20代におすすめの転職サイト▶︎

仕事で怒られてばかりで辛い人に知ってほしい上司の気持ちと対処法

「仕事で怒られてばかりで、どうすれば改善されるのかわからない……」と悩んでしまうことってありませんか?

「なんで自分ばっかり……」と落ち込み、自信を無くしてしまうこともあるでしょう。

しかし、怒られやすい人には特徴があることが多いのです。

そこでこの記事では、仕事で怒られてばかりいる人にはどんな特徴があり、どう対処すればいいのかを中心にお伝えします。

いまの環境を少しでも改善するために、ぜひチェックしてみてください。

MEMO
あまりに理不尽な理由で怒られるときや、ハラスメントを受けている場合には転職も検討しましょう。仕事は人生の一部。心身を壊してしまっては元も子もありません。おすすめの転職エージェントは以下の記事で紹介していますので参考にしてみてください。
【おすすめ転職サイト】20社以上のサービスを利用するサラリーマンが紹介

また、仕事を辞めたいと思っている方は「【仕事を辞めたい】6つの理由に対して、それぞれ徹底的に解決策を紹介します」もぜひあわせてお読みください。

仕事で怒られやすい人の5つの特徴

仕事で怒られやすい人の5つの特徴

そもそもなぜ、「仕事で怒られてばかり」といった状況になってしまうのでしょうか。

一生懸命仕事をしているはずなのに評価されず、毎回怒られてしまうのは精神的にも辛いですよね。

しかし、実は仕事で怒られやすい人には以下のような特徴があるのです。

  1. 同じミスを繰り返す
  2. コミュニケーションが足りない
  3. 責任感がない
  4. 自分のミスを受け入れられない
  5. ルールや時間を守らない

それぞれどういうことか、もう少し詳しくお伝えしていきます。

1. 同じミスを繰り返す

仕事でミスをしてしまうことは誰にでもあり得ます。しかし、同じミスを繰り返してしまう場合は要注意。

同じミスを何度も繰り返すと、「反省していないのではないか」「やる気がないのではないか」と思われてしまいかねません。

失敗の経験を活かし、反省して改善することで成長につながります。

いつまで経っても成長が見られなければ、やる気や意欲が感じられず、怒られやすくなってしまうのです。

2. コミュニケーションが足りない

コミュニケーションが足りないことも、怒られる原因になることがあります。

挨拶はもちろん、ビジネスにおけるコミュニケーションでは「報告・連絡・相談」が重要。怠ると思わぬミスにつながりかねません。

たとえば、

  • 業務の進捗に関する報告を怠って締め切りに遅れてしまう
  • 不明な点があるのに相談せず、間違ったまま業務を進めてしまう

といった問題に発展することがあります。

そのため、社内・社外問わず積極的なコミュニケーションを意識することが重要です。

3. 責任感がない

自分の仕事に責任を持てないことも、怒られやすい要因の一つ。

責任感がないと、仕事を途中で投げ出してしまったり、自分のミスを他人のせいにしてしまったりすることがあるからです。

与えられた仕事に対して責任を持って向き合うことで、たとえ失敗したとしても反省し、次につなげられます。

成功すれば自信にもつながり、周りからの信頼も得られます。

つまり責任感がなければ、成長も遅くなり、信頼も得られません。

怒られるだけでなく、仕事を任せてもらえなくなって居場所を失うこともあるため、注意が必要です。

4. 自分のミスを受け入れられない

前述もしましたが、仕事でミスをしてしまうことは誰にでもあるもの。

重要なのは、なぜミスをしたのか、どうすれば次はそのミスを防げるのかを考えることです。

しかし、まず自分がミスをしたことを受け入れられないと、反省すらできず、成長につながりません。

その結果、また同じミスをしてしまう可能性も。

ミスをしたときは、言い訳をしたり他人に押しつけたりせず、自分の何がいけなかったのかを考えることが必要です。

5. ルールや時間を守らない

ビジネスシーンに限らず、ルールや時間を守ることは重要です。

与えられたルールや決められた時間を守ることで、円滑に仕事を進められることが多いからです。

たとえば、取引先との商談の時間に何度も遅れてしまったり、書類作成の締め切りを守れなかったりすると、怒られるだけでなく、信用も失ってしまいかねません。

もし、やむを得ない事情でルールや時間を守れない状況になった場合は、必ず事前に上司や取引先などに伝えましょう。

「知らなかった」では済まないこともあるため、やむを得ない状況こそ「報告・連絡・相談」が重要。

ルールや時間に関しては甘えずに、守るという意識を強く持つようにしたいですね。

怒られる人に知ってほしい上司が叱る3つの理由

怒られる人に知ってほしい上司が叱る3つの理由

上司側に怒られてばかり、という場合は、「上司がなぜ怒るのか」を分析することで対処できる可能性があります。

そして上司が怒る主な理由が、以下の3つ。

  1. あなたの成長を期待しているから
  2. ミスを自覚して繰り返してほしくないから
  3. 上司の個人的な好き嫌いのため

どういうことなのか、こちらもそれぞれ詳しくお話しします。

1. あなたの成長を期待しているから

上司が怒る場合は、「この失敗から学んで成長してほしい」という期待の裏返しであることが多いです。

しっかり怒っておかないと、「また失敗しても怒られるわけでもないし、大丈夫だろう」と甘く考えてしまうことがあるからです。

もちろん「怒られたくないから気をつけよう」というのは本質的ではありません。

しかし、怒ることで「次は失敗しないように気を引き締めて取り組もう」といった良い意味での緊張感も生まれ、成功につながりやすくなります。

成功を経験することで自信も生まれ、成長していきます。

本当は怒りたいわけではないけれど、心を鬼にして怒っている場合があるのです。

2. ミスを自覚して繰り返してほしくないから

「ミスをしても怒られない」といった状況は、気持ちの緩みや甘えから生じてしまうことがあります。

また、自分のミスであることを自覚させないと、自分の何がどう悪かったのかという反省をしない可能性もあります。

その結果、同じミスを繰り返してしまいかねません。

また、何度指摘しても同じミスを繰り返していると、上司としては苛立ちを覚えることもあります。

そのため、同じミスを繰り返させず、成長につなげることや円滑に業務を進めることを目的に怒るということです。

3. 上司の個人的な好き嫌いのため

上司が仕事で怒る場合、前述したようにその人の成長を期待していることが多いです。

しかし、中には自分の個人的な好き嫌いで怒る上司もいます。

理由なく感情的に怒鳴ったり、業務とは関係ないあなた個人を攻撃するような発言があったりするのは大きな問題。

言葉をえらばずに言えば、そんな上司は「クソ上司」です。

打倒クソ上司!クソ上司にありがちな特徴と対処法を解説!

そのような状況が続く場合は、一人で抱えずに他の上司や同僚に相談してみましょう。

また、どうしても精神的にツラい場合は、転職を視野にいれることも選択肢の一つです。

まずは怒られる理由を一度冷静に分析したうえで、自分の対応を考えてみることが必要です。

「仕事で怒られてばかりで辛い……」と感じる時の年代別の対処法

「仕事で怒られてばかりで辛い……」と感じる時の年代別の対処法

仕事で怒られてしまうことは、どの年代にもあり得ること。

しかし、年代によって怒られることへの感じ方や、その対処法は異なります。

そのため、怒られてばかりで辛く感じてしまう場合の対処法を20代〜50代の年代別にお伝えします。

自分の年代や、普段の自分の仕事への向き合い方を思い返しつつ、確認してみてください。

仕事で怒られてばかりと感じる20代の対処法

同僚や上司、友人など、悩みを打ち明けられる人を見つけておく

20代、特に新卒や2年目・3年目などは社会人としての経験が浅いことから失敗もしやすく、比較的怒られやすい年代といえます。

失敗していなくても理不尽に怒られてしまうこともあり、やりがいが感じられず、精神的に辛くなってしまう可能性も。

一人で抱えると辛さが増してしまうこともあるため、同僚や上司、友人など、悩みを打ち明けられる人を見つけておくのがおすすめです。

そういった人が見つけづらい場合は、気分転換になる趣味などを見つけておくのも改善策の一つです。

また、20代は実績と信用を積み重ねていく時期でもあるため、多少怒られることがあっても踏ん張ってやり切ることも重要。

それでもどうしても辛い場合は、転職も視野に入れましょう。特に20代は未経験分野でも転職しやすい年代。

転職エージェントを利用することで効率的に自分に合う職場が探しやすくなるため、転職を考える場合は以下の記事で自分に合うサービスを探してみてください。

20代におすすめの転職サイト 【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

関連記事:【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

仕事で怒られてばかりと感じる30代の対処法

自分がより成長できる良い機会だと捉える

30代は、経験を積み重ねてきたことで、ある程度の実績を持っている場合が多いです。

そのため、20代よりもハードルの高い仕事を任されることもあり、そこで結果を出せなければ怒られてしまうこともあり得ます。

そういった場合は、自分がより成長できる良い機会だと捉えることで、前向きな気持ちになれます。

もしそれでも怒られることが多いのであれば、その原因をまず冷静に考えてみるのがおすすめ。

自分が結果を出せていないのか、周囲との人間関係が合わないのかなど、原因によってとるべき対応も変わります。

なかなか結果が出ないのであれば、自分の意識を変えたり、努力を重ねたりすれば改善できる可能性があります。

一方で、環境が合わないのであれば、30代までに積み上げた実績を活かし、転職も視野に入れてみましょう。

仕事で怒られてばかりと感じる40代の対処法

自分の経験を活かせる働き方を考える。異動や転職も検討する

40代になると、上司が年下になる可能性もありますね。

年功序列の風習がなくなりつつあるとはいえ、年下から怒られてしまうと自分の不甲斐なさに落胆してしまうこともあるでしょう。

年下でないにしても、怒られてばかりいるのは精神的にも辛いですよね。

しかし、40代もまた、30代同様に実績がある程度積み上げられている場合があります。

まずはその経験をどう活かせるのかを考えたいところ。たとえば管理能力が高ければ教育の方面で活躍できる可能性があります。

もしいまの職場で経験が活かせないのであれば、環境を変えることも選択肢の一つ。

40代でも経験が活かせる職場なら転職できる可能性はじゅうぶんにあります。

転職エージェントに相談するなどして、最大限に自分のポテンシャルを発揮できる環境を探してみることもおすすめです。

仕事で怒られてばかりと感じる50代の対処法

怒られる原因を冷静に考え「自分」か「環境」を変える

50代の場合で怒られる原因としては、時代の流れに遅れをとってしまっていたり、経験が活かせない環境で働いていたりすることが多いのではないでしょうか。

たとえばPC作業に慣れておらず、若手と衝突してしまうこともあり得ます。

もし自分の知識やスキルが足りていないと感じるのであれば、一度その事実を受け入れ、学ぶ意識も重要です。

新しいことを学ぶことは大変かもしれません。しかし、50代までに積み上げた経験値に、新しいスキルが加われば強い武器になる可能性も。

もちろん経験を活かせる環境に転職するという選択肢もあります。

まずは怒られる原因を冷静に考え、自分と環境のどちらを変えるべきか、考えてみるのがおすすめです。

仕事で怒られてばかりのときに感じやすい4つの悩み

仕事で怒られてばかりのときに感じやすい4つの悩み

仕事で怒られてばかりいると、自信を失い、悩みが増えていくこともありますよね。

特に以下のような悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

  1. 「向いてないのかな……」と不安になる
  2. 辞めたいのは「正解なのか逃げなのか」わからなくなる
  3. 「自分は劣っているのかな……」と自信がなくなる
  4. ストレスでうつや適応障害になる

それぞれ解決策とともにもう少し具体的にお伝えします。ぜひチェックしてみてください。

1. 「向いてないのかな……」と不安になる

何度も怒られると、「自分にこの仕事は向いていないかな……」と不安に思うことがあります。

同じ仕事でも結果を出せる同僚を見て、さらに落ち込んでしまうことも。

しかし、仮に向いていなくても努力を続ければ、結果を出せるようになる可能性はじゅうぶんにあります。

結果を出せて自信がつけば、初めは苦手と感じていた業務がいつの間にか得意になっていることもあるのです。

向いている、向いていないだけで判断せず、その仕事が好きなのか、やりがいはあるのかなど、あらゆる方面から考えてみるのがおすすめです。

2. 辞めたいのは「正解なのか逃げなのか」わからなくなる

怒られてばかりで辛くなると、「職場を辞めたい」と感じることもありますよね。

しかし、「いま辞めるのは逃げなのではないか」「環境を変えても結局変わらないのではないか」と不安になることもあります。

辞めることが正解かどうかを判断するうえで重要なことは、「なぜ辞めたいのか」ということ。

たとえば自分が仕事で結果を出しているのに怒られてばかりいる状況なら、転職を考えるのがおすすめです。

一方で、「上司と性格が合わない」「自分が仕事に本気で向き合えていない」といった理由の場合、自分が変わらないと転職しても同じことが起こる可能性があります。

なぜ辞めたいのか、いまの環境でもできることはないかを一度冷静に考えることで、辞めることが正解なのか逃げなのか、答えが見えてくることがあります。

3. 「自分は劣っているのかな……」と自信がなくなる

怒られてばかりの自分と、結果を出す同僚とを比べてしまい、自分が劣っていると感じて自信がなくなることがあります。

しかし、成長の速度は人それぞれ。

怒られてばかりで結果が出せなくとも、継続することで成長する大器晩成型の人もいます。

どうしても他人と比べてしまうという場合は、まず自分の目標を明確にするのがおすすめ。

その目標に対して自分はいまどの位置にいて、何をするべきなのかを考えることで、他人よりも自分に目を向けやすくなります。

4. ストレスでうつや適応障害になる

怒られてばかりで精神的に辛くなると、ストレスが溜まり、うつや適応障害になることがあります。

体や心を壊すほどの無理は禁物です。思い切って環境を変えることを視野に入れましょう。

環境が変わることで仕事がしやすくなり、いまより結果が出せるようになる可能性もあります。

いまの自分で変えられることがないという場合は、転職を考えてみるのがおすすめです。

なお、もし「自分もうつ病かも?」と感じる場合は、以下の記事も参考にしてみてください。

仕事をやめたいと思うのは鬱(うつ)が原因?適切な対処法で心身を壊さないようにしてください 仕事を辞めたいのは鬱(うつ)が原因かも。適切な対処法を今すぐチェック!

関連記事:仕事を辞めたいのは鬱(うつ)が原因かも。適切な対処法を今すぐチェック!

あまりに理不尽に怒られて仕事が辛い場合は転職も

あまりに理不尽に怒られて仕事が辛い場合は転職も

仕事で怒られてしまうことは誰にでもあり得ます。

しかし理不尽に怒られてばかりいる場合は、ストレスが募り、心身の健康を損ねてしまいかねません。

そのため、どうしても辛いのであれば無理をせず、環境を変えてみることも改善策の一つです。

環境が変わることで周囲からの評価も変わったり、人間関係も円滑になったりする可能性もあるからです。

職場は収入をもらうだけでなく、あなたの人生を形成する重要な場所。

理不尽にただ耐えるのではなく、新しい環境に挑戦する勇気もときには必要です。

まずは転職サイトや転職エージェントで情報を集め、より最適な職場を見つけてみましょう。

おすすめの転職サイトや転職エージェントは以下の記事でお伝えしています。

年代や業界などに分けて詳しくまとめているので、ぜひ一度確認してみてください。

【おすすめ転職サイト】20社以上のサービスを利用するサラリーマンが紹介

「とにかく一番おすすめの転職サービスが知りたい」という場合は、20代ならキャリトレ、30代以上ならリクナビNEXTがおすすめです。

>>キャリトレ公式HPをチェック

>>リクナビNEXT公式HPをチェック

仕事で怒られてばかりの時の対処法 まとめ

仕事で怒られてばかりいることが辛い場合は、まずその理由を冷静に考えてみましょう。

自分の仕事への向き合い方に問題があるのか、その環境に問題があるのかによって自分がとるべき対応が変わります。

自分に原因があるのであれば、まずは自分の行動や意識を変えてみるのがおすすめ。

しかし、自分ではどうしようもない理不尽なことで怒られてしまう場合は、転職するのも一つの方法です。

もし、自分一人では答えがどうしても見つからないという場合は、転職エージェントを利用してみるのもおすすめです。

第三者として客観的な意見をくれることがあります。

自分と向き合い、より良い環境を手に入れられる環境を手に入れましょう。

関連記事:【おすすめ転職サイト】20社以上のサービスを利用するサラリーマンが紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です