20代の転職で役立ったおすすめの転職サイトと転職エージェント13選

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェントを徹底紹介!

20代の多くは転職活動が初めてで、次のような不安があるのではないでしょうか?

  • 何からはじめていいのかわからない
  • 転職サービスが多すぎて結局どれを使えばいいのかわからない

とーます君

転職サイトも転職エージェントも色々ありすぎて、結局どれを使うべきかわからないよ…

この記事では、20代の方が使うべき”本当におすすめの”転職サービスをご紹介します。

20社以上の転職サイトを登録する僕が、実際に使って「本当に使える」と思ったもの以外は紹介しません。

転職活動をしていく中で利用するサービスは想像以上に多く、次のようなものがあります。

転職活動で利用するサービス
  • 転職エージェント
  • 転職サイト
  • 企業の口コミサイト

結論から述べると、20代の方は転職エージェントを利用してください。

初めての転職活動の方が多かったり、 現職での経験が30代や40代の方と比較するとまだ少なく、履歴書や職務経歴書に書く内容や、面接での受け答え方などに悩むはずだからです。

転職エージェントを使えば、職務経歴書や履歴書の書き方、面接対策などの手厚いサポートを無料で受けることができます。

とーます君

無料なら使わない手はないね!

この記事では、カテゴリ別におすすめ転職サイトやエージェントを紹介していきますので、気になるところから読んでみてください。

20代にもっともおすすめの転職エージェント

20代の時に本当に役立った転職エージェントを紹介します。とりあえずこの3つさえ登録しておけば間違いないってものだけを紹介します。

1位:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20'sはこんな方におすすめ!

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

マイナビジョブ20'sの評価
求人数
(3.5)
サポートの質
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

転職活動が初めてな20代の方であれば、マイナビジョブ20’s以上におすすめの転職エージェントはありません。

職務経歴書の作成や転職活動の面接を人生で経験したことない方にとっては、マイナビジョブ20’sの専門的で手厚いサポートは非常にありがたいでしょう。

他の転職エージェント経由だと職歴や経験がないとの理由で通らない書類も、マイナビジョブ20’s経由なら通るといったことが本当によくあります。

マイナビジョブ20’sに求人を出している企業も、第二新卒や20代の若手社員を求めているので、マッチングが非常にしやすいです。

20代の初めての転職活動におすすめ

※登録後も一切お金はかかりません

mynavi-20's-jobotaku マイナビジョブ20’sの評判は?20代の僕が口コミや特徴を徹底解説

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの評価
求人数
(5.0)
サポートの質
(3.5)
使いやすさ
(4.0)
総合評価
(4.5)

リクルートエージェントは、求人の量と質が圧倒的業界No.1です。

業界No.1のリクルートだからこそ持つノウハウと、圧倒的な求人数によって求職者の転職活動を万全の体制でサポートしてくれます。

また、企業からの信頼も暑く、「リクルートエージェントにしか求人を出さない」大手優良企業もあるほどです。

利用者数も圧倒的No.1の転職エージェントで、他のエージェントと併用しながらでも確実に登録だけしておいて損はないでしょう。

圧倒的業界No.1の信頼感

※登録後も一切お金はかかりません

リクルートエージェントは登録すべき?どんな人におすすめなのかを紹介! リクルートエージェントの評判は?どんな人におすすめなのかを紹介!

3位:パソナキャリア

パソナキャリア

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアの評価
求人数
(4.0)
サポートの質
(5.0)
使いやすさ
(3.0)
総合評価
(4.0)

初めての転職活動で、丁寧なサポートを希望される方にはパソナキャリアがおすすめです。

転職活動に必要なすべての工程に対して丁寧できめ細かいサポートをしてくれるのが特徴で、初めての転職活動を行う方であれば利用して損はないでしょう。

リクルートエージェントほどではないものの、16,000社以上と取引実績があり、幅広い求人を取り揃えているのと、転職業界の老舗だからこそ持つ転職ノウハウに魅力があります。

サポートの質は業界トップクラス

※登録後も一切お金はかかりません

パソナキャリアの評判 パソナキャリアの評判は?手厚いサポートや初心者に優しいとの口コミは本当?

20代のときに役立ったおすすめの転職サイト

20代の時に本当に役立った転職サイトを紹介します。

たくさんの転職サイトを登録するデメリットはメールが多くなる程度ですので、気になったものを複数登録して用途に合わせて使い分けるのがいいかと思います。

とーます君

転職サイト専用のメールボックスを作っておくといいかもね。

どうしてもメールを増やしたくない方は、これから紹介する4サイトだけは確実に登録しておくと良いでしょう。

1位:キャリトレ

キャリトレ

公式サイト:https://www.careertrek.com/

キャリトレの評価
求人数
(4.0)
求人の質
(4.5)
使いやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

20代のキャリア志向の方ならキャリトレがもっともおすすめです。

業界大手のビズリーチが運営し、会員の7割以上が20代と、20代に非常に特化した転職サイトです。

企業からのスカウト機能もあり、登録しておくだけで内定につながる可能性が高い『プレミアムスカウト』が届くこともあります。

20代の忙しいビジネスパーソンの方は確実に登録しておきましょう。

登録が非常に簡単ですので、とりあえず登録しておいて間違いないでしょう。

初期登録はたった1分で完了

※転職エージェントではないので、電話がかかってくることもなく自分のペースで利用できます。

20代の僕が、キャリトレを実際に使ってその評判や口コミを確かめてみた。 20代の僕が、キャリトレを実際に使ってその評判や口コミを確かめてみた。

2位:リクナビネクスト

リクナビネクスト

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

リクナビネクストの評価
求人数
(5.0)
求人の質
(4.0)
使いやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

リクナビネクストは、業界最大数の求人数を誇っていたり、企業から届くオファー機能によって、転職活動を効率的に進めるための武器になります。

転職活動者の8割以上が登録しているサイトですので、あまり紹介の必要はないかもしれません。

機能が非常に多いので使いこなすのが難しいかもしれませんが、「履歴書」と「職務経歴書」の無料作成ツールと、「人気求人ランキング」の2つを利用すると良いでしょう。

転職活動者の8割が利用

※転職エージェントではないので、電話がかかってくることもなく自分のペースで利用できます。

リクナビNEXTは登録すべき?どんな人におすすめなのかを紹介! リクナビNEXTの評判は?実際に使ってみた感想を紹介

3位:doda

dodaはこんな人におすすめ!

公式サイト:https://doda.jp/

dodaの評価
求人数
(4.5)
求人の質
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
総合評価
(4.0)

dodaは、求人の質も量も申し分なく、非常に使い勝手の良いサービスです。

dodaには転職エージェントのサービスもあり、そちらも合わせて利用するとより効果的に利用できます。

リクルートエージェントに次ぐ業界No.2の幅広い求人と、業界No.1の手厚いサポートで、最高の転職活動を伴走しながらサポートしてくれる転職エージェントです。

利用者満足度に関してはリクルートエージェントを超える業界No.1で、実に90%を超える利用者の方が満足したと回答しています。

利用者満足度業界No.1

※登録後も一切お金はかかりません

dodaのキャリアカウンセリングに実際に行ってみた! dodaの評判は?実際にキャリアカウンセリングに行った体験談を紹介

4位:AMBI

AMBI

公式サイト:https://en-ambi.com/

AMBIの評価
求人数
(3.0)
求人の質
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
総合評価
(3.5)

AMBIは20代のハイクラス向けの転職サービスです。

年収500万以上の方を対象にしたスカウト型の求人サービスで、すでにある程度市場価値の高い20代の方であれば利用する価値の非常に高いサービスになります。

自分の市場価値を測るなら『ミイダス』の方が正確ですが、AMBIにも合格可能性判定という機能があり、内容も面白いのでぜひ試してみてください。

※転職エージェントではないので、電話がかかってくることもなく自分のペースで利用できます。

AMBI AMBIの評判は?20代の僕が実際に使った感想や口コミを紹介

20代が利用すべき転職サービス

転職サイトや転職エージェントだけを利用していると、「客観的な情報」がすっぽり抜けてしまいます。

そこでおすすめしたいのが、企業情報の口コミサイトの利用と自分の市場価値を測ることのできるサービスの利用です。

これらのサービスを使うことで、転職活動の質がグンと高くなります。

転職会議

転職会議

公式サイト:https://jobtalk.jp/

転職会議は、株式会社リブセンスによって運営されている企業に関する就職や転職関連のクチコミ情報を提供するウェブサイトです。

次のような情報は転職サイトや転職エージェントだけではなかなか手に入りません。

  • 職場の人間関係
  • 社内に派閥はあるのか
  • サービス残業はあるのか
  • セクハラやパワハラはあるのか

転職サイトのような口コミサイトを利用すれば、実際に中で働く人のリアルな声を聞くことができます。

転職活動において一次情報の重要性は非常に高いのでぜひ利用してみてください。

転職会議は登録すべき?どんな人におすすめなのかを紹介! 転職会議の評判は?実際に利用して口コミや体験談の真相を調べました

ミイダス

ミイダス

公式サイト:https://miidas.jp/

MIIDAS(ミイダス)は、anやdodaなどを運営するパーソルキャリアの新しい転職サービスです。

200万人の転職実績データを元にして、ユーザーの本当の転職市場価値を教えてくれます。

とーます君

20代のうちから自分の市場価値を把握しておくことは今後のキャリアを考える上でとても重要だね。

またミイダスでは、市場価値を測れるだけではなく、そのデータを見た企業から面接確約付きのオファーもきます。

まとめるとMIIDAS(ミイダス)メリットは以下の2つです。

  • 自分の市場価値が5分でわかる
  • 面接確約のオファーが届く

無料かつ5分程度で市場価値が測れますのでぜひ試してみてください。

無料でサクッと市場価値を測ってみよう

※登録後も一切お金はかかりません

MIIDAS(ミイダス) ミイダスの評判は?他の転職サービスにはない3つのメリット

OpenWork(オープンワーク)

OpenWork(オープンワーク)は使える?実際に使って徹底調査してみた

公式サイト:https://www.vorkers.com/

オープンワークは、国内最大規模の就職・転職のための社員口コミサイトです。

圧倒的な口コミ回答数を誇り、口コミも信頼できるものが多いと言われています。

特に業界比較をするチャートは、オープンワーク独自のアルゴリズムで算出しているスコアを出しており、非常に参考になりました。

とーます君

業界全体として評価がいいのか、企業として評価がいいのかを比較するのに役立つね。

まとめると、オープンワークの良さは以下です。

  • 口コミの質が非常に高い
  • 業界比較のチャートがとても使える
  • 入社後の自分をリアルに想像できる

※登録後も一切お金はかかりません

その他おすすめの転職エージェント・転職サイト

ここまで本当におすすめの転職エージェントと転職サイトを厳選して紹介してきました。

それらのサービスに登録しておけば間違いないとは思いますが、他にも場合によっては利用価値の高い転職エージェントや転職サイトが存在するのでそちらも紹介します。

マイナビエージェント

マイナビエージェントはこんな方におすすめ!

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントの評価
求人数
(4.0)
サポートの質
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
総合評価
(4.0)

現在の分野でキャリアアップをしていこうと考えている方は、マイナビエージェントが良いでしょう。

マイナビエージェントは以下のような方におすすめです。

  • 優良中小企業へ転職したい方
  • 現在の分野でキャリアアップを目指している方

マイナビジョブ20’sが未経験の若手を対象としているのに対し、マイナビエージェントは「経験」を優先する求人が多い印象です。

そのため、同じ分野で突き詰めていきたい方はマイナビエージェントを利用してみてください。

独自求人が豊富

※登録後も一切お金はかかりません

マイナビエージェントは登録すべき?どんな人におすすめなのかを紹介! マイナビエージェントの評判は?どんな人におすすめなのかを紹介!

type転職エージェント

type転職エージェント

公式サイト:https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントの評価
求人数
(3.0)
サポートの質
(3.5)
使いやすさ
(3.5)
総合評価
(3.0)

首都圏に住んでいてIT・通信業界への転職を目指している方には、type転職エージェントがおすすめです。

type転職エージェントのキャリアコンサルタントはサポートの質が高く、type転職エージェントを利用して転職をした人の約71%が年収アップを成し遂げています。

転職経験がない方や第二新卒など若手の方であればあるほど、type転職エージェントの強みを最大限享受できるでしょう。

type転職エージェントは以下のような方におすすめです。

  • 首都圏に住んでいる方
  • IT・通信業界への転職を目指している方
  • 20代や第二新卒の方

おすすめの条件に合う方であれば、ぜひtype転職エージェントを利用してみてください。

首都圏のIT企業を目指すなら

※登録後も一切お金はかかりません

type転職エージェント type転職エージェントの評判は?利用者の口コミや感想、サービスの特徴を徹底解説

ウズキャリ

ウズキャリはこんな人におすすめ!

公式サイト:https://daini2.co.jp/

ウズキャリの評価
求人数
(2.5)
サポートの質
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
総合評価
(3.5)

ウズキャリは、第二新卒・既卒・フリーターに強い転職エージェントです。

既卒やフリーターの方向けの求人は、一般にはそこまで多く存在していないのが現実なので、既卒・フリーターの方へは、ウズキャリの利用を強くおすすめします。

ウズキャリは以下のような方におすすめです。

  • 既卒、フリーターの方
  • IT業界へ転職したい方
  • 手厚いサポートで転職活動を伴走して欲しい方

キャリアアドバイザーのほぼ全員が既卒転職経験者で構成されているため、既卒転職の難しさを理解しており、親身になって相談に乗ってくれます。

既卒やフリーターで転職を考えている方はぜひウズキャリを利用しましょう。

既卒・フリーターならウズキャリがおすすめ

※登録後も一切お金はかかりません

ウズウズカレッジが最高 ウズキャリ(UZUZ)の評判や口コミを転職サイトに20社以上登録する僕が徹底解説

【第二新卒向け】転職エージェントと転職サイトの戦略的使い方

転職エージェントと転職サイトにいくつか登録したら、実際に利用していきましょう。

僕が第二新卒のときに転職活動をしてわかった「戦略的な転職エージェントと転職サイトの使い方」を紹介します。

手順をまとめると次のような感じです。

  • 手順1
    転職サイトで求人を探す
    転職サイトで興味のある企業をいくつかピックアップしておきます。
  • 手順2
    転職エージェントに興味のある企業を伝える
    転職エージェントが案件を持っているかどうかを確認します
  • 手順3
    転職エージェントから推薦状付きで応募してもらう
    転職サイトから応募するのと、エージェント経由で応募するのでは書類選考の通過率が天と地の差です。
  • 手順4
    転職エージェントと面接対策をする
    エージェントのサポートは手厚いので、面接の練習などに付き合ってもらいましょう。
  • 手順5
    企業の口コミサイトで転職先の評判を調べる
    最後は企業の口コミを調べ、転職するかどうかの最終判断をしましょう。

1.転職サイトで求人を探す

転職エージェントを利用する前に、『リクナビNEXT』などの転職サイトを見て興味のある求人を探します。

実際に求人票をいくつか見てみると、自分がどんな職種や業種、企業に興味があるのかがわかってくるでしょう。

その求人を転職エージェントに伝えることで、どのような転職活動の軸を持っているのかを伝えやすくなります。

2.転職エージェントに興味のある企業を伝える

転職サイトで見つけた興味のある企業を実際に転職エージェントに伝えましょう。

もちろんその企業の求人を転職エージェントが持っていれば一番良いですが、たとえ持っていなかったとしても、あなたの志望する企業や業界、職種をキャリアコンサルタントに伝えることができ、似たような求人を紹介してくれる可能性もあります。

ごーどん

転職活動の軸を抽象的に伝えるよりも、実際に興味のある企業を具体的にいくつか伝えてもらった方がマッチする求人を紹介できる可能性を高めることができると述べていました。

3.転職エージェントから推薦状付きで応募してもらう

また、転職エージェントは、転職サイトと併用することで効果が最大限活かされます。

最低限登録しておくべき転職サイトも簡単に紹介しておきます。

転職サイトのおすすめの使い方は、次の手順です。

上記のように転職サイトと転職エージェントを併用することで、冒頭で述べた「転職サイトや企業HPからの応募では落ちてしまう求人」への転職成功率がグンと上がります。

4.転職エージェントと面接対策などをする

実際に応募をした後は、転職エージェントと面接対策をしましょう。

転職活動の面接では、就職活動の際の面接とは違い、あなたがどのようなスキルを持っているのか、またどうして今の会社を辞めることにしたのかを事細かに聞かれます。

どれくらい面接対策をしたかによって、大きく通過率が変わってきますので、ぜひ転職エージェントと一緒に面接対策を行いましょう。

5.企業の口コミサイトで転職先の評判を調べる

面接を突破して晴れて内定をもらってもまだやるべきことはあります。

それは、その企業の実際の評判を調べることです。

転職サイトや転職エージェントは、基本的にはその企業の良い面ばかりを教えてくれます。

内定が出るまではその情報だけでもいいかもしれませんが、実際に内定が出たら一旦冷静になってその企業の本当の情報を調べるようにしましょう。

転職会議』などの企業口コミサイトで調べることができるので、その時がきたらぜひ調べてみてください。

もし時間に余裕があるのであれば、選考と並行して調べていっても良いかと思います。

第二新卒が転職エージェントを使うべき理由

第二新卒や20代の方は間違いなく転職エージェントを利用すべきです。

主な理由な2つです。

  • 転職サイトや企業HPからの応募では落ちてしまう求人でも通過しやすくなる
  • キャリアアドバイザーから転職活動に対する手厚いサポートが受けられる

転職サイトや企業HPからの応募では落ちてしまう求人でも通過しやすくなる

第二新卒・20代の方が転職サイトや企業HP経由で応募すると書類選考がなかなか通過しません。

書類選考を通過しない理由はいくつかありますが、主な理由としては次の2つです。

  • 学歴フィルターや企業名フィルターで機械的に弾かれる
  • 履歴書や職務経歴書の書き方が良くない

学歴フィルターや企業名フィルターで機械的に弾かれる

人気企業になればなるほど、転職サイトや企業HPからの直接応募は増えます。

無数の応募が届く中ですべての求職者の履歴書や職務経歴書に丁寧に目を通すわけにはいきません。

そのため、企業はある程度のフィルタリングをします。

特に第二新卒や20代であれば、前職での経験が多くはないので、ポテンシャルを見て採用・不採用を決めていきます。

ごーどん

第二新卒の実力を職歴や経験で測るのは難しすぎますもんね。

ポテンシャルを見極める上で使いやすいのが学歴や企業名でしょう。

つまり、転職サイトや企業HPからの応募で書類選考を通過するには、一流大学出身であるか、大手や外資系など輝かしい企業で働いている必要があるのです。

一方で、転職エージェントからの応募は学歴や企業名に関係なく、書類選考が通過する割合は非常に高いです。

転職エージェントに登録している企業はエージェント経由で来る求職者への期待値が非常に高いと言われています。

学歴や企業名のフィルターで選考に進めないのは大きな機会損失ですので、第二新卒や20代の方は転職エージェント経由で応募するようにしましょう。

参考記事:第二新卒を採用する企業側のメリット・デメリットを理解した上で転職活動をしよう

履歴書や職務経歴書の書き方が良くない

第二新卒や20代の方は、履歴書や職務経歴書を書くのが初めてという方が多いです。

本やネットの情報をかき集めても、なかなかうまく書けないのではないでしょうか?

ごーどん

はじめて職務経歴書を書いた際はまったく筆が進みませんでした…

転職活動の経験がある同世代の友人が少なかったり、先輩や上司には転職活動をしていることを伝えられず、誰にも相談や添削をしてもらえないのが第二新卒・20代の大きな悩みの1つです。

そうなると、見よう見まねで作成した履歴書や職務経歴書で応募することになり、企業が知りたい情報が漏れていたり、魅力的な書類にならないために全く書類選考を通過できません。

転職エージェントであれば、専門のキャリアアドバイザーが履歴書や職務経歴書を豊富な経験とともにサポートしながら一緒に作成してくれます。

何千もの求職者や企業を見ているプロだからこそわかる、求職者の魅力の引き出し方や企業ごとにチューニングした履歴書や職務経歴書の書き方はとても有益な情報です。

そういった理由からも、第二新卒・20代の方が転職エージェントを使わない理由はまずありません。

転職活動に関する手厚いサポートが受けられる

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーによるサポートが受けられる点です。

例えば次のようなサポートが受けられます。

  • 企業への応募
  • 面接日の設定
  • 報酬交渉
  • 面接対策
  • 履歴書・職務経歴書作成の手伝い
  • キャリア相談

しかも、転職エージェントならすべて無料でサポートが受けられるのです。

第二新卒や20代の方は、現状の仕事量が多く転職活動に割ける時間がほとんどないでしょう。

そのため、転職活動に付随する多くのタスクを代行してくれる転職エージェントを利用することが転職を成功させるための大きな鍵になります。

ぱーしー

リクナビとかの転職サイトじゃダメなの?
転職サイトだとサポートをしてくれないよ

ごーどん

そもそも転職エージェントと転職サイトの違いがわからない方もいるかと思いますので、簡単にまとめておきます。

転職エージェント

転職サイト

料金

無料 無料

情報収集

キャリアコンサルタントから内部情報や非公開情報を教えてもらえる 自分でサイト内を回遊して調べる

転職アドバイス

自分の市場価値や、強みを教えてくれる

転職ノウハウ記事などを参考にする

面接対策

模擬面接が何回もできる

できない

年収交渉

年収交渉を代行して限界まで上げてくれる

自分で行う

転職成功率 書類通過率が非常に高い

自分次第

この比較表を見ても、本気の転職をするなら転職エージェントを使わない手がないことがわかりますね。

転職サイト・転職エージェントの選び方

転職サイトや転職エージェントを選ぶためのコツを紹介します。

前提として、転職サイトや転職エージェントにも得意・不得意があることを頭に入れてください。

その分野を把握した上で、自分が目指す職種や地域(首都圏なのか、地方なのか、海外なのか)に強いものを利用しましょう。

転職サイトと転職エージェントでは「強さ」の測り方が違います。

転職サイトでは自分の年代に合う「求人数」がどれくらいあるかで測れば良いです。

基本的には『リクナビNEXT』が最強で、20代の方であれば『キャリトレ』が優れています。

ただ、転職サイトは複数登録するデメリットがメールの量が増える程度しかないので、知ってるサイトはすべて登録するくらいの勢いで良いでしょう。

転職エージェントは、どの転職エージェントを使うかと同じくらい、どのキャリアコンサルタントと一緒に転職活動を進めるかが重要です。

20代の転職エージェントでは『マイナビジョブ20’s』がもっともおすすめと紹介しましたが、あくまで僕を担当してくれたコンサルタントのレベルが高かっただけの話かもしれません。

もし質の低いキャリアコンサルタントが担当になってしまえば、本来得られたであろうメリットをすべて享受することが難しくなってきますので、はじめは複数の転職エージェントに登録して自分に合うコンサルタントを見つけるところから始めましょう。

経験上、最低3社程度は登録してみるのが良いです。

20代の転職で失敗しないためのコツ

20代の転職は、コツを抑えないと難しいです。

よくある失敗理由は下記です。

  1. 前職の退職理由がネガティブ
  2. 転職活動をする前に退職してしまった
  3. 難関企業ばかりを見ている

これらを解消するための方法を解説します。

企業が第二新卒の採用で懸念しているところを潰す

企業が第二新卒の求職者に対して考えていることは、「すぐに辞めてしまうのではないか?」ということです。

ここの疑念を潰すためには、前職の退職理由を工夫して伝える必要があります。

「上司と合わなかったから」「残業が多すぎたから」「やりたい仕事と違う仕事を振られたから」などのネガティブな理由ばかりを伝えるのは辞めましょう。

もしかしたらネガティブな理由からの転職なのが事実なのかもしれませんが、言い方を変えてポジティブにしましょう。

例えば、「もっと成長する環境に身を置きたいと思った」「昔からの憧れの仕事で、挑戦してみたくなった」などです。

この辺は、転職エージェントにサポートをもらいながら進めていけると良いでしょう。

自己分析を徹底的にする

就職活動の際にも行ったかとは思いますが、自己分析は徹底して行いましょう。

就活の際と一点異なる点として、キャリアの棚卸しをする必要があります。

前職ではどのような仕事をしてきたのか、どのようなスキルを持っているのか、そしてそのスキルレベルはどの程度なのかをきちんと言語化しておく必要があります。

こちらも転職エージェントがサポートをしてくれますし、簡単に自己分析をするのであれば『ミイダス』や『リクナビネクストの適性診断』などを利用してみてもいいでしょう。

参考記事:MIIDAS(ミイダス)での転職はあり!他のサービスにはない2つのメリット

20代のおすすめ転職時期

第二新卒の転職時期は、4月と10月入社の前3ヶ月間がおすすめです。

主に4月入社と10月(9月)入社の二つの時期の募集が多いのでそれに合わせるのがベストでしょう。

4月入社に向けた求人であれば1月~3月、10月入社であれば7月~9月に求人が多く出ますので、この時期に間に合うように転職活動を開始しましょう。

また、働きながら転職活動をするべきか、辞めてから転職活動をすべきかという議論もありますが、僕の意見では働きながら転職活動を進めたほうがいいです。

会社を辞めてしまっていると、毎月の給料もなく、早く就職しないと生活費すら危ういなんて状態になってしまっていたら、良い意思決定などできないからです。

週一くらいで転職エージェントと面談しながら進めていくのであれば、よっぽどのことがなければ可能かと思いますので、今の会社を辞めてしまう前に転職エージェントと面談しながら辞める時期も考えてみてください。

20代におすすめの転職エージェント・転職サイトまとめ

第二新卒の方におすすめの転職エージェントや、その他登録しておくべき転職サイトやサービスをご紹介いたしました。

最後にもう一度おすすめの転職エージェントと転職サービスをまとめておきます。

転職サイト

転職活動で最も難しいことは最初の一歩目を踏み出すことです。

転職サイトや転職エージェントに登録する小さな一歩を踏み出すことで、その先はスルスルっと進んでいってしまいます。

20代は何にでも挑戦できて、何者にでもなれる可能性を大きく秘めた時期です。

ぜひ本当にやりたい仕事や満足できる仕事に就けるように今すぐ「小さな一歩」を踏み出してみてください。

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です