20代におすすめの転職サイト▶︎

仕事で怒られてばかりだと悩む人に伝えたい対処法6選

「仕事で怒られてばかりで、どうすればいいのかわからない」と悩み、日々の仕事がうまくいかないということもありますよね。

悩めば悩むほど、根本的な解決策が見えず、辛さが増してしまうものです。

辛いまま仕事を続けると、自信もなくなり、どんどん消極的になり、結果として仕事におけるパフォーマンスを低下させてしまいます。

不安なまま日々を過ごすのではなく、ここで一度現状を分析して、次のステップを考えてみることで「気付き」があるかもしれません。

そこで今回は、仕事で怒られてばかりな人の特徴と上司が怒る理由、そしてどのように対処できるのかをご紹介していきます。

本来もつ力を最大限に活かせる仕事ができる環境を手に入れましょう。

MEMO
あまりに理不尽な理由で怒られるときや、ハラスメントを受けている場合には転職も検討しましょう。仕事は人生の一部で心身を壊してしまっては元も子もありません。おすすめの転職エージェントは次の記事で紹介していますので参考にしてください

仕事が辞めたいと思っている方は「【仕事を辞めたい】6つの理由に対して、それぞれ徹底的に解決策を紹介します」もぜひ一緒に合わせてお読みください。

仕事で怒られてばかりな人の特徴

そもそもどうして「仕事で怒られてばかり」という状況が起きてしまうのでしょうか。

自分では指示通りに業務を進めていると思っていても、第三者から見ると、何らかの問題があるかもしれません。

実際、「仕事で怒られてばかり」という状況が続いている人には次のような特徴がみられます。

  1. 同じミスを繰り返す
  2. コミュニケーションが足りない
  3. 責任感がない
  4. 自分のミスを受け入れられない
  5. ルールや時間を守らない

ここでは、それぞれの特徴について確認していきましょう。

1. 同じミスを繰り返す

入社してすぐ完璧に全ての業務をこなすことは不可能です。

ミスをすることは誰にでもあることですが、そのミスから「同じことを繰り返さない」ためのポイントを学ぶことが重要です。

同じミスを繰り返すということは、前回のミスから何も学んでいない、成長がない、と判断されてしまいます。

周囲が指摘しても成長が見られないことが、怒られるという状況につながるのは当然といえるでしょう。

2. コミュニケーションが足りない

社会人スキルとして、学歴や資格以上に重要になるのが、コミュニケーションスキルです。

これは、社外の人とのやり取りだけではなく、社内で日々一緒に仕事をする人とのやり取りも含みます。

基本的な挨拶や報連相つまり報告・連絡・相談などの重要性を理解していない人は、業務進捗の共有が不足しミスを引き起こしやすいです。

企業というコミュニティで仕事をする以上、社外はもちろん社内の人とのコミュニケーション力は円滑に業務する上で必須といえるでしょう。

3. 責任感がない

入社から日が浅いと、任される業務も少なく、先輩社員が細かく指導してくれるという状況が続きます。

周りのフォローを受けていることを「当然」だとして、自発的に学び取ろうという姿勢が欠落していると、いつまでたっても次のステップに進めず、結果として周りに迷惑をかけてしまいます

どんな業務であっても、責任をもって遂行しようという意識が、報連相に自然につながり、ミスを減らします。

給与という対価をもらっている以上、責任感はあらゆる場面で求められます。

4. 自分のミスを受け入れられない

ミスをしたときに、言い訳をしたり、他の人のせいにしたりして、自分のミスを受け入れられないのは、怒られる大きな要因です。

ミスを受け入れられないのは、「怒られたくない」「責められたくない」という考えがあるからでしょう。

もちろん何らかの誤解がそこにある可能性もありますが、まずは「ミスをしている」と相手に思わせていることは事実だと受け入れるのが社会人です。

ミスが起きた状況をおさめることよりも、自己保身に走る姿勢が怒られてしまう状況を引き起こしているといえます。

5. ルールや時間を守らない

ビジネスシーンだけではなくとも守るべきことですが、意外に徹底できない人が多いのが、ルールと時間です。

「自分1人くらい大丈夫」「ちょっとくらい大丈夫」という甘えともいえる考え方によって、シンプルで当然のことができなくなってしまいます。

これは、信頼関係に大きく影響し、怒られるだけではなく、信用も失う可能性があります。

事情があってルールや時間が守れない状況になったときでも、上司などに相談し、他に対処する方法を確認する姿勢が大切です。

キャリアアップのためにも、自分の日頃の姿勢や意識を含め、徹底した自己分析をすることで、業務の仕方や周囲とのコミュニケーションを見直すこともできます。

まずは自分自身と向き合うことから始めましょう。

そもそも上司はなぜ怒るのか

「怒られてばかり」という状況の背景を理解するためには、自分自身を知ることが大切です。

それと同時に、「上司がなぜ怒るのか」を分析することで、より効率的に対処できる可能性があります。

また怒られた状況をそのまま感情的に受け止める前に、上司の立場になってその理由を考えてみることで気持ちが落ち着くものです。

「上司がなぜ怒るのか」という理由としては、次のようなものが挙げられます。

  1. あなたを成長させたい想い
  2. 同じミスを繰り返す状況への憤り
  3. あなたへの期待
  4. あなたの態度に対する怒り
  5. 上司の個人的な感情

ここでは、それぞれの理由について確認していきましょう。

1. あなたを成長させたい想い

多くの場合、上司があなたを怒るのは、ミスが起きた状況を改善できる可能性を感じているからです。

「怒る」という行動によって、その場の空気が悪くなるなど、一時的なパフォーマンスの低下は避けられないものです。

一時的なマイナスがあったとしても、その後「成長」というプラスがあると信じているからこその行動だととらえることができます。

2. 同じミスを繰り返す状況への憤り

初めての業務や慣れない業務ならまだしも、何度注意しても同じミスを繰り返す、という状況に単純に苛立ちを感じてしまうのは当然のことです。

怒ることで、ミスが起きたことそのものより、何度も繰り返すことに対する疑問をぶつけているという状況ですね。

3. あなたへの期待

日頃から仕事ができる人であればあるほど、些細なミスであっても強く怒られてしまうということはあります。

これは、期待値が高いという裏返しです。

今後さらに責任のあるポジションを任せたいといった「早く成長してほしい」という想いが、他に比べて「よく怒る」という状況を引き起こすことも考えられます。

4. あなたの態度に対する怒り

ミスに対する確認や指摘をされているだけなのに、他の人に責任転嫁するような言い訳がましい態度を思わず取ってしまうという人もいます。

また仕事場であるにもかかわらず、感情的な態度をとることに対して、上司が怒ることがあります。

否定的な感情は、円滑なコミュニケーションの妨げになってしまいます。

あなたの態度が、「その態度は何なんだ」という怒りを生み出しているのです。

5. 上司の個人的な感情

ほとんどのケースでは、上司が怒る背景に期待や疑問から生じる憤りといった「理解できる」理由が存在します。

ただ上司の中には、個人的な感情で理不尽に「怒る」人もいます。

理由なく感情的に怒鳴ったり、業務とは関係ないあなた個人を攻撃するようなことを取り上げたり、というのは問題です。

理不尽な理由で怒られるという状況が続く場合は、その上司と直接やり取りせず、他の上司や先輩に相談することをおすすめします。

それと同時に、今後のキャリアを考えて、転職を検討するのもひとつの方法です。

怒られる人の特徴と上司が怒る理由がわかれば、対処法が見えやすくなります。

「怒られた」場面をあらゆる視点から分析するようにしましょう。

仕事で怒られてばかりだと感じる時の対処法6つ

怒られてばかりという状況が続くと、「また怒られてしまうかも」という不安が生まれ、日々の業務に支障が出る可能性もあります。

怒られる負のループを断ち切るためにも、早い段階で対処していくことが大切です。

ここで、「考え方」と「仕事の進め方」に分けて次の対処法をご紹介します。

<考え方>

  1. 気にしない
  2. 自己肯定感をもつ
  3. 「怒られないようにしよう」を捨てる

<仕事の進め方>

  1. 報連相を大事にする
  2. 早めの確認を徹底する
  3. 完璧主義は捨てる

それぞれの対処法について確認していきましょう。

<考え方>1.気にしない

「指摘されたことを気にしない」ということではなく、「怒られた」ということを感情的にとらえないことが大切です。

怒られたら誰しも気持ちが落ちてしまうものです。

その気持ちを引きずったまま仕事をすることで、またミスをしてしまうのでは、悪循環になってしまいます。

怒られたら「同じミスを繰り返さない」ことに集中して、「怒られた」ことを自分の中に取り入れないようにしましょう。

<考え方>2.自己肯定感をもつ

特に日本人があまり持ち合わせていない感覚として、最近話題になっているのが「自己肯定感」です。

「自己肯定感」とは、自分の価値や存在意義を受け入れて肯定する感情をいいます。

怒られてばかりいると、「自分はダメな人間だ」といった自分を否定するような考え方になってしまいますよね。

自己肯定感が低くなると、自信がなくなるので、日頃の仕事に積極性がなくなり、ミスをしやすい環境に陥る可能性もあります。

ミスをしても「次はできる」と自己肯定感をもって考えるようにしましょう。

<考え方>3.「怒られないようにしよう」を捨てる

怒られてばかりいると、日頃の業務をする目標が「怒られないこと」という考え方になってしまいます。

仕事で結果を出すことと、上司に怒られないこと、は全く異質のものです。

ひとつひとつの業務で何が求められているのかを冷静に考えることが重要です。

キャリアアップの妨げにもなる「怒られないように」という萎縮した考え方は、もたないようにしましょう。

<仕事の進め方>1.報連相を大事にする

仕事で怒られてしまう最大の理由ともいえるのが、コミュニケーション不足です。

社会人にとって大切なものとして、報連相はまず挙げられるものです。

まめな報連相を心がけるだけで、業務上のミスを未然に防ぐことができます。

また報連相がしやすくなるように、挨拶や日頃の何気ないコミュニケーションを意識して行うことで、怒られない以前に業務が円滑に進められるようになります。

<仕事の進め方>2.早めの確認を徹底する

例えば、「来週の会議の資料を作っておいて」と上司から指示されたとしましょう。

ここで「来週の〇〇の会議の資料をパワーポイントで今週金曜日までに一度ご確認いただけるようにすればよろしいでしょうか?」と、資料の形式やタイムラインを確認してしまいます。

こうすることで、上司の指示の詳細を具体化し、誤解によるミスを防ぐことができます。

疑問が生じたとき、何か問題が生じたときも、まずは報連相に併せて「確認」です。

ここで注意したいのが、「自分の理解が相手の意図と一致しているかを知る」ことが「確認」だということです。

指示に対して「どうすればいいですか?」と丸投げ質問することは「確認」ではないと意識しましょう。

<仕事の進め方>3.完璧主義を捨てる

怒られないようにミスを絶対に回避したい、という考えから、確認に確認を重ねて、「完璧」を目指す仕事の進め方にこだわる人もいます。

ひとりひとりの業務の先に、その企業が提供する製品やサービスがあります。

つまり、企業全体としてのワークフローを意識した業務の進め方が必要になります。

全体の流れを意識せず、極端に完璧主義にこだわると、完璧にするために時間をかけてしまい、業務の流れを止める可能性もあるのです。

個人が完璧であることではなく、チーム・部署・会社として効率よく「ベスト」を出すためのあなたの動き方を意識してみましょう。

あまりに理不尽に怒られる、怒られる回数が尋常じゃない時は転職も

「怒られてばかり」という状況は、考え方や日々の仕事の進め方を変えていくことで対処できることが多いです。

その一方で、理不尽に怒られたり、誰がみても尋常ではない回数怒られたりするという場合は、明確な「理由」がなく、そこにあるのは問題だけです。

仕事は、生計を支えるための活動であると同時に、あなたの人生を形成する重要なものです。

だからこそ、問題のある職場で耐えるだけではなく、積極的に転職を検討することをおすすめします。

20代で職歴が浅いと転職に不安があるかもしれませんが、20代の転職に特化した転職エージェントを活用することで、安心して新しい活躍の場を探すことができます。

理不尽さに耐える強さを、新しい環境に挑戦する強さに転化しましょう。

仕事で怒られてばかりの時の対処法 まとめ

「どうして怒られてばかりなんだろう」という悩みは、「怒られる」状況が引き起こされた理由を探ることで対処できます。

怒られる原因となるミスをなくすための考え方・仕事の進め方を取り入れつつも、あなた自身が最大限のパフォーマンスができる場なのかを冷静に見極めることも大切です。

あなたの価値を客観的に見て、納得できるキャリアを築くためにも、転職エージェントを活用して、多様な可能性にオープンな姿勢をもつようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です