20代におすすめの転職サイト▶︎

エンワールド(enworld)の評判は?リアルな口コミや特徴・強みを徹底解説!

エンワールドの評判

エンワールドは、外資系企業や日系グローバルの求人に強みを置いている転職エージェントです。

転職活動中だけでなく、転職後のフォローが手厚い点も強み。

サトシ

なんと、転職後も1年間フォローしてくれるんですよ。

アンケート形式のヒアリングを通じて、必要に応じて電話やメールのサポートを受けることが可能です。

そのため、初めての外資系転職に不安を抱えている方は、ぜひエンワールドに登録することをおすすめします。

スマホでかんたん3分で完了

登録後もいっさいお金はかかりません

今回の記事では、以下の内容をお伝えします。

  • エンワールドの概要
  • エンワールドの評判
  • エンワールドの強みや特徴
  • エンワールドのデメリットと利用する際の注意点
  • エンワールドと他の転職エージェントとの比較
  • エンワールドの登録から利用までの流れ
  • エンワールドで断られた場合の対策法
  • エンワールドに関するQ&A

「エンワールドを実際に使ってみた人の評判を知りたい」
「そもそもエンワールドってどんな特徴をもつ転職エージェントなの?」

上記のような疑問を持っている方は、ぜひ参考にしてください。

MEMO
エンワールドのようにハイキャリアや外資系に強い転職エージェントは他にもたくさんあります。エンワールドと他のエージェントを比較しながら、どれがおすすめか解説している記事もあるので、そちらも参考にしてください
目指せハイキャリア転職!ハイキャリア向けの転職サイト・エージェントからおすすめの7つを紹介! 外資系転職 【徹底比較】外資系企業への転職におすすめの転職エージェント13選!ランキング形式で紹介!

もくじ

エンワールドジャパン(enworldJapan)とは?

エンワールドとは
エンワールドとは、外資系企業の求人を主に扱う転職エージェントです。

もともとは金融分野に強みをもつ外資系転職エージェントとして、1999年にウォールストリートアソシエイツ株式会社として設立されました。

その後2010年からは、エン・ジャパン株式会社の連結子会社となっています。

さらにくわしく会社概要を知りたい方は、以下からご覧ください。

エンワールド・ジャパンは、1999年に創業した、アジア太平洋地域5ヵ国に拠点のある、グローバル人材に特化した人材紹介・人材派遣会社です。

外資系企業・日系グローバル企業の、ミドル~ハイクラスのポジションの転職支援を得意としています。

正社員、プロフェッショナル人材派遣、エグゼクティブ人材紹介、採用代行サービス(RPO)を通し、あらゆる方面から人材採用や転職・定着に関する支援を行っています。

独自に作り上げた国内有数のバイリンガル人材に関するデータベースに加え、グループ企業であるエン・ジャパンの国内最大規模の人材情報ネットワーク、そして国内・海外の拠点と連携し、企業と転職希望者のマッチングを実現しています。(引用:エンワールド公式サイト

なおエンワールドは、求職者を募集する転職エージェントであると同時に、企業から依頼を受けて人材をスカウトするヘッドハンティング会社としての顔も持ち合わせています。

ヘッドハンティング会社で優秀な人材を引き抜く仕事している担当者が、ヘッドハンターです。

エンワールドの求人数はどれくらい?内容別で求人数をピックアップしてみた

エンワールドの求人数はどれくらいなのか、内容別に公開されている求人数をピックアップしてみました。

全体の公開 求人数約1,184件
地域別公開求人数 東京都:918件(約77.5%)
愛知県:81件(約6.8%)
神奈川県:42件(約3.5%)
大阪府:38件(約3.1%)
その他:105件(約8.9%)
職種別公開求人数 ライフサイエンス(医療機器・製薬・化学・ヘルスケア・農業・畜産):297件(約25.1%)
テクノロジー・デジタル・通信:276件(約23.3%)
消費財・日用品・サービス・小売・広告:119件(約10.1%)
経理・財務:113件(約9.5%)
製造業(電気・電子・機械・自動車・化学・その他):92件(約7.8%)
サプライチェーン、購買、物流:83件(約7.0%)
人事・総務・エグゼクティブアシスタント:71件(約6.0%)
法務・知財・コンプライアンス:59件(約5.0%)
銀行・金融・保険:33件(約2.8%)
建設・インフラ:26件(約2.2%)
コンサルティング:20件(約1.7%)
その他:22件(約1.9%)
形態別公開求人数 正社員:1066件(約90.0%)
派遣社員:87件(約7.2%)
契約社員:31件(約2.6%)

※2021年3月現在

地域別公開求人数を見ると、東京周辺と大阪の求人がメインになっているとわかります。

職種別に見ると、ライフサイエンス、テクノロジー・デジタル・通信、消費財・日用品・サービス・小売・広告の分野の求人が多い点が特徴です。

勤務形態別では正社員の求人が圧倒的に多くなっていますが、派遣社員や契約社員の求人もあります

エンワールド(enworld)とLinkedInの違いは?

エンワールドとLinkedInの違い
外資系企業へのスカウトやヘッドハンティングは、LinkedIn(リンクトイン)と呼ばれるサービスを介するケースが多くみられます。

エンワールド(enworld)とLinkedIn(リンクトイン)の主な違いは以下の通り。

エンワールド(enworld) 転職エージェント
・登録しておくとマッチする求人を紹介してもらえる
・書類対策や面接対策などプロの視点からサポートしてもらえる
LinkedIn(リンクトイン) ビジネスに特化したSNS
・会員同士が交流できる
・ヘッドハンターと直接繋がれる場合も
・転職エージェントのキャリアコンサルタントが求人情報を掲載する
・経歴などを登録すると転職エージェントから繋がりの申請がある

詳細を見ていきましょう。

LinkedInとはどんなサービス?

LinkedInは、ビジネスに特化したSNSです。

日本ではまだまだ知名度は高くありませんが、全世界では5億人以上のビジネスマンが利用するほど。

ビジネス目的のSNSなので、業務の情報収集や人脈開拓はもちろん、履歴書や自己紹介の場として転職活動にも活用されています。

自らめぼしい求人を探せるほか、経歴情報をもとにヘッドハンターから声をかけられることもあります。

エンワールド(enworld)とLinkedInの違い

LinkedInでもエンワールドでも、ヘッドハンターが人材の引き抜きのために活動しています。

両者の役割について、以下のように使い分けすると良いかもしれません。

  • LinkedInは”交流の場”
  • エンワ-ルドはLinkedInの”交流の場”を利用してスカウトをすることがある

サトシ

つまり、エンワールドの担当者は、LinkedInを使って人材を探すことがあるということです。

実際、以下の口コミのように、LinkedInを介してエンワールドから声がかかることがあるようです。

次の章では、エンワールドを実際に利用した方々の評判をご紹介します。

エンワールド(enworld)の評判は?「しつこい」の口コミは本当?

エンワールドは仕事が早いことで評判が高い

エンワールドには「しつこい」という口コミがあると言われていますが、調べてみたところ全体的に担当者の仕事が早い・案件提案力もあるなどの良い口コミが多く見られました

熱心な担当者と熱量が合わない場合に、しつこいと感じている可能性があると考えられます。

それでは実際の口コミを紹介します。

担当者の仕事が早く、スムーズに転職活動を進められる

書類選考から内定まで、非常にスムーズに対応していただきました。希望する業界、職種だったため、満足しております
(引用:Googleマップ口コミ)

他でも面接を進めてたので、その状況を理解して頂き転職先の会社との面接プロセスを異例の速さで調整してくれました。質問に対するレスも早く的確でした。
(引用:Googleマップ口コミ)

今までのエージェントは多分ロボットでマッチしたものをとりあえず流しており、担当と営業が違うので意思疎通うまくできず、スピードも遅かったが、担当していただいた方が会社側ともつながっているみたいで、適切なアドバイスとスピードが速く、トントンと決まった。私のこともよく理解していただき、入社時期や年収も結構厳しかったと思うがすべて叶えていただきました。
(引用:Googleマップ口コミ)

転職活動は長期戦になる場合もあります。

現職の仕事を続けながら、何カ月も転職活動を続けるとなると、身体的にも精神的にも疲労が蓄積されることも。

エンワールドは担当者の仕事が早く、スムーズに転職活動を進められるため、転職活動が長期化する可能性が低いと考えられます

案件提案力がある

案件が少なかったり提案力がなかったりするエージェントは、転職活動において登録するメリットがさほどありません。

その点エンワールドはレアな案件があるという評判や、直結で役員面接に進めるという声から、案件提案力の強さが見てとれます。

海外系企業に強く外資系転職に特化している

エンワールドは海外系企業に強い特徴があり、外資系転職に特化しています。

公式サイトで公開されている求人が1,184件の中、キーワードに『外資』と入れて求人を検索すると1,095件がヒットしました(※2021年3月現在)。

外資系の求人の多さがよくわかりますね。

ハイクラス求人が豊富!ハイキャリアを目指す人におすすめ

エンワールドはハイクラス求人が豊富な特徴もあります。

エンワールドのサイトを見ると、年収800万円以上のハイクラス求人が多数あるとわかりますね。

ハイキャリアを目指す人にもおすすめのサイトです。

 スマホでかんたん3分で完了

登録後もいっさいお金はかかりません

エンワールド(enworld)の強み・特徴

エンワールドの強みはフォローが手厚いこと
エンワールドには次の3つの強み・特徴があります。

  • 転職後のフォローが手厚い
  • 「プロフェッショナル派遣」があり選択肢がひろい
  • コンサルタントの質が高い

それぞれ説明していきます。

1.転職後のフォローが手厚い

エンワールドは、以下の理念を公式サイトで発表しています。

エンワールドでは、転職を入社の「瞬間」として捉えるのではなく、新たなキャリアへ一歩踏み出したその時からはじまり、入社後も続いていく「道のり」として考えています。この道のりにおいては、時に素晴らしい出会い、そして自分自身を成長させるチャンスがある一方、時に困難に直面することもあります。

そんなみなさま一人ひとりの道のりを一緒に歩んでいくパートナーでありたい。

そして、入社後活躍の喜びをともに分かち合いたい。

それが 『入社後活躍』をミッションとして掲げる、わたしたちエンワールドの想いです。

引用:エンワールド公式サイト

言うまでもありませんが、転職で新しい会社に入社することはゴールではなくスタートです。

入社して間もない頃は、慣れない業務や人間関係で悩むことが多いかもしれません。

その点エンワールドでは、転職後1年にわたって転職者の活躍状況をフォローする仕組みがあるため安心です。

アンケート形式の調査が行われ、状況次第では個別連絡によるサポートを受けることも可能。

そのほかにも、転職後のキャリア形成に役立つ動画配信やセミナーが定期的に行われています。

このようにエンワールドは入社後のフォローも充実しているため、初めての転職でも安心できますね。

2.「プロフェッショナル派遣」があり選択肢が広い

エンワールドでは正社員だけでなく、時給3,000円を超える派遣社員の求人も公開されています。

さらに非公開求人ではより高額な報酬が期待できます。

特定分野に精通したプロフェッショナルとして、ワークライフバランスを重視しつつ、スキルを活かして一般的な派遣社員よりも高収入を狙うことができるでしょう。

これは他の外資系転転職エージェントではあまり見られないエンワールド独自の強みです。

3.コンサルタントの質が高い

案件数、リクルーターの質も高い。自身のキャリアを将来的に考えて提案してくれる方はなかなか居ないので感謝しています
(引用:Googleマップ口コミ)

リクルーターによって、対応の質にばらつきはありますが、よい人だと、会社知識、面接対策など丁寧にしっかりと対応してくれて、非常に良かったです。
(引用:Googleマップ口コミ)

新型コロナウィルスの影響もあり、一旦中断されるなどのイレギュラーな部分もありましたが、柔軟に対応して頂きました。
(引用:Googleマップ口コミ)

担当していただいたコンサルタントさんが非常に論理的に話をしていただいたおかげで無事仕事が決まりました。
(引用:Googleマップ口コミ)

転職エージェントは、担当者の力量が転職の結果に直結してきます。

エンワールドのコンサルタントの評判を調べていると、論理的思考力や柔軟性の高さがうかがえる声が数多くみられました。

もちろん個人差はあるものの、一定レベル以上のサポートが期待できそうですね。

エンワールド(enworld)のデメリットは?利用するときに注意すべきこと

エンワールドを利用する上では、連絡がこないことがある点に気を付けたい
強みがある反面、エンワールドに登録する際には注意点もあります。

次の3点を確認しておいてください。

エンワールドを利用する上での注意点
  1. 登録しても連絡がこないことがある
  2. 希望しない職を紹介されることがある
  3. 地方求人が少ない

1.登録しても連絡がこないことがある

だまされた
連絡こない
(引用:Googleマップ口コミ)

連絡がこないケースはかなり少ないと思われますが、稀にあるようです。

こういった場合は以下のようなケースもあるので、よく確認しましょう。

  • 自分が登録したメールアドレスや電話番号が間違っていた
  • 登録した経歴などが不十分だった

しっかり登録していても連絡が来ない場合は、お問い合わせからメールを送ってみましょう。

2.希望しない職を紹介されることがある

コンサルタントによるんでしょう。
一度面会しました。自分の会社も求人で扱っているため、こちらの会社の情報を探ってくる割には、紹介したい案件は意向を聞く前にもともと用意してきた3件のみ。すぐに応募させたかったようで、考えさせてくれと送ったらそれ以降連絡なし。
探るような話し方や対応が悪く、また利用したいとは思いません。
(引用:Googleマップ口コミ)

これはエンワールドに限った話ではありません。

希望している職種や業界が向いているとは限らず、今までの経歴や、性格・考え方などから希望していない求人を紹介されることもあります。

その場合は、しっかりと担当のコンサルタントと話して、お互いの考えをすり合わせるようにしましょう。

できるだけハズレを引かないためには、複数のエージェントに登録することが重要です。

3.地方求人が少ない

エンワールドは地方求人が少ない点にも注意が必要です。

公式サイトに公開されている求人数を地域別に見た場合の割合は、以下の通り。

  • 東京都:約77.5%
  • 愛知県:約6.8%
  • 神奈川県:約3.5%
  • 大阪府:約3.1%
  • その他:約8.9%

ほとんどの求人が東京都で、愛知県・神奈川県・大阪府と続きます。

上記以外の地域は求人がごく少数しかありません。

東京都に住んでいる方の転職には強くても、地方での転職にはあまり向いていないと言えますね。

エンワールドの口コミについて、もっと知りたい方はこちらの記事が参考になるでしょう。

エンエージェントの評判がひどいって本当? 口コミで判明したサービスの実態

エンワールド(enworld)を使うべき人

エンワールドを使うべき人はスピード感を求めている人
エンワールドの強みや評判から、次のような方に登録をおすすめします。

  • 転職までのスピード感を求めている人
  • 入社後のフォローを期待する人

転職までのスピード感を求めている人

転職活動は在職中に行うのが一般的なので、相応のストレスがかかります。

できるだけはやく転職を決めたいときに、エンワールドのスピード感が活きてくるでしょう。

入社後のフォローを期待する人

転職後の仕事には不安がつきもの。

特に初めての転職ならなおさらです。

エンワールドは転職者の「入社後活躍」にこだわりを持っています。

1年間転職後のサポートを継続してくれるので、転職後も前向きに仕事に取り組めるでしょう。

 スマホでかんたん3分で完了

登録後もいっさいお金はかかりません

エンワールド(enworld)と他のエージェントの比較

エンワールドと他のエージェントの違いを比較調査
以下の表に、エンワールドと他の外資系転職エージェントの違いをまとめました。

求人数 サポートの質 サイトの使いやすさ
エンワールド 公開:約0.1万
非公開:不明
4.5 4.0
ビズリーチ 公開:約9.6万
非公開:不明
4.5 4.5
ロバートウォルターズ 公開:約0.1万
非公開:不明
4.0 4.0
JACリクルートメント 公開:0.47万(実測)
非公開:推定0.7万(公開数:40%,非公開60%の比から逆算)
4.5 4.5

上記の4社を比較して見えたエンワールドの強みは、次の3点です。

  1. 経理財務の求人が多い傾向がある
  2. 契約社員の求人についてはエンワールドのみ
  3. サポートの質も高いことが期待できる

一方で、以下を重点的に選ぶならエンワールド以外の選択肢も見ておきましょう。

幅広い求人をチェックしておきたいなら、エンワールドのサポートを得ながら、同時に他のエージェントでいろいろな案件を探すことをオススメします。

さらに外資系転職エージェントの他社比較が気になる場合は、以下の記事をご参照ください。

外資系転職 【徹底比較】外資系企業への転職におすすめの転職エージェント13選!ランキング形式で紹介!

関連記事:【徹底比較】外資系企業への転職におすすめの転職エージェント13選!ランキング形式で紹介!

それでは、エンワールドの登録から利用までの流れをご説明します。

エンワールド(enworld)の登録から利用までの流れ

エンワールドの登録から利用までの流れを解説エンワールドへの登録は、以下の3つのステップでカンタンに行えます。

実際に私が登録した際は、2分6秒で完了しました。

  • 手順1
    エンワールド公式サイトにアクセス
    以下のURLから、エンワールドの公式ページへアクセスします。

    以下の画面が表示されますので、中央の”無料面談に申し込む”のボタンを押します。

    エンワールド登録1

  • 手順2
    入力フォームが表示されるので必要項目を埋めていきます。

    必要事項の入力

    全14項目ありますが、自分で記入するのは4項目(名前、メールアドレス、電話番号、現在の会社名)だけです。

    それ以外は選択肢から選ぶだけなのでとても楽です。

    入力が完了したら”無料転職支援サービスに申し込む”ボタンを押します。

    必要事項を入力2

    すると、入力内容の確認画面にうつりますので、問題なければそのまま進んでください。


    これで申込完了です。

  • 手順3
    面談の日程相談
    面談日の調整のためのメールが届きますので、都合に合わせて予定を確定させてください。
    その後の流れは以下のとおりです。

    • 面談
    • 求人案内
    • 応募・選考
    • 内定
    • フォロー
  • エンワールド(enworld)で転職エージェントに断られた場合の対処法は?

    エンワールド(enworld)で転職エージェントに断られた場合の対処法は?

    エンワールドで転職エージェントに断られた場合は、以下のような対処法を取りましょう。

    • 期間をおいてエンワールドジャパンに再登録
    • 他の外資系・ハイクラス向け転職エージェントを利用

    期間をおいてエンワールドジャパンに再登録してみる

    1つ目は期間をおいてエンワールドジャパンに再登録する方法です。

    エンワールドは一度断られたとしても、再度の利用は禁止されていません。

    とはいえ同じ状態で再登録しても、結果は同じになってしまいます。

    エンワールドに登録するポイントは期間をおいてから再登録することです。

    理由は以下の通り。

    • 景気によって求人の状況が変化するため
    • 転職活動が多い時期はエージェントの手が空いていないため

    求人の状況は社会情勢によっても変化するため、3ヶ月から半年程度待てば、前回とは状況が変わっている場合も。


    引用元:厚生労働省 一般職業紹介状況(令和3年1月分)について

    厚生労働省の職業紹介状況を見ると、1月から3月に求人が多く出る傾向です。

    求人が多い時期は転職先が見つかりやすく、採用のチャンスも多いのがメリットですが、ライバルが増える時期でもあります。

    転職エージェントから一度断られた場合は、ライバルが少ない時期を狙って転職活動をするとエージェントの手が空いているので引き受けてもらえる可能性も。

    一度断られた場合は、最も転職者が多い1月から3月を避けてエンワールドに再登録してみましょう。

    また再登録を待っている間に、プロフィールを充実させる方法もおすすめです。

    • 資格を取る
    • TOEICを受けて英語力をアピールできるようにする

    可能な対策をしておくと、より再登録できる可能性が高まりますね。

    他の外資系・ハイクラス向け転職エージェントを利用する

    エンワールドにこだわりがなければ、他の外資系・ハイクラス向け転職エージェントを利用する方法もあります。

    転職エージェントによって特徴・強み・弱みが違うので、別の転職エージェントを選ぶとすんなり登録できるケースも。

    転職エージェントに複数登録してサービスを比較しつつ、使いやすいところや自分に合ったところを見つけてみるのもおすすめです。

    どのような外資系・ハイクラス向け転職エージェントがおすすめか気になる場合は、以下の記事も参考にしてみてください。

    目指せハイキャリア転職!ハイキャリア向けの転職サイト・エージェントからおすすめの7つを紹介!

    関連記事:目指せハイキャリア転職!ハイキャリア向けの転職サイト・エージェントからおすすめの7つを紹介!

    外資系転職 【徹底比較】外資系企業への転職におすすめの転職エージェント13選!ランキング形式で紹介!

    関連記事:【徹底比較】外資系企業への転職におすすめの転職エージェント13選!ランキング形式で紹介!

    エンワールド(enworld)利用に関するQ&A

    エンワールド利用に関してよく見られる質問を、Q&A形式で紹介します。

    疑問がある人は確認してみてください。

    エンワールドは無料で利用できる?

    エンワールドは無料で利用できます。

    転職エージェントは転職希望者に求人を紹介して、企業から内定が出て入社すると企業側から報酬を受け取ります。

    求人が成功したら報酬が発生する仕組みなので、無料で採用活動が行える点がメリットです。

    エンワールドに登録すると転職は必須?

    エンワールドに登録したら必ず転職しなければいけないわけではありません。

    希望する求人がなかったり面接に通らなかったりと、転職活動がうまく進まないケースもあるもの。

    エンワールドは転職希望者としっかり連携を取って、目標・要望・スキルなどを把握した上で適切な転職先を紹介してくれます。

    無理に転職を進めるのはエンワールドの方針に反しているので、無理矢理転職を進められることはありません。

    エンワールドでは、転職希望者がプロフェッショナルとして、また一人の人間として、何を求めているかを重視しています。コンサルタントは親身になって転職希望者の相談に乗りますが、無理に転職先を薦めることはありません。
    引用元:エンワールド

    自分が納得いく転職活動ができるようサポートしてくれるので、安心して転職活動ができます。

    エンワールドで約束した面談をキャンセルすることは可能?

    エンワールドでは、約束した面談のキャンセルも可能です。

    ただし無断キャンセルは避けましょう。

    無断で面接をキャンセルすると、転職に対する熱意が低いと思われる可能性があります。

    熱意が低い求職者は、サポートの順位が下げられるケースも。

    キャンセルしなければいけないとわかったら、できるだけ早く連絡を入れましょう。

    やむを得ない理由があれば当日のキャンセルも可能ですが、事前にわかっている場合は早めに連絡を入れるのがマナーです。

    エンワールドには派遣向けサービスもある?

    エンワールドには、「コントラクト・プロフェッショナルズ」と呼ばれる派遣向けのサービスもあります。

    「コントラクト・プロフェッショナルズ」とは、スペシャリストや管理職に特化した派遣・契約業務を紹介するサービス。

    今までの経験やスキルに合うポジションを紹介してもらえるので、高い収入が見込めるメリットがあります。

    派遣・契約型ならワークライフバランスの実現も可能で、仕事と生活の両立がしやすくなっています。

    入社後のサポートもしっかり行ってもらえるので、安心です。

    エンワールド(enworld)の評判まとめ

    エンワールドの評判まとめ
    今回はエンワールドの特徴や強み、そして評判を中心にお伝えしました。

    次のような強みをもつエンワールドは、はじめての外資系転職を目指す場合におすすめな転職エージェントです。

    • 転職後フォローが手厚い
    • 正社員やプロフェッショナル派遣など、選べるキャリアの幅がひろい
    • コンサルタントの質が高い

    無料で登録ができるため、エンワールドにご興味がある方はぜひ一度、気軽に利用してみてはいかがでしょうか?

     スマホでかんたん3分で完了

    登録後もいっさいお金はかかりません

    外資系転職 【徹底比較】外資系企業への転職におすすめの転職エージェント13選!ランキング形式で紹介!

    関連記事:【徹底比較】外資系企業への転職におすすめの転職エージェント13選!ランキング形式で紹介!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です