転職で失敗する第二新卒の特徴3選!失敗を回避するためのコツも紹介

もちろん誰も転職活動で失敗したくないはないでしょう。

第二新卒の転職活動は、その他の世代の転職活動と違ってコツが要ります。

現代、人材不足が叫ばれる日本社会で、コスパよの良い若手として第二新卒市場は非常にアツいです。

社会人やビジネスマンとしての基礎がある第二新卒の需要は高く、新卒では入社できないクラスの会社へ転職できる可能性も秘めています。

しかし、ポイントを抑えた転職活動をしなければ第二新卒の転職は失敗しやすいのが現実です。

この記事では、第二新卒で転職活動に失敗してしまう方の特徴とそうならないためのコツをお伝えしていきます。

この記事でわかること
  • 第二新卒で転職に失敗する人の特徴
  • 第二新卒で転職に失敗しないためのコツ
目次

転職に失敗する第二新卒の特徴3選

転職に失敗したくなければまずは失敗するパターンを抑えましょう。

失敗する人の特徴は次の3つにまとめられます。

転職に失敗する第二新卒の特徴
  • 前職の退職理由がネガティブ
  • 転職活動をする前に退職してしまった
  • 難関企業ばかりを見ている

それぞれ詳しく説明していきます。

転職に失敗する第二新卒の特徴①『前職の退職理由がネガティブ』

第二新卒の転職でもっとも多い失敗理由が前職の退職理由がネガティブであることです。

新卒入社から3年以内に辞めて転職する第二新卒だからこそ、企業側は退職理由を非常に気にします。

その際に、「上司と合わなかったから」「残業が多かったから」「雑用ばかりで楽しくなかったから」など、ネガティブな理由を面接官に伝えてしまうと採用を懸念されてしまうでしょう。

なぜならまた同じような感情を抱いて辞めてしまうのではないか?と企業側は考えるからです。

前職の退職理由がネガティブである人は転職に失敗する可能性が高いので気をつけましょう。

転職に失敗する第二新卒の特徴②『転職活動をする前に退職してしまった』

第二新卒の方は退職を早まることなく、働きながら転職活動をしましょう

おそらく貯金もまだ少なく、退職してしまってから転職活動を始めると生活も苦しいためどうしても入社できる企業へ入ろうと妥協の気持ちが生まれてしまいます。

転職は人生でも大きな決断の1つなので、安易な選択をして後悔をすることがないようにじっくりと企業選択をしたいところです。

なので、自身にプレッシャーをかけすぎることがないように働きながら転職活動をするようにしましょう。

転職に失敗する第二新卒の特徴③『難関企業ばかりを見ている』

憧れの企業ばかりを見て転職活動をしているとなかなか内定をもらうことができないでしょう。

新卒よりかは大手企業に入りやすいかもしれませんが、実績も経験もない状態ではアピールすることが少なく、企業側も求職者の何を見て採用すればいいのかわからないでしょう。

応募者の多い人気企業ばかりを目指すのではなく、身の丈にあった企業も視野に入れるようにしてください。

第二新卒での転職はキャリアアップの土台を作るイメージで、自分自身が働きやすく活躍できるような企業に入ることが重要でしょう。

第二新卒が転職に失敗しないための3つのコツ

第二新卒が転職に失敗しないためにはいくつかのコツがありますので参考にしてみてください。

転職に失敗しないためのコツ
  • 企業が第二新卒の採用で懸念しているところを潰す
  • 自己分析を徹底的にする
  • 第二新卒に強い転職エージェントを利用する

企業が第二新卒の採用で懸念しているところを潰す

失敗する人の特徴で述べましたが、企業は第二新卒に対して不安を抱いています。

最たるものが「すぐに辞めてしまうのではないか」というものです。

新卒で入社した会社をすぐに辞めて転職する第二新卒だからこそ企業側がそのような懸念を持つことは当然です。

ですので、それらの懸念を潰すために退職理由をネガティブに話さないようにしたり、明確なキャリアビジョンや目的を持った転職であることを語れるようにしましょう。

自己分析を徹底的にする

転職活動でも自己分析は徹底的に行いましょう

転職活動を軸を明確に定めることで、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

特に新卒で入った会社と合わなかったなと感じている方は、なぜ合わなかったのか、どうしたらあらかじめ合わないとわかることができたかを考えて転職活動にも活かしましょう。

絶対に譲れない条件と譲れる条件もきちんと言語化しておいて、無数にある企業の中から最適な企業を選べるようにしましょう。

第二新卒に強い転職エージェントを利用する

第二新卒の方は間違いなく転職エージェントを利用して転職活動を行ったほうが良いです。

転職サイトからの応募では、経験やスキルがあまりない分、書類選考に通すことも至難の技です。

しかし、転職エージェント経由であれば書類選考の通過率はグンと上がり、実際に対面で自分を評価してもらうことのできる面接の舞台にはいくことができます。

しかも、初めての転職活動で右も左もわからない状態の求職者に、職務経歴書の書き方や面接対策、また面接日程の調整や年収の交渉まで幅広くサポートしてくれます。

中でも第二新卒の転職に強いエージェントは限られているので次に紹介する3つほどに登録して、自分に合うエージェントを見つけてみてください。

【厳選】第二新卒におすすめの転職エージェント5社

キャリトレ

スカウト型の転職サイト。とりあえず登録しておけば優良企業から声がかかる可能性もあり。

リクナビNEXT

転職活動をするなら考えるまでもなく登録すべき業界最大手の転職サイト

マイナビジョブ20’s

第二新卒に特化した転職エージェント

リクルートエージェント

他者を圧倒する求人数と、豊富な転職ノウハウ

マイナビエージェント

業種や職種ごとに専門のキャリアアドバイザーが在籍する

第二新卒におすすめの転職エージェントや転職サイトについての詳しい情報は次の記事に書いてありますので目を通してみてください。

第二新卒の転職で失敗しないためのまとめ

第二新卒が転職活動で失敗しないために、ありがちな失敗パターンと成功させるためのコツをまとめました。

ここに載っていることを意識するだけで、転職の失敗確率を下げることができるでしょう。

転職エージェントをはじめとする様々な方に相談しながら一歩ずつ納得のいくキャリアに向かって歩みを進めていってください。

この記事を書いた人

浅井 優太のアバター

国公立大学外国語学部英米学科卒業。TOEIC 970点 / IELTS 7.0 / 高校の英語教員免許保有。新卒から大手メーカーの海外営業として働く。

コメント

コメントする

目次
閉じる