【新卒の転職】1年で仕事を辞めても大丈夫。第二新卒で転職をしよう。

新卒だけど仕事を辞めたい。。。」「でも最低でも3年は働かないといけないの??」そんな悩みを持っている人たくさんいると思います。

今回は新卒だけど辞めたい、転職したいと考えている方向けに書いていきたいと思います。

結論から言ってしまえば、新卒だからという理由で転職できない、転職してはいけないわけではありません。

所謂「最低でも3年働く」と言われるのは迷信です。

むしろ自身の成長や健康につながるのであれば積極的に転職をすべきです。

では具体的にどのような人が転職すべきか、どうやって転職活動を始めるかを解説していきます。

こんな人におすすめ!
  • 新卒(1年目)だけど仕事を辞めたいと思っている人
  • 第二新卒の転職を視野に入れている人

新卒で仕事を辞めたい、転職したいと思う主な4つの理由

仕事を辞めたい!と思う方の理由はそれぞれですが、大きく4つに分けることができると思います。

その中でも転職すべき人、良く考えてから判断するべき人は分かれます。

まずは4つの理由を考えてみましょう。

新卒で仕事を辞めたい理由①『仕事が合わない』

「仕事が合わない」は俗に言う「入社してからのギャップ」のカテゴリーです。

新卒が就職活動をする際には、ほとんどの人が実際に働いた経験がありません。

ですので、具体的な仕事内容・職場の雰囲気のイメージがなく、OB/OG訪問で得た話やインターネットで得た情報をもとに入社先を決定し、実際に業務に当たってみてギャップを感じる事がよくあります。

また希望していた部署に配属されなかったというのも現実としてよくあります。

ぱーしー

僕も配属が伝えられるとき、自分の部署の存在すら知りませんでした。。。

内定が出た時点で配属される部署がわからない企業も多く、配属を伝えられてから「こんなことやりたくない!」「こんな部署があったなんて知らない!」ということを経験した人も多いことでしょう。

新卒で仕事を辞めたい理由②『人間関係が良くない』

職場の雰囲気や上司、先輩、同期に馴染めない、また、パワハラやセクハラなどの問題がある場合に辞めたいと感じるパターンも多いです。

雰囲気に馴染めない場合は自分自身の考え方を変えたり、溶け込もうと積極的になってみたりすれば状況が変わるかもしれません。

しかしパワハラ等がある場合はすぐに対策するべきでしょう。

上司が嫌すぎて仕事を辞めたい?嫌な上司のパターンごとの対処法を紹介します 上司が嫌すぎて仕事を辞めたい?嫌な上司のパターンごとの対処法を紹介します

新卒で仕事を辞めたい理由③『労働環境が良くない』

長時間残業は当たり前、休日出勤やサービス残業が多いなど所謂ブラック企業に入社した方はこれに当てはまります。

就職活動時に自社の悪い面を言う企業はまずありません。

企業に騙されたと感じる方もいるでしょう。

また、給料が安いというのもこのパターンに入ります。

やはり給料というのは仕事への評価に当たりますので仕事内容や時間に見合った額であるべきです

労働環境は自身の心身に大きく影響するので良いに越したことはありません。

労働環境を変えるには転職が最も有効な手段の一つになるでしょう。

あなたの職場は大丈夫? -労働環境が生産性を左右する-

新卒で仕事を辞めたい理由④『会社の将来性を感じられない』

会社の業績が全く伸びない、潰れる可能性があるというのは社員にも大きく影響します。

例えば給与やボーナスのカット、売り上げのために残業がかさむ、最悪の場合、首にされるなどです。

また、将来性のない会社に人材は集まってきませんので、自身の成長性にも影響があります。

潰れてから転職となっても十分なスキルがなければ転職活動も難しくなるでしょう。

もし会社に将来性がない場合、転職も検討しましょう。

ぱーしー

転職することを決してネガティブにとらえる必要はありません

これら4つの中でも2,3,4のケースは心身の健康に影響したり、将来にも大きく影響したりします。

この場合は転職も前向きに検討すべきです。

1の場合は、まずは一旦よく考えてみましょう。

自分の将来、キャリアプラン、ライフプランと冷静に比較しましょう。

今やっている仕事に意義を見出せなくても成長に繋がる場合もあります。

上司と話せば業務の割り振りを変えてくれるかもしれませんし、異動できるかもしれません。

それでも、もし将来に必要なスキルが現在の職場、会社では絶対に身に付かないと考えるのであれば転職を考えましょう

新卒が仕事を辞めて転職をするメリット・デメリット

新卒が転職をするメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

まずはメリットから見ていきましょう。

新卒が仕事を辞めて転職をするメリット

メリット
  1. 貴重な20代の時間を無駄にせずに済む
  2. 若いほうが新しい領域、業種にチャレンジしやすい
  3. 第二新卒の需要の高まり

若手のうち(特に20代)は今後の人生を決める重要な時期です。

ファーストキャリア、セカンドキャリアの選び方次第で今後どのような仕事をしていくのかが決まっていきます。

ごーどん

仕事に対するスタンスや基準が決まりますよね

その時期をブラック企業や何も学べない仕事で終わらしてしまうのはあまりにも勿体ないです。

そういった点をみると新卒でも見切りを付けるというのは大事な視点です。

また、30代、40代となるうちに仕事に専門性が生まれてきます。

経験がある、スペシャリストになるというのはとても良いことですが、反対に、新しい職種にチャレンジするには今までの経験が障壁となる可能性もあります。

学生時代とやりたいことが変わった、入社してから別のことをやってみたくなったという場合には動くのは早ければ早いほうが良いのです。

また、第二新卒の需要は高く、マイナビの調査では62%以上の企業が第二新卒の採用に力を入れています。

若くて成長の余地があり、仕事経験があるがあるためマナーや最低限のスキル(エクセル等も含め)を持っている第二新卒を採用したいと思う企業も多いです。

新卒が仕事を辞めて転職をするデメリット

ではデメリットでは何が挙げられるのでしょうか?

デメリット
  1. 短期間での転職はイメージが悪い
  2. 転職で必要なスキルがない可能性がある
  3. 失業手当がもらえない可能性がある

何と言っても懸念されるのは「イメージ」ではないでしょうか。

入社して1ヶ月、2ヶ月で辞めてしまえば転職活動でも厳しく見られるのは当然です。

また、短期間で何度も転職をしてしまうのも注意が必要でしょう。

すぐ辞めてしまう=ストレス耐性・我慢強さがないとみられてしまう可能性もあります。

明確なビジョン、考えを持って転職活動をしましょう。

また、1年未満となると十分なスキルがない人もいるかもしれません。

辞める前に自分の力を冷静に判断し、足りない部分をどう補うのか、辞める前に身に付けられるのか、どういう考えで転職するのか理論的に説明できるように、そして実行するようにしましょう。

そして失業手当は12ヶ月勤めていなければ支給されないという点もあるので気を付けてください。

先に辞めてから転職する場合は特に注意です。交通費などで転職活動は想像以上に費用が掛かるものです。

新卒で仕事をやめた後の転職活動

実際に転職しようとなってもどうやって転職活動をしたらよいかわからないという人も多いと思います。

一番おすすめな方法は転職エージェントに登録することです。

転職エージェントは無料で転職活動に付随する多くのタスクを代行してくれたり、アドバイスをくれたりします。

また、転職エージェントを使うことにより

  • 転職サイトや企業HPからの応募では落ちてしまう求人でも通過しやすくなる
  • キャリアアドバイザーから転職活動に対する手厚いサポートが受けられる

といったメリットがあります。

ぱーしー

これは使わないわけにはいきませんね

詳しくは以下の記事にまとめてありますので参考にしてください

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェントを徹底紹介! 20代の転職で役立ったおすすめの転職サイトと転職エージェント13選

また、転職活動を始めるにしても新卒採用と同じで採用活動が盛んになるピークの時期があります。

基本は4月と10月入社がメインとなるので求人は1~3月、7~9月に求人が増える傾向です。

それに向けて計画的に進めましょう。

第二新卒の転職はどの時期がベスト?時期を見極めて理想の転職を! 第二新卒の転職時期のおすすめは?20代の僕が徹底解説

新卒だけど仕事を辞めたい人まとめ

新卒だけど仕事を辞めたい!転職したい!と思う人は、なぜ辞めたいのか、どんなことがしたいのかよく考えましょう。

明確な理由、ビジョンもなしに転職をしようとしても、根気がないとみられる可能性があります。

しかし、自分の中で転職の核ができていれば新卒であっても転職するべきです。

若いうちであれば様々なことにチャレンジできますし、幅を広げ、視野が広がります。

転職を成功させるのは準備がとても大事です。転職エージェントや転職サイトをうまく使って、キャリアを充実させるチャンスを活かしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です