20代におすすめの転職サイト▶︎

【働きたくない人必見】仕事をそこそこに人生を楽に生きる方法

仕事をそこそこに人生を楽に生きる方法を解説

仕事が大変な時、やりがいが感じられない時、人間関係が上手くいかない時など、様々な理由で働きたくないと感じる事もありますよね。

最近では無理をし過ぎるよりも仕事をそこそこに頑張って、プライベートを充実させたい人も増えています。

内閣府が行った就労に関する調査では、「仕事よりも家庭やプライベートを優先する」と回答している人が実に63.7%

内閣府の就労に関する若者の意識調査のグラフ画像
引用:特集 就労等に関する若者の意識

思っている以上に仕事よりもプライベートを重視している人は多いものです。

この記事では、人生を楽に生きれたらと悩んでいる人へ、仕事をそこそこに楽に生きる方法について、次の2つの視点でお伝えしていきます。

  • 今の仕事を続けながら楽に生きる方法
  • 仕事を辞めて楽に生きる方法
今すぐ仕事を辞められない人でも、楽に生きるのは難しいことではありません

肩の力を抜いて、気持ちが楽になる方法を探してみてください。

仕事をサボって楽に生きるのは悪いことではない

仕事をサボって楽に生きるのは悪いことではない

まずお伝えしておきたいのが、「仕事をサボって楽に生きる=悪いことではない」ということです。

辞書を見ると、仕事とは「生計を立てる手段として従事する事柄」とされています。

何か成果を出さなければいけないと躍起になって苦しんでいる人は、仕事は生きるための手段だと割り切ってみるのも良いでしょう。

実際に内閣府による仕事と家庭・プライベート(私生活)とのバランスに関する調査結果を見ると、平成23年度の調査では「生活中心なので仕事よりも家庭を優先する」を選択した人が52.9%だったものの、平成29年度には63.7%に増えています

就労等に関する若者の意識調査のグラフ画像
引用:特集 就労等に関する若者の意識

半数以上が仕事よりもプライベートを優先し、近年その割合が増えているのは事実。

仕事第一でなく、楽に生きることは悪いことではないと、心に留めておきましょう。

仕事をしながら楽に生きるには?今の仕事で心を楽にする方法

仕事をしながら楽に生きるには?今の仕事で心を楽にする方法

楽に生きたいと考えていても、今の仕事をすぐに辞めるのは難しい人がほとんどだと思います。

働きたくない気持ちがあるとはいえ、今の仕事を続けられる余力があるなら、現職に就きながらほどほどに仕事をするのがおすすめ。

仕事を続けていれば、当面お金の心配をしなくていいので、生活面での不安は生まれません。

転職をしたり仕事を辞めたりなど今と大きく環境を変えるには、たくさんのエネルギーが必要です。

今の仕事を続けながら楽に生きる方法を考えて、それでも無理なら環境を変える方がリスクが少ないです。

具体的に今の仕事で楽して生きる方法について、以下の4項目に沿って見ていきましょう。

  • 仕事で頑張ることを辞める
  • 在宅ワークに切り替える
  • 頑張る期間を決めてやりきる
  • 仕事が嫌な理由と向き合い、嫌なことはやめてみる

今の仕事で頑張るのを辞めてみる

仕事をする以上、何か成果を残さなければと無理して頑張ってしまう人は多いです。

「頑張ろうと思えば思うほど、逆に辛くなる」そんな時は、思い切って今の仕事で頑張るのを辞めてみましょう

楽に生きようと思うなら、意識的に「頑張るのをやめた」と思うだけでなく、次のように具体的に行動にしてみるのがおすすめです。

  • 趣味に没頭する
  • 定時に帰宅する
  • マイペースに仕事をする

仕事で頑張るのを辞めて趣味に没頭する

仕事を頑張らないようにしようと思っても、他に興味があるものがなければどうしても仕事に意識が向いてしまうもの。

仕事第一ではなく、趣味を大事にする生き方を選ぶと仕事に対する向き合い方を変えられます。

趣味は気軽に始められるものでOK。

趣味の例
  • テレビ、映画、ドラマ、スポーツを観る
  • 料理、コーヒー、紅茶など
  • 写真
  • 筋トレ、散歩、ジョギング、オンラインフィットネス、ストレッチ、ヨガなど
  • 読書、マンガ、アニメなど
  • 音楽鑑賞、楽器の演奏など
  • 英会話、漢字検定など
  • アロマテラピー
  • 囲碁、将棋、オセロ
  • DIY、家庭菜園
  • 手芸、アクセサリー作り、塗り絵、切り絵など
  • ゲーム
  • キャンプ
趣味とは自分が楽しめるものを言うので、楽しいと思えれば十分です。

興味があるものがあれば、実際に手に取ったり、資格取得に挑戦してみてください。

まずは興味が持てるものから、気軽に始めてみましょう。

残業せずに定時で帰宅する

時間を拘束されている気がして辛いときは、思い切って残業をせずに定時で帰宅する方法もあります。

「みんながやっているから」「一人だけ帰りにくい雰囲気だから」など、必要のない理由で残業をするのが当たり前になっているケースもあるのではないでしょうか。

本当に必要な残業なら仕方ないかもしれませんが、帰れるときは周りを気にせず帰宅するだけでも、自分の時間が増えて心に余裕が生まれやすくなります。

出世を気にせずマイペースに仕事をしてみる

社内の出世競争にストレスを感じている場合は、出世を気にせずマイペースに働く方法もあります。

日本ではまだまだ出社時間や会社への貢献度を出世の評価軸としている会社が多いのも事実。

また出世競争に関わる人間関係にうんざりしている人も多いでしょう。

将来的に役職に就きたい想いがなければ、早い段階で思い切って出世競争から抜けてみるのがおすすめです。

出世を気にして無理して取り組んでいた仕事が、自分のペースでできるようになると、途端に気持ちが楽になることがあります。

楽して生きると決めたなら、仕事に対しての向き合い方を変えてみるのも一つの手です。

在宅ワークに切り替えてみる

職場にいる時間が苦痛だと感じているなら、在宅ワークに切り替える方法もあります。

在宅ワークが認められている会社に勤めているなら、一度上司に相談してみましょう。

在宅ワークなら通勤時間がかからず、時間に余裕が持てるため、自由度が高まります。

家にいながら仕事ができるので、家でやりたい用事や趣味などをやりながら仕事を進められる点もメリット

仕事とプライベートのバランスがとりやすくなり、仕事も自分の裁量に合わせて取り組めます。

また人と会う機会が減らせるので、職場の人間関係が問題だった人には心理的な負担の軽減にも役立ちます。

頑張る期間を決めてやりきってみる

今の仕事を続けるか迷っている場合には、頑張る期間を決めてやりきってみるのも一つの手です。

苦しい期間がいつまで続くかわからないと、不安感や苦痛な気持ちはより大きくなります。

ゴールなしにただランニングを続けるのと、10km走ったら終わりとわかっていてランニングをする場合を比較すると、ゴールがわかっている方がより心理的負担が軽減されます。

仕事は長年続けるものなので、ゴールが見えなくなりがちです。

「一旦3ヶ月間だけ頑張ってみよう」「あと半年だけ続けてみよう」など、自分なりのゴールを決めて、やり切ってみましょう。

ゴールを決めておけば、それでも気持ちが変わらなかった場合に、仕事を辞める方向に踏み切るきっかけにもなります。

期限を決めると前向きに取り組める可能性があるので、やる気が底をついているならば一度試してみてください。

仕事が嫌な理由と向き合い、やりたくないことを思い切ってやめる

楽に生きるには、仕事が嫌な理由としっかり向きあい、やりたくないと思っていることは思い切ってやめる方法もおすすめです。

漠然と仕事が嫌だと感じていると、どうやって現状を変えていいかわからず、何もかもが嫌に感じてしまうことも。

理由がわかれば、対策方法を考えられる上に、心に落とし込むことができ気持ちが楽になります。

仕事を嫌だと感じる理由の例を挙げてみます。

仕事の悩みの例
  • 上司や同僚との人間関係
  • 人に指図されるのが嫌
  • 仕事でやりがいを感じない
順に対策法を見ていきましょう。

人間関係に悩んでいるなら周りを気にせず仕事する

仕事が嫌な理由で多いのが、職場での人間関係の悩み

職場になじめない、上司や同僚との関係が悪いなど、人間関係に関する悩みは非常に多いです。

人間関係に悩んでいるなら、無理してコミュニケーションを取るのではなく、業務に必要な最低限のコミュニケーションに留めておきましょう

メールやチャットなど、苦手な人と顔を合わせなくて良い方法があるなら利用するのも一つの手です。

そもそも職場は仕事をする場なので、人間関係を気にしすぎる必要はありません。

ただし集中的な嫌がらせに遭っている等、問題が深刻な場合は、無理に職場に居続ける必要はありません。

転職なども視野に入れて、一刻も早く職場から離れる方法を考えましょう。

人に指図されるのが嫌ならサラリーマン以外の選択肢も検討

中には人に指図されるのが嫌で、仕事がしたくない人もいます。

指図されるのが苦手な人は、そもそもサラリーマンという職種が向いていない可能性も。

フリーランスや経営者など、思い切ってサラリーマン以外の選択肢を検討してみても良いかもしれません。

また農業やドライバー、職人など、人から指図されない職種を選ぶのも一つの手です。

やりがいを感じないならやりがいがある仕事に転職する

仕事にやりがいを感じられない場合は、転職した方が楽に生きられることも多いです。

以下のような悩みなら、現在の職場では解決できない可能性があります。

解決しにくい職場の悩み
  • 仕事をやっても正当に評価されない
  • 給料が上がらない
  • 仕事に飽きた
  • 職場に将来性がない
  • キャリアアップできない
  • 今の職場での目標が見つからない
正当に評価をされない、給料が上がらないなどの問題は、自分だけで解決できる事ではないため、思い切って環境を変える方が良いことも。

人間関係に問題がなければ、理解してくれる上司や同僚に一度相談してみるのも良いかもしれません。

またプライベートを充実させて生活にハリが出ると、仕事に対する意識が変わる人も見受けられます。

職場の将来性など、職場そのものに問題がある場合は、転職も視野に入れて検討してみましょう。

今の仕事を辞めて楽に生きる方法

今の仕事を辞めて楽に生きる方法

どうしても今の仕事をしながら心を楽にする方法が見つからない場合、思い切って今の仕事を辞める方法もあります。

仕事を辞めるとなると不安も大きくなりますが、一度今の仕事から離れると本当にやりたい仕事が見えてくる可能性も。

そのための充電期間だと思って、仕事から離れてみてみるのも良いですね。

今の仕事を辞めても、できるだけ不安を感じず楽に生きられる方法を知っておきましょう。

働かずに生きる方法を考える

仕事そのものに対する拒否感があり、働きたくないと感じている場合は、働かずに生きる方法を考えましょう。

具体的には、次のような方法があります。

方法 内容
不労所得を得る 家賃収入を得る
ネットで売れるシステムを構築する
投資家になる
自販機やコインロッカーを設置する
シェアリングサービス
ものを売る ブランドバッグや本などを売る
節約する 家賃が安い場所に引っ越す
格安スマホに変える
食費を抑える(外食はしない、セールを利用するなど)

不労所得とは自分が働かなくても得られる所得を指します。

何らかの形でお金を稼ぐ仕組みを作り、労働をしなくてもお金が受け取れるようにする方法です。

投資はリスクも高いので、無理のない程度に行いましょう。

シェアリングサービスとはものを共有するサービスで、車やブランドバッグなどをサイトを通して貸し出し収入を得ます。

また物を貸し出すのではなく、売却して利益を得る方法も。

貯金があるならしばらくは節約しながら生活して、今後どうするかを考えてもいいですね。

正社員以外の雇用形態を選択する

時間に縛られるのが苦手な人は、正社員以外の雇用形態を選択する方法も。

アルバイト・パート・フリーターなら、自分の都合に合わせてシフトが入れられるケースが多いので、自由度が上がります。

正社員以外の雇用形態の特徴を見てみましょう。

正社員以外の雇用形態
  • アルバイト
  • パート
  • フリーター
  • 派遣社員
  • フリーランス
自分の都合に合わせてシフトを組みたいなら、アルバイトやパート、フリーターとして仕事をするのが向いています。

派遣会社に登録して自分の希望に合う職場を探してもらったり、フリーランスとして自分で仕事を請け負う形を取ったりする方法もおすすめです。

一度仕事を辞めてニートになってみる

頑張るのに疲れて何もしたくないのであれば、一度仕事を辞めてニートになってみる選択肢もあります。

仕事をしながらあれこれ考えても、忙しさに追われて自分と向き合えない場合もあります。

仕事を辞めて時間ができればじっくり考えられる上に、時間が余ると何かしたくなる可能性も。

収入面に関しては、失業保険を利用すればしばらくの間は生活できます。

失業保険とは

雇用保険の被保険者だった人が受け取れる手当のこと。

退職の理由や雇用保険に入っていた期間などを元に、90日から360日の間で受け取れる期間が決まる仕組み。

日給のおよそ50%から80%の金額がもらえる制度なので、失業後は最大限に利用しましょう。

とはいえ、失業保険は生活の心配なく次の仕事を探す目的で支給されるものなので、受け取りには条件があります。

失業保険の受け取り条件
  • ハローワークで求職の申し込みをする
  • 就職する意思がある
  • いつでも就職できるのに職業に就けない「失業状態」にある
失業手当は転職先を探すために受け取るものと考えて利用しましょう。

就職する意思がないのに手当を受け取ると、不正受給になる可能性があるため注意が必要です。

ストレスでどうしても仕事を辞めたいなら転職を検討しよう

ストレスでどうしても仕事を辞めたいなら転職を検討しよう

ストレスでどうしても仕事を辞めたいなら、転職も検討しましょう。

無理をして今の職場にいると、体調を崩してしまう可能性があります。

以前は終身雇用が当たり前なイメージがありましたが、最近では転職も一般的です。

内閣府の転職に関する意識調査では、転職に対して否定的な意見は全体の17%程度

72%程度が転職してもやむを得ない・転職する方がいい・積極的に転職すべきだと答えています。

就労等に関する若者の意識のグラフ画像
引用:特集 就労等に関する若者の意識

転職しない方がいいと考える人よりも、状況によっては転職してもいいと考える人が多いとわかりますね。

転職を考える場合は、転職サイトや転職エージェントを利用すると便利です。

以下の記事では20代におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介しているので、今すぐにでも環境を変えたいと思っている人は参考にしてみてください。

参考記事:【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

今よりも楽な職種に就いてみる

転職するなら、今よりも楽だと思える職業に就くのも一つの方法です。

どの仕事にも大変さがあるので、楽な職業と断言できるものはありません。

ですが自分にとって仕事が嫌な原因を避けられれば、楽な気持ちで仕事に取り組める可能性があります

仕事が嫌な原因に合わせて、向いている職業の例を見てみましょう。

仕事が嫌な原因 向いている職業
人間関係が上手くいかない 人とかかわらない仕事
警備員・農業・配送業者の運転手など
職場に行かず家で働きたい 在宅でできる仕事
IT関係(プログラマーやウェブデザイナーなど)・データ入力
インターネットショップの経営・コピーライターなど
あれこれ考えるのが難しい 単純作業の仕事
工場のライン作業・倉庫管理・仕分け・施設管理など
人に指図をされたくない 自分ですべてを決められる仕事
自営業など

ストレスの原因を避けられる仕事を見つければ、楽に仕事に取り組めます。

好きなことを仕事にする

転職するなら、好きなことを仕事にするのもおすすめです。

好きな仕事なら少々の難しさがあっても、やる気が出やすく続けやすいもの。

趣味と結びつきやすい仕事には、以下のような例があります。

  • IT関連
  • 動画作成や動画編集
  • 写真販売やカメラマン
  • 在宅でオンライン講座を開講
  • ハンドメイド作品の販売
  • ヨガやジムなどのインストラクター
  • 家事代行サービス
  • 美容師
  • 軽作業

いくつか例を挙げましたが、人によって好きな内容は異なるので、可能性は様々です。

好きな仕事ができるのなら、環境にもこだわって、より自分がやりやすい方法を見つけましょう。

仕事に重きを置き過ぎず楽に生きる方法を試そう

仕事に重きを置き過ぎず楽に生きる方法を試そう
働きたくない・辛いと思いながら仕事を続けるのは、とても大変です。

仕事は基本的に毎日あるものなので、頑張り過ぎてしまう人もいます。

しかしストレスがかかり続けると気持ちが沈み、体調にまで悪影響が出る場合も。

仕事だから頑張らなければという考えを捨てて、今の仕事で頑張らない方法を考えたり、思い切って転職したりする方法もあります。

どうすれば自分が楽に生きられるか、仕事が嫌だと思う理由を見つけて、それを避けられるような対策を考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です