天職の見つけ方5選!適職との違いも解説

天職の見つけ方5選!適職との違いも解説

突然ですが、皆さんは現在の仕事が「天職」だと思いますか?

天職に就けていれば、毎日職場に向かうのも楽しくなり、ストレスなく働けそうですよね。

やはり多くの方が天職適職を探しており、世の中にはその見つけ方を解説している情報が数多く落ちています。

とーます君

例えばホリエモンはとにかくいろんなものに手を出してみろって言ってるね。

この記事では、天職の見つけ方について僕なりの方法を5つ紹介していきます。

僕自身、毎日仕事に行くのも楽しく、天職に就けていると思っているので参考になる情報が提供できると信じています。

こんな人におすすめ!
  • 今の仕事が本当にやりたいことなのかどうか悩んでいる人
  • 天職の見つけ方を知りたい人

天職とは?

天職とは、英語で「a calling」と表現され、神からの呼びかけられた、与えられた使命といった意味があります。

もしあなたがいまの仕事に対して使命感を感じていたり、自分が世界一適任だと思えるであればそれは天職なのかもしれません。

また、自分自身のやりたいことで、才能や強みを生かすことができ、成果を残すことができる仕事も天職と定義できるでしょう。

まだ少し理解しづらいかと思いますので、天職と適職を比較してみるとわかりやすいかもしれませんので、その違いを紹介します。

天職と適職の違いは?

天職 見つけ方

天職と適職は言葉としては似ていますが、意味は異なります。

ものすごく簡単にその2つの違いを表すと以下のようになります。

  • 適職 = やりがいがあり、適正のある仕事
  • 天職 = 給与や周りからの評価などの何を差し置いてもやりたいと思える仕事

適職に就けていれば基本的には幸せだと思います。

科学的な適職』という本では、幸福度が最大化される”適職“を4021もの科学的根拠に基づいた方法で見つける術を紹介してくれています。

実に60本以上の海外論文を引用しており、データとファクトに基づく信頼のおける内容で、現在の職業が自分に合っているかどうかわからない人、就職を控えている人や転職を考えている人にぜひ読んでいただきたい1札です。

科学的な適職 【書評】科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方

しかし、もし天職が見つかればより大きな幸せを摑めるでしょう。

これをやるために生まれてきたんだ!」と思えるような仕事にめぐり合うことができたら、人生は成功です。

ここからはどのように天職を見つけることができるのか、その具体的な見つけ方について説明していきたいと思います。

天職の見つけ方

天職 見つけ方

天職を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?

給与や周りからの評価などの何を差し置いてもやりたいと思える仕事にめぐり合うことができたら非常に幸せだと思います。

ここで紹介する5つの方法を試してみて、少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。

自己分析

天職 見つけ方

自分自身のことを深く理解していなければ、天職を見つけることなどできません。

就職活動の際にもおこなったかもしれませんが、自分がどんな時にモチベーションが湧き、どんなことが好きなのかを深く深く考え続けることが大切です。

以下のような質問をされてパッと答えることはできますか?

  • 好きなことは?
  • 得意なことは?
  • 人生でもっとも重要なことは?
  • どんな時にやる気を感じるか?
  • 人生をかけて成し遂げたいことは何か?

自己分析につながる質問は無数に考えられますが、大切なことは自分の中で明確かつ納得感のある軸を持っていることです。

徹底的に自分と向き合うことで、モチベーションの源泉譲れない価値観などが見えてきます。

僕は自己分析をする際に、『ストレングスファインダー』をやってみたり、『16 Personalities』のテストをしてみたりしました。

16 Personality テスト

とーます君

16 Personalitiesはリクルート時代に、何回もやらされたなあ。懐かしい。

天職を見つけるためにも、まずは自分自身について深く知ることから始めてみてください。

最近、リクナビNEXTのグッドポイント診断と呼ばれる診断テストを試してみましたが、無料でできるストレングス・ファインダーといった感じで非常に参考になりましたのでこちらもおすすめです。

リクナビネクストのグッドポイント診断でわかるビジネスパーソンの持つ18要素 【驚愕の精度】スマホで13分で完了!リクルートの無料自己分析テストの精度は…?

何かに本気で取り組む経験をする

天職 見つけ方

何かに本気で取り組んだことがある人は強いです。

心の底からやりたいことを見つけるためには、人生をかけて何かに取り組んだようなドラマチックな経験が非常に役に立ちます。

なぜなら、何かに対して本気で取り組む過程において次のようなことを学んでいるからです。

  • モチベーションのコントロール方法
  • 自分の強みと弱みの把握

もし、すでに何かに本気で取り組んだことがあるのであればその経験を徹底的に掘り下げましょう。

高校の部活動でもいいですし、現在の仕事でも構いません。

何をやったかは天職を見つける上においてそこまで重要ではなく、どのようにやったのか、そしてなぜそれができたのか、なぜ最後まで続けられたのかといったプロセスに天職を見つける鍵があるはずです。

ぜひ徹底的に振り返ってみてください。

目の前の仕事に全力を尽くすことの大切さ 【リクルートで学んだ】目の前の仕事に全力を尽くすことの大切さ

苦手なことに時間を使わない

天職 見つけ方

残念ながら、苦手なことが天職であることはまずありません。

また適職でもないでしょう。

もし、何か苦手なことが出てきたとしたら、なるべく早くそれをしなくて済むような仕組みを作ったり工夫をしてください。

苦手なことに時間を使っていたら、本当に得意でやりがいを感じる仕事に巡り会うのが遅くなってしまいます。

また、あなたの苦手としていることは他の誰かの天職なのです。

苦手である」とわかったのであればそれは天職ではないときっぱりと見切りをつけて、本当にやりたくて使命感を感じることを見つけるために一歩を踏み出してみましょう。

新卒が仕事をやめるタイミングはいつがベスト?新卒の退職ならではの悩みを解説 “とりあえず3年”は大きな間違い。新卒が仕事をやめるタイミングや転職の悩みを経験者の僕が解説

人と話す

天職 見つけ方

天職を見つけるためにたくさんの人と会話することも効果的です。

僕自身、「社会人スタンプラリー」と称して新入社員の頃に社外の方々とたくさんご飯に行って会話をしていました。

一度就職してしまうと考え方や視野がその会社独特の文化や雰囲気に染まってしまうため、なかなか客観的に自分自身の仕事に対して考えることが難しくなります。

そんな時に社外の方と話をすると新しい視点で自分自身のことを見つめ直すことができます。

大学時代の友人でも良いですし、社会人セミナーなどに参加して全く知らない人と仲良くなるのも一つの手です。

始めは少し勇気がいりますが、天職を見つけるためにも社外の人と多く話して自分自身を客観的に見つめ直してみてください。

キャリアデザインのプロに相談する

天職 見つけ方

自己分析をしたり社外の方と会話をして自分の仕事に対して客観的に振り返った後には、キャリアについて考えるプロに相談すると良いでしょう。

僕は、新入社員時代から多くの転職エージェントにお会いしてキャリアプランについて相談させていただいていました。

無料で相談できるので数社利用して、将来のなりたい姿や現在の業務内容を壁打ちして、もっとこんなスキルを身につけた方が良いなどのアドバイスをいただいていました。

キャリアアドバイザーは市場価値を見極めるプロですので、現在の自分の市場価値も本音で教えてくれますし、どうしたらその価値が上がるかの的確なアドバイスもくれます。

ぜひ早いタイミングから転職エージェントに相談して天職を見つけていってください。

ちなみにおすすめな転職エージェントのは『doda』と『リクルートエージェント』です。

まだ転職エージェントを利用したことがないという方はサポートが手厚い『doda』をおすすめします。

doda dodaの評判や口コミを20代の僕が実際にキャリアカウンセリングに行って確かめてみた

天職の見つけ方まとめ

今回紹介した天職の見つけ方等も利用して、みなさんが心の底からやりがいや使命を感じる仕事を見つけられることを願っています。

天職を見つけるためには行動を起こさなければいけません。

つらいと感じていたり、自分には合わないと思う仕事に莫大な時間を費やして人生を消費してしまってはもったいないです。

天職を見つけるために本日の方法を含めて行動を起こしてみましょう。

もし自分自身で一歩を踏み出すのが難しかったらまず転職サイトに登録していろいろな職業を知ることから始めたり、もっと本気で見つけたい人は転職エージェントの方の話を聞いてみてもいいかもしれません。

ぜひ一歩踏み出してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です