転職で後悔する4パターンとその対処法

転職で後悔する4パターンとその対処法

こんにちは。ごーどん(@take_404)です。

一歩を踏み出して転職してみたいものの、今の会社を辞めた後に後悔するかもしれないと悩んでしまいますよね。

ごーどん

「転職しなければよかった」という後悔だけはしたくないですよね

転職で後悔してしまう人には共通のパターンが存在します。

この記事では、転職で後悔する人にありがちなパターンと、そうならないための対処法をご紹介します。

事前に後悔パターンを把握しておくことで、良い転職ができるようにしておきましょう。

こんな人におすすめ!
  • 転職後に後悔をしたくない人
  • 転職を考えているが、一歩を踏み出せない人

転職先の仕事内容が想像と違った

もっとも多い後悔は、想像していた仕事内容と違ったパターンです。

明確な目的がないまま転職活動をしていたり、様々な情報源に当たることなくノリと雰囲気で転職活動をしてしまった人に多い傾向です。

確かに転職活動においては直感は大切かもしれません。

しかし、転職は人生の中でも大きな決断であるため、少しは慎重になるべきです。

実際にその企業で働いている人の生の声を聞いてみたり、転職サイトや企業口コミサイトに片っ端から目を通して実際の仕事内容を把握しておきましょう。

対処法
  • 実際に転職しようとしている企業で働いている社員さんの話を聞こう
  • 転職サイトや口コミサイトには片っ端から目を通そう

転職したことで前の職場の良さに気づいた

第二新卒など、初めての転職者に多いのがこの前の職場のがよかったパターンです。

職場の人間関係や、仕事内容に嫌気がさしている状態で転職サイトに目を通していると、どこの企業も現在の企業以上に素晴らしく感じてしまいます。

ごーどん

「隣の芝生は青い」という言葉がありますよね

転職サイトに書かれている内容はいい内容ばかりです。

冷静な目を持って見なければ、どの企業も現在の職場よりもよく感じてしまうので注意が必要です。

転職や企業の口コミサイトでネガティブな情報を集めてみたり、企業から転職して出て行った人の話を聞くなどして冷静かつ客観的に判断できるようにすると良いでしょう。

対処法
  • 口コミサイトでネガティブな情報に目を通す
  • 転職して出て行った人の話を聞いてみる

内定時と実際の条件が違った

そんなことないだろうと思うかもしれませんが、内定時と実際の条件に違いが生まれてしまうことがよくあります。

面接の場で企業は給与や待遇面について多くを語りはしません。

また面接の場でそれらについて深く質問をしては、「お金を目的に転職しようとしている」と勘違いされる可能性があるのでなかなか求職者の方も聞くことができないのが現実でしょう。

「とにかく内定が取りたい」と考えている人は、特にこのパターンに陥りがちです。

きちんと内定明示書(労働条件通知書)に書かれている条件を確認し、面接時に言われていた内容と乖離があったり、不明点があれば事前に質問して解消しておきましょう。

入社後に気づいてしまった場合は転職エージェントに相談することで対処してくれますが、できることなら入社前に待遇については明らかなものを把握しておくようにしましょう。

対処法
  • 内定明示書をきちんと確認する
  • 転職エージェントに相談する

社風に馴染めなかった

全く違う職種や業種に転職する人にありがちなのが社風に馴染めないパターンです。

職場見学などを通じて、どんな人たちが働いているのかを事前に把握しておくことは非常に重要でしょう。

ごーどん

リクルートに転職してきた人で「この社風には馴染めない」という人が割といた気がします(笑)

自由な社風の会社から伝統的なお堅い企業に転職したりすると、本当に息苦しくて楽しく仕事ができない可能性が高いです。

仕事内容も大事ですが、社風といったどのように働くのかも同じくらい大切だと思いますので、ぜひ企業選びの際にはそちらも意識してみてください。

対処法
  • 職場見学などを通して、事前に社風を把握する

どうしても後悔したくなければ転職エージェントを使おう

転職エージェントを使わなくても、転職サイトなどを通じてもちろん転職はできます。

しかし、本気で転職をサポートしてくれるのは転職エージェントです。

彼らは求職者の転職先での給与がフィーになるため、本気であなたの転職に向き合ってくれます。

話を聞いてもらうだけでも良いかと思いますので、手っ取り早く後悔のない転職をしたい場合には転職エージェントに相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です