20代におすすめの転職サイト▶︎

フリーターでも一人暮らしは可能?どれくらいお金がかかるのか調べてみた

一人暮らしには、「自立」「自由」といったイメージがあるものの、いざ始めるとなるといろいろな不安がつきものです。

特にフリーターで働きながら一人暮らしを続けるとなると、気になるのが「毎月いくらかかるの?」という問題。

一人暮らしでどれくらいお金がかかるかわかりにくいよね

ハルカ

サトシ

実際にどれくらいお金が必要なのか、お金をかけないようにするにはどうしたら良いか解説するよ

実際に一人暮らしを始めてから「来月の家賃が払えない!」と焦ることがないように、最初に「フリーターの一人暮らし」を数値化してイメージすることが重要です。

そこで今回は、一人暮らしにはどれくらいお金がかかるのかの実態と、フリーターが一人暮らしを続けていくためにすべきことを紹介していきます。

MEMO
フリーターでの一人暮らしは金銭面での負担が大きいです。安定した給料を得るためにも正社員としての就職も考えましょう。正社員への就職には、内定率8割越え・書類審査なしのハタラクティブがおすすめです。

フリーターの方は「フリーターにおすすめの転職サイト」の記事にておすすめの転職サイトを紹介していますので、そちらも合わせてご覧ください。

フリーターが一人暮らしするときにかかるお金の実情を把握!必要なお金を項目別にチェック

フリーターが一人暮らしするときにかかるお金の実情を把握!必要なお金を項目別にチェック

一人暮らしにかかるお金を考えるときに、意外に見落としやすいのが、「初期費用」と呼ばれるお金です。

つまり一人暮らしを「始める」ためにお金がかかるわけですね。

一人暮らしにかかるお金の実情を把握するために、必要なお金を項目別にチェックしましょう。

必ずかかるお金として、次の5つが挙げられます。

  1. 家賃
  2. 引越し費用
  3. 生活費
  4. 娯楽・教養費
  5. 交際費

それぞれについて項目ごとに詳しく確認しましょう。

1.家賃

毎月必ずかかるもので、一人暮らしのコストを左右するのが「家賃」です。

家賃の相場は、地域と間取りによって変動します。

例えば東京・大阪・福岡の中心地で一般的な1K(メインの居室とキッチンスペースが別で扉で仕切られている間取り)の相場は次のとおり。

地域別の家賃相場
  • 東京(23区)8万円程度
  • 大阪 6万円程度
  • 福岡 5万円程度

ここで注意したいのが、部屋を借りるときの「初期費用」です。

単純に家賃を払えばいいわけではなく、契約に際して次の費用を別途支払う必要があります。

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 諸経費(火災保険費・鍵交換費など)

敷金・礼金・仲介手数料は、それぞれ家賃1ヵ月分のケースが多く見られます。

契約する不動産会社によっても異なりますが、おおよそ家賃の4倍が初期費用として必要です。

東京で8万円の部屋で一人暮らしを始めるとなると、最初の月の家賃+初期費用(家賃の4ヵ月分)で40万円程度かかります。

不動産会社によっては敷金・礼金がかからない物件を紹介してくれる場合もありますが、事前に「通常かかるお金」を明確に理解しておきましょう。

2.引越し費用

意外にコストがかかるのが「引越し費用」です。

実家から衣類など一部を持っていくだけであれば、レンタカーや自家用車を使用して自分で荷物を移動させられるので、業者に依頼する費用が抑えられます。

単身・荷物少なめ・15km以内の、同市区町村以内程度の一般的な引越しの例を見てみましょう。

地域や荷物量によって変動しますが、大手不動産会社SUUMOの情報によると、引越し費用の相場は次の通りです。

引越し相場
  • 東京:42,000円程度
  • 大阪:41,000円程度
  • 福岡:33,000円程度

これだけではなく、新たに家電製品・家具・洗剤などの日用製品を全て一から揃えるとなると、さらにお金がかかります。

私も引っ越した時は洗濯機や家具を揃えるので10万はかかったので、家賃だけじゃなくてこういう費用もちゃんと計算しないとね

ハルカ

まずは最低限度必要なもの、あれば便利なものと、優先順位を立てて準備を進めることをおすすめします。

3.生活費

毎月かかるお金に大きく影響するのが「生活費」です。

生活費として挙げられるのは次のような費用。

生活費の例
  • 食費
  • 水道光熱費
  • 通信費(携帯、WiFiなど)
  • 日用品費(洗剤、ティッシュペーパーなど)
  • 美容費(衣類・化粧品など)

生活必需品を購入するためのお金なので、日々の買い物の仕方を見直しておきましょう。

毎日コンビニでお弁当や惣菜を買い続けていると食費がかさみ、毎月の生活費が大きな負担になる可能性も。

水道光熱費や通信費は毎日の生活に密着する分、どのタイミングでどの程度の金額が請求されるのか、細かくチェックしておく必要があります。

4.娯楽・教養費

自由時間に使用するサービスやレジャーにかかる「娯楽費」も一人暮らしにかかるお金の一部です。

最近では、動画や音楽のストリーミングサービスの種類も増え、サブスクと呼ばれる月額定額制サービスも多種多様です。

また雑誌や書籍など購入したり英会話レッスンを受けたりする「教養費」も必要な費用になります。

ひとつひとつは月額500円程度とわずかな金額であっても、複数になると意外なボリュームになっているケースも。

実際の使用頻度を把握して、必要なものを選んで利用しましょう。

5.交際費

友人との外食やプレゼントの購入など、プライベートの付き合いに欠かせない「交際費」もかかります。

人間関係に影響することもあり、ある程度のコストは否めないものの、毎月かかるお金の金額を大きく動かす要因になるケースも。

シーズンによって変動が出やすいので、あまり交際費がかからない月・いつもより交際費がかかる月というように、1年を通して出費の動きを意識することがポイントです。

一人暮らしを始めるには、意外にも多くの項目でお金が必要になるとわかります。

実際にフリーターで一人暮らしを実現するには、毎月どのくらいのお金が必要になるのか、数値としてイメージをつけていきましょう。

フリーターが一人暮らしするのに1ヵ月でかかる費用はいくらか計算してみた

フリーターが一人暮らしするのに1ヵ月でかかる費用はいくらか計算してみた

フリーターでも一人暮らしができるのか、という不安を解消するには、毎月の支出と収入のバランスが取れるのかをチェックすることが大切です。

実際に一人暮らしするのに1ヵ月でかかるお金はいくらなのでしょうか?

総務省統計局の家計調査(2020年10月~12月)を元に、34歳以下の一人暮らしの1ヶ月の出費を確認すると、15万3千円程度※です。
※正確な金額は152,742円

データを元に、主な支出の項目別にどれくらいのお金が必要なのか確認しましょう。

項目 金額
食費 4万円
住居費 3万円
水道光熱費 8千円
生活用品 1万5千円
交通・通信費 2万円
教養娯楽費 2万円
交際費 1万円
雑費 1万円

参考:総務省統計局 家計調査

毎月15万円程度の出費を継続して支払えなければ、一人暮らしはできません。

まずは現状の生活スタイルに合わせた支出を想定して、「長続きできる」生活に必要なお金を考えるようにしましょう。

想像以上に一人暮らしってお金がかかるんだね

ハルカ

フリーターの年収はいくら?一人暮らしに必要な給料はどれくらい?

フリーターの年収はいくら?一人暮らしに必要な給料はどれくらい?

一人暮らしするにはどれくらいの給料が必要なのか、フリーターの年収と照らし合わせて確認しましょう。

厚生労働省の調査によると、令和2年の34歳以下のフリーターの年収は以下のとおり。

年齢 年収
19歳まで 174万1千円
20歳~24歳 183万4千円
25歳~29歳 202万4千円
30歳~34歳 207万2千円

参考:厚生労働省 令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

30歳から34歳の207万2千円を月額に直すと、17万3千円程度です。

一人暮らしに必要なお金は15万円程度なので足りるように見えますが、給与からは税金や社会保険などが控除されます。

控除される額は条件によって異なりますが、都内を例に考えると月額19万円程度あれば手取りが15万円程度になる計算です。

フリーターの平均的な給与は17万3千円なので、平均的な金額では足りません。

週5日8時間勤務(1ヵ月160時間勤務)であれば、時給が1,200円以上必要な計算に。

生活を切り詰める・仕事を増やすなどすればフリーターが一人暮らしをするのは無理ではありませんが、非常に大変だと考えられます。

フリーターの一人暮らしで陥る問題点とは?

フリーターの一人暮らしで陥る問題点とは?

フリーターが一人暮らしをする場合、以下のような問題が起こる可能性があります。

  • 収入が安定せず固定費を払えなくなる
  • クレカや入居など審査に通らない可能性も
  • 生活費がギリギリになり心の余裕がなくなる
  • 緊急の出費に対応できなくなる

それぞれについて詳しく確認しましょう。

収入が安定せず固定費を払えなくなる

フリーターは働いた時間の分だけ給与をもらう働き方なので、以下のような理由で仕事に入れなかったときに収入が減る可能性もあります。

  • 外せない用事がある
  • 体調が悪い
  • 勤務先の都合でシフトが減る

自分の都合だけではなく、他の人との兼ね合いなど勤務先の都合でシフトが減るケースも。

収入が減ると必要な固定費が支払えない可能性もあるので、注意しましょう。

クレカや入居など審査に通らない可能性がある

フリーターは収入が不安定なので、クレジットカードや入居などの審査に通らない可能性もあります。

全ての審査に落ちるわけではありませんが、安定収入がある正社員より不利になるのは事実です。

フリーターでも審査に通るクレジットカードや入居先を選ぶ必要があるので、手間がかかる場合もあります。

生活費がギリギリになり心の余裕がなくなる

先程も確認したように、フリーターで月15万円の費用を稼ぐのは簡単ではありません。

できたとしても生活費がギリギリになる可能性は高いと言えます。

生活費がギリギリだと生活が成り立つか不安になり、心の余裕がなくなる可能性も。

ついイライラしたり焦ったりしながら生活するのは、ストレスを感じる要因にもなります。

冠婚葬祭や急病など緊急の出費に対応できなくなる

毎月ギリギリの生活をしていると、冠婚葬祭や急病など緊急の出費に対応できなくなる可能性もあります。

フリーターで一人暮らしをすると、思うように貯金ができないケースが多く見られます。

貯金がなければ、冠婚葬祭や病気のようにまとまったお金が必要な時に支払いができません。

フリーターの一人暮らしはきつい?属性別に調査

フリーターの一人暮らしはきつい?属性別に調査

フリーターの一人暮らしは、ぶっちゃけきついのかどうか、属性別に調査しました。

実際の口コミを元に本音を探っていきましょう。

大卒フリーターの一人暮らしにかかる費用と実態

大学を卒業してすぐにフリーターになると、貯金をする余裕がない・お金がないが口癖になるなど、生活に苦労する様子がうかがえます。

一人暮らしを考えていて収入は13万円から14万5千円程度と、具体的な収入を挙げている人もいます。

月に必要な費用が15万円と考えると、この数字が手取りなら節約すれば生活していける感じだと予想できますが、楽に生活できる印象はありません。

30代フリーターの一人暮らしにかかる費用と実態

30代のフリーターの中には、手取りが100万円程度で一人暮らしはまず無理だと言っている人もいます。

一人暮らしをするなら年収が300万円欲しいけれど、フリーターでは240万円にも届かないという声も。

歳を重ねるごとに仕事を探すのが難しくなる現状もわかりますね。

40代フリーターの一人暮らしにかかる費用と実態

40代のフリーターを見てみると、年齢が高いからといって給料が上がるわけでなく、きついと感じている人もいるとわかります。

フリーターの場合、ボーナスが出ない会社が一般的で、すでに正社員就職を諦めている人も。

職種によってはフリーターでも稼げる場合がありますが、決して楽な仕事ではありません。

フリーターが一人暮らしをするためにできること

フリーターが一人暮らしをするためにできること

フリーターが一人暮らしをするためには、月15万円程度の手取りが必要です。

しかしフリーターで毎月15万円以上を維持するには、週5日8時間勤務(1ヵ月160時間勤務)で時給が1,200円なければいけません。

年末年始やゴールデンウィークといった休業・祝祭日を考慮すると、毎月手取り15万円を維持するのはかなり難しい可能性も。

難しさを知った上でそれでも一人暮らしをしたい場合は、次の6つを実践してみましょう。

  1. 節約する
  2. 固定費を見直す
  3. 食費が浮く仕事を探す
  4. 家計簿などで出費を意識する
  5. 就職する
  6. 一人暮らしに備えて貯金する

それぞれについて確認しましょう。

1.節約する

シンプルながらも最も効果があるのが、「節約に対する意識」です。

日頃の買い物ではもちろん、生活スタイルを見直すことで、予期せぬ状況に備えられます。

たとえば「寝る前に動画ストリーミングサービスを観ながら、部屋の電気を点けたまま寝落ちてしまう」といったありがちな日常が、電気代をムダに消費しています。

ちょっとした節約への意識が、支出をおさえるだけではなく生活スタイルそのものの見直しにもなるかもしれません。

日常生活の中でできる節約の例を、いくつか確認しましょう。

節約の例
  • 外食を控える
  • 計画を立てて買い物をする
  • 飲み物を持参する
  • 電気はこまめに消す
  • 水を流しっぱなしにしない
  • ポイントを貯める
  • クレジットカードの割引サービスや店舗の割引サービスを活用する

1つ1つは小さなことですが、積み重なると節約できます。

無理をし過ぎず、できるものから始めましょう。

2.固定費を見直す

日々の生活に「節約」を取り入れると同時に、大きく支出カットに効果を出すのが、固定費の見直しです。

固定費にあたるのは次のような費用。

主な固定費
  • 家賃
  • 通信費
  • 水道光熱費

理想の家計と言われているのは、以下の割合です。

  • 家賃:30%
  • 固定費全体:45%

月15万円で生活しようと思った場合、それぞれにかけられる費用は以下の通り。

  • 家賃:45,000円
  • 通信費・水道光熱費:22,500円

一人暮らしをするために必要で金額が大きくなりがちな家賃は、できる限り抑えたいものです。

住環境は大切ですが、「理想の物件」にこだわりすぎるのではなく絶対にゆずれない条件を決めてなるべく家賃が安い物件を選びましょう。

通信費は格安スマホを利用すれば安く済ませられます。

各種サービスを検討して、コストを抑えられるよう工夫しましょう。

3.食費が浮く仕事を探す

フリーターの働き方の自由度を活かして、「まかない付き」の仕事など食費が浮くような仕事を探すのもひとつの方法です。

飲食店やスーパーなどでは、福利厚生のひとつとして、無料もしくは割引で廃棄前の商品が手に入るケースもあります。

日々の生活費のメリットになる仕事を選ぶと、生活費を安く上げられる可能性があります。

4.家計簿などで出費を意識する

現時点で出費を把握していない人は、まず家計簿などで出費を意識することから始めましょう。

フリーターはもちろん、生活をする個人なら誰でも意識すべきは、「どれだけ1ヵ月でお金を使っているか」です。

最近ではレシートを撮影するだけでデータをまとめられるアプリもあり、「家計簿をつける」手間なしで日々の支出を記録できます。

1週間単位であれ、「先週より食費を2000円抑えられた」といった達成感が節約への意識につながり、節約を楽しめるようになります。

日々の生活からムダをなくすためにも、出費への意識を高めましょう。

5.就職する

支出を抑える工夫をすればフリーターでも一人暮らしは可能ですが、不安なく一人暮らしを続けたいなら、正規雇用としての就職を検討するのもひとつの方法です。

時給ベースのフリーターの働き方は、自由度が高い一方で収入が安定せず、一人暮らしのための部屋を借りるときに審査が通りにくいケースも多く見られます。

ライフプラン全般に通じる「自由度」を手にする意味でも、「就職」に挑戦してみる価値はあるでしょう。

最近では、20代のフリーター向けの転職エージェントも増えてきており、学歴・職歴を問わず未経験でも正社員に挑戦するためのサポートが受けられます。

どのような業種・職種があるのかといった情報収集にもなるので、転職エージェントを活用しましょう。

関連記事:【目指せ正社員】フリーターにおすすめの転職エージェントはどれ?厳選の4社を紹介

6.今のうちから毎月貯金をしておく

一人暮らしを始める際には初期費用がかなりかかるので、今のうちから毎月貯金をしておく方法もあります。

貯金をする際には余ったお金を貯めるのではなく、事前にいくら貯金するか決めてから貯金しましょう。

事前に金額を決めて貯める方法には、以下のメリットがあります。

  • 確実に貯金ができる
  • 貯金が習慣化して苦痛に思わなくなる

手元に残ったお金を貯める場合、お金が残らなかったら貯められません。

持っているとつい使ってしまうケースもあるので、確実に貯金するためには給与をもらったらすぐに貯金する方法がおすすめです。

持っているお金を残さなければと思うと苦痛に感じられますが、毎月先に貯金をしているうちに習慣化して辛いと思わなくなる点もメリットです。

フリーターが就職するためには転職エージェントを使おう

フリーターが就職するためには転職エージェントを使おう

フリーターが就職するためには、転職エージェントを使いましょう。

転職エージェントと聞くと、ある程度の経験がある人だけが利用できるサービスというイメージがあるかもしれません。

「フリーターの経歴では案件を紹介してくれないエージェントが多い」という口コミがあるのも事実ですが、「フリーターから正社員として入社」を徹底サポートしている優良な転職エージェントも多くあります。

転職エージェントを使う大きなメリットは、以下のとおり。

  • キャリアプランに関して相談できる
  • 履歴書・職務経歴書の添削や面接対策をしてもらえる
  • 年収などの条件交渉をしてもらえる

就職するメリットを理解した上で納得した就職を実現するためには、業界や仕事内容の実情について知ることが重要です。

転職エージェントを利用すればキャリア相談ができるので、キャリアに関する知識が深められます。

実際の応募から入社までの一連の流れを担当のカウンセラーにサポートしてもらえるのも、大きなメリットです。

自分では言い出しにくい年収などの条件交渉もしてもらえるので、安心感があります。

1. ハタラクティブ

ハタラクティブ

フリーターの方向けの転職エージェントの中でも、「ハタラクティブ」はフリーターから正社員を目指す人にもっともおすすめしたいエージェントです。

「ハタラクティブ」は、学歴・職歴不問の案件を豊富に保有しています。

初めて就職活動に挑戦する人に対しても「転職のノウハウ」を知り尽くした専任カウンセラーがパーソナルなサポートをしてくれる強みがある点で、フリーターにおすすめです。

サトシ

自分の経験に自信がなくても、しっかりサポートしてくれるから安心です

ハタラクティブはニートの転職に強いとも言われているので、フリーターやニートの方はぜひ利用してみてください。

既卒・フリーター・第二新卒におすすめ

無料登録後も一切お金はかかりません

ハタラクティブの評判 【ハタラクティブ】評判・口コミは?悪い?怪しい?求人の質や地域ごとの評判を徹底評価!

関連記事:【ハタラクティブの評判】フリーターや既卒におすすめの転職エージェント

2. DYM就職

DYM就職

DYM就職もフリーターの方の就職に定評があります。

特に書類選考なしで面接が受けられる求人を多数保有しているため、職歴や学歴に自信のないフリーターの方にはかなりおすすめです。

就職成功者5,000人以上・就職率96%の確かな実績もありますので、ぜひ一度利用してみましょう。

スマホで簡単登録

登録後も一切お金はかかりません

【DYM就職の評判ってどう?悪評は本当?口コミをもとに徹底分析!】第二新卒・既卒・フリーターの求人が豊富な転職エージェント

関連記事:【DYM就職の評判】第二新卒・既卒・フリーターにおすすめの転職エージェント

3. ウズキャリ

UZUZ

ウズキャリも既卒やフリーターの方からの評判が高い転職エージェントです。

特に転職サポートの質が高いことで有名で、一人の転職者に対して20時間ほどサポートの時間を使うとの口コミも多く見られます。

一人一人の求職者を大切にしていることがわかる転職エージェントです。

精神的にも支えてくれるため、就職や転職に不安を抱えるフリーターやニートの方にとっては非常に使い勝手が良いでしょう。

ぜひ気軽に話を聞いてみてください。

既卒・フリーターの内定率86%以上

無料登録後も一切お金はかかりません

ウズキャリ 【徹底解説】ウズキャリ(UZUZ)既卒の評判は?求人がやばい?20社以上の転職サイトに登録した僕が評価してみた。

フリーターでも一人暮らしは可能なのかのまとめ

フリーターでも一人暮らしは可能なのかのまとめ

一人暮らしをするために必要なお金は月15万円程度で、フリーターでも工夫すれば一人暮らしが可能です。

「可能」ではある一方で「楽ではない」という現実を知ることで、日頃の生活スタイルを見直すこともできます。

選択肢のひとつとして、安定した収入を得て本当の意味での「自由度を高める」ために、正社員としての働き方を考えてみてはどうでしょうか。

「正社員の働き方」の実情を知るという一歩を踏み出すべく、「ハタラクティブ」のような転職エージェントを活用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です