20代におすすめの転職サイト▶︎

リクルートエージェントの評判と口コミを徹底解説!悪い評判だけに踊らされるな!

リクルートエージェント

 

転職活動を考えた時にまず一番最初に思いつくのは、有名企業のサービスだと思います。

リクルートエージェントは、人材サービス最大手のリクルートが手がける転職サービスで、転職を考えた人にとっては一度は聞いたことのある名前でしょう。

リクルートエージェントを使ってみたいと気になるものの、

  • 悪い評判を聞いたことがあるけど、実際のところどうなのか、使った人の声を聞きたい
  • リクルートエージェントって有名だけど、実際に使った人の評判や口8コミがわからない

と考える方もいらっしゃるかと思います。

今回の記事では、リクルートエージェントの

  • 評判・口コミ
  • メリット・デメリット
  • リクルートエージェントをオススメできる人とできない人

などについて解説していきます。

なお、リクルートエージェントは、利用者数も圧倒的No.1の転職エージェントで、他のエージェントと併用しながらでも確実に登録だけしておいて損はないでしょう。

圧倒的業界No.1の信頼感

かんたん3分で完了。無料登録後もお金はかかりません。

また、外資系企業に転職をしたい方は、次の記事で外資系企業への転職にオススメのエージェントをまとめていますので、あわせてご確認ください。

20代におすすめの転職サイト 【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

リクルートエージェントとは?

リクルートエージェントは、転職成功実績No.1の転職エージェントです。

就活の際にお世話になったであろう『リクナビ』や、転職サイト『リクナビNEXT』を運営するリクルートの転職エージェントで、その圧倒的なブランド力による求人の豊富さと、超優秀なエージェントに大きな強みがあります。

業界トップクラスのリクルートが運営しているという安心感と、高い求人の質で転職活動をする多くの人に利用されている転職エージェントです。

運営会社がしっかりしていると安心できるね。

ハルカ

サトシ

就活の時のリクナビのような、とりあえず使っておけば間違いない安心感のある転職エージェントだね。
リクルートエージェントの強み
  • エージェントの質が非常に高い
  • 圧倒的な求人数
  • 転職成功実績No.1

世の中にはたくさんの転職エージェントが存在しますが、『リクルートエージェント』は業界最大手であり、転職する際にはとりあえず誰もが登録しておくサービスになるかと思います。

圧倒的業界No.1の信頼感

かんたん3分で完了。無料登録後もお金はかかりません。

リクルートエージェントの評判・口コミは悪い?

リクルートエージェントの評判

一方で、リクルートエージェントには悪い評判や口コミがある、といった声も耳にします。

5chなどでは、

  • キャリアアドバイザーの対応がひどい
  • スカウトメールやオファーが自分に合っていなくてうざい

などいった声が見られます。

他にも、

  • キャリアアドバイザーの対応が遅い時がある
  • 転職を急かす担当者に当たることも
  • 登録や面談ができない場合がある

といった評判が寄せられています。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

キャリアアドバイザーの対応が遅い時がある

せっかくリクルートエージェントに登録したのに、キャリアアドバイザーからの連絡が遅いという不満の声が上がっています。

リクルートエージェントの対応については、人によっては対応が遅いと感じ、他の人にとっては素早く対応してくれる、という声があがっています。

対応の違いの背景には、身も蓋もないのですが、キャリアアドバイザーに課せられた、「1ヶ月で〇〇名を入社決定させる」というノルマの存在があります。

この目標を達成するためには、より合格しそうな・転職成功させやすそうな求職者を優先的に対応した方が効率的ですよね。

そのため、年齢が若い・経歴が充実しているなど、求職者に応じて優先度に差が生じており、それが対応の遅さという悪い口コミにつながっているようです。

ただ、これはどのエージェントでも同じかと思われます。

転職を急かす担当者に当たることも

転職を急かすあまりに、強引に内定承諾のクロージングをかけるような担当者に当たってしまうケースもあるようです。

これについても、先ほど説明した、キャリアアドバイザーに課せられているノルマの存在が大きいです。

せっかく企業が内定を出しても、求職者がその内定を承諾するとは限りません。

転職エージェントの仕事は、転職が成功し、入社をしてもらわないと売上が立たないビジネスモデルのため、内定を承諾してもらう必要性があります。

そのため、多少希望に合わない企業からの内定だったとしても転職を急かされることもあるようです。

しかし、求職者の希望をきちんと汲み取ってくれる担当者がほとんどです。

登録や面談ができない場合がある

リクルートエージェントに登録した後に、「紹介できる案件がない」と言われて面談ができなかった、という声もあがっています。

上述の通り、キャリアアドバイザーはノルマを課せられています。

そのため、合格可能性の高い求職者には優先度高く対応してくれる可能性が高い一方、職務経歴が無いなど合格可能性の低い人にはこのような対応で断られるケースもあるようです。

しょうがないとはいえ、万が一このような対応をされてしまうとやるせない気持ちになりますね…。

アンケートで分かった良くない評判

実際にリクルートエージェントを利用した人にアンケートをとりました。

良い口コミ、良くない口コミを隠さずお伝えします。まずは良くない口コミからご覧ください。

不満はなかった

34歳 | 男性 | 不動産・建設・設備 | 営業・サービス・販売
転職回数: 1回
イマイチだった点は一切ありませんでした、希望条件にマッチした求人を数多く紹介して頂けましたし一つ一つの求人の質も良く素直に満足出来ました、サポートも利用開始から終了まで手厚く些細な相談事や面接の段取りや模擬面接等と様々に渡りしっかりとサポートしてくれました、おかげさまで終始スムーズな転職活動が行えたので満足の一言しかありませんでした、利用方法に関しても登録すればスグに利用開始出来て楽でしたので素直に利用して良かったとしか思えませんでした。
書類選考率が悪かった

23歳 | 男性 | 環境・エネルギー | 営業・サービス・販売
転職回数: 1回
経験の浅い第二新卒だったこともあり、応募出来る求人が少なかった。特に志望した営業・販売業種では、経験の面で2年以上の会社が非常に多かった。
また書類選考率が非常に悪いです。担当の方の伝え方が正直過ぎるのか、そもそも求人自体が転職者を釣るための仮想なのかと思うほど通りません。
スカウト機能というものもあてになりません。私が受けたスカウトは何社かありましたが、即レスしたにも関わらず相手側から全て断られました。面接確約とうたっていたにも関わらずあの仕打ちは酷いと思いました。
求人案件が多すぎて整理できない

24歳 | 女性 | 公的機関・その他 | 医療・福祉・介護
転職回数: 2回
しいていうなら、求人の数が多いので安易な絞り方をしても絞った範囲にならないことです。また、こういったところがいい!という明確さがなかったら結構時間がかかるかもしれないです。時期や日によって新しい求人の量がかわったりら応募締め切りが短かったりするので念入りにみておいたり、明確にしないといけないなと感じました。いろいろ応募しても一気にメールが来てくるだけで何が何だか分からなくなってしまうので整理できなくなります
企業選びの軸が必要だと感じた

28歳 | 女性 | 流通・小売り・フード | 教育・保育・公務員・農林水産・その他
転職回数: 2回
自分の希望にマッチする企業を見つけるのには時間がかかると思った。量が多い分どの企業を希望するのか自分で考えて選ぶ力は必要だと思った。たくさん紹介していただけるので全部目を通すのが難しく、実際に企業のイメージがわかない事も多く応募までに至らないケースが多かった。本当におすすめしてくれている企業なのか分からず不安になることもあった。また希望とは遠い職種の求人もあったので自分の希望の職種を見つけるのは難しいと感じた。
メールの連絡が遅いときがあった

25歳 | 男性 | IT・通信・インターネット | ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
転職回数: 3回
メールの連絡が遅い時があった。
年収交渉や希望の交渉が上手くいっていなかった。結果的に転職は成功したが、
先方への面接日時設定メールの送り忘れが生じていたことには愕然とした。
担当コンサルタントが若いorあまりに忙しそうな場合は、
重要な依頼ごとはこちらからチェックすることが必要。ただし、面接対応はしっかりと対策してもらえたので結果的に良いが、
内定承諾書の通知が遅れたこと、エージェントも紹介して報酬を得ているので、
たまに営業っぽさが出てることもあり、全てが親身かというと、そうでもない印象を感じました
担当者によってサポートの質にバラつきがある

33歳 | 男性 | 金融・保険 | 事務・管理
転職回数: 4回
リクルートエージェントを使ってイマイチだった点は、メールへの返信のスピードがやや遅く感じられました。担当者にもよると思われますが、なかなか内定が出なかったりしますと求人紹介が少なくなってくるように感じられました。また、自分の希望条件と少し違う求人が配信されたり、経験年数を考慮すると難しい求人まで配信されてしまう点がありました。書類選考を通過してしまった求人は、必ず面接を受けなければならない雰囲気になってしまったのもイマイチでした。
登録後のフォローが個人任せな所がある

33歳 | 男性 | IT・通信・インターネット | エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)
転職回数: 1回
基本的に全体的に満足していましたので不安点や不満点は改めて記載する内容はございませんが、しいてあげるとするならば、登録後のフォローは少し個人任せな部分が多いのかもしれません。ただ、これに関しましてはどのエージェント様でも言えることです。エージェント様としましてもいかに登録者数を増やすことが出来るのかが肝になってきますので。特にリクルートエージェント様の場合は抱えている求人数が膨大ですので、いざ自分で検索しようとするとかなりの至難ですので、特にそう感じました。
応募書類を読まれていなかった

28歳 | 女性 | マスコミ・広告・デザイン | クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン)
転職回数: 2回
事前に職務経歴などの情報を提出しているにも関わらず、面談の段階でエージェントが何も確認していなかったので一から説明することになりました。また、求人についても希望していた職種のものは全くと言っていいほどなく、見当違いの求人ばかり案内されました。希望している求人ではないと伝えても「とりあえず書類を出すだけ出してみてはいかがでしょうか?」と応募をプッシュされて困りました。おすすめメールが届きますが、ちゃんと求職者の職歴を確認して送ってきているのか疑問を感じるものばかりです。
面接対策の企業情報が不足していた

26歳 | 女性 | IT・通信・インターネット | 事務・管理
転職回数: 1回
面接対策の際、企業情報がやや不足していると思いました。企業ごとに面接で聞かれやすいことをデータとしてまとめておけばより対策しやすいのではと思いました。つまり、面接はエージェントの技術やサポート、自分の研究成果によって結果が分かれます。
また、エージェントによってはメールでのみの対応になってしまい、中々返事が返ってこないこともありました。エージェントが忙しいことは分かっておりますが、電話で相手と向き合う時間があった方が良いのではないかと思います。
専門職などの知識があるか怪しかった

29歳 | 女性 | IT・通信・インターネット | ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
転職回数: 1回
担当になった人が、本当にIT業界の知識があるのか怪しく不安に感じました。
IT業界と一口にいっても、アプリケーション系、インフラ系、コンサル系など職種は多岐に渡ります。
私はアプリケーション系エンジニアなのですが、今までの経験を詳細に書き出してお伝えしたにも関わらず、
紹介された求人の中には明らかに私の専門とは違う知識が募集要件になっている求人などが混じっており、
条件に合わないと感じることがありました。

リクルートエージェントの良い評判・口コミ

一方で、リクルートエージェントには良い評判・口コミも集まっています!

声として多かったのは、

  1. 求人の種類が多種多様
  2. エージェントとの面談で客観的に転職活動ができる
  3. 年収などの企業との交渉などを積極的にしてくれる

という点です。

やはり転職の大手サービスだけあって、企業とのパイプが非常に強いです。

全国津々浦々、多種多様な求人案件を保有しています。

企業との年収交渉なども、積極的に行ってくれるようです。

また、自分の市場価値や年収アップの可能性など、第三者の視点を通してアドバイスをくれるので、客観的な視野を持って転職活動にのぞむことができます。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

求人の種類が多種多様

リクルートエージェントの良い評判として真っ先にあげられるのは、その求人数の多さです。

世の中にはこんなにもたくさんの仕事があるんだ、と感じさせられるほどの求人案件を抱えています。

希望勤務地や希望年収、やりたい仕事など、様々な角度から求人を探すことができるのは嬉しいですよね。

エージェントとの面談で客観的に転職活動ができる

特に初めて転職する方は転職ノウハウが無いと思うので、客観的な視点でアドバイスをしてくれるのはありがたいですね。

自己PRや志望動機なども、第三者の視点を挟むことでより説得力のある内容に仕上がります。

年収などの企業との交渉などを積極的にしてくれる

内定をもらえた際にも、より良い条件で転職できるように、企業側にかけあってくれるそうです。

リクルートエージェント側にとっても、より良い年収で転職をしてもらえた方が売上向上につながるので、利害が一致しています。

アンケートで分かった良い評判

こちらでは、アンケートで分かった良い口コミを紹介します。

参考までにご覧ください。

求人とサポートの質が高かった

34歳 | 男性 | 不動産・建設・設備 | 営業・サービス・販売
転職回数: 1回
良かった点は求人数が多かった事と求人とサポートの質が良かった事でした、紹介された求人数は8件と多く比較しながら選ぶ事が出来たので良かったです、求人一つ一つの質も福利厚生等の雇用条件がしっかりとしていて待遇面も良いものばかりでとても満足出来ました、サポートに関しても担当になったキャリアアドバイザーが非常に熱心で求人に疑問点があれば遠慮なく言って下さいと気遣いもしてくれ、面接をスムーズに受けれるように手際良くアポ取りをし日程調整をしてくれました、利用方法も登録さえ済めばスグに利用開始出来て簡単で楽でしたので総合的な利用感は非常に良かったです。
経験が浅くても大丈夫だった

25歳 | 男性 | IT・通信・インターネット | ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
転職回数: 3回
第2新卒、かつ一般事務職しか経験のない状態で、
他のエージェントでは紹介できる案件はないと言われ諦めていたが、
リクルートエージェントでは30件以上の案件を提示してくれました。面接対策もばっちりしてもらい総合職として改めてキャリアをスタートさせることができました。
転職の条件が首都圏から地方へのUターンだったため、年収的な意味での質はあきらめていた部分があったが、
待遇面は現状維持できるような求人票を定期的に提示してもらえたため良かった。
求人数が非常に多かった

23歳 | 男性 | 環境・エネルギー | 営業・サービス・販売
転職回数: 1回
求人数は転職業界においては非常に多い印象がありました。
日々自動で送られてくるおすすめ求人がほとんど被ることがなく、経験の浅い私でも50社以上を御提案頂きました。
求人の質についても、年収が250万-350万の求人は非常に数多く存在し、経歴の浅い者に対しても提供出来るものを併せ持ちます。急成長を遂げる会社や事業規模の大きな会社も転職先として御提示頂きましたので、質・量共に満足と思います。
基本的にメールは担当の方が出勤日であれば早めに帰ってきます。
営業担当からの直接メールが役立った

33歳 | 男性 | 金融・保険 | 事務・管理
転職回数: 4回
リクルートエージェントを使って良かった点は、事務系の求人を多く配信して頂けたことです。また、書類選考が通過しなくて悩んでいた時に職務経歴書の添削をして頂けました。面接対策についても質問形式で練習をさせて頂く機会があり、良い学びになりました。自分のどの部分をアピールしていくべきかを教えて頂けた点も良かったです。自分の条件に合う求人を配信して頂けることと、営業担当からの直接メールが届く点がとても役に立ちました。
納得のいく転職が出来た

26歳 | 女性 | IT・通信・インターネット | 事務・管理
転職回数: 1回
求人情報、数が多いことが魅力だと思います。
ここでしかない求人がたくさんあるため、自分の希望や理想に合った企業が探しやすいです。同じ企業の中でも職種ごとに複数求人を出していることもあります。
また、エージェントが信頼できます。例えば、転職理由を考える際、どう話せばよいのか悩みがちです。しかし、エージェントのサポートにより、嘘はすぐ面接官にバレてしまうため、本音で考えることの大切さを教わりました。それにより、自分が納得いく転職理由ができると思いました。
書類選考は、職種にもよりますが、30%ほどでした。
スムーズな転職が出来た

29歳 | 女性 | IT・通信・インターネット | ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
転職回数: 1回
最大手の1社であるリクルートがやっているだけあり、求人数が多かった点について満足しています。
私は前職が大手企業のシステム子会社に勤めていたのですが、自分の技術力や経験で募集できそうな企業について、
ご担当社の方から、誰もが知っているようなかなりの大手企業も勧めてもらえたのと、そのような大手企業が5社以上あったので、
さすが大手企業だと感じました。
また、エージェントとのやりとりもHP上で完結できて使いやすくスムーズでした。
丁寧にヒアリングしてくれた

33歳 | 男性 | IT・通信・インターネット | エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)
転職回数: 1回
しっかりとしたサポートにはとても満足しています。
登録後、すぐに面談を実施して頂き、非常に詳しいアドバイザーの方が現職の状況、転職企業の条件、給与面など事細かく聞いてくれて、且つ本音の部分で市場とのマッチング度合いなどをしっかりと説明してくれました。
面談後も、随時企業をご紹介頂きましたが、私の条件にしっかりとマッチした内容の企業様ばかりでしたので、相手にあわした選定をしっかりと行なっているのだなと非常に良い印象でした。
仕事と転職活動を両立できた

24歳 | 女性 | 公的機関・その他 | 医療・福祉・介護
転職回数: 2回
マイナビと似ていて知名度があって安心して活動できることです。また、求人の量も多いし日によって新しいのとか最新のが見れることがいいです。求人内容もしっかりのっているので調べら手間も省けました。メールもしっかり届くし通知も来ますので忙しかったり仕事をしていても両立して転職先活動をすることができました。検索も細かくできて範囲を絞れてよかったです。書類選考率は50%ぐらいかなと思います。良いものはやはり難しいです
面談が非常に丁寧だった

28歳 | 女性 | 流通・小売り・フード | 教育・保育・公務員・農林水産・その他
転職回数: 2回
インターネットで申し込みした際に希望の面談日を指定し、すぐに電話で面談することができたのでよかった。担当の方もスムーズに質問して条件や希望をまとめてくれた。すごくスピーディーに対応してくれた。転職に対して不安があったので電話で詳しく話しを聞いてくれ疑問や質問もすることができたのでよかった。その疑問や質問を担当のエージャントの方が後で答えてくれたので不安が取り除かれたような気持ちになれた。サポートの質が良いと感じた。
エージェントの対応が丁寧だった

28歳 | 女性 | マスコミ・広告・デザイン | クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン)
転職回数: 2回
面談の申し込みから対応までがとても早くスムーズでした。面談の方法もコロナ禍なので電話面談が選べたのがありがたかったです。担当していただいたエージェントは話し方が丁寧でやさしい感じの方だったのでヒアリングの際も安心感がありました。面談後も担当エージェントの上司からフィードバックアンケートのメールが届き、改善してほしい点を伝えられたり、必要であれば担当の変更も可能ですと案内があったのはよかったポイントでした。

リクルートエージェントのメリット

良い評判・口コミにあった内容を基にリクルートエージェントのメリットをまとめると、

  1. 求人の種類が豊富で見つけやすい
  2. 経歴書の添削や面接対策もしてくれる
  3. 対企業への交渉力が強い

という点になります。

求人案件が全国約25万件もあり、本当に多くの求人を取り扱っています。

そのため、年収、職種、業種、勤務地、働き方など、様々な切り口から転職先を探すことが出来ます。

また、より合格可能性を高めるために経歴書の添削や面接対策など、転職活動のサポートを丁寧に行ってくれます。

内定を貰った際にも、より良い条件で転職できるように企業に交渉をしてくれます。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

求人の種類が豊富で見つけやすい

リクルートエージェントは、公開求人と非公開求人と合計で全国約25万件の求人を扱っています。

日本全国はもちろん、中には海外勤務の案件も取り揃えています。

業界も職種もほぼ全て網羅しているので、自分の希望する求人を探しやすいのが特徴的です。

他の転職エージェントの求人数を比較したのが下記の図です。

リクルートエージェント 約25万件
マイナビエージェント 約10万件
DODA 約10万件

※2021年3月時点

約2倍ほど求人件数を多く抱えています。

経歴書の添削や面接対策もしてくれる

利用者の声

経歴書の添削やその企業ごとの面接対策などを行ってくれるのも、メリットです。

合格しやすいような職務経歴書を作成してくれ、面接が決まった際にも事前に模擬面接を行ってくれるので、安心して転職活動を進めていくことが出来ます。

また、キャリアアドバイザーと企業担当との連携がとても密なため、その企業がどんな人材を欲しているのかを理解した上で面接対策を行ってくれるので心強いですね。

対企業への交渉力が強い

内定をもらった後の交渉事にも強いのも、リクルートエージェントの強みです。

交渉によっては、提示された年収よりも数十万~数百万の年収アップに成功した事例もあるようです。

百発百中ではないですが、こうした交渉を行ってくれるので、より有利な条件で転職をすることができるのは嬉しいです。

また、選考に落ちてしまった企業に対しても、エージェントによっては再挑戦をさせてもらえるよう交渉をしてくれ、見事内定をもらえた、という事例もあるようです。

年収を上げたい方や、どうしても入社したい企業がある方は、リクルートエージェントを使うとその目標が実現できるかもしれません!

リクルートエージェントのデメリット

一方、デメリットとしては下記の点が挙げられます。

  1. 紹介求人数が多く、決めるのに手間がかかる
  2. エージェントから見切られるのが早いことも
  3. 転職活動にスピードが求められる

求人数が多いというのはとてもメリットですが、それに伴って紹介される案件が多くなってしまい、迷ってしまう、というデメリットがあります。

また、その人の職務経歴などから合格可能性が低いと判断されてしまうと、見切られてしまう可能性もあります。

また、リクルートエージェントの転職活動はとても短期スパンになるので、スピードが求められてしまうこともあります。

それぞれ具体的に見ていきます。

紹介求人数が多く、決めるのに手間がかかる

現在リクルートエージェントの求人数は先程述べた通り約25万件あります。

その中からキャリアアドバイザーが紹介してくるので、必然的に紹介求人数が多くなってしまいます。

紹介案件が多すぎて、情報の処理が追いつかず、迷ってしまう、なんてこともあるようです。

また中には希望する条件から離れた求人を紹介されることもあるようです。

こうしたこと避けるためにも、キャリアアドバイザーとの面談時には自分の希望する条件を明確に伝えて、条件以外の求人はなるべく紹介してもらわないようにしましょう。

エージェントから見切られるのが早いことも

デメリットの2つ目は、エージェントから見切られるのが早い可能性があることです。

リクルートエージェントは多くの転職希望者から日々登録が集まっています。

その中で多くの人を転職成功させて入社してもらう必要があります。

そのため、職務経歴が伴わない方や転職の意欲が薄い、など直近の転職に結びつかなさそうとキャリアアドバイザーに判断されたら見切りをつけられてしまうこともあります。

もし見切られてしまったと感じたら、担当者の変更を申し出て、しっかり対応してくれる方に変えてもらうようしましょう。

転職活動にスピードが求められる

リクルートエージェントの転職サービスを受けられるのは3ヶ月と期間が決まっているため、転職活動にスピード感が求められる点は、腰を据えて転職活動をしたい方にとってデメリットになります。

サービス提供期間については、サービスの約款に記載があります。

その為、ある程度転職の軸が明確化されている方には問題ないですが、そうではない方にとっては、急かされてしまう印象を受けてしまうかもしれません。

逆に、スピード感を持って転職活動を進めたい方にとっては、期間内に多くの紹介を貰えてスピーディーに転職活動を進められるのでオススメです。

リクルートエージェントがおすすめな人

朝日

アンケートで分かったおすすめな人

実際に利用した人は、どのような人におすすめのサービスだと感じたのでしょうか?

見ていきましょう。

転職を考えている人全員におすすめ

34歳 | 男性 | 不動産・建設・設備 | 営業・サービス・販売
転職回数: 1回
転職を考えている全ての人にオススメしたいです、理由は質の高いサポートをして頂けるので転職活動に対しモチベーションを下げずに活動出来ますしスムーズな転職活動を行えるからです、求人に関しては人それぞれ希望職業職種が異なりますから紹介求人数が多い少ないはあると思います、しかし希望にマッチした求人をしっかりと紹介して頂けるので少なくとも転職活動を効率良く進める事が出来ると思います、こうした事から転職を考えている全ての人にオススメしたいです。
地域や業種ごとに多くの求人をもらいたい人

25歳 | 男性 | IT・通信・インターネット | ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
転職回数: 3回
多くの求人の中から転職先を選びたい人、早めに転職したい人、地方へ転職したい人も、
膨大な求人数を誇るリクルートエージェントを利用しない理由がありません。ある程度自己分析ができていて、行きたい業界もある程度決まっている
行きたい業界・職種の会社の求人をたくさんもらいたい
企業側の情報を詳しく知りたい人ある程度自己分析ができていて、行きたい業界もある程度決まっている
行きたい業界・職種の会社の求人をたくさんもらいたい
企業側の情報を詳しく知りたいにおすすめしたいです
転職・社会人経験がある人

23歳 | 男性 | 環境・エネルギー | 営業・サービス・販売
転職回数: 1回
転職経験が1度あり、かつ社会人経験が5年以上ある方。
求人数は業界大手のため非常に多く、かつ良質な求人も多数存在します。その中で採用されるにはやはり自らの経験がものをいいます。幹部職にあらずとも、その業務に向き合ってきた経験を遺憾無く発揮出来ることを伝えられる方が使用すべきだと思います。
また、転職を1度経験した方であればやり方が分かっているため、エージェントを頼りつつ自らで情報を吟味し決めていけると思います。
転職活動に自信が無い人

33歳 | 男性 | 金融・保険 | 事務・管理
転職回数: 4回
幅広い職種の求人がありますが、事務系の職種を希望している人にはおすすめできます。転職活動に不安を抱えている人に対して、リクルートエージェントの方が真摯になってお話を聞いてくれますのでとても良いサービスになります。職務経歴書をうまく書くことができなかったり、面接でうまく話すことができないという時のフォローがしっかりしています。転職活動の経験が浅い方にも、 リクルートエージェントはおすすめすることができます。
転職を考え始めた人

33歳 | 男性 | IT・通信・インターネット | エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)
転職回数: 1回
他のエージェント様と比べてもダントツの実績と企業数ですので、基本的にどなたでもお勧め出来るエージェント様になります。まずは皆さんが第一に登録すべきだと思います。だだ、割合的には技術案件様の数は営業関係と比べると劣るのかなと思いますが、市場の働いている割合を考えても必然的にそうなるものですので心配はないです。より特化した求人を求める方は他のエージェント様にご登録することをお勧めしますが、まずは登録してみてではないでしょうか。
20代で転職を考えている人

24歳 | 女性 | 公的機関・その他 | 医療・福祉・介護
転職回数: 2回
20代のキャリアがまだ十分ではない人、営業など会社に入りたい人にはおすすめだと思います。30代入った人もいいとは思うのですが、ほぼ収入とか福利厚生とか平均並みなので早く出世したいとか高望み、キャリアにすぐれて自信がある人には何か物足りないぶぶんがあるかもしれないのでおすすめできません。社会人3から6年目の人とかにオススメできるなと私は思います。いろんな会社を見てみたい人にも求人がけっこうあるのでオススメです
じっくりと相談にのってほしい人

28歳 | 女性 | 流通・小売り・フード | 教育・保育・公務員・農林水産・その他
転職回数: 2回
離職してすぐに仕事を見つけたいかたや、在職中でじっくり仕事を探したい方両方におすすめできます。転職までの期間も希望できるのでその希望に合わせてエージェントの方がサポートしてくれるからです。求人も毎日紹介して頂けるので選考にも進みやすいと思います。エージェントの方が相談にのってくれ、向き合ってくれるのでじっくりと探したい方にもおすすめです。求人数が多いので希望条件や、仕事内容をエージェントの方と相談しながら自分にあって仕事を見つけられると思います。
営業や経理などの職種の人

28歳 | 女性 | マスコミ・広告・デザイン | クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン)
転職回数: 2回
営業職や経理などの求人はたくさんあるようなので、その職種で転職をしたい方には合っているのではないでしょうか。他エージェントと比べても総求人数は多いはずなので、職種によっては登録する価値があると思います。デザイン職ではWEB系は少々ありましたが、それ以外はほとんどありませんでした。WEB系についても専門の転職エージェントの方が条件の良い求人を扱っていると感じます。専門職での転職を考えている方には向かないエージェントだと思います。
面接や履歴書の対策をしたい人

26歳 | 女性 | IT・通信・インターネット | 事務・管理
転職回数: 1回
自分に合った求人、細かい理想の求人がほしい人にオススメです。ここには膨大な情報があるため、必ず自分の希望にあった企業があると思ったからです。また、同じ企業でも、職種によっては内容に差があるため、「大手だから難しい」などと思うことなく応募できます。
また、面接対策や履歴書の書き方の指導をしてほしい人にもオススメです。本音で話すことができ、自分が本当に納得できるものができるからです。ポイントや項目ごとで考えさせてくれ、さらに見本もくれるため、考えやすいと思いました。
スキルがあり、大企業に転職したい人

29歳 | 女性 | IT・通信・インターネット | ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
転職回数: 1回
ある程度の経験や技術がある人で、誰もが知っているような大手企業に転職したい方にお勧めです。
担当者の質はともかくとして、大手企業の求人数はとても多く、複数社に応募できると思いますし、
落ちてしまったとしてもまた新しい大手企業の求人が来るので再チャレンジしやすいのではないかと思います。
また、ある程度行きたい会社や業界が決まっている場合や、自分の志望が固まっていれば、良い企業をすぐに紹介してもらえると感じました。

先ほど述べたように、リクルートエージェントは下記のような方におすすめです。

  • 幅広い求人から選びたい方
  • 大手への転職を目指している方
  • キャリアアップとしての転職を考えている方

一つ一つ解説していきます。

リクルートエージェントは、幅広い求人から選びたい方におすすめ

リクルートエージェントの求人の質・量はどのエージェントと比較しても圧倒的です。

初回面談でも、数多くの求人を紹介してくれます。

第二新卒や、狭い業界での転職を考えている人は、自分に合う転職エージェントを見つけることがなかなか難しいのが現実です。

エージェント業もビジネスなので転職しやすい人を扱いたいもんね。

ハルカ

たとえ他のエージェントが受け入れてくれないような場合でも、リクルートエージェントであれば圧倒的な求人数があるので、求めてる案件が見つかる可能性は非常に高いです。

業界特化型エージェントなどと併用しながら最大限リクルートエージェントの効果を発揮してみてください。

リクルートエージェントは、大手への転職を目指している方におすすめ

リクルートエージェントは、企業からの信頼が圧倒的に高く、リクルートにしか求人を出さない大手優良企業もあるほどです。

エージェントの質が非常に高いからこそ、企業も「リクルートなら最適な人材を連れて来てくれる」と信頼して求人を預けます。

しかも、リクルートエージェントの面接対策は非常に手厚いので、大手企業で倍率が非常に高かったとしてもリクルートの持つ莫大なデータと経験を持ってして最適な対策を行ってくれるでしょう。

ただ、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質がバラバラなのも事実です。

もし担当のキャリアアドバイザーが合わなければ、他の転職エージェントを使ってみても良いでしょう。

リクルートエージェントは、キャリアアップとしての転職を考えている方におすすめ

キャリアアップを考えている方にとっては、リクルートエージェントでの転職活動は非常に有益です。

なぜなら、エージェントの質はどの転職エージェントよりも高く、面談を通して求職者のニーズの言語化を手伝ってくれたり、彼ら自身が素晴らしいキャリアを歩んできているので参考になる話をしてくれます。

キャリアアップを目指す方はぜひリクルートエージェントを利用してみてください。

圧倒的業界No.1の信頼感

かんたん3分で完了。無料登録後もお金はかかりません。

リクルートエージェントがおすすめできない人

リクルートエージェントに登録する前にデメリットも確認しておきましょう。

ただ、結論から述べるとリクルートエージェントは誰にでもおすすめできるエージェントであるので、デメリットを感じた場合にも、他のエージェントと併用しながらの利用をおすすめします。

リクルートエージェントがおすすめできないのは以下のような方々です。

  • 転職活動にどっぷり伴走してもらいたい人
  • キャリアアドバイザー依存してしまう人

転職活動にどっぷり伴奏してはくれない

リクルートエージェントのキャリアコンサルタントは非常に忙しいです。

ネット上に落ちている口コミや評判を見ると、「メールや電話の対応が遅い」というものが頻繁に見受けられました。

たくさんの求人を紹介してはくれますが、もっと親身に転職活動に付き添って欲しいという方は他の転職エージェントとの併用などを考えたほうが良いかもしれません。

初めての転職活動であったり、既卒やフリーターなど少し特殊な携帯で転職活動をする場合にはそれ専門の転職エージェントに登録した方が良いでしょう。

担当者によって当たりハズレがある

これに関してはリクルートエージェントだけに限った話ではありませんが、どうしても担当者によって当たりハズレがあるのが現実です。

リクルートエージェントの強みは「優秀なエージェント」であるので、そうでない担当者に当たってしまった場合には他のエージェント以上にダメージです。

ただ、いくつかの転職エージェント併用することでこれらのデメリットは解消できるので、サポートが手厚いマイナビエージェントや企業への推薦力の高いdodaなどを一緒に使ってみてください。

おすすめの転職サイトと転職エージェントはこちら

20代におすすめの転職サイト 【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

リクルートエージェントの利用に費用はかかる?

お金

リクルートエージェントを利用するにあたっては、転職活動の面接における交通費などはもちろんかかりますが、それ以外の費用はかかりません。

リクルートエージェントでは、転職が決定した際に、年収の約35%の手数料を企業から貰っていると言われています。

その手数料が売上になるので、転職者からはお金を貰わないでも運営することができるのです。

キャリアアドバイザーのスケジュールによっても変わりますが、アドバイスは何度受けても無料ですので、出来る範囲で徹底的に利用することをオススメします。

リクルートエージェントをフル活用するポイント

上記のようなメリットやデメリットがあるので、リクルートエージェントをフル活用するポイントとしては、

  • 職種、業界、希望勤務地、年収などの希望条件を明確にしておく
  • 希望業界や職種の担当者をつけてもらうようにする
  • 紹介件数について、担当者とコミュニケーションを取る

を意識するようにしましょう。

リクルートエージェントでは紹介できる案件が多数あるため、その中から自分に合った求人を選ぶのは非常に骨の折れる作業になります。

そのため、自分の希望条件を明確にし、それを担当者に伝えておく必要があります。

0から伴走してもらえるほど担当者のキャパがない可能性があるので、こちらからどんどん要望していきましょう。

その上で、自分の希望する業界や職種に強い担当をつけてもらい、アドバイスをもらい続けるようにすると、担当者側としてもコミュニケーションが取りやすいです。

また、求人数が多い・少ないといった感覚は自分にしかわからないです。

求人数の多い・少ないについても担当者にしっかり伝えることで、自分にとって適切な紹介数になるように調整するように心がけましょう。

そうしないと、情報量が多すぎて、自分の首を絞める結果になってしまう恐れがあります。

圧倒的業界No.1の信頼感

無料登録後もお金はかかりません。

リクルートエージェントのパーソナルデスクトップとは?

ログイン画面

パーソナルデスクトップとは、リクルート登録後に利用できるマイページのことです。

登録後に「専用マイページ(Personal Desktop)のご案内」というメールにてIDと仮パスワードが送られてくるので、そのID・パスワードをつかってログインします。しばらくログインしていないと使えなくなってしまうので気を付けましょう。

パーソナルデスクトップには様々な便利機能があります。

  • 詳細な求人情報を参照できる検索機能
  • 面接のスケジュール調整
  • 職務経歴書が簡単に作成可能なツール
  • 面接対策動画

これらの機能を使い倒して転職を成功させましょう。

リクルートエージェントに関してよくある質問

リクルートエージェントに関して良くある質問をまとめました。

利用する際に一読して、スムーズにリクルートエージェントのサービスを利用できるようにしましょう。

リクナビエージェントとリクルートエージェントの違いは何ですか?

どちらも同じです。間違って検索している人が多くいるため、リクナビエージェントという言葉が出て来たようです。

 

 

転職時期は未定なのですが、利用可能ですか?

はい。求職者のキャリアに対する考えを聞いた上でベストなプランを立ててくれるので、いますぐ転職したいといった場合でなくても利用することはできます。

 

土日の面談も可能ですか?

はい、可能です。

 

リクルートエージェントは冷たいと聞きますが…

担当者によります。ただ、他の転職エージェントに比べて冷たい印象は確かにあります。

 

年齢に関係なく使える?

年齢に関係なく利用できます。中高年の方は転職が厳しいのでは、という不安の声も聞きますが、リクルートエージェントでは中高年の転職希望者専門の部隊もあるので、サポートしてもらえる体制があります。

 

新卒でも使える?

大学生の新卒採用においては、リクルートエージェントは対象外です。社会人2-3年程度の第二新卒求人は数多く揃っていますが、新卒採用においてはリクナビ就職エージェントが対象になります。

 

新井香奈さんとは?

リクルートエージェントを検索すると、検索候補の一部に上がるようですが、おそらく担当者の1人だと思われます。

 

スカウトサービスってなに?

リクルートエージェントでは、キャリアシート(職務経歴書)を公開すると、それを見た企業からスカウトを受けることが出来ます。必ず合格するわけではありませんが、通常の応募と比較すると有利に転職活動を進めることが出来ます。

なお、スカウトの中には、下記の2種類があります

  • 書類選考が免除になる「面接確約」
  • 通常応募よりも約3倍書類選考に合格しやすい「応募歓迎」

リクルートエージェントと他の大手転職エージェントとの比較

リクルートエージェントと他の転職エージェントの比較をしてみます。

基本的には転職エージェントは複数登録することをおすすめします。

迷ったら、dodaとリクルートエージェントに登録しておけばまず問題ないでしょう。

リクナビネクストとは何が違う?

リクナビネクスト

リクナビネクストは転職サイトで、リクルートエージェントは転職エージェントです。

そのため、リクナビネクストの場合に転職活動のすべてを一人で行う必要があります。

リクルートエージェントとリクナビネクストとの比較を簡単にまとめましたので、ご覧ください。

メリット デメリット
リクルートエージェント ・職務経歴書の書き方や面接アドバイスがある

・年収などの交渉がある

・担当者との相性によって変わる

・転職を急かされる

リクナビネクスト ・自分のペースで転職活動を進められる

・転職活動を急かされない

・転職活動のアドバイスが無い

・職務経歴書などを全て自分で用意する必要がある

下記の記事では、リクナビネクストの評判を解説していますので、あわせてご確認ください。

リクナビNEXT リクナビNEXTの評判を20代の僕が実際に使って確かめてみた

リクルートエージェントへの登録から応募までの流れ

リクルートエージェントへの登録は非常に簡単です。

スマホの画面をタップしていくだけで、3分程度で登録が完了します。

それぞれの流れを確認していきましょう。

新規ユーザーとして登録

まずリクルートエージェントのサイトにアクセスし、新規ユーザーとして会員登録をします。

会員登録

この内容を入力すると、下記の画面に移動しますので、氏名、性別、生年月日などの個人情報を入力します。

登録画面

その後、簡単な職務経歴を記載する欄が出ますので、その部分を入力します。

求人志向チェックを行う

登録後には求人志向チェックを行います。

実際に30件ほどの求人が出ますので、

  • とても興味がある
  • 検討してもよい
  • 興味なし

の3つの軸で判断して、サービス側に求人の志向を伝えます。

アドバイザーとの面談予約

登録が完了すると、申し込みから7日以内にキャリアアドバイザーからメールか電話にて面談の日程調整の連絡が入ります。

面談は、土日や平日の夜を含めて曜日・日時を問わず求職者の都合にて設定する事が出来ます。

対面で面談を行う場合は、全国各地にあるリクルートエージェントのオフィスにて行います。

面談の実施

面談は、対面か電話で行われます。

面談では、

  • これまでのキャリアについて
  • 希望業界・希望職種
  • なぜ転職したいのか
  • なぜその業界・職種なのか
  • 今転職すべきなのか
  • あなたの自己PRや強みは何か

などについて、キャリアアドバイザーと会話します。

ここで転職における大まかな方針を固めましょう。

求人への応募

面談の内容を踏まえて、自分にマッチした案件をキャリアアドバイザーから紹介されます。

面談時に書類にて渡されるのと同時に、面談後もマイページにて新着求人や他の紹介求人などが随時送られてきます。

それらを確認して、応募するかどうかを判断しましょう。

リクルートエージェントの退会・解約は簡単?

退会方法はとても簡単です。

転職サービスの退会(キャンセル)にアクセスすると、下記のような入力フォーマットが出てきますので、必要事項を入力すれば簡単に退会できます。

解約画面

退会した後も、再度登録しなおすことは出来ます。

都道府県による違いはある?

リクルートエージェントに限らず、求人数は都道府県によって大きく変わります。

現時点でリクルートエージェントが保有している主要都道府県別の求人数は下記(※2021年3月現在)になります。

都市名 求人数
東京都 約125,000件
神奈川県 約20,000件
大阪府 約31,000件
京都府 約6,000件
兵庫県 約7,100件
福岡県 約9,500件
愛知県 約19,000件

やはり東京都に圧倒的に求人数は集中していますね。

他にも大阪府や愛知県にも多くの求人数があります。

勤務地を変えてでもすぐに転職をしたい場合は、東京都への転職も視野に入れるとスムーズに進みそうですね。

またメーカー希望で機械いじりなどが好きな方は、愛知県には多くのメーカーの求人があるので、愛知県を狙ってみてもいいですね。

リクルートエージェントの評判まとめ

リクルートエージェントには、キャリアアドバイザーによっては対応が遅い、登録後に紹介できる案件がないと断られたり、転職を急かされたりする、という悪評やデメリットもあります。

しかし、それ以上に、豊富な求人数や、職務経歴書・面接のアドバイスなどの転職活動のサポート、内定後の企業への条件UPのための交渉をしてくれるなど、良い評判やメリットもあります。

ある程度自分の転職の軸が明確で、親身にアドバイスを受けるよりもエージェントを使い倒して自分からガリガリ転職活動を進めていきたい、という方にはとても相性の良いサービスです。

実際にリクルートエージェントを使ってスピーディーに転職が出来たという声や、年収が提示されたよりもアップできた、という声もあがっています。

求人数も非常に多いので、自分に合った求人もきっと見つけることが出来ます。

どのエージェントを利用するか迷った時は、まずはリクルートエージェントに登録するようにしましょう!

圧倒的業界No.1の信頼感

かんたん3分で完了。無料登録後もお金はかかりません。

また、外資系企業に転職したい場合は、リクルートエージェントだけでなく下記の記事を参考に外資系企業に強いエージェントを活用しましょう。

外資系転職 ABテスト用【徹底比較】外資系企業への転職におすすめの転職エージェント13選!ランキング形式で紹介!

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です