年収アップには転職が最適?転職で年収を上げる3つの方法

年収アップには転職が最適?転職で年収を上げる3つの方法

こんにちは。ごーどん(@take_404)です。

年収アップを夢見ている人は多いのではないでしょうか?

ごーどん

新卒の時はあと月に2万円だけでも給料がもらえていれば…と毎日考えていました

年収アップが叶えば、プライベートがより充実したり、友達や家族との時間でもお金をそこまで心配することなく、楽しめるようになります。

しかし、1つの会社に勤め続けても大きく年収アップをすることはないでしょう。

結論から述べると、転職が年収アップのための一番の近道です。

この記事では、転職によって年収アップをさせる方法を紹介します。

報酬交渉をきちんと行う

学生時代の就職活動と違い、転職活動においては「年収はいくらにしましょうか」と聞かれることが普通です。

それまでの経験やスキルを売り込んで、報酬交渉を行うのが転職活動であるため、きちんとした事前準備と心構えが必要になります。

日本人の特徴として、お金に対して執着するのは美徳から外れると考えていたり、そもそもの性格が奥手だったりして、「今の年収より高ければいいです」と述べる人が多いそうです。

ごーどん

リクルートにいた超優秀なエンジニアも「今より高ければいいです」と言って、彼の実力に見合わない低年収になってしまっていました

しかし、転職で年収アップを試みるのであれば、希望年収をきちんと自ら提示して、それに見合うだけの実績やスキルを論理的に説明するようにしましょう。

大手企業や実力主義の会社を狙う

大手や実力主義の会社に就職するのが、年収を上げるためには有効です。

大手企業は規模や業績が良いことが多いので年収が高い傾向にあります。

また、実力主義の会社であれば入社してからの年数や年齢に関係なく、成果を出した人が評価され昇級してく仕組みがあります。

しかし、この2つの会社にはそれぞれ合う合わないがあるかと思いますので、ご自身にあったものを選択するようにしてみてください。

合わなければ結局のところ成果も出せず年収アップにはつながりません。

大手:すでに現在の会社で実績があり、大手企業でも同じような実績が出せる人

実力主義企業:自分のスキルや経験に自信があり、すぐに成果が出せる人

転職エージェントを使う

転職で年収アップを図るのであれば、転職エージェントを使うのが一番効果的です。

給与交渉を担当のキャリアアドバイザーに依頼することができたり、面談を通して自分の強みを引き出して企業の求めるニーズとうまくマッチングさせてくれます。

相手はプロなので、「企業があなたを雇うべき理由」を実績やキャリアの棚卸しを通して根拠づけてくれます。

実際に転職エージェントを使っている友人のほぼ全員が大幅な年収アップに成功していました。

ほとんどの転職エージェントの報酬は紹介した方の年収によって変わるため、いかにして年収を高くするのかに対して本気を出して取り組んでくれるのです。

転職エージェントは確実に利用すべきでしょう。

僕は、20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’sを利用していました。

マイナビジョブ20’sは、若手社会人に特化した転職エージェントなので、20代の自分に合った企業を大量に紹介してくれました。

また、全て無料で利用ができるため、とりあえず転職活動をしてみようかなと思っている20代の方には非常におすすめです。

年収アップのためにぜひ一度覗いてみることをおすすめします。

年収アップの転職まとめ

転職で年収アップを図るための方法について述べてきました。

  1. 報酬交渉をきちんと行う
  2. 大手企業や実力主義の会社を狙う
  3. 転職エージェントを使う

年収が上がることで人生は大きく変わってきます。

もし転職をまだ本気で考えられていなかったとしても、無料でリクナビネクストなどの転職サイトに登録してみたり、転職エージェントの方と合って話をしてみてもいいかもしれません。

そうすることで今の自分の市場価値(自分がいくらで売れるのか)が見えてきて、現在の会社で身につけるべきスキルや必要な経験も見えてくるでしょう。

年収アップに向けていますぐ動き出しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です