20代におすすめの転職サイト▶︎

令和の幸せは、今を夢中になって生きること

平成が終わり、令和になりました。

この30年の間に、私たちの「価値観」は大きく変わったのではないでしょうか。

平成を通して大きく変わったものの一つに、「何のために頑張るのか」という人々のモチベーションがあります。

平成では、汗水を垂らして働いて、何かを必死になって達成することこそが、人々を突き動かすモチベーションの源でした。

何かを達成すれば、金銭的報酬や地位的報酬が待っていました。

平成の成功者と呼ばれる人々を思い返すと、高級車を所有し高級スーツを身にまとい、夜景の見えるマンションに暮らしているような絵が思い浮かぶのではないでしょうか。

ただ、その絵を思い浮かべて心の底から憧れる人は、令和時代に何人いるのでしょうか。

令和には、高級車や高級スーツなどのステータスシンボルを求める人は少なく、当時の人々が憧れていたそれらのモノに対してはむしろ「ダサい」とすら考え始められています。

令和を生きる人々は、「何かを達成するために汗水を流す」のではなく、「今を夢中になって生きること」に価値を感じているのです。

だからこそ、ステータスシンボルは必要ありません。

そんな物事にお金を使うくらいなら、毎日UNIQLOを着て何か意味のあることや、楽しいことにとことんハマることに時間もお金も使いたいのです。

物理的な幸せには興味がなく、より本質的、意味的な幸せを求める時代に変わったのです。

令和を彩る世代では、生まれた時からほとんどの物事が満たされていました。

だから過去の世代と違って、何かを手に入れるために必死になって頑張る必要がないのです。

令和に入り、幸せの形は変わりました。

変わったというよりも、多様化したと言った方が正しいかもしれません。

あなたにとっての幸せは何でしょうか?

あなただけの幸せなストーリーを描いて生きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です