20代におすすめの転職サイト▶︎

仕事が見つからない理由は?20代を中心に仕事を見つける考え方と方法を伝授します!

そろそろ働かないとまずい思っているけれども、なかなか仕事が見つからない20代の方へ。

頑張って仕事を探しているのになかなか見つからないと、不安や焦りでつらくなってしまいますよね。

仕事が見つからない理由は年齢など本人の状況によって違いますが、いい仕事を見つけるためには自分の強みや興味と応募先の会社がマッチしていなければなりません。

この記事では20代を中心に、年代ごとに仕事が見つからない理由と対処法を説明し、仕事探しのコツや役に立つ求人サイトも紹介していきます。

今回の記事を読めば、仕事がなかなか見つからない理由がわかり、納得のいく良い転職活動を進めることが出来るようになります。

サトシ

納得できる仕事を見つけるためには転職サイトや転職エージェントを使うことが不可欠です。こちらの記事を参考に、自分に合った物を見つけてください
20代におすすめの転職サイト 【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

関連記事:【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

もくじ

20代で仕事が見つからない理由は4つ

20代で仕事が見つからない理由は4つ

20代でなかなか仕事が見つからないよくある理由としては、4つ考えられます。

  1. 理想が高すぎる
  2. 働いていない期間が長く、自信を失っている
  3. 中長期的な視点を持てず、目の前のことにしか目がいかない
  4. 転職活動のやり方がわからず、何をすればいいかわからない

下記にてそれぞれ見ていきます。

1.仕事に対する理想が高すぎる

20代にありがちなのが、仕事に対する理想が高すぎることです。

仕事を探すうえで、例えば収入が良い、残業時間が非常に短い、休日が多いなど、検討する条件はさまざま。

加えて、その仕事が自分にとってやりがいがありそうなのか、やりたいことなのか、という視点も必要です。

とはいえ、あなたの希望条件を全て満たす求人は世の中にはそう多く回りません。

いくつかの希望条件の中で、譲れるもの・譲れないものと区別し、折り合いをつけて仕事を探さなければ、いつまでたっても仕事は見つかりません。

2.働いていない期間が長く、自信を失っている

現在ニート状態だったり、卒業後も正社員として働いた経験のない20代は、働いていない期間が長いと「社会に必要とされるのか?」と自信を失ってしまうこともあります。

自信を失ってしまうと、次の行動を起こすときに「私なんか必要とされるのか?」と、ネガティブな感情が頭を占めてしまうことも。

こうなってしまうと、行動を起こすことをためらってしまい、仕事探しをすることが出来ず、なかなか仕事が見つからない、という負のサイクルにはまってしまいます。

3.中長期的な視点を持てず、目の前のことにしか目がいかない

目に見えることに左右されてしまい、中長期的な視点を持てないために仕事が見つからないというケースもあります。

例えば、給与面などの希望条件を考えてみましょう。

入社1年目は年収が低く、もしかしたらアルバイトをしていた方が時給換算したら高くなる場合もあるかもしれません。

しかしその会社が着実に業績を伸ばしている会社で、入社後数年してから給与が高くなるとしたら、どうでしょう。

このように目の前のものだけでなく中長期的な視点をもって、仕事を探すことが大切です。

4.転職活動のやり方がわからず、何をすればいいかわからない

転職活動のやり方がわからず何をすればいいかわからないのも、仕事がなかなか見つからない原因のひとつ。

仕事探しでは希望条件の求人を探すだけでなく、履歴書・職務経歴書の書き方や、合格できる面接のやり方など、おさえておくべきことがさまざまあります。

転職活動にあたってやるべきことは、自分から情報収集しないといけないのですが、必要な情報を集めるのは面倒くさいのも事実です。

結果として転職活動自体がとても面倒くさく感じてしまい、なかなか仕事が見つからないという状況に陥ってしまうことも。

自分で情報収集をするのが面倒くさくなってしまう人は、転職エージェントなどを活用して効率よく情報収集をするのが大切です。

仕事をすぐ辞める人の特徴7個とすぐ辞めないための仕事の見つけ方

関連記事:仕事をすぐ辞める人の特徴7個とすぐ辞めないための仕事の見つけ方

20代で仕事が見つからないときの対処法

20代で仕事が見つからないときの対処法

なんとなく「やりたい仕事がわからないな」と思っている20代の方は多いですが、以下で紹介する流れで考えていけばやりたい仕事が見えてきます。

やりたい仕事が見つかったら求職活動をすることになりますが、「新卒のみ」「新卒歓迎」の募集なら職務経験がなくてもOKです。

応募のときは、学生の間に身に付けたスキルや好き・得意だったことを自己PRでアピールしましょう。

やりたい仕事がわからないときは自分の得意や好きを活かす

新卒の方に多いのですが、やりたい仕事がわからないと仕事が見つかる可能性は低くなってしまいます。

実は、下記の2点を解決すれば「やりたい仕事」は自然と見えてきます。

  • 自分の得意なことが何なのかわからない
  • 世の中にどんな仕事があるのかわからない

まずは学生生活の中で好きだったことや得意だったことをあげてみましょう。

学生生活の中で得意を見つける例
  • 人と話すのが好き
  • 一人でコツコツ続けられる何かがある
  • 英語がいちばんいい成績だった

そのうえで、生活の中で興味があるモノやサービスをあげてみてください。

「パソコンでできるゲームが好き」「○○社が作っているお菓子がお気に入り」「いつも洋服は決まったお店で買う」など、なんでもかまいません。

次は求人サイトで色々なジャンルの仕事を見てみて、「自分にもできるかもしれない」と思えたら積極的にエントリーしてみましょう。

関連記事:【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

この記事の後半でもおすすめの求人サイトを紹介しているので、参考にしてみてください。

職務経験がなくても学生時代のスキルをアピールする

20代や10代の場合、職務経験があまりない方が多いですが、新卒のみの求人や新卒歓迎の求人に絞って応募すれば、採用される可能性は十分にあります。

学生の間にTOEICや簿記などのスキルを身に付けた人は、応募のときにアピールしてみましょう。

応募先の仕事と関係のあるスキルを自己PRに盛り込めば、「スキルがある」「意欲が高い」と評価されるチャンスができます。

学生時代にしていた勉強もアピールポイントになることがあります。

専門学校なら習った内容がそのままスキルになりますし、大学生でも経済や語学など求職活動でプラスになる科目は多いです。

「当てはまるものがない」という方は、自分の好きなことや得意なことを応募先の仕事と結び付けられないか考えてみましょう。

「人と会うのが楽しいので接客は得意です」「地道な作業でも一人でコツコツやっていくのが好きです」など、簡単なことでも意外としっかりしたアピールポイントになります。

20代以降で仕事が見つからない理由と解決策を年代別に解説

仕事が見つからない理由を年代別に解説

仕事が見つからない理由は、年代によって違います。

20代前後の若い方の場合、やりたい仕事がわからなくて仕事が探せないパターンが多いです。

一方、30代では自分が仕事に何を求めているのかハッキリさせないと仕事が長続きせず、40代になると年齢がネックになるケースも。

年齢を重ねるにつれて、仕事が見つからない理由は深刻化する傾向です。

年代別で仕事が見つからない理由を調査してみました。

30代で仕事が見つからない理由

30代で仕事が見つからない場合、「自分が仕事に何を求めているのか」がはっきりしていないパターンが多いです。

仕事をする以上「お金」を求めているのは当然ですが、それに加えて「やりがい」も見つけられないと仕事が長続きしません。

やりがいを見つけるために、下記4つの質問に答えてみてください。

  1. 仕事のやる気が出るのは何をしているときですか?
  2. 仕事のやる気が出ないのは何をしているときですか?
  3. 「結果が出せる」と感じるのはどんなときですか?
  4. 「結果が出せない」と感じるのはどんなときですか?

次に求人サイトを見て、「やる気が出て結果も出せる」業務が多い仕事がないか探してみましょう。

あまりピンとくるものがなければ、以下の2つを試してみてください。

  • やる気は出るが結果が出せない仕事で結果を出す方法を考える
  • 結果は出せるがやる気は出ない仕事でやる気を出す方法を考える

やる気が出て結果も出せる業務が増やせるので、応募先を選ぶときの選択肢が広がります。

40代で仕事が見つからない理由

40代以上になると、年齢がネックとなって仕事が見つからないことも多いでしょう。

実は、年齢とともに重ねた経験を活かせば仕事が見つかる可能性は格段に上がるのです。

「資格もスキルも持っていない」と思ってしまう方も多いかもしれませんが、まずはこれまでの経歴を振り返ってみましょう。

いちばんの近道は、仕事や生活での経験をそのまま転職に活かすこと。

「飲食店で働いていてお店の運営にも関わった」「商品の買い付けを担当していたのでシャンプー市場には詳しい」など、小さなことでもいいので自分の強みをあげてみてください。

実務経験や業界の知識など、アピールできるところが見えてくると思います。

次は、日常生活の中で興味を持てるジャンルを探してみましょう。

興味を持てるジャンルの例
  • 猫が大好きでキャットフードにはこだわりがある
  • 写真が趣味なのでデジカメは色々見ている

強みと興味がわかったら、求人サイトや転職サイトを見てみてください。

今回の例だと「猫用シャンプー専門店で買い付けや販促をする仕事」が浮かび上がってくるといった具合で、興味があることと自分にできることがかみ合う仕事が見つかるはずです。

仕事が見つからないときに実践したい考え方と5つの手順

仕事が見つからないときに実践したい考え方と5つの手順

仕事が見つからない原因がわかったら、次は原因をの解決策を考える必要があります。

仕事を見つけるためには次の5つを意識しましょう。

  1. 10年後、どう生きていたいか、イメージする
  2. これまでの人生で、周りよりうまくできたことや褒められたことを思い出す
  3. 褒められたことをベースに、どんな仕事をやりたいのか考える
  4. 希望条件をすべてリストアップし、優先順位をつける
  5. 転職サービスを利用し、上記の希望条件に合う求人を見つけてもらう

1つずつ解説します。

1.10年後、どう生きていたいかをイメージする

仕事探しをする前に、今後どのような人生を送っていたいのか、10年後どう生きていたいのかをイメージしましょう。

この段階では先入観をいっさい排除し「こうなったら最高だなー!」と、妄想でもいいのでとことんイメージするようにします。

将来のありたい姿をイメージし続けることで、やりたい事(=will)を明確にします。

2.これまでの人生で、周りよりうまくできたことや褒められたことを思い出す

幼稚園の頃などを含めて、自分の人生を覚えているところ全て振り返ってみて、周りよりも褒められた経験を思い出してみましょう。

それにより、あなたの中に眠っている強み(=can)を明確にすることができます。

強みを明確にすることができるようになると、自分の強みを活かせる仕事を探しやすくなる他、やりたいことを見つけやすくなるメリットがあります。

3.褒められたことをベースに、どんな仕事をやりたいのか考える

褒められたことや他の人よりも上手に出来たことのピックアップができたら、それぞれ「なぜ上手に出来たのか?」「褒められたことや上手にできたことに共通点はあるか?」という軸で考えてみましょう。

この作業をすることで強みの共通点を理解することができれば、「私は〇〇の強みがあるから、▲▲な職場・仕事なら活躍できるかも!」とイメージできるようになります。

4.希望条件をすべてリストアップし、優先順位をつける

やりたいことと強みがわかったら、自分が仕事に対して考える希望条件をリストアップしましょう。

この段階では、妥協せずにいったん全て洗い出すように意識し、全て洗い出したら、それぞれに優先順位をつけます。

例えば、

  • 優先順位A=絶対に外せない条件
  • 優先順位B=出来れば外したくない条件
  • 優先順位C=あれば嬉しいけど、なくてもいい条件

上記のように、どの条件を優先して叶えたいのか明確にしておきましょう。

ここまでの4点を意識すれば自ずと選択肢が絞れてきて、なおかつ、自分の能力と意思に沿ったモノになっているはずです。

ここからは実際に書類を書き、面接の対策をしていきましょう。

5.転職サービスを利用し、上記の希望条件に合う求人を見つけてもらう

希望条件と自分の強みを明確にしたら、転職サービスに登録し、合格しやすくかつ希望条件を満たす求人を探しましょう。

もちろん自分で検索して求人を見つけ出すこともできますが、求人数は無限で膨大な時間と労力がかかるもの。

効率的に転職活動をするためには転職サービスを使う事が不可欠です。

転職エージェントなら自分の希望や能力にあった求人を紹介してくれる上に、履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策をしてくれます。

また中には転職サイトや転職エージェント限定の求人がある場合も。

転職サービスを活用してより効率良く希望に合う求人を見つけていきましょう。

仕事が見つからないときに活用したい求人サイト

仕事探しのときは、自分に合った求人サイトを利用するのもポイントです。

ここでは20代におすすめ・正社員の仕事探し・女性向けの3パターンで、活用できる求人サイトを紹介していきます。

20代におすすめの「キャリトレ」

キャリトレ

画像引用元:キャリトレ

キャリトレは20代に特化した転職サービスで、提供しているのはハイクラス求人サイトの運営会社として知られる「ビズリーチ」。

キャリトレでは毎日求人情報が届き、閲覧した求人を「興味がある」として保存できます。

この振り分けをAIが学習することで好みに近い求人が届くようになるのが、キャリトレの大きな特徴です。

扱っている求人はIT系企業を中心に、大手企業から優良ベンチャー企業までバリエーションが豊富。

キャリトレは以下のような方にとても相性が良いサービスです。

  • 20代で、自分に合いそうな求人をゆっくり吟味したい方
  • IT系企業やベンチャー企業に挑戦したい方

キャリトレについて次の記事で解説しているので参考にしてください。

かんたん3分で登録完了

無料登録後もお金はかかりません。

キャリトレの評判と口コミ 【実体験レビュー】キャリトレの評判と口コミを20代の僕が実際に利用して評価してみた

関連記事:【実体験レビュー】キャリトレの評判と口コミを20代の僕が実際に利用して評価してみた

正社員の仕事探しなら「doda」

doda

画像引用元:doda

dodaは、業界第2位の売上高を誇る人材大手「パーソルホールディングス」が運営している人材紹介サービス。

2021年4月現在で7万7000件以上という求人数の多さを誇っています。

dodaは20代に特化した転職サービスではないものの、運営会社は歴史が長く、転職サポート実績が豊富です。

20代・未経験の方の転職支援実績もあるので、下記に当てはまる方にはdodaがうってつけです。

  • 数多くの求人の中から自分に合う会社を見つけたい方
  • 会社に歴史や実績のあるところで転職支援を受けたい方
  • じっくり時間をかけて納得のいく転職活動をしたい方

かんたん3分で登録完了

無料登録後もお金はかかりません。

doda 【doda(デューダ)の評判】キャリア面談に行って実際に確かめてみた

関連記事:【doda(デューダ)の評判】キャリア面談に行って実際に確かめてみた

女性にやさしい転職サービス「LiBzCAREER」

LiBzCAREER(リブズキャリア)

画像引用元:LiBzCAREER

LiBzCAREER(リブズキャリア)は女性のキャリアアップを応援してくれる転職サイト。

結婚・出産・育児など女性のライフステージに合わせて、様々な企業から連絡が来るシステムです。

また診断やアンケートに答えることで、自分の得意なことや叶えたいことを整理できます。

LiBzCAREERは下記のような女性にとって活用しやすいと言えます。

  • これからキャリアアップしていきたい方
  • 育児から仕事に復帰したい方
  • 働き方を改善したい方

かんたん3分で登録完了

無料登録後もお金はかかりません。

LiBzCAREER(リブズキャリア)の評判と口コミは?【女性に特化した転職サイト】

関連記事:LiBzCAREER(リブズキャリア)の評判と口コミは?【女性に特化した転職サイト】

仕事が見つからないときの仕事探しのコツを状況別に解説

仕事が見つからないときの仕事探しのコツを状況別に解説

仕事探しのコツは、人によって様々なので状況によっては仕事探しを工夫しなければいけません。

例えば、主婦の方は仕事ができる時間が限られてくるケースが多いので、希望の条件をまとめてから応募するのがコツ。

コロナ禍で仕事が見つからない方は、応募する業界をよく考えましょう。

ニートの方は、20代か30代以上かで取るべき選択肢が異なります。

仕事が見つかりにくい状況や属性に合わせて、仕事探しのコツを紹介します。

主婦でもできる仕事が見つからない場合

主婦の方が仕事を探すときは、まず自分の希望条件をしっかり確認しましょう。

  • 一日のうち仕事にあてられる時間はどのくらいか
  • 勤務地はどこがいいか
  • どのくらい稼ぎたいか

仕事ができる時間の長さによって、雇用形態(正社員・パート・アルバイトなど)が変わってきます。

家から遠すぎると困る方は、勤務地も絞り込んで仕事探しをしましょう。

パートナーの扶養に入るかどうかも関わってくるので、稼ぎたい金額もある程度決めておきます。

条件を絞り込んで仕事を探せば、闇雲に求人を検索するより効率がよくなります。

実際に求人を探すときは、以下の項目を意識するとスムーズです。

主婦の仕事探しで意識したい項目
  • これまでに経験した仕事の内容
  • 資格やスキル(あれば)
  • 好き・得意なジャンル

エントリー時の自己アピールにも使えるので、事前にじっくり考えてみてください。

コロナ禍で仕事が見つからない場合

新型コロナウイルス感染症の影響で仕事が見つからない方は、応募する業界をよく考える必要があります。

飲食業や小売業など店舗を構えて営業するタイプの業界はコロナ禍で大きな影響がでており、店員の数を大きく減らすなどの対策をとっているところがほとんど。

一方、下記のようにコロナ禍というピンチをチャンスに変えている業界もあります。

コロナ禍でも有利な業界
  • IT業界
  • エンターテインメント業界
  • インターネット業界

ニートで仕事が見つからない場合

ニートで職務経験がない方の場合、年齢で仕事探しの難易度が大きく違います。

20代であれば「これから成長できるポテンシャルがある」と考えて採用してもらえる可能性はあります。

自分の興味や得意なことを書き出してみて、無理なくできそうな「未経験可」の仕事に応募するのがよいでしょう。

30代以上の場合は未経験可の案件が少なくなるので、20代よりも仕事探しは厳しいのが事実。

まずはパートやアルバイトで職務経験を積む、ハローワークで職業訓練を受けるなどの工夫が必要となってくるでしょう。

関連記事:【目指せ正社員】フリーターにおすすめの転職エージェントはどれ?厳選の4社を紹介

仕事が見つからないときの不安や焦りの対処法

仕事が見つからないときの不安や焦りの対処法

仕事が見つからない状態が続くと、不安や焦りにとらわれてしまうこともあると思います。

そんなときは、アルバイトや在宅ワークで金銭的な不安をやわらげると効果的です。

就職で有利になるスキルや資格を身に付けるのもよいでしょう。

ただし頑張りすぎて体を壊さないよう、体調管理はしっかりしてください。

アルバイトや在宅ワークで一時的な収入を得る

正社員の仕事を探したい場合でも、金銭的な不安があるならアルバイトや在宅ワークで一時的な収入を得ることをおすすめします。

アルバイト先を選ぶときは、「シフト自由」など時間を取られすぎないものを選ぶとよいでしょう。

在宅ワークは「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサービスに加えて、「Indeed」「バイトル」「タウンワーク」などの求人サイトでも扱われています。

仕事に必要なスキルが磨ける勉強をする

仕事が見つからない間は、暇な時間ができると「今は何もできない」と焦ってしまうかもしれません。

そんなときは、余った時間を利用して仕事に役立つスキルが磨ける勉強をしましょう。

例えば、英語スキルのものさしであるTOEICで高得点を取るために勉強するのも一つの手です。

関連記事:【2021年版】TOEICの勉強法やコツをTOEIC970点取得の僕が解説します。英語初心者〜上級者まで目標スコア別に徹底解説します!

不安なときこそ体調管理は万全に

仕事が見つからない状況が続くと、「不安でたまらない」「落ち着かない」など精神的に不調を感じることもあるかもしれません。

つらい状態が長く続く場合は、厚生労働省が紹介している相談窓口で相談してみましょう。

参考:厚生労働省|心の悩みにおける相談窓口一覧

下記のようなセルフケアをするのも大切です。

  • 早寝早起きで生活リズムを整える
  • 栄養をしっかりとる
  • 自分の時間をとってリラックスする

体がいちばんの資本なので、しっかり体調を整えましょう。

仕事が見つからないときは自分の強みや希望を見つめ直そう

仕事が見つからない理由は年齢や環境によって異なりますが、自分のやりたいことや強みに合わせて仕事探しをするのがポイントです。

20代の方は、自分のやりたい仕事をハッキリさせつつ、自分の強みを自己PRに反映させましょう。

30代の方は「仕事に何を求めているのか」を考えながら、やる気が出て結果も出せる業務が多い仕事を探してみてください。

40代になると年齢がネックになることも多いですが、逆にこれまで重ねてきた経験を活かせば勝機はあります。

どの年代の方でも、仕事探しでは自分に合った求人サイトを利用するのが大切。

この記事で紹介した求人・転職サイトを活用して、自分にピッタリの仕事を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です