20代におすすめの転職サイト▶︎

【目指せ正社員採用】フリーターにおすすめの転職サイト・転職エージェントはどれ?厳選の6社を紹介

フリーター 転職

フリーターが転職エージェントを利用しても、求人を紹介してもらえるの?

ハルカ

サトシ

結論から述べると、利用する転職エージェント次第だよ。

おすすめの転職エージェントとして頻繁に紹介される業界最大手の「リクルートエージェント」や「ビズリーチ」は、フリーターの方が登録しても、なかなか求人を紹介してもらえません。

中には登録すらさせてくれないエージェントも存在します。

一度登録拒否を受けると気持ち的にも病んでしまいますので、選択する転職エージェントは慎重に選びましょう。

この記事では、フリーターの方が正社員として優良企業に入社するために利用すべき転職エージェントを厳選して4社だけ紹介します。

インターネットには「フリーターにおすすめの転職エージェント10選」といった記事が多数ありますがフリーターの方におすすめできる転職エージェントはそこまでの数がないのが現実です。

ここでは正直に “本当におすすめできる” 6社だけを紹介しますので、ぜひご自身に合うものを利用してみてください。

もくじ

フリーターにおすすめの転職エージェントランキング

世の中にはフリーターにオススメの転職エージェントを10社以上も紹介しているサイトがありますが、現実的にフリーターの方にとって利用価値の高い転職エージェントはそんなにありません。

ここでは厳選した6社だけを紹介します。

  1. ハタラクティブ
  2. DYM就職
  3. doda
  4. ウズキャリ(UZUZ)
  5. 第二新卒エージェントneo
  6. キャリアスタート

上位の転職エージェントといくつかの転職サイトを複数利用すれば、まず問題はありません。

1位:ハタラクティブ

ハタラクティブの評価
求人数
(5.0)
サポートの質
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
総合評価
(5.0)

第1位は、ハタラクティブです。

ハタラクティブは、20代を中心とした、既卒・フリーター・第二新卒が対象の就職活動支援サービス。

口コミで多いのは次のような意見。

  • 学歴や職歴に関係なく応募できる求人が多い
  • 面接の指導や履歴書の書き方などのサポートが丁寧
  • 求人は関東圏がメインで、地方は限られる

フリーターの方にとっては、学歴や職歴に関係なく応募できる求人が多くあるのは非常に嬉しいですね。

詳しくは「【ハタラクティブの評判】フリーターや既卒におすすめの転職エージェント」で解説していますので、参考にしてください。

スマホで簡単登録

登録後も一切お金はかかりません

ハタラクティブの評判 【ハタラクティブの評判】フリーターや既卒におすすめの転職エージェント

2位:DYM就職

DYM就職の評価
求人数
(4.0)
サポートの質
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
総合評価
(4.5)

第2位は、DYM就職です。

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーターに強みを持つエージェントで、実際にフリーターや退職後のニート期間を経てから転職・就職できたという口コミが多い転職エージェント。

『DYM就職』の強みは下記のとおり。

  1. 書類選考なしで面接可能な求人がある
  2. 優良企業求人数が2000社を超える
  3. 就職成功者5000人以上・就職率96%の確かな実績

特に、書類選考なしで面接が可能な求人がある点は、フリーターの方にとっては非常にありがたいことでしょう。

より詳しくDYM就職について知りたい方は「【DYM就職の評判】第二新卒・既卒・フリーターにおすすめの転職エージェント」を読んでみてください。

スマホで簡単登録

登録後も一切お金はかかりません

【DYM就職の評判ってどう?悪評は本当?口コミをもとに徹底分析!】第二新卒・既卒・フリーターの求人が豊富な転職エージェント

3位:doda

2位:doda(デューダ)

公式サイト:https://doda.jp/

dodaの評価
求人数
(4.5)
求人の質
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
総合評価
(4.5)

dodaは、求人の質も量も申し分なく、万能型の転職サイトです。

転職サイトと転職エージェントが一つのサービスで完結するので、まずは求人を見てみるだけという使い方もできますし、気になる求人があれば転職エージェントサービスに申し込んで書類や面接対策をしてもらっても良いでしょう。

他の業界大手の転職エージェントと比較して、フリーターの方であっても求人を紹介してもらえる可能性は高いです。

利用者満足度に関してはリクルートエージェントを超える業界No.1で、実に90%を超える利用者の方が満足したと回答しています。

利用者満足度業界No.1

無料登録後もお金はかかりません。

doda 【doda(デューダ)転職エージェントの悪い評判・口コミを徹底解説】キャリア面談に行って評価してみた

関連記事:dodaのキャリア面談に行って実際に評判を確かめてみた【神サポート】

4位:ウズキャリ(UZUZ)

ウズキャリ

ウズキャリの評価
求人数
(3.5)
サポートの質
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
総合評価
(4.0)

第3位は、ウズキャリです。

ウズキャリのキャリアアドバイザーのほぼ全員が既卒転職経験者で構成されているため、既卒転職の難しさを理解しており、親身になって相談に乗ってくれます。

ウズキャリは次のような方におすすめです。

  • 既卒・フリーターの方
  • IT業界へ転職したい方
  • 手厚いサポートで転職活動を伴走して欲しい方

ウズキャリは既卒・フリーター向けの転職エージェントであるため、非常に手厚いサポートをしてくれます。

具体的なサポートは以下のとおり。

  • サポート時間が20時間越え
  • オーダーメイドの面接対策
  • 電話やスカイプでもキャリアカウンセリング可能

サポートに関してはエージェント業界でもトップクラスなので、転職活動を伴走してもらいたい方はぜひ利用してみてください。

ウズキャリについては「ウズキャリ(UZUZ)の評判や口コミを転職サイトに20社以上登録する僕が徹底解説」を見てもらうとより、特徴や口コミもわかりますので、読んでみてください。

既卒・フリーターの内定率86%以上

無料登録後も一切お金はかかりません

ウズキャリ 【徹底解説】ウズキャリ(UZUZ)既卒の評判は?求人がやばい?20社以上の転職サイトに登録した僕が評価してみた。

5位:第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoの評判

第二新卒エージェントneoの評価
求人数
(4.0)
サポートの質
(4.0)
使いやすさ
(3.5)
総合評価
(3.5)

第二新卒エージェントNEOは、第二新卒や既卒・フリーターなど20代の転職・就職サポートに特化したエージェントです。

新卒で入社してすぐに辞めてしまった方や、ニートの方でも安心して利用できます。
第二新卒エージェントneoの強みは以のとおり。
  • 他で断られる若さでも求人を紹介してもらえる
  • 学歴や経験にとらわれない幅広い求人
  • 専門アドバイザーが求人企業をリサーチしているのでブラック企業の心配なし

より詳しい解説は「第二新卒エージェントneoの口コミ・評判は?ネオキャリアが提供する、ニート・既卒用のサービス!」でしています。

20代の若手の人で既卒・フリーターの方はぜひ登録してみてください。

フリーターにもおすすめ

登録後も一切お金はかかりません

第二新卒エージェントneoの評判 第二新卒エージェントneoの口コミ・評判は?ネオキャリアが提供する、ニート・既卒用のサービス!

6位:キャリアスタート

キャリアスタート

キャリアスタートの評価
求人数
(3.5)
サポートの質
(4.0)
使いやすさ
(3.5)
総合評価
(3.5)

キャリアスタートは、第二新卒や既卒、フリーターなどの経験が浅い方の転職支援に力を入れている転職エージェントです。

公式HPにありますが、非正規社員から正社員を勝ち取った人や、未経験業界への転職を成し遂げた例が多く存在します。

『キャリアスタート』の強みは下記のとおり。

  1. 完全マンツーマンで転職サポート
  2. 未経験歓迎・学歴に問われない求人数の多さ
  3. 転居サポートやノウハウ本の提供など、親身なサポート体制

「転職活動が未経験…」「何からやっていいか分からない」そんな人はぜひ登録してみてください。

現状給料が25万円以内の方は登録必須

登録後も完全無料です

キャリアスタート キャリアスタートの評判は悪い?フリーターにおすすめ?サービスの特徴や強み・弱みを徹底解説!

フリーターが転職エージェントを使うべき理由は?

フリーターが転職エージェントを使うべき理由は?

フリーターが正社員を目指すなら、確実に転職エージェントを利用すべきです。

理由は以下の通り。

  • キャリア相談に乗ってもらえる
  • フリーター向けの求人が見つかりやすい
  • 転職理由や志望動機を明確にしやすい
  • 書類選考や面接に通りやすくなる
  • 年収の交渉をしてもらえる可能性も

転職エージェントを使えば、様々なサポートを完全無料で受けられるのがメリット。

特にフリーターで一人暮らしを考えているなら、転職エージェントを利用して積極的に転職活動を行いましょう。

具体的にフリーターが転職エージェントを使うべき理由について、それぞれ詳しく紹介します。

キャリア相談に乗ってもらえてフリーター転職のイメージが湧きやすい

転職エージェントを利用すると、キャリア相談に乗ってもらえます。

キャリア相談とは、転職者にとって望ましい職業選択をしたりキャリア開発をしたりするために行う相談のこと。

転職エージェントではキャリア相談に乗ってもらえるので、正社員として働いたことのないフリーターでも転職のイメージが湧きやすいメリットがあります。

フリーターの中には「正社員になる意味はあるの?」と思っている人もいるかもしれません。

正社員になりたくないと考える人に伝えたい3つの真実」を読んでもらえればわかりますが、正社員とアルバイト・派遣社員では給料や福利厚生などで大きく違いがあります。

正社員を目指すと決めたら、どの職業に就くか、どのようにキャリアアップしていきたいかなどを整理しなければいけません。

フリーターから正社員になるまでに、転職のイメージがつきにくい場合は、積極的に転職エージェントを利用するのがおすすめです。

求人数が多くフリーター向け求人も見つかりやすい

転職エージェントはジャンルや目的に分けた求人も取り扱っており、求人数が多いエージェントを利用すれば、フリーター向けの求人も見つかりやすくなります。

さらに転職エージェントには、サイトには掲載されていない非公開求人の取り扱いもあるのが特徴。

自分で探すよりも多くの求人から選べるので、転職エージェントを活用して自分に合った求人を探しましょう。

転職エージェントでは求人票に載っている以上の情報も伝えてもらえるので、求人票だけを見て応募した結果希望と違ったということも起こりにくくなっています。

転職理由や志望動機を明確にしやすい

フリーターが転職する場合、転職理由や志望動機が明確になっていないケースも多いのではないでしょうか。

採用する企業からすれば、以下の理由から転職理由や志望動機を面接時に重要視しています。

  • すぐに辞めそうか判断する材料にできるため
  • 本当に自分の企業に入社したいと思っているか確かめられるため

転職理由がはっきりしていなければ、また仕事を辞めるかもしれないと疑われる原因に。

志望動機がぼんやりしていると、別の企業でもいいのではないかと思われてしまいます。

転職エージェントを利用すると、アドバイザーが相談に乗りながら転職者の希望や悩み、強みや弱みなどを整理してくれる点がメリットです。

転職理由や志望動機が明確になると、転職できる可能性が高まります。

書類選考や面接に通りやすくなる

転職エージェントを利用すると、以下の理由で書類選考や面接に通りやすくなります。

  • 転職者と相性がいい求人を紹介してもらえる
  • 応募すると書類審査が通過になるケースも
  • 書類対策や面接対策がある

転職エージェントでは、転職者に合わせて相性がいい求人を紹介してもらえます。

相性がいい求人だと、採用される可能性が高まりますね。

フリーターの方だと、転職サイト経由の応募ではなかなか書類選考を通過することができません。

転職エージェントから応募する場合、応募時点で書類選考に通過した扱いになるケースもあります。

たとえ書類選考があったとしても、転職エージェントでは書類対策や面接対策まで行ってもらえるので安心です。

転職サイトは自分で求人を見つけるスタイルなので、応募や書類対策・面接対策はすべて自分で行わなければいけません。

対策を自分でするように言われても、難しいと思う人も多いのではないでしょうか。

アドバイザーは業界や企業に詳しく適切な対策ができるので、書類選考や面接に通りやすくなります。

その結果、内定率や転職後の年収が大幅に上がる可能性も。

書類の添削や面接対策をプロにおこなってもらうことで、内定率が大幅にアップするんだね

ハルカ

転職と合わせて年収交渉もしてもらえる可能性がある

転職エージェントでは、転職先の紹介や転職活動ヘの支援と合わせて、年収の交渉もしてもらえる可能性があります。

フリーターとして働いていた場合、収入のイメージが湧かないケースもあるのではないでしょうか。

自分で年収の交渉を切り出すのは、ハードルも高いものです。

転職エージェントに任せられれば、便利ですね。

フリーター転職は難しい?データからみる転職成功率

フリーターが転職をしようとしても、難易度が高く、自分には難しいのではないかと考えている方も多いのではないでしょうか。

大手転職サイトを運営しているマイナビの調査によると、フリーターが転職活動をして内定を得られる確率は45%程度となっています。

新卒で就活をすると内定率が83.4%であることを考えると、フリーターの内定率は新卒の半分程度と、難易度は高いと言えるでしょう。

とはいえ、絶対に転職ができないというわけではありません。フリーターでもしっかりと転職を成功させている人も多くいます。こちらのグラフをご覧ください。

厚生労働省 フリーター

(引用:厚生労働省「若年雇用の現状と対策」

これは厚生労働省が、フリーター期間と正社員へ転職できた割合の相関性を調査したものです。転職を成功させている人が多くいることが分かりますよね。

ただ資料からも分かる通り、期間が長いほど転職成功率も落ち込んでいます。

もし正社員を目指して転職活動をするのであれば、今すぐ行動することをおすすめします。

フリーターが転職しにくい理由は?転職前に知っておきたい転職事情

フリーターが転職をするのは難易度が高いのも事実です。

複数あるうち、大きな理由は下記の3つです。

  1. 新卒主義だから
  2. 実績がないから
  3. 即戦力になりにくいから

これら3つの理由をそれぞれ解説していきます。

新卒主義でフリーターが転職しにくい環境だから

1つ目の理由は、新卒主義の会社が多いからという理由です。

日本の会社の多くは、新卒採用に力を入れているため、フリーターを採用するのであれば、新卒でいいと考えることが多くあります。

新卒採用に力を入れている理由としては、新卒であれば最低限必要な能力を持っている人が採用でき、イチから自分たちで育てることができるため。

また、役職者の代わりに中途で採用をすると、採用コストが多くかかってしまいますが、自社の社員を育てていれば、問題ないという考え方もあります。

このような理由から、新卒採用に力を入れている企業も多く、そもそもフリーターが応募できる求人が出ていないことが多いです。

そのため、フリーターの転職の難易度が高くなってしまっています。

正社員としての実績がないと転職しにくい

フリーターとして働いていて、正社員としての実績がないことも転職が難しくなる要因となります。

転職をする場合、特に顧客先とのやり取りをする職種の場合は、社会人としての基礎が求められます。

そのため、社会人として大事なビジネスマナーなどが身についているかどうか、顧客とのやり取りをしたことがあるかはどうしても重視されるポイント。

スキル面での実績とは別に、就業の実績を重視する企業も多いです。

過去に就業していることにより、会社員としての基礎や社会人としての顧客との接し方の基礎が多少なりとも身についていると判断されます。

一方でフリーターは、企業で働いた経験がないまたは少ないという印象を持たれがちです。

そうすると、そもそも就業の実績がないため、採用しても仕事をすぐ辞めてしまうのではないか、などマイナスなイメージを持たれてしまうことがあります。

フリーターは即戦力になりにくいと思われているから

実績が少ないことにも繋がりますが、正社員経験がないと即戦力になりにくいと判断されてしまうことも転職が難しくなる要因となります。

企業が新卒ではなく、中途採用をする際は、即戦力が必要な状況であることが多いです。

それにより、実力がわからないフリーターの転職は難易度が高くなっています。

実績がないということと似た理由になりますが、社会人の基礎であるビジネスマナーが身についていないなど、基礎がそもそもついていないこともマイナスになり得ます。

フリーター転職を成功させるには?確実に転職を目指すポイント

フリーターが転職をするのは難しいとお伝えしましたが、転職を成功させているフリーターも多くいます。

転職を成功させられるフリーターはどのような特徴があるのでしょうか。

具体的には、下記のようになります。

  1. 自己分析が徹底できている
  2. 複数の転職サイトや転職エージェントに登録している
  3. 大手だけでなく、中小企業への転職も視野に入れている
  4. 企業研究をしている

それぞれの特徴について解説していきます。

自己分析を徹底しておく

転職活動をするなら、転職して何がしたいのかをしっかり考えなければいけません。

希望をはっきりさせないまま転職すると、思っていたのとは違うと後悔する場合もあるからです。

希望が決まると、それが転職活動の軸となって行動しやすくなります。

以下の例を元に、何を目指すのか自己分析してみましょう。

  • 就きたい仕事(業種や職種)は何か
  • どのようなスキルを身につけたいのか
  • やりがいを感じられるのはどのようなときか
  • どのような社風の企業で働きたいか
  • 勤務地はどこがいいか
  • 勤務したい企業の規模はどれくらいか
  • 仕事と私生活のバランスをどうしたいか
  • 最低限希望する年収はどれくらいか

興味のある業種や身につけたいスキルが決まれば、転職先の企業が絞り込みやすくなります。

社風が合うか、やりがいを感じられる場面があるかも、仕事を続けるには重要です。

勤務地や希望する企業の規模がはっきりしていれば、転職エージェントに相談しやすいですね。

私生活に重きを置きたいので年収はそこまで高くなくてもいい・仕事に重きを置きたいなど、働き方と私生活のバランス、収入とのバランスを考える必要もあります。

自分ではっきりさせられなくても、転職エージェントに相談するなかで自分の気持ちが見えてくるケースも。

わからないことはわからないと伝えてもいいので、転職エージェントにしっかり相談して自己分析を徹底しておきましょう。

複数の転職サイトや転職エージェントに登録しておく

フリーターが転職したい場合は、複数の転職サイトや転職エージェントに登録しましょう。

理由は以下の通りです。

  • より多くの求人情報が得られる
  • 転職サイトや転職エージェントによって得意・不得意がある
  • 転職サイトや転職エージェントによってサービスの内容が違う
  • 担当のアドバイザーと合う・合わないがある

複数の転職サイトや転職エージェントに登録すると、それぞれのサイトが持っている求人が見られるのでより多くの求人情報が得られます。

転職サイトや転職エージェントによって得意・不得意があり、サービス内容も同じではありません。

複数登録してより自分に合うと感じられるサイトを選ぶと、転職活動がスムーズに進みます。

また、担当のアドバイザーとの相性も重要です。

転職エージェントでは担当のアドバイザーのサポートを受けながら転職活動を進めるので、合う担当者を見つけることが非常に大切。

リクナビネクストの調査によると、転職決定者は転職エージェントを平均4.2社利用しているのに対して、転職希望者全体では平均2.1社となっています。

より多くの転職エージェントに登録した方が、転職が成功しやすいとわかりますね。

フリーターが転職するなら、フリーターに特化した転職エージェントを利用しましょう。

大手だけでなく、中小企業への転職も視野に入れておく

フリーターが転職を希望する場合は、いきなり大手ばかり狙うのではなく、中小企業への転職も視野に入れておきましょう。

大手企業になればなるほど求人に対して多くの応募が来ますが、フリーターは採用されにくい傾向です。

大企業は即戦力を求めているところが多く、経験を重視されることが多いため、正社員経験者を求めているところがほとんど。

一方で中小企業はそもそもの応募数が少なく、倍率が低いケースもあり、実績がないことがマイナスになりにくくなっています。

中小企業においては即戦力を採用するのではなく、経験のない人でもイチから育て、長く働いてくれる方を求めていることが多いため、企業によってはフリーターでも雇ってくれるところも。

実際に大手企業だけでなく中小企業の優良企業を探している方は、転職が成功しやすくなっています。

事前に企業研究を徹底しておく

転職を成功させることができる人の特徴として、企業研究をしっかりとしていることも挙げられます。

企業研究をすることで、企業のどこに魅力を感じて志望したのか、入社後にどのようになりたいのかなど、面接で聞かれやすいことに回答しやすくなります。

とはいえ、企業研究といっても、何をしたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そのような方は、先ほど紹介した転職エージェントを使いましょう。

転職エージェントを利用することで、企業に関する細かい情報がわかります。

応募する企業に合わせて対策を練ることができるため、しっかりとした企業研究が可能です。

20代のニート・フリーターの方が正社員になるために、どのように転職活動をするのが良いのか「【20代のニートでも就職できる】正社員になるための仕事の選び方」の記事も参考にしてください。

総合型転職サービス比較表

フリーターに特化しているわけではありませんが、参考情報までに総合型の転職サイトと転職エージェントを紹介します。

おすすめの転職サイト比較表

転職サイト 求人数 総合評価 特徴
キャリトレ 97,187件 ★★★★★ ・20代のキャリア志向の方におすすめ
・登録しておくだけでスカウトが届く
doda 90,084件 ★★★★☆ ・利用者満足度90%
リクナビネクスト 52,114件 ★★★★☆ ・求人数が圧倒的に多い
・転職活動者の8割が利用しているサイト

(2021/7/21更新)

転職活動では、基本的に転職サイトは複数利用が前提となるので、上記から1〜2つ登録するのがおすすめです。

キャリトレの口コミ・評判

28歳 | 男性 | 不動産・建設・設備 | 営業・サービス・販売
転職回数: 2回
満足度
(5.0)
特にどういった業界や職種、福利厚生、勤務地など、どういったものが良いのか具体的に決まっていない場合は、求人数がとても豊富なので自分の興味を引くもの、挑戦してみたいものが見えてくると思います。また、サポート制度も充実しているので、履歴書の作成や面接のときの受け答えなどに関する不安要素の軽減も出来るため非常に良いと思います。特に、他転職サイトよりメールのやり取りのスムーズさや書類選考の通過率が非常に良いなというのが個人的な印象です。
31歳 | 女性 | 不動産・建設・設備 | 事務・管理
転職回数: 3回
満足度
(3.0)
キャリトレは、初めての転職だという人や仕事をしながらスムーズに転職したいという方に特に向いています。
また、Webサイトを利用して転職するよりも、もっと身近で利用しやすいアプリを活用できるので忙しかったとしても通勤時間を利用して転職活動を進められますよ。
中には仕事のお昼休憩のお弁当を食べながら転職活動を進める人もいるようです。
未経験や第二新卒向けの求人も多いので、若年層で転職を考えている方も便利に使えるでしょう。大手や外資系の求人も多く掲載されているため、キャリアアップを目指しているひとが登録してみるのがおすすめです

dodaの口コミ・評判

30歳 | 女性 | IT・通信・インターネット | 事務・管理
転職回数: 1
満足度
(5.0)
連絡や求人の紹介、どれも全てスムーズでかつ連絡が丁寧な方にご対応いただけて満足でした。
連絡は基本的にメールで必ず1日以内に返信がありました。
求人の紹介も色々幅広くお話しいただけたので、
前職とは全く異業種の業界に就業することになりましたが、
今の会社に大満足です。
もともと別のエージェントを使っていましたが、
そちらの担当者と相性が悪かったためdodaを新たに利用したのですが、
対応も丁寧でエージェントを乗り換えてよかったと感じました。
33歳 | 男性 | 流通・小売・フード | 事務・管理
転職回数: 4
満足度
(4.0)
求人数がとても多く、いろいろな企業様に出会えました。管理部門の仕事を探していたため、そもそもの母体が少なくサイトによってはほとんど求人がありません。しかしdodaさんは求人数が圧倒的に多く探すのが楽しいくらいでした。また、この状況においても新規の求人は日々入ってきており、転職を急いでいなければ、状況が変化するのを待って活動すればいい求人に出会えるのではないかと思いました。検索はしやすいですが、サイトがやや重いです。
履歴書、職務経歴書の書き方のアドバイスももらえた。
25歳 | 男性 | IT・通信・インターネット | ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
転職回数: 3
満足度
(3.0)
イマイチだった点は、
こちらからウェブ上で自分で検索できる求人情報の質が悪いことです。
量はかなりたくさん検索可能なのですが、
名前も知らないような企業の募集がほとんどですので、
大手を目指している方には物足りないと思います。また、正社員ではない求人もかなり多く、
年収面、待遇面を見ても悪質なものが多々あります。
自分の仕事内容を理解したうえでアドバイスをくれたことはなかったです。
また、細かいことを質問しても、
IT業界のことに関しては素人なので、あまり当てにできませんでした。
27歳 | 女性 | 金融・保険 |事務・管理
転職回数: 1
満足度
(3.0)
コーディネーターの質が低いと思いました。担当コーディネーター以外からも求人が送られてきますが、担当から送られて来る求人が極端に少なかったこともありましたので少々不安を覚えました。最初のヒアリングは丁寧に行っていただけますが、その後履歴書・職務経歴書の添削や応募求人の状況連絡などのサポートを考えますと他エージェントよりも協力的ではないなと感じる部分がありました。また担当コーディネーター以外から紹介された求人に応募した際には面接前対策など一切ありませんでしたので、少しひどいなと感じました。
29歳 | 男 | 不動産・建設・設備 | 建築・土木技術職
転職回数: 1
満足度
(4.0)
掲載されている求人数は他転職サイトと比較しても非常に多く、多種多様な求人を取り扱っている印象があります。これから新たな職種を希望される方や具体的に希望する職種が決まっていない方は求人を探しやすいと思います。エージェントによるサービスやフォローが充実しているため、初めて転職を経験されるような不安を持った方に対しておすすめだと思います。企業からのスカウトによる求人も取り扱っており、さまざまな求人を取り扱っている点も魅力的だと思います。
25歳 | 男 | 金融・保険 | 専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)
転職回数: 1回
満足度
(3.0)
掲載されている求人数は他転職サイトと比較しても非常に多く、多種多様な求人を取り扱っている印象があります。これから新たな職種を希望される方や具体的に希望する職種が決まっていない方は求人を探しやすいと思います。エージェントによるサービスやフォローが充実しているため、初めて転職を経験されるような不安を持った方に対しておすすめだと思います。企業からのスカウトによる求人も取り扱っており、さまざまな求人を取り扱っている点も魅力的だと思います。

リクナビネクストの口コミ・評判

37歳 | 男 | マスコミ・広告・デザイン | クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン)
転職回数: 1回
満足度
(4.0)
職種や地域を選択するのはもちろんですが、こちらの探したい条件や情報を細かく入力することができて探しやすかったです。グッドポイントという自己診断があるのですが、その診断ツールは面白いとおもいました。自分自身の診断なのですがうまく自己紹介をまとめられているような感じのツールで少し履歴書を書く際も楽になりました。求人情報の数がとても多く、その中から選んでいくのでじっくりと見比べながら考える事ができて良かったです。
27歳 | | IT・通信・インターネット | ITIエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
転職回数: 1
満足度
(3.0)
幅広く求人を検索でき、検索結果には誰もが知っている大企業から中小企業までいろいろな企業があったので、条件を比較するのに非常によかったです。
また、HPの検索性についても、条件がかなり詳細に絞れたのもよかったです。
勤務地などの基本的な条件だけではなく、例えばITエンジニアといってもアプリケーション系やインフラ系など専門が多岐に渡るのですが、そのような詳細な条件も検索できたため、自分の条件にあった求人が簡単に探せました。
33歳 | 男性 | 流通・小売・フード | 営業・サービス・販売
転職回数: 2
満足度
(3.0)
応募企業の情報掲載内容がイマイチなところがある。特に中小企業は抽象的に書かれているため、エージェントなどの専任担当者がいれば不安なところなど確認出来るが、ここはないため使っていて困った。実際に記載例と面談時では違うことが多々あった。とにかく人手が欲しい感が多い企業が多かった。企業研究はもちろんしていたが、これを一つ一つ精査するには時間かかるし、転職活動をスムーズにしたい側からしたらイマイチ。専任担当者と情報共有しながら勧めた方が質も良くスムーズに活動が終えれる。
31歳 | 女性 | マスコミ・広告・デザイン | 営業・サービス・販売
転職回数: 3
満足度
(3.0)
書かれている給与を含め、福利厚生やその他の待遇が入社後とは違っていたところが不満でした。試用期間はあるけれど待遇は一緒と聞いていたのに、実際にもらった給料の額面は異なっていました。それを会社に聞いたところ、「後からそのように決まった」ということだったので、信用が無くなりすぐにやめました。リクナビがもう少ししっかりヒアリングをしていれば、防げたのではないかと思っています。また、社内の様子などはよく書かれていたけれど、仕事のビジョンなどがまったく書かれていなかったことも不満です。
37歳 | 男性 | 公的機関・その他 | エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)
転職回数: 2回
満足度
(2.0)
個人の職歴やスキルが市場でどの位の注目度でいるのか、また求人掲載ページで業界の動向や人材ニーズを調査して資格を取得する等、
直近の転職ではなく、中長期的に求職活動される方に向いていると思います。
自身で転職経験が少なく、企業判断に迷うことがあれば、積極的にエージェントを活用された方が良いと思います。(エージェント費用は発生しません。)
また積極的に多くの企業と会い、質疑を交わして分かる事もありますので、企業訪問に抵抗の無い方にも向いていると思います。
29歳 | 女性 | IT・通信・インターネット | ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
転職回数:1回
満足度
(3.0)
大企業から中小企業までさまざまな企業の求人を検索できるので、自分の転職したい条件で検索して、年収や条件などを比較するのに向いていると思います。
また、検索条件がかなり細かく設定できるため、ニッチな技術を持っている人も、自分の経験を生かせる求人を探しやすいのでおすすめです。
特に条件が細かく決まっている人は、リクナビネクストで詳細条件で絞って求人を確認することで、売り手市場なのか否かを判断するのにも使えると思います。

おすすめの転職エージェント比較表

転職エージェント 求人数 総合評価 特徴
マイナビジョブ20’s 2,295件 ★★★★★ ・書類通過率が非常に高い
リクルートエージェント 119,420件 ★★★★☆ ・利用者数が最大。業界最大手。
パソナキャリア 35,842件 ★★★★☆ ・サポートがきめ細かい

(2021/7/21更新)

転職エージェントも複数利用が基本になりますので、転職サイトと組み合わせて最低2サイトは登録することをおすすめします。

マイナビジョブ20’sの口コミ・評判

25歳 | 男性 | IT・通信・インターネット | ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
転職回数: 3回
満足度
(3.0)
マイナビジョブ20’sに登録後、コンサルタントの方が僕についてくれ
希望に合致したさまざまな求人をすすめてくれました。連絡方法は電話とメールでのやり取りだったのですが、
この時感じたやり取りの印象として、マイナビジョブ20’sのスタッフが
転職活動の始め方から応募の仕方、面接のアドバイスまで親身になってサポートしてくれたので、とても心強かったです。
しっかりと僕の事を考えてくれているなという話し方や求人の企業の質でした
24歳 | 女性 | 商社 | 医療・福祉・介護
転職回数: 2回
満足度
(4.0)
求人の量は他のものと比べて多くて、そのうえ詳細も見たい知りたいところがしっかり載っていて調べる手間が省けてよかったですり応募した後も、その後のメールがなって届いていたりとスムーズに行うことができました。保存もしておけるので仕事をしながらも転職先の仕事をみつけたりと効率よく行うことができました。検索も自分が残したいものを残せたり範囲を絞ってくれたりと使いやすかったです。サポートも充実していて楽でした!
29歳 | 男性 | 運輸・交通・物流・倉庫 | 事務・管理
転職回数: 2回
満足度
(3.0)
希望の求人が見つかりやすく良かったものの、釣り案件のものもあり、募集要項と異なった仕事のものや、選考基準が厳しいものが多かったです。エージェントとのメールは最初は早かったが、選考に落ち続けてるうちに、返答がおざなりになったり、メールが来なくなったりしました。自分のキャリアに合った仕事よりかは、人気の薄いブラック企業を優先的に紹介され、断ると、もう他にないとの旨を伝えられるばかりで満足な転職ができませんでした。
25歳 | 女性 | 商社 | 事務・管理
転職回数: 2回
満足度
(2.0)
エージェントとの連携が上手くいかなかった点です。登録後にすぐ電話での面談を行いました。その際には私の経歴や希望条件など細かく丁寧に聞いてくださりました。その後、2回目の電話面談の約束をしたのですが、約束の時間に連絡が来ることはありませんでした。おそらく忘れられていたのだと思いますが、その時点でこのエージェントとは合わないなと感じてしまい、ほとんどマイナビジョブ20’sを利用することはなくなりました。
22歳 | 男性 | IT・通信・インターネット | Web・インターネット・ゲーム
転職回数: 1回
満足度
(4.0)
マイナビジョブ20’sは転職を考えている人には必ず利用していただきたいサービスであると私は考えています。転職を実際にすることになってから探すのでは給食の期間が少し伸びてしまうなど時間的にもものすごくもったいないと私は考えています。なので、転職をいま少しでも考えているのならばサービスを利用するだけならばリスクや負担は全くないので活用するべきだと思います。転職を実際にする人もこのサービスを利用することで早く転職先を決めることが可能ですのでお勧めしたいです。
28歳 | 女性 | 不動産・建設・設備 | 事務・管理
転職回数: 3回
満足度
(4.0)
マイナビジョブ20’sの特徴は20代に特化しているということですので、20代の方や第二新卒、未経験だけれども新しい業種にチャレンジしたいという方には特におすすめしたいエージェントになっています。手厚いサポートを受けることもできますので、仕事をしながらという方や初めての転職という方にもぴったりでしょう。大手の求人も多く揃っていますので、大企業で自分の力を試したい、大きな会社でキャリアアップを目指したいという人にも向いていると思います

リクルートエージェントの口コミ・評判

33歳 | 男性 | 金融・保険 | 事務・管理
転職回数: 4回
満足度
(5.0)
リクルートエージェントを使って良かった点は、事務系の求人を多く配信して頂けたことです。また、書類選考が通過しなくて悩んでいた時に職務経歴書の添削をして頂けました。面接対策についても質問形式で練習をさせて頂く機会があり、良い学びになりました。自分のどの部分をアピールしていくべきかを教えて頂けた点も良かったです。自分の条件に合う求人を配信して頂けることと、営業担当からの直接メールが届く点がとても役に立ちました。
28歳 | 女性 | 流通・小売・フード | 教育・保育・公務員・農林水産・その他
転職回数: 2回
満足度
(4.0)
インターネットで申し込みした際に希望の面談日を指定し、すぐに電話で面談することができたのでよかった。担当の方もスムーズに質問して条件や希望をまとめてくれた。すごくスピーディーに対応してくれた。転職に対して不安があったので電話で詳しく話しを聞いてくれ疑問や質問もすることができたのでよかった。その疑問や質問を担当のエージャントの方が後で答えてくれたので不安が取り除かれたような気持ちになれた。サポートの質が良いと感じた。
25歳 | 男性 | IT・通信・インターネット | ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
転職回数: 3回
満足度
(3.0)
メールの連絡が遅い時があった。
年収交渉や希望の交渉が上手くいっていなかった。結果的に転職は成功したが、
先方への面接日時設定メールの送り忘れが生じていたことには愕然とした。
担当コンサルタントが若いorあまりに忙しそうな場合は、
重要な依頼ごとはこちらからチェックすることが必要。ただし、面接対応はしっかりと対策してもらえたので結果的に良いが、
内定承諾書の通知が遅れたこと、エージェントも紹介して報酬を得ているので、
たまに営業っぽさが出てることもあり、全てが親身かというと、そうでもない印象を感じました
29歳 | 女性 | IT・通信・インターネット | ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
転職回数: 1回
満足度
(2.0)
担当になった人が、本当にIT業界の知識があるのか怪しく不安に感じました。
IT業界と一口にいっても、アプリケーション系、インフラ系、コンサル系など職種は多岐に渡ります。
私はアプリケーション系エンジニアなのですが、今までの経験を詳細に書き出してお伝えしたにも関わらず、
紹介された求人の中には明らかに私の専門とは違う知識が募集要件になっている求人などが混じっており、
条件に合わないと感じることがありました。
34歳 | 男性 | 不動産・建設・設備 | 営業・サービス・販売
転職回数: 1
満足度
(5.0)
転職を考えている全ての人にオススメしたいです、理由は質の高いサポートをして頂けるので転職活動に対しモチベーションを下げずに活動出来ますしスムーズな転職活動を行えるからです、求人に関しては人それぞれ希望職業職種が異なりますから紹介求人数が多い少ないはあると思います、しかし希望にマッチした求人をしっかりと紹介して頂けるので少なくとも転職活動を効率良く進める事が出来ると思います、こうした事から転職を考えている全ての人にオススメしたいです。
24歳 | 女性 | 公的機関・その他 | 医療・福祉・介護
転職回数: 2回
満足度
(4.0)
20代のキャリアがまだ十分ではない人、営業など会社に入りたい人にはおすすめだと思います。30代入った人もいいとは思うのですが、ほぼ収入とか福利厚生とか平均並みなので早く出世したいとか高望み、キャリアにすぐれて自身がある人には何か物足りないぶぶんがあるかもしれないのでおすすめできません。社会人3から6年目の人とかにオススメできるなと私は思います。いろんな会社を見てみたい人にも求人がけっこうあるのでオススメです

パソナキャリアの口コミ・評判

29歳 | 女性 | IT・通信・インターネット | ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
転職回数: 1回
満足度
(5.0)
大手企業の求人が多く、希望する条件の企業が多かった点が良かったです。
また、担当者の業界知識がとてもあり、過去に面接で聞かれた質問内容などを事前に共有していただけたため、スムーズに面接を受けることができました。
担当者の方は私の条件を聞いた上で、条件にあった企業を厳選して提示してくれて、提示された企業に関しても条件通りの企業ばかりだったので、
選ぶのにとても迷ってしまうほどでした。
また面接日程などについてもスムーズにやりとりができました。
29歳 | 女性 | マスコミ・広告・デザイン | 事務・管理
転職回数: 3回
満足度
(3.0)
最初にご紹介いただいた求人の量は多かったです。
当時は本社が丸の内にあり、面談に向かうのにとてもアクセスが良かったです。
担当者の方もこちらの状況を頻繁に確認してくださり、こちらの都合に合わせ電話をくれた回数も多かったと思います。
書類選考は通貨したもののみを連絡していただき、自分で求人サイトから申し込むよりもショックを受けずに済みました。
企業との面接時間もなるべく私の終業後に調整いただき、大変助かりました。
結局他社経由で内定をいただいたのですが、その際にお電話で伝えたところ快く「おめでとう!」と声をかけていただきました。
35歳 | 女性 | 不動産・建設・設備 | 事務・管理
転職回数: 3回
満足度
(3.0)
拠点が各地にあって地方に住んでいても使いやすいパソナキャリアですが、その求人数はやはり大都市が多くなっていて少し偏りがあります。
人口や企業数の関係で仕方のないことではあるのですが、住んでいる地域によっては満足のいく求人数はないかもしれないです。パソナキャリアのターゲットは20代~40代前半あたりなので、40代半ばを超える人向けの求人と言うのはあまり多くありません。
どちらかと言えば若年層や第二新卒などの求人を主にしているので、年代が高めの方にはあまり魅力的な求人は揃っていない傾向にあります。
40代ともなれば仕事に対するやりがいの他にも、給与や定年後のことも考慮しながら転職活動をすすめていかなければなりませんから、若手向けのサービス利用には向かないのです。
35歳 | 女性 | 公的機関・その他 | 営業・サービス・販売
転職回数: 2回
満足度
(2.0)
自分のその時のレベルでは無理があると思いました。まず一般常識の知識が不足しているとすぐにわかりましたが、あとは人見知りなどのコミニュケーション能力、精神的な安定感もまた不足していると周囲に知らしめられたのです。対応者の反応もやはり、それ相応のものでしたので、レベルが高すぎると思います。対応者はかなりシビアで計算されている様子。受け入れは誰でも可能みたいですが、受け入れの時点で区分して欲しいと思います。
30歳 | 女性 | 不動産・建設・設備 | 企画・マーケティング・経営・管理職
転職回数: 5回以上
満足度
(4.0)
派遣にも強い、女性、身体障碍者、夢がある人は、パソナでの転職活動はおすすめしたいです。
私みたいに、転職回数が多い人も、自身をなくしていると思うので、1度は相談といった形でもキャリア相談してみると変わるかと思います。
また、女性の方が担当についてくれることが多いので、女性目線での話ができたり、今後どうしていきたいか明確になったりとうれしいことが多かったです。
在宅の仕事も多くなっている印象なので、復職の方にもおすすめかもしれません。
33歳 | 男性 | 運輸・交通・物流・倉庫 | 教育・保育・公務員・農林水産・その他
転職回数: 2回
満足度
(2.0)
私の経験から言えることとして『やりたい仕事が明確に決まっている人』と『その仕事に準ずるスキルを持っている人』にはとてもおすすめ出来ると思います。
私の場合はスキル不足で微妙な職場しか紹介してもらえませんでしたが、しっかりとスキルは資格を持っている人はちゃんとした職場を紹介してくれると思います、基本的に担当者のみなさんは全面的にサポートしてくれますし(面接会場までしっかり着いてきてくれて道案内してくれたり、何度も面接練習にお付き合いしてくれたり)他社にはないサポートを提供してくれます。

フリーターが転職しやすい職種は?転職が難しい職業も解説

フリーターが転職を考える場合、転職しやすい業界や職種があります。

厚生労働省の調査によると、フリーターが多く転職した業界は以下の通りです。上位5位までを見てみましょう。

産業 フリーターを採用した事業所の割合
宿泊業・飲食サービス業 41.0%
生活関連サービス業・娯楽業 21.4%
卸売業・小売業 19.3%
電気・ガス・熱供給・水道業 19.1%
サービス業(他に分類されないもの) 18.1%

最も採用した企業の割合が多かったのは宿泊業・飲食サービス業で、生活関連サービス業・娯楽業、卸売業・小売業と続きます。

サービス業(他に分類されないもの)には、自動車整備業・機械等修理業・職業紹介・廃棄物処理業・経済団体・文化団体などが含まれます。

事業所の規模別のデータも合わせて見てみましょう。

事業所規模 フリーターを採用した事業所の割合
1,000人以上 26.4%
300人~999人 26.2%
100人~299人 22.5%
30人~99人 19.4%
5人~29人 18.1%

企業規模が大きいほど採用した企業の割合が高くなっていますが、規模が小さい企業でもフリーターが採用される可能性はあるとわかりますね。

フリーターが転職しやすい職業一覧

フリーターが転職しやすい職業は、以下の通りです。

転職しやすい職業 転職しやすい理由 その職業がおすすめの人
営業職 募集が多い
必要な資格が少ない(普通自動車免許が求められる場合が多い)
・結果が出るとモチベーションが上がる人
・市場価値を高めたい人
・割り切って考えられる人
・スケジュールに自由度が欲しい人
サービス販売職 必要な資格がない場合が多い
学歴や経験を問われない場合が多い
好きなことを仕事にしやすい
・好きなものを扱う仕事に就きたい人
・顧客と直接かかわる仕事がしたい人
・マネジメント力や対人スキルを高めたい人
IT職 人手不足の業界なので求人が多い
未経験者のフォローをしてくれる企業が多い
・新しい知識を身につけたい人
・様々な分野で役立つスキルを身につけたい人
・コツコツ作業ができる人

営業職は企業の売り上げを上げる重要なポジションなので、多くの企業が募集しています。

成果がわかりやすく給料にも直結するので、結果が出るとモチベーションが上がる人にはぴったりです。

多くの企業で求められるポジションなので、市場価値を高めるのにも役立ちます。

サービス販売業はショップの店員やホテルの従業員などの接客業で、顧客と直接かかわる仕事です。

好きなものを扱う仕事に就きやすく、経験が問われないケースが多い点でフリーターも転職しやすいと言えます。

IT職は人手不足の業界なので、求人が多く採用にも積極的です。

未経験の人でも転職しやすいように、フォローしてくれる企業が多い点で安心感もあります。

関連記事:【徹底比較】IT・Web業界の転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

フリーターの転職が難しい職業一覧

フリーターの転職が難しい職業は、以下の通りです。

転職しにくい職業 転職しにくい理由 転職に必要な資格やスキル
事務職 求人が少ない
正社員ではなく派遣やパートが採用される企業が多い
経験者が優遇される
・受付・電話対応・書類作成など一人で様々な業務をこなせるスキル
・簿記や貿易事務検定などの資格がおすすめ
クリエイティブ職 ソフトが扱える必要がある
経験者が優遇される
・ソフトが扱えるのが最低条件
・専門学校に通う必要がある
企画職 市場のリサーチが必要なので職歴があるのが前提
市場の知識が必要なので実務経験も必須
・市場に関する深い知識が求められる
・職歴と実務経験が必要
・別の業界に就職してから再度転職活動をする方法も

事務職は退職者が少なく、正社員ではなく派遣やパート社員に任せられるケースも多い職種です。

募集自体が少ないので、事務職への転職は簡単ではありません。

クリエイティブ職では、ソフトが扱えるのが最低条件です。

経験者が優遇される傾向にあるので、専門学校に通うなどして知識を身につけなければいけません。

企画職は市場を理解していなければ成り立たないので、職歴と実務経験が必要です。

そのためフリーターからの転職は難易度が高いと言えます。

フリーターが転職エージェントを選ぶ際のポイント

転職エージェントは無数にありますが、各社で強みや対象者が微妙に異なっています。

フリーターの方が転職エージェントを選ぶ際にはいくつか押さえておくべきポイントがあるので、ご紹介します。

手厚い転職サポートが受けられるかどうか?

フリーターであっても手厚い転職サポートが受けられるかどうか?

フリーターの方は、正社員からの転職者よりもどうしても内定率が悪くなってしまいます。

しかし、徹底的な自己分析や書類の添削、面接対策を行えばその壁を突破できるでしょう。

基本的にすべての転職エージェントで「書類の添削」や「面接対策」を行なってくれますが、そこにかける時間や熱量はエージェントによって様々です。

また、転職エージェントもビジネスであり内定が出やすい人に注力をしてサポートをする傾向があります。

フリーターであっても手厚いサポートを行なってくれるかどうかはあらかじめ確認しておきましょう。

ポイント
フリーターであっても手厚い転職サポートが受けられるかどうかを事前に確認すべき

サトシ

フリーターに特化した転職エージェントを使えば安心だね。

キャリアアドバイザーがフリーターの気持ちを理解しているか?

キャリアアドバイザーがフリーターの気持ちを理解しているか?

転職エージェントでは、担当のキャリアアドバイザーとの相性が非常に重要です。

キャリアアドバイザーの方がフリーターの気持ちを十分に理解してくれているか」も重要な指標になります。

フリーター向けの転職エージェントでは、キャリアアドバイザーの全員が既卒で構成されている会社もあるほどです。

実際に転職活動での難しさを経験しているからこそ、親身に相談に乗ってくれるでしょう。

いくつかの転職エージェントを複数登録して、紹介される求人とキャリアアドバイザーとの相性を見て、自分に合った転職エージェントを見つけてみてください。

ポイント
キャリアアドバイザーとの相性は非常に重要。複数のエージェントに登録して比較してみるのがおすすめ。

キャリアアドバイザーが、志望する業界や職種に詳しいか

志望する業界や職種に詳しいか

志望する業界や職種がある方は、それらの求人が多く存在するかも大切な指標です。

また、キャリアアドバイザーがそれらの業界や職種に精通しているかも重要になります。

全く希望する業界に精通していないキャリアアドバイザーに当たってしまった場合には、より良い求人と出会えず機会損失が生まれてしまいます。

転職エージェントごとに強い業界や職種があるので、事前に確認しましょう。

ポイント
転職エージェントやキャリアアドバイザーが、自分の志望する業界や職種に詳しいか。

フリーターが転職エージェントを使う上での注意点

フリーターの方が転職エージェントを使う際には、「転職サポートを断られないかどうか」に注意する必要があります。

転職エージェントは、求職者を企業に紹介して初めて紹介料(年収の30%程度)が発生するため、年収が高く紹介できる人材から優先的に紹介していきます。

ですので、正社員の方よりも内定が出づらく、年収も低くなりがちなフリーターの方のサポートは断っている転職エージェントもあります。

しかし、フリーターの転職に特化していたり、サポートを断らないと明言している転職エージェントもあるので、そういったサービスを利用していきましょう。

フリーターを理由に転職エージェントに断られたらどうする?

フリーターを理由に転職エージェントに断られた場合に考えられる対策は、3つあります。

  • 転職サイトを使う
  • ハローワークで相談する
  • 断られた理由を考え、スキルや資格を身につけてから再挑戦する

転職サイトは自分で求人を探して応募するサイトなので、断られることはありません。

転職エージェントを利用するよりも採用率が落ちるので注意が必要ですが、転職市場の動向を見るには役立ちます。

ハローワークは厚生労働省によって運営されている公的な就職支援サービスなので、適切な支援が受けられます。

もう一度転職エージェントへの登録を考える場合は、断られた理由を分析しましょう。

プロフィールが充実していなかった場合は充実させる、スキルや資格を身につけるなどの対策が考えられます。

フリーター転職でよくある質問

フリーターの方が転職エージェントを選ぶ上でよくある質問をまとめてみました。

学歴や経歴に自信がなくても求人は紹介してもらえる?

フリーターに特化した転職エージェントを使えば、紹介してもらえます。例えばサービス販売職のように学歴や経験が問われない職種もありますし、IT業界のように人手不足で採用に積極的な職種もあります。学歴や経歴に自信がない人は、そういった職種を目指してもいいですね。

 

転職エージェントにブラック企業ばかり紹介されることはない?

転職エージェントでは、きちんとした企業を紹介してもらえます。業界に詳しいエージェントは企業の内情なども理解しているので、安心です。紹介された企業がブラック企業ではないかと気になる場合は、「転職会議」などの口コミサイトを活用して情報を集めましょう。

 

本記事で紹介されている4社の転職エージェントは本当に無料?

登録後も一切お金はかかりません。完全無料です。転職エージェントは、紹介した人が企業に入社した時点で企業から成功報酬を受け取る仕組みになっています。企業側から報酬をもらっているので、転職者には負担がかかりません。

 

フリーターをしていた理由は面接でどう伝えるべき?

基本的には、ありのままを伝える方向性で行きましょう。病気で療養していた場合や前職がブラック企業で次の仕事に就くのが怖かった場合などはそのまま伝えて、働こうと思った理由を説明できれば問題ありません。特に理由がない場合も正直に伝え、働くことに対する熱意や将来の展望をしっかり説明しましょう。

フリーターにおすすめの転職エージェントまとめ

この記事では、フリーターの方におすすめな転職エージェントを4つ紹介しました。

結論、下記の理由から紹介した4つの転職エージェントをすべて登録することをおすすめします。

  • 転職エージェントは「複数登録」が基本
  • フリーターの方はとにかく多くの求人を紹介してもらうべき
  • 転職エージェントはいくつ登録しても「完全無料」
  • いつでも登録解除できる

もちろん、自分に合った1社が最初からわかれば問題ないのですが、キャリアアドバイザーとの相性などは実際に登録してみないとわかりません。

人生で大きな決断となる「転職活動」ですので、ぜひ時間をかけて丁寧に進めていくためにも最低2社は登録してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です