転職するかを迷っている人に伝えたい3つの事実

転職するかを迷っている人に伝えたい3つの事実

転職に悩みは付きものです。

特に初めての転職であればなおさら不安が伴い、迷うことが非常に多いでしょう。

ごーどん

第二新卒の転職者などは特に転職に対して不安があるでしょうね

現在では転職することに対するハードルは昔よりは低くなりました。

しかし、いざ自分が転職する立場になると迷うのは当たり前です。

今回は、転職するかどうか迷っている方へ3つの事実をお伝えしたいと思います。

こんな人におすすめ!
  • 初めての転職活動をしている方
  • 転職するかどうか迷っている方

辞めたいと思ったら辞めた方がいい

毎朝起きるのが辛かったり、会社にいる時間が苦痛で仕方ない方はいませんか?

あまりにも辛く、常々辞めたいと思っているなら勇気を出して一歩を踏み出して転職してみるべきです

精神的につらい環境の中で働き続けたとしてもまず幸せになることはできません。

「石の上にも3年」などと考え、入社してすぐに辞めてしまっては今後のキャリアに傷がつくのではないかと考えている人が多いようですが、それは間違いです

今時では、3年を待たずにキャリアチェンジをする人は非常に多く、自分に合わない環境で働い続けて人生を無駄にするくらいなら、いっそ0からのスタートであったとしても自分に合った環境で働いた方が長い目で見たときにメリットになります。

年齢を重ねるほど転職は難しくなる

悲しいですが、年齢を重ねれば重ねるほど転職の難易度は上がります

特に新卒の時のようなポテンシャル採用が通用するのは、ほぼ第二新卒までで、未経験の職種や業界に転職しようと思うなら若いうちにしかまずできません。

30歳を超えてきたら、ポテンシャルは関係なく、それまでの実績や経験を見られます。

即戦力として活躍できるだけの実力がなければ、まずあなたの望むような転職はできなくなるでしょう。

もし憧れの職種や仕事があったり、まるっきり仕事の方向性を変えたいのであれば、早めに決断をして転職活動を始めてください。

決断してしまえば転職は何も怖くない

転職活動をしていてもっとも悩むのが決断のタイミングです。

今の会社を辞めてしまうことのリスクや、全くの新しい環境に飛び込むことへの恐怖などによって、一歩を踏み出すのが怖くなってしまう人が多いようです。

しかし、一度決断してしまえば転職は全く怖いものでもありません。

もし何か大きな恐怖を感じているのであれば、転職活動を経験したことのある友人や先輩に話を聞いてみたり、転職エージェントなどのプロに相談してみてください。

同じような悩みを経験してきた人も多いはずですので、適切なアドバイスがもらえるでしょう。

まとめ

転職するかどうか迷うのはごく当たり前です。

しかし、迷っている間にチャンスが失われていく可能性も多いにあるのが辛い現実です。

この記事で伝えたかった3つのことを最後にまとめます。

  1. 辞めたいと思ったら辞めよう
  2. 若いうちのが転職のチャンスは多い
  3. 決断さえしてしまえば転職は怖くない

少しでも迷っているのであれば一歩を踏み出して転職活動をしてみることが大切です。

ぜひ勇気を出してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です