外資系企業で年収アップ!実際の年収事情やおすすめの転職方法を紹介

外資系企業で年収アップ!実際の年収事情やおすすめの転職方法を紹介

ぱーしー

外資系企業の年収は高いと聞くけど、どれくらいなの?

外資系企業と言えば、年収が高く、英語も仕事もできるエリート集団だとイメージする人も多いのではないでしょうか?

特に「年収が高い」というイメージはほぼ全員が持っているかと思います。

ごーどん

就活の時に年収につられて外資ばかり見ていたのは他でもない私です。

実際に、外資系企業の年収は非常に高いです。

この記事では、外資系企業への転職を視野に入れている方に向けて、外資系企業の年収事情おすすめの転職方法をお伝えします。

この記事でわかること
  • 外資系企業の年収事情
  • 外資系企業で年収アップする方法
  • 外資系企業への転職方法

\おすすめの転職エージェントはこちら/

外資系転職で本当におすすめの転職エージェント7選.pn 外資系転職で本当におすすめの転職エージェント7選【実際に使ったものだけ紹介】

外資系企業の年収はどれくらい?

まず気になるのが「外資系企業の年収ってどれくらい高いの?」ということでしょう。

外資系企業の年収は基本的には以下の2つによって決定します。

  • ベース給
  • インセンティブ給

ベース給が役職によって決まる給料のことで、インセンティブ給が個人の成果や会社の業績によって決まるものです。

インセンティブ給は、日系企業のボーナスのような仕組みですが、より個人の成果によって給料が大幅に上がる可能性を秘めています。

日本企業の平均年収は、約400万と言われているのに対し、外資系企業の平均年収は約800万円です。

役職によっては2,000万円程度を稼ぐ人もザラにいるのが外資系企業の特徴で、日系企業に比べて圧倒的に年収が高いのが外資系企業です。

ぱーしー

日系と外資だと全く年収レンジが違いますね

参考記事:外資系平均年収一覧

外資系企業の年収が高い理由

外資系企業の年収が高いのにはきちんと訳があります。

もっとも大きな理由は「成果主義」であることです。

日系企業は年功序列制度を採用しているものが非常に多いのに対し、外資系企業では個人の成果に対して適切な給料が支払われます。

ごーどん

インセンティブ給に反映される部分ですね

もちろん成果主義には良い面と悪い面があります。

成果が出せれば報酬は上がりますが、出せなければ解雇される可能性もあります。

ごーどん

“up or out” の世界ですね

スキルや経験に自信がある方は外資系企業で挑戦してみてもいいかもしれませんが、まだ自信がない方は日系企業で実力を蓄えてみてもいいかもしれません。

外資系企業で年収アップをする方法は?

外資系企業で年収アップをするためには以下のようなことが必要です。

  • 成果を上げる
  • 報酬を交渉する

成果を上げる

実力主義の外資系企業では成果をあげない人に人権はありません。

求められている成果以上を出し続けることで、どんどん新しい機会が与えられ年収も上がっていくでしょう。

また、外資系企業では「自分の成果です」ときちんとアピールしなければ誰も認めてくれません。

日系企業では煙たがられるアピールですが、外資系企業では当たり前のことなのできちんと成果を出し、それをアピールしましょう。

ごーどん

日本人はアピールが苦手だと言われますが、外資ではどんどんアピールしていった方がいいです。

報酬を交渉する

成果をアピールするのと同様に、報酬に対しても積極的に交渉をしていきましょう。

基本的に成果が認められていれば昇級していきますが、もっと積極的に「私は〇〇の成果を出しました」と上司に持ちかけてみても良いでしょう。

自分が思うほど、上司はあなたの成し遂げたことも仕事も深くは理解してくれません。

きちんと自分の成果を伝え、適切な額の報酬を交渉することは大切なスキルでしょう。

外資系への転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

年収も高く実力主義の外資系企業で働いてみたいと思った方もいるのではないでしょうか?

結論から述べると、外資系企業への転職は狭き門です。

間違った転職サービスを使っていてはたとえ外資系で働けるだけの実力があったとしてもなかなか転職することができないでしょう。

外資系転職には外資系企業への転職に非常に強い『JACリクルートメント』を利用しましょう。

JACリクルートメントの強み
  • 求人の80%近くが年収800万以上
  • 担当者が非常に優秀
  • 提案の質が非常に高い
  • 外資系企業や海外への転職に強い

\無料登録はこちら!/

JACリクルートメント JACリクルートメントの評判や口コミを、僕が実際に使ってみて確かめてみた。

ご自身で転職サイトから応募するでも構いませんが、そちらは非常に狭き門です。

スキルや経験によっぽど光るものがない限りなかなか採用までこぎつけることは難しいでしょう。

もっと多くの転職サイトや転職エージェントを比較したい方は以下の記事に詳しくまとめてありますので、参考にしてみてください。

外資系転職で本当におすすめの転職エージェント7選.pn 外資系転職で本当におすすめの転職エージェント7選【実際に使ったものだけ紹介】

「外資系企業で年収アップ」のまとめ

外資系企業の年収の仕組みや高い理由をまとめました。

キャリアアップを考える際にも、外資系企業での経験を挟んでおくことは非常に大きな意味があります。

スキルや経験に自信がある方はぜひ外資系企業へ挑戦してみてください。

一度外資系企業を経験していることはその後のキャリアを考えても、非常に有効でしょう。

\自分の市場価値を無料で測ってみる!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です