リクナビネクストからスカウトが来ない人がやりがちなミス|今すぐできる対処法も解説!

リクナビネクストからスカウトが来ない人がやりがちなミス|今すぐできる対処法も解説!

リクナビネクストからスカウトが来ないのはなぜ?

スカウトが来ないときは何したらいいの?

そのようなお悩みをお持ちではありませんか?

リクナビネクストで、スカウトをもらうには「スカウトレジュメの内容を改善する」必要があります。

なぜなら、スカウトレジュメがよくないと、企業は「この人を採用したい」と思わないからです

本記事では、内定をもらった人の「キャリアプラン」や「自己PR」を徹底調査した筆者が、スカウトが来ない理由と対処法を解説します。

この記事でわかること
  • リクナビネクストからスカウトが来ない理由
  • スカウトが来ない時の対処法
  • 転職をより効率的にする方法

記事を読めば、「スカウトが来ない理由」を理解し、「スカウトがくるレジュメ」を書けるようになるでしょう。

目次

リクナビネクストからスカウトが来ない2つの理由

リクナビネクストからスカウトが来ない2つの理由

リクナビからスカウトが来ないときは、主に以下の2つが理由になっています。

スカウトが来ないときの主な理由
  • スカウトレジュメの「自己PR」や「キャリアプラン」が不十分
  • 設定されている希望条件が高い

解説を読むことで、解決すべき課題が理解できるでしょう。

理由①:スカウトレジュメの「自己PR」や「キャリアプラン」が不十分

1つ目の理由は、スカウトレジュメの「自己PR」や「キャリアプラン」が不十分なことです。

内容が不足していると、企業は会社に合う人なのか判断することが難しくなります

スカウトレジュメ

出典:リクナビNEXT

企業に自分がどのような人か伝えるために、スカウトレジュメを具体的に書くことが大切になります。

特に、スカウトレジュメにある「キャリアプラン」や「自己PR」は、文章を記入できる重要な項目なので、自分がどのような人材か具体的に記入しましょう

記載するときに意識したいポイントはこちらで解説しています。
まずは「キャリアプラン」や「自己PR」を具体的に書く>>

理由②:設定されている希望条件が高い

2つ目の理由は、希望条件が企業が考える条件より高いことです。

企業は、希望条件を確認した上で「入社してもらえそうか」を判断し、スカウトします。

スカウトレジュメ

出典:リクナビNEXT

もちろん、希望する企業に転職するためには、条件を細かく設定することは大事です。

しかし、こだわりすぎてしまうと企業もスカウトしにくいため、重要度の高い項目だけを設定することが大切です。

まずは「キャリアプラン」や「自己PR」を具体的に書く

まずは「キャリアプラン」や「自己PR」を具体的に書く

スカウトが来ない時の対処法として、まずは「自己PR」と「キャリアプラン」を具体的に書きましょう。

書くときに意識すべきポイントは以下の3つです。

「自己PR」と「キャリアプラン」を書くときに意識するポイント
  • 志望業界や転職理由に一貫性を出す
  • 将来の希望するポジションや働き方について書く
  • プライベートの目標とキャリアプランは分ける

志望業界や転職理由に一貫性を出す

1つ目のポイントは、「志望業界や転職理由に一貫性を出す」ことです。

具体的には、下記のような内容を記載すると良いでしょう。

志望業界や転職理由に一貫性を出す

希望する業界と転職の理由に一貫性がないと、「また転職してしまうのでは?」と企業が感じてしまいます。

「やりたい仕事」と「理由」は、具体的に記載することが大切です。

将来の目指すポジションや働き方について書く

2つ目のポイントは、「将来の希望するポジションや働き方について書く」ことです。

具体的なよい例は以下の通りです。

希望するポジションや働き方について

目指すポジションや働き方を具体的に記載しないと、企業が欲している人材か判断することが難しいです

自分が「どんなポジションで、どんな業務をしたいか」を記載し、企業に理解してもらうことを意識しましょう。

プライベートの目標とキャリアプランは分ける

3つ目のポイントは、「プライベートの目標とキャリアプランは分ける」ことです。

プライベートの目標がキャリアプランになってしまっている悪い例は、以下の通りです。

  • ◯◯歳までに営業の経験を積み起業したい。
  • 貯金をして、◯◯歳で辞めたい。
  • 実務経験を積み、◯◯の資格を取得したい。

プライベートの目標だと企業に採用したいと感じさせるのは難しいでしょう。

キャリアプランを書く際は、「どのように企業に貢献するか」を書く意識が大切です。

「転職エージェント」を併用し効率よく転職活動しよう

「転職エージェント」を併用し効率よく転職活動しよう

「転職エージェント」を併用して転職活動をすることがおすすめです。

転職エージェントなら、一人では対策できない内容も、プロのキャリアアドバイザーにサポートしてもらえます。

「応募書類の添削」や「面接対策」などは、転職サイトでの応募文を作るときや、自分で申し込んだ求人の面接でも役立ちます。

他にも転職エージェントを利用すれば、下記のようなサポートを受けられます。

転職エージェントで受けられるサポート
  • 自分に合った求人の紹介
  • 企業への推薦状の作成
  • 面接日の日程調整
  • 内定後の入社条件の交渉

上記の内容を手厚くサポートしてもらえる点から、転職エージェントを併用し転職活動を効率的に行うことがおすすめです。

リクナビネクストと併用したい転職エージェント3選

リクナビネクストと併用したい転職エージェント3選

併用におすすめの転職エージェントを3社ご紹介します。

紹介するエージェントは以下の通りです。

併用におすすめの転職エージェント3社

各社の特徴を比較しているので、自分に合った転職エージェントを見つけられます。

リクルートエージェント|転職エージェントを利用したことがない人におすすめ

リクルートエージェント

公式サイト:リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界トップの求人数を誇る転職エージェントです。

扱っている業種や求人数が多いため、より次の転職先に出会いやすいです。

サービスの質も高く、初めての方でも利用しやすいでしょう。

転職サイトを初めて利用する方は、業界トップクラスの規模をもつリクルートエージェントがおすすめです。

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約296,000件
非公開求人数約272,000件
料金無料
対応地域全国・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

※2022年11月時点

業界最大手の信頼感

かんたん3分で完了。無料登録後もお金はかかりません。

マイナビジョブ20’s|スキルが少ない20代の人におすすめ

マイナビジョブ20's

公式サイト:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、社会人としての経験の少ない20代に特化した転職エージェントです。

未経験でも応募できる求人が豊富にあり、面接対策や応募書類の添削などのサポートも行っています。

マイナビジョブ20’sは20代に特化しているゆえに、スキルが少ない20代の方でも、サポートを受けながら効率よく転職活動ができるでしょう。

運営会社株式会社マイナビワークス
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
料金無料
対応地域全国・海外
公式サイトhttps://mynavi-job20s.jp/

※2022年11月時点

20代の初めての就職・転職活動におすすめ

無料登録後もお金はかかりません。

パソナキャリア|細かいところまでサポートを受けたい人におすすめ

パソナキャリア

公式サイト:パソナキャリア

パソナキャリアは顧客満足度4年連続1位(※1)の手厚いサポートが特徴です。

応募書類や面接対策に加えて、面接の日程調整や年収交渉まで、サポートしてもらえるため、転職活動に慣れていない方でも利用しやすいです。

転職で年収が上昇した人は67.1%(※2)もいるため、エージェントの交渉力にも期待できます。

細かいところまでサポートを受けながら、年収を上げたい人は、パソナキャリアがおすすめです。

※1参考:PRTIMES
※2参考:パソナキャリア

運営会社株式会社パソナ
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
料金無料
対応地域全国・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

※2022年11月時点

業界トップクラスの質の高いサポート

無料登録後もお金はかかりません。

まとめ:スカウトレジュメの内容を充実させ転職エージェントを併用しよう

まとめ:スカウトレジュメの内容を充実させ転職エージェントを併用しよう

リクナビネクストからスカウトが来ない理由や、来ない時の対処法について解説してきました。

「スカウトレジュメ」の内容を改善し、転職エージェントを併用しながらより効率的に転職活動を行いましょう。

年代別に転職エージェントのおすすめもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人

浅井 優太のアバター

国公立大学外国語学部英米学科卒業。TOEIC 970点 / IELTS 7.0 / 高校の英語教員免許保有。新卒から大手メーカーの海外営業として働く。

コメント

コメントする

目次
閉じる