【外資系転職で失敗したくない方必見】外資系企業の特徴と活躍できる人の条件

外資系への転職を考えている方必見 外資系企業の特徴と活躍できる人の条件

外資系企業と聞くと次のような言葉をイメージするのではないでしょうか?

  • 実力主義
  • 高収入
  • 英語力必須
  • アップ・オア・アウト

そしてものすごく優秀な人が集まっているイメージがあるかもしれません。

確かに外資系企業は日本企業とは文化や風土が違い、合う人・合わない人がいることは事実です。

ぱーしー

外資系企業は日系企業とは全く雰囲気が異なります。

この記事では、外資系企業への転職を考えている人に向けて、外資系企業の特徴やそこで活躍できる人の条件を紹介していこうと思います。

転職に失敗しないためにも、この記事で説明されることをきちんと頭に入れた上で転職活動に望んでみてください。

こんな人におすすめ!
  • 外資系企業への転職で失敗したくない人
  • 外資系企業で活躍している人の特徴を知りたい人

\外資系転職のおすすめエージェントはこちら/

外資系転職で本当におすすめの転職エージェント7選.pn 外資系転職で本当におすすめの転職エージェント7選【実際に使ったものだけ紹介】

外資系企業の特徴

実力主義

想像の通り、外資系企業は圧倒的な実力主義な企業が多いです。

努力ではなく成果で評価されますし、成果が出せない人はついていけないでしょう。

そういった環境にあることから、若いうちから実力さえあれば高い給与や大きな仕事をもらえるため、スキルや経験に自信がある優秀な人が集まっている印象です。

年齢に関係なく評価される風土のため、若くても自発的に仕事を進めて成果を出している人が多いです。

友人で一流外資系コンサルティングファームに転職した人は、「成果出せないと人権がないと感じる」とまで述べていました(笑)

実力に自信がある人にとっては素晴らしい環境である反面、スキルや経験をコツコツ積みながら身の丈にあった仕事をしたい方にとっては厳しい環境になるでしょう。

高収入

日本企業の1.5倍〜2倍程度の年収を稼いでいる人が多いです。

しかし、年収が高いのには以下のような理由もあります。

  • 成果主義
  • 退職金制度がない
  • 福利厚生が乏しい

企業によるものの、上記のような特徴がゆえに給与が高い外資系企業が多いです。

しかしながら、生涯年収などに換算すると外資系の方が多くもらえるケースのが大多数ではあります。

一定以上の英語力が必要

ある程度の英語力は必須です。

ただ、多くの方が想像するような「英語がペラペラしゃべれる」「TOEIC900点以上」などの英語力は必要ありません。

英語はあくまでもツールであり、TOEICでいえば700点程度の読み書きがある程度できるレベルであれば問題ないでしょう。

逆に英語力を売りにして外資系に入ろうとするのも今時無理な話になってきました。

英語ができる人は非常に多くいるので、最低限英語が話せた上でどんな価値がその人にはあるのかを見られます。

社会人でも英語は必要? -トヨタ系海外営業が教える仕事と英語-

外資系で活躍できる人の条件

では、どのような人が外資系企業で活躍できるのでしょうか?

活躍できる人に共通する条件を紹介します。

自分の意見を主張できる

外資系企業では意見を主張できない人はやっていけません。

日本企業では謙虚で聞き役に回っていることが美徳とされ、会議などで何も発言しなかったとしてもよしとされます。

しかし、外資系企業においては、たとえどんな立場であっても意見を求められますし、その意見を主張できる必要があります。

主体性がある

成果主義であるため、どんどん自分で周りを巻き込みながら仕事をしていかなければいけません。

最近ではそうでもないかもしれませんが、依然として「個人主義」な一面も残っています。

そのため、受け身の姿勢でいたのでは全く仕事をもらえなければ気にもかけてもらえません。

アピール上手

日本企業と違って、自分が出した成果に対しては「自分がやった」ときちんとアピールしましょう。

外資系企業において「謙虚」でいることは全くポジティブに働きません。

成果は成果としてきちんとアピールしましょう。

まとめ

外資系企業の特徴と活躍できる人の条件をまとめてきました。

外資系企業の特徴
  • 実力主義
  • 高収入
  • 一定以上の英語力が必要
外資系企業で活躍できる人の条件
  • 自分の意見を主張できる
  • 主体性がある
  • アピール上手

外資系企業の特徴を知り、そこで活躍できると感じたら転職を考えてみてください。

外資系企業で働くことは決して楽なことではありませんが、それ以上に得られるものが大きいのも事実です。

外資系転職であればJACリクルートメントがおすすめです。

ぜひ挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です