転職しなければよかった!転職で後悔する4つのパターンとその対処法

転職で後悔する4パターンとその対処法

転職しなければよかった…

そんな後悔だけはしたくないはずです。

一歩を踏み出して転職をしてみたいものの、今の会社を辞めた後に後悔するかもと思うと悩みますよね。

とーます君

失敗した…と後悔するのだけは避けたいよね。

転職で後悔してしまう人には共通のパターンが存在します。

この記事では、転職で後悔する人にありがちなパターンと、そうならないための対処法をご紹介します。

事前に後悔パターンを把握しておくことで、良い転職ができるようにしておきましょう。

こんな人におすすめ!
  • 転職後に後悔をしたくない人
  • 転職を考えているが、一歩を踏み出せない人

転職に後悔するパターン

転職は人生でも大きな決断の一つであり、失敗したと思ってもすぐにやり直しは効きません。

だからこそ、転職先を選ぶ際には慎重になる必要があります。

ここではよくある4つの後悔するパターンを紹介します。

転職先の仕事内容が想像と違った

転職でもっともよくある後悔は、想像していた仕事内容と違ったパターンです。

明確な目的がないまま転職活動をしたり、多くの情報源に当たることなくノリと雰囲気で転職活動をしてしまった人が陥りがちです。

転職活動において、ある程度の直感は大切かもしれません。

しかし、転職は人生の中でも大きな決断であるため、少しは慎重になるべきです。

とーます君

人生が大きく変わってくるからきちんと選びたいよね。

解決策

転職先の仕事内容をきちんと把握するために、次のように転職活動を進めましょう。

  • 手順1
    転職の軸を定める
     自分が仕事に対して何に重きを置くのかを考え、転職活動の軸を定めましょう
  • 手順2
    転職サイトで求人を調べる
    リクナビNEXTdodaで徹底的に企業研究をしましょう
  • 手順3
    企業の口コミサイトで調べる
    転職会議で実際に働いていた人の口コミ等を見て確認しましょう。
  • 手順4
    転職エージェントに尋ねる
    リクルートエージェントなどの転職エージェントを利用し、プロ目線での企業情報を集めましょう。
  • 手順5
    企業の中の人に尋ねる
    LinkedInなどを利用して実際に中で働いている人に話を聞きましょう。

実際にその企業で働いている人の生の声を聞いてみたり、転職サイトや企業口コミサイトに片っ端から目を通して実際の仕事内容を把握することが大切です。

面倒くさがらずに、時間をかけてでも丁寧に事前調べを行ってください。

転職したことで前の職場の良さに気づいた

第二新卒をはじめとする、初めての転職活動をする方に多いのが「前の職場のがよかった」パターンです。

職場の人間関係や、仕事内容に嫌気がさしている状態で転職サイトに目を通していると、どこの企業も現在の企業以上に素晴らしく感じてしまいます。

とーます君

隣の芝生は青い」という言葉があるよね。

基本的に、転職サイトに書かれている内容はいい内容ばかりです。

冷静な目を持って見なければ、どの企業も現在の職場よりもよく感じてしまうので注意しましょう。

解決策

  • なぜ転職したいのかを言語化する(自己分析する)
  • 企業のネガティブな情報を集めて、現在の会社と他の会社を比較する

まずはなぜ転職したいのかを言語化しましょう。

リストラや倒産など病むを得ない事情の方であれば理由ははっきりしています。

そうではなく、何となく転職活動をしたいと思い始めた方は、その理由を言語化できるまで突き止めましょう。

職場の人間関係や給料、残業などの勤務環境、もしくは業界そのものの将来性など、考えてみると何かしらの「不満」「不安」「悩み」があるのではないでしょうか?

不満や悩みを突き止めて明確に言語化できていれば、転職活動時にブレることがなくなります。

また、企業の口コミサイトでネガティブな情報を集めてみたり、企業から転職して出て行った人の話を聞くなどして冷静かつ客観的に判断できるようにすることも大切です。

転職会議などの企業の口コミサイトで現職の会社や気になっている会社の口コミを見て比較してみましょう。

内定時と実際の条件が違った

そんなことないだろうと思うかもしれませんが、内定時と実際の条件に違いが生まれてしまうことがよくあります。

面接の場で企業は給与や待遇面について多くを語りはしません。

また面接の場で待遇面を質問しては、お金を目的に転職しようとしていると勘違いされる可能性があり、なかなか求職者の方も聞くことができません。

「とにかく内定が取りたい」と考えている人は、特にこのパターンに陥りがちです。

解決策

  • 内定明示書をきちんと確認する
  • 転職エージェントに相談する

内定明示書(労働条件通知書)に書かれている条件を確認し、面接時に言われていた内容と乖離があったり、不明点があれば事前に質問して解消しておきましょう。

入社後に気づいてしまった場合は転職エージェントに相談することで対処してくれますが、できることなら入社前に待遇については明らかなものを把握しておくようにしましょう。

社風に馴染めなかった

全く違う職種や業種に転職する人にありがちなのが「社風に馴染めない」パターンです。

実際に働いてみるまで、会社の雰囲気や社風を知ることは難しいでしょう。

しかし、社風に合わないと非常に辛いです。

必ず入社前に社風を知るための努力をしてください。

解決策

職場見学などを通じて、どんな人たちが働いているのかを事前に把握しておくことは非常に重要でしょう。

自由な社風の会社から伝統的なお堅い企業に転職したりすると、本当に息苦しくて楽しく仕事ができない可能性が高いです。

仕事内容も大事ですが、社風といったどのように働くのかも同じくらい大切だと思いますので、ぜひ企業選びの際にはそちらも意識してみてください。

職場見学がハードルが高ければ、転職会議などの企業の口コミサイトで興味のある会社の雰囲気を調べてみましょう。

転職で後悔しないためには転職エージェントを使おう

後悔のない転職をするためには、転職エージェントを使うことをおすすめします。

初めての転職活動の際には特に、何からはじめていいのかもわかりませんし、職務経歴書や転職活動での面接などはじめてのことだらけで確実にサポートが必要でしょう。

もちろん、転職エージェントを使わなくても、転職サイトを使うだけでも転職はできます。

しかし、転職エージェントを使えば無料で非常に手厚いサポートをしてくれます。

彼は求職者の転職先での給与がフィーになるため、本気であなたの転職に向き合ってくれるのです。

話を聞いてもらうだけでも良いかと思いますので、手っ取り早く後悔のない転職をしたい場合には転職エージェントに相談してみましょう。

おすすめの転職エージェントは「20代の転職で役立ったおすすめの転職サイトと転職エージェント13選」でまとめてありますのでぜひ合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です