやすい
  • 無料で使える

【メリット①】親身に転職の相談に乗ってくれる

転職エージェント最大のメリットは、キャリアアドバイザーが親身に転職の相談に乗ってくれることです。

「もっと給料が高い企業に転職したい」
「休みを取りやすい企業に転職したい」
「いまの職場の人間関係が悪いから、ほかの企業に転職したい」

上記はあくまで一例ですが、このような転職に関することなら何でも相談できます。

さらには、以降でも詳しく話しますが、面接対策や履歴書のサポートをしてくれるところも多いです。

転職エージェントは、転職するにあたってとても心強い存在となってくれますよ。

一人で転職活動を進めるのは、不安も大きいので助かりますよね。

ハルカ

【メリット②】内定率が高い

転職エージェントのメリット2つ目は「内定率の高さ」です。

実は、転職サイトから応募するよりも、転職エージェントを通した方が内定しやすいといわれています。

理由としては、とくに大手の転職エージェントだと、(人材を探している)企業側との信頼関係があることが関係しています。

つまり、企業側は「大手の〇〇エージェントの紹介だから、きっと自社との相性がよい人材なのだろう」と信頼し、内定を出しやすい傾向にあるのです。

加えて転職エージェントは、企業側の採用担当者に対して求職者の良いところや強みをしっかりとアピールもしてくれます。

このような理由から、転職サイトから応募するよりも転職エージェントを通した方が、内定率が高くなるのですね。

【メリット③】書類選考が通過しやすい

転職エージェントを活用すると、内定率と同様に、転職サイトから応募するよりも書類選考が通過しやすくなります。

転職エージェントは、毎日多くの求職者の履歴書を添削する書類作成のプロです。

そのためアドバイスをもらわない手はありません。

さらには、一般公開されていない、企業側の採用基準を知っていることがあるため、何を書けば企業側に刺さりやすいのかも教えてくれることも。

これらの理由から、一人で書類を作成するよりも、転職エージェントに手伝ってもらった方が書類選考が通過しやすくなるのですね。

【メリット④】無料で使える

転職エージェントは、これまで紹介してきたサービス全てを“無料”で利用することができます。

ほかにも無料で受けることができるサービスがあるため、以下にまとめてみました。

  • キャリア面談
  • 求人の紹介
  • 書類の添削
  • 面接対策
  • 面接のスケジュール設定
  • 年収などの条件交渉
  • チャットやメールでの相談

もしかしたら「なんでこんな手厚いサービスが無料なの?」と思った方もいるかもしれません。

これは、転職サービスの収益構造が関係しています。

ザックリいうと転職エージェントは、求人を掲載している企業から、マッチングした際に紹介料をもらっている収益構造なんです。

つまり、求人を掲載している企業が、転職エージェントにお金を払っているのです。

そのぶん求職者は、無料で転職エージェントを使えるというわけなんですね。

転職エージェントに相談するデメリット2つ

基本的に転職エージェントを使うことはメリットばかりです。

しかし、人によってはデメリットを感じることがあるかもしれません。

たとえば、以下のような点です。

デメリット
  • 担当者とのやり取りの手間がある
  • 希望の求人を紹介してもらえないことがある

【デメリット①】担当者とのやり取りの手間がある

転職エージェントでは、担当者と密に連絡を取り合うことで転職活動が進んでいきます。

そのため、どうしても担当者とのやり取りの手間が生じてしまうんですね。

「自分のペースでコツコツと転職活動をしたい」という方は、連絡がわずらわしくなるかもしれません。

とはいえ、先ほどもお伝えしたように、一人で転職活動するのは本当に大変です。

はじめて転職する方は、一度転職エージェントに相談してみた方が、スムーズに転職活動が進むと実感できると思います。

20代におすすめの転職サイト 【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

【デメリット②】希望の求人を紹介してもらえないことがある

希望する求人を、転職エージェントから紹介してもらえないこともあります。

なぜなら転職エージェントは、求職者の能力が企業側の採用条件にマッチしたときのみ、求人を紹介するからです。

つまり、求職者がどれだけ望む条件を提示していても、企業側が求める条件を満たしていなければ、いつまでたっても求人を紹介してもらえないのです。

先ほどもお伝えしましたが、転職エージェントは、求人を掲載する企業との信頼関係を大切にしています。

そのため転職エージェントも、できるだけ慎重に企業側に人材を紹介したいのですね。

希望する求人を必ず紹介してもらえるとは限らない、ということは頭に入れておいてください。

転職エージェントに相談するときの注意点3つ

転職エージェントに相談するときの注意点3つ
はじめて転職エージェントを使うときは、以下の点に注意する必要があります。

転職に失敗しないためにも、必ず確認してくださいね。

転職エージェントの注意点3つ
  1. 担当者の情報を鵜呑み(うのみ)にしない
  2. 転職エージェントに都合よく誘導されてしまうことがある
  3. 最初はランダムで担当者が振り分けられる

それぞれ見ていきましょう。

【注意点①】担当者の情報を鵜呑み(うのみ)にしない

転職エージェントは、求人サイトだけでは分からないような情報まで教えてくれます。

しかし転職エージェントによっては、求職者が「この企業の条件は魅力的だな」と感じる情報ばかり伝えることもあるため注意が必要です。

先ほどもお伝えしたように、転職エージェントは、マッチングした際に紹介料をもらう収益構造です。

そのため、転職者が転職したくなるように、企業の良い面ばかりを話す転職エージェントもあるのも事実です。

サトシ

担当者の情報をうのみにするのはご注意くださいね。

対策としては、実際に気になる企業で働いている人の話を聞いてみたり、企業の口コミサイトを見たりなど、自分でも積極的に情報を手に入れましょう。

なお、企業の口コミサイトは以下になります。

そのほか、何社か転職エージェントに登録して、複数のキャリアアドバイザーからアドバイスをもらうのもおすすめですよ。

20代におすすめの転職サイト 【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

【注意点②】転職エージェントに都合よく誘導されてしまうことがある

悪質な転職エージェントの場合、都合よく転職先を誘導されることがあるためご注意ください。

たとえば、複数の企業に応募した場合、1番はじめに内定を受けた企業をゴリ押ししてくることがあるのです。

というのも、質の悪い転職エージェントは、求職者に早く転職を決めてほしいと思っているからです。

求職者は、他社の転職エージェントを複数使用しているケースも少なくありません。

そのため、自社を経由して転職を決めてもらいたいが故に、1番はじめに内定した会社を強く勧めてくるケースがあるようです。

担当者に流されないためにも、転職先の優先順位をあらかじめ自分のなかでハッキリと決めておきましょう。

サトシ

また、内定の承諾期限は交渉次第で伸ばせるので、焦って転職を決める必要はありません。

【注意点③】最初はランダムで担当者が振り分けられる

転職エージェントでは、ベテランから新人までさまざまな担当者が在籍しています。

最初はどの担当者にあたるかはランダムなので、経験が浅い新人の方が担当となってしまう場合があります。

新人だからといってすべての方が該当するわけではありませんが、どうしてもベテランの方と比べてヒアリング力や提案力が劣ってしまう可能性があります。

もし担当者が合わないと感じた場合は、遠慮せずにすぐ変更してもらうよう伝えましょう。

転職エージェントの登録〜面談(相談)までの一般的な流れ

転職エージェントの登録〜面談(相談)までの一般的な流れ
これから、転職エージェントの登録から面談までの一般的な流れをご紹介します。

  • 手順1
    転職エージェントに登録する
  • 手順2
    担当者から面談日程の提案がくる
    転職エージェントに登録した後、担当者からメールや電話で面談日程の提案が送られてきます。

  • 手順3
    担当者と1対1で面談する
    担当者と電話もしくは対面で面談します。面談時間はだいたい30分〜1時間。

    担当者から転職にあたっての悩みや希望の業種、経歴などをヒアリングされます。

    サトシ

    就活の面接のような固い雰囲気ではないためご安心ください。

【面談の内容】転職エージェントの担当者とは一体なにを話すの?

【面談の内容】転職エージェントの担当者とは一体なにを話すの?
当日の面談で、転職エージェントとの担当者とはどのような話をするのか、一般的な内容をご紹介します。

面談では、転職者の希望やスキル、経歴や強みなどを聞くことが転職エージェント側の目的です。

そのため、あなた自身について深掘りする質問が中心になります。

具体的には、以下のような話をします。

  • お互いの自己紹介
  • 経歴やスキルについての深掘り
  • 転職の理由やキャリアアップの相談
  • 希望条件のすり合わせ
  • 求人の紹介

まだ転職を本格的に考えていない方は、はじめに「転職するかどうか迷っている」と担当者に素直に伝えておきましょう。

キャリアアドバイザーは、その気持ちをくみとって話を進めてくれますよ。

そして、転職についてのヒアリングを通して担当者は、あなたが「市場価値がどれくらいなのか」を正しく見極めようとしています。

そのため、担当者には自分の強みやスキルを積極的にアピールしましょう。

担当者の期待感が高まり、転職活動を有利に進められる可能性が高まります。

サトシ

事前に「自分のできること・得意なこと・経験してきたこと(実績)」をまとめておくと、より充実した面談を送ることができますよ。

「面談や電話は抵抗がある」という方におすすめの転職サービス

「面談や電話は抵抗がある」という方におすすめの転職サービス
「転職の悩みを相談したいけど、面談や電話はちょっと抵抗がある…」

そう感じている方もいると思います。

そんな方のためにオススメの転職サービスが「ジョブクル 転職」です。

【実際に使ってみた】ジョブクル転職のリアルな口コミ・評判も紹介!

ジョブクル転職は、専用アプリのチャット上でキャリアアドバイザーに相談できるサービスです。

基本的にすべてチャット上でやりとりをおこなうため、電話や面談などは必要ありません。

さらにジョブクル転職では、以下のような特徴もあります。

ジョブクル転職の特徴
  • AIが希望に沿った求人を提案してくれる
  • AIが市場価値を年収として算出してくれる
  • 必要な求人を整理しやすい
  • 約10万件の豊富な求人数がある

転職活動をはじめたばかりの方には、とくにおすすめできるサービスです。

ぜひ一度チェックしてみてください。

 スマホでかんたん5分で完了

登録&利用無料

なお、以下の記事では、実際にジョブクル転職を使ってみた感想を紹介しています。

合わせてご確認ください。

【実際に使ってみた】ジョブクル転職のリアルな口コミ・評判も紹介! 【実際に使ってみた】ジョブクル転職のリアルな口コミ・評判も紹介!

【相談だけでもOK】おすすめの転職エージェント

【相談だけでもOK】おすすめの転職エージェント
それではいまから、相談だけでも可能な転職エージェントを紹介します。

おすすめの転職エージェントは以下の3社です。

おすすめの転職エージェント
  1. マイナビジョブ20’s
  2. リクルートエージェント
  3. パソナキャリア

それぞれ説明していきます。

マイナビジョブ20’s|20代・第二新卒向け

マイナビジョブ20'sはこんな方におすすめ!

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

マイナビジョブ20'sの評価
求人数
(4.0)
サポートの質
(5.0)
書類選考通過率
(5.0)
総合評価
(4.5)

マイナビジョブ20’sは、20代・第二新卒向けの転職エージェントです。

転職サービス大手のマイナビグループが運営するため、信頼感もバツグン。

社会人になったばかりの求職者をおもに対象としているため、職務経歴書の書き方や、面接対策などの手厚いサポートを受けることができます。

20代のはじめての転職活動におすすめ

無料登録後もお金はかかりません。

マイナビジョブ20's マイナビジョブ20’sの評判・口コミは?大手を目指す若手から人気の転職エージェントを20代の僕が実際に使ってみた

関連記事:マイナビジョブ20’sの評判は?大手を目指す若手から人気の転職エージェントを20代の僕が実際に使ってみた

リクルートエージェント|転職支援実績No.1

2位:リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの評価
求人数
(5.0)
サポートの質
(3.5)
書類選考通過率
(4.0)
総合評価
(4.5)

「リクルート」という企業の名前は、テレビCMでもよく耳にすると思います。

リクルートエージェントは、そのリクルートグループが運営する転職エージェントです。

マイナビと同様に業界大手が運営するサービスなので、安心してサービスを使うことができます。

そのほか

  • 非公開求人が20万社以上
  • 質の高いキャリアアドバザイザーが多数在籍
  • 転職支援実績No.1

など、数ある転職エージェントのなかでも、サービスの質が高いことも特徴的。

転職活動をはじめるなら、かならず登録しておきたい転職エージェントのひとつです。

圧倒的業界No.1の信頼感

無料登録後もお金はかかりません。

リクルートエージェント 【この記事で疑問点は全て解決】リクルートエージェント利用者の口コミ・評判はどう?転職者は使うべきか徹底解説!

関連記事:リクルートエージェントの評判と口コミを20代の僕が徹底解説!

パソナキャリア|転職者の3人に2人が年収アップ

3位:パソナキャリア

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアの評価
求人数
(4.0)
サポートの質
(5.0)
書類選考通過率
(3.5)
総合評価
(4.0)

求職者に対する手厚いサポートが強みの「パソナキャリア」。

オリコン顧客満足度調査で、3年連続「転職エージェント第1位」を獲得しているほどです。

さらに、転職者の3人に2人が年収アップを実現しているという実績も残しています。

パソナキャリアを運営しているのは、人材業界で40年近い実績がある株式会社パソナ。

パソナキャリアも上記2つの転職サービスと同様に業界大手なので、安心して利用できますよ。

サポートの質は業界トップクラス

無料登録後もお金はかかりません。

パソナキャリア パソナキャリアの評判は悪い?独自の口コミをもとに、再就職支援を行う転職エージェントを徹底分析!

関連記事:パソナキャリアの評判は?手厚いサポートや初心者に優しいとの口コミは本当?


転職エージェント以外の相談相手を紹介

これまで転職エージェントに相談する前提で話を進めてきましたが、なにも相談相手は転職エージェントである必要はありません。

現在ではキャリア相談のみに特化した転職サービスも沢山出てきています。

なかには有料のものもあり、高価格なサービスもありますが、その中でも特に安全で、信頼できるサービスを紹介します。

ポジウィルキャリア

ポジウィルキャリア

公式サイト:https://posiwill.jp/career/

ポジウィルキャリアは、ポジウィル株式会社が運営するキャリア支援サービスです。

転職エージェントと違って、「求人を紹介しないキャリア相談」が特徴。

ポジウィルキャリアの強みを簡単にまとめます。

  • 専属トレーナーと60分のZoomトレーニング
  • 専属トレーナーにSlackでのチャット相談(無制限)
  • 徹底した独自の自己分析支援

まずはプロの専属キャリアトレーナーとの面談やSlackでの対話を通して、キャリアプランや転職活動の進め方を固めます。

そのあと、自己分析を徹底的に行い、自分の強み・弱みを把握した上で転職活動に入ります。

面接や履歴書でも強み・弱みを聞かれることも多く、キャリアを考える上でも「自分に何が向いているか・向いていないか」を把握するためにも「強み・弱み」を知ることはとても大切です。

他の転職エージェントでは自己分析から入ってくれるところは少なく、まずは徹底した自己分析を行うのはポジウィルキャリアの強みです。

転職までのステップも細かく用意されており、まさに専属のキャリアトレーナーと二人三脚で転職活動を行う仕組みです。

3分で無料相談登録できる

無料相談登録では一切費用は発生しません

ポジウィルキャリアの評判:アイキャッチ 【直接インタビュー】ポジウィルキャリア(POSIWILL CAREER)は実際どう?料金が高すぎる?口コミと評判は?徹底解説!

関連記事:【直接インタビュー】ポジウィルキャリアの料金は高い?口コミと評判について問い詰めてみました

転職エージェントに相談するにあたってのよくある質問

転職エージェントに相談するにあたってのよくある質問
はじめて転職エージェントで相談するにあたって、よくある質問をご紹介します。

相談したあと、しつこい営業電話は来たりするの?

転職エージェントによっては、しつこい営業電話が来るケースもあります。

転職エージェントの担当者は、会社側からノルマを課せられていることがあり、そのノルマを達成するためにとにかく求職者に連絡を入れている場合があるのです。

わたしが勤めていた人材会社でもノルマがあり、求職者に片っ端から電話をするなんてことは日常的にありました…。

毎日の営業電話がうっとうしい場合は、「いまはすぐに転職するつもりはないので、電話をかけてくるのはやめてもらっていいですか?」とハッキリと伝えてください。

もし直接言いにくい場合は、転職サービスのウェブサイトにいき「お問い合わせ」から営業電話をやめてほしい旨を書いて送信しましょう。

たいていの場合は、それで営業電話はなくなります。

電話で相談はできるの?

転職エージェントによっては電話での相談もできます。

たとえば「リクルートエージェント」「パソナキャリア」では、電話での面談も受け付けています。

  • 面談は、対面もしくは電話形式です。(引用元:リクルートエージェント
  • 遠方にお住まいの方や、ご来社いただくことが難しい場合は、お電話でのカウンセリングも対応しております。(引用元:パソナキャリア

ちなみに、ウェブサイトに電話相談ができると記載していなくても、実は可能だったりする場合もあります。

実際に、私が働いていた人材会社では、サイトに記載していなくても電話面談を受け付けていました。

そのため、どうしても電話で相談したい場合は、一度問い合わせてみることをおすすめします。

【まとめ】転職エージェントは相談だけでも良い?

【まとめ】転職エージェントは相談だけでも良い?
転職エージェントは、ほとんどの場合において相談だけでも良いです。

冒頭でもお伝えしましたが、大手の転職エージェントでも以下のように「相談だけでも可能」とうたっています。

  • わからないことや不安を感じることがあったら、まずは話をしに来てほしいです(引用元:マイナビジョブ20’s
  • ご相談だけでもお待ちしております。(引用元:リクルートエージェント
  • 転職活動をするか迷っている場合も、お気軽にご登録下さい。(引用元:パソナキャリア
  • 「転職するかどうか迷っている…」という人は、まずは相談だけでもOK!(引用元:doda

転職しようか迷っているけど、だれにも相談できなくて悩んでいる方もいると思います。

転職エージェントは、悩んでいる求職者の不安に寄り添ってくれたり、アドバイスをくれたりもします。

さらに、転職したい企業をみつけたあとも、職務経歴書の書き方や面接対策など、充実したサポートを受けることができます。

そのため、はじめて転職しようと考えている方は、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

20代におすすめの転職サイト 【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です