第二新卒で大手企業へ転職するには?おすすめの転職時期やコツを徹底解説

第二新卒で大手企業へ転職するには?おすすめの転職時期やコツを徹底解説

就職活動で大手企業へ入社するのは簡単なことではありません。

学歴や学生時代の経験に光るものがなければなかなか採用されないのが現実です。

しかし、第二新卒であれば大手企業への転職の可能性が高まります。

第二新卒であれば肩書きだけで見られるわけではないので、きちんと転職活動をすれば大手へも転職できるでしょう。

この記事では、第二新卒で大手企業へ転職するための方法を書き記していきます。

第二新卒で大手に転職することは無理?

第二新卒で大手企業へ転職することはどの程度難しいのでしょうか?

ごーどん

就活では割と狭き門な気がしました。

結論、新卒で大手企業に入るより第二新卒として大手企業に転職する方が簡単です。

しかし、第二新卒が大手企業から内定をもらうためにはそれなりのコツが必要になります。

まずは第二新卒の転職市場や、企業が第二新卒を採用したい理由を知り、第二新卒としての転職活動の戦い方を見定めましょう。

そして面接におけるコツや使うべき転職サービスを見極めて攻める転職活動をしましょう。

第二新卒の転職市場

日本の生産労働人口は減少の一途を辿り、人材不足に悩んでいる企業が多くあります。

若手の人材を採用することは今後の企業を成長させていく上で不可欠です。

特に大手企業で著しく成長を遂げている企業であれば、新卒採用だけではまかないきれず、ある程度社会人としての基礎力がついている第二新卒を欲している企業は非常に多いです。

ごーどん

大手新卒ならビジネスマナーや論理的思考力などある程度の基礎力がありますもんね

また新卒市場主義の日本では、就活の仕組みを通して優秀な人材を獲得するのは企業からしても困難です。

だからこそ第二新卒市場には大きな希望があります。

企業目線で見ると採用においての競争相手が少ない市場であり、新卒採用に苦戦している企業にとってポテンシャルの高い人材を採用するためのチャンスでもあります。

参考 拡大する「既卒・第二新卒」人材市場。もう新卒採用だけにこだわるのは悪手?Yahoo!ニュース

「新卒市場主義をぶっ壊す」といった理念のウズキャリなどの転職エージェントも登場してきているほどです。

ウズウズカレッジが最高 ウズキャリ(UZUZ)の評判や口コミを転職サイトに20社以上登録する僕が徹底解説

では、この成長中の第二新卒市場でどのように戦っていけば大手から内定をもらうことができるのでしょうか?

まずは、企業側が第二新卒を採用するメリット・デメリットを理解することから始めましょう。

企業が第二新卒を採用するメリット・デメリット

企業が第二新卒を採用するメリットとデメリットを簡単にまとめると次のようなものです。

メリット
  • 即戦力の“若手”を確保できる
  • 内定後すぐに働いてくれる
デメリット
  • すぐに辞めてしまう可能性がある
  • 受け入れが大変

メリットとしては、若手が採用できて内定後にすぐに働いてくれることです。

新卒と比較した際に、第二新卒は基本的なビジネススキルや社会人スキルをすでに身につけています。

また、内定後にすぐに働いてくれるため、空いているポジションにすぐに人員配置することも可能です。

ごーどん

考えてみれば新人研修などは企業側で大きなコストなので、それがいらない第二新卒の方がお買い得ですよね

逆にデメリットとしては、受け入れを慎重にしなくてはいけない点と、もしかしたらすぐにやめてしまうかもしれないリスクがあることです。

新卒であれば、同期のコミュニティがあるため、社内でのコミュニケーションや人間関係にそこまで苦労することはありません。

しかし、第二新卒で転職すると新卒でも中途ではない立場上、立ち位置に苦労するそうです。

ごーどん

年齢は新卒2年目とかと同じなのに飲み会に呼ばれないとかありそう(小さい)

そのため、企業は工夫して社内で人間関係ができるようにしなくてはいけません。

また第二新卒は、年齢も20代中盤であるため、キャリアについて試行錯誤している方も多く、早期に辞めてしまう可能性が低いとは言えません。

新卒の会社をやめた理由等を考慮し、求職者の離職可能性を熟考した上で採用するようにしているでしょう。

ぱーしー

企業側のメリット・デメリットを知っていると面接等で何をどうアピールすれば良いかわかりますね
それこそがこのパートで伝えたかったことです

ごーどん

第二新卒を採用する企業側のメリット・デメリットを理解した上で転職活動をしよう 第二新卒を採用するメリット・デメリットを企業側の視点から理解して転職活動をしよう

第二新卒で大手に転職するためのおすすめ時期

そもそも転職にはおすすめの時期があります。

  • 1〜3月に転職活動をして、4月入社を目指す
  • 7〜9月に転職活動をして、10月入社を目指す

この時期は募集も多く、採用にもつながりやすいです。

なぜならこの時期は、多くの企業の上期下期の境目になっていて、人事異動も多くなりポストが空き、求人も増えるためです。

ごーどん

期の変わり目に組織の体制も変わりますもんね

第二新卒に限った話でいうと、1年のうちの時期とキャリアの中での時期の話があるかと思います。

まず、「3年は働け」は全くの迷信です。

若いうちの3年はこの先のキャリアにとって、ベースや基準を作るあまりにも大切な時間です。

この3年を無駄にしてしまっていては、キャリアアップをしていく上で取り返しのつかないことになるでしょう。

ぱーしー

僕が新卒で入社した会社は老舗の大手企業なので同期が口を揃えて「最低3年」と言っていました

詳しくは、以下の記事に書かれていますのでぜひ目を通してみてください。

第二新卒の転職はどの時期がベスト?時期を見極めて理想の転職を! 第二新卒の転職時期のおすすめは?20代の僕が徹底解説

第二新卒で大手に転職するためのコツ

第二新卒で大手に転職するためのコツを2つに絞って紹介します。

面接でポテンシャルをアピールする

第二新卒を採用する企業は、スキルや経験をそこまで重視していません。

どちらかというと、研修が不要な新卒くらいに考えているため、ポテンシャル採用であることが多々です。

無理をして前職での成果や経験を語ろうとするのではなく、自分自身のポテンシャルを企業にアピールするようにしましょう。

もしスキルや経験に自信があるのであれば、そちらを推してみても良いかもしれませんので、一度MIIDAS(ミイダス)などでご自身の市場価値を測ってみてください。

無料かつ5分程度であなたの想定年収(いわゆる市場価値)を算出してくれます。

MIIDAS(ミイダス)で市場価値を無料で測ってみる(公式サイト)

参考記事:MIIDAS(ミイダス)での転職はあり!他のサービスにはない2つのメリット

第二新卒に強い転職エージェントを利用する

第二新卒や20代の方は間違いなく転職エージェントを利用すべきです。

主な理由な次の2つです。

  • 転職サイトや企業HPからの応募では落ちてしまう求人でも通過しやすくなる
  • キャリアアドバイザーから転職活動に対する手厚いサポートが受けられる

第二新卒は基本的には転職活動が初めてなので、競争倍率が高い大手企業から内定をもらうためには全力をぶつける必要があります。

リクナビNEXTdodaなどの転職サイトから応募しても良いですが、その経路で大手に内定する人はすでに大手で働いている人でしょう。

ごーどん

大手企業は人気なので転職サイト経由の応募は学歴や企業名フィルターで一定数フィルタリングしています

一方で、転職エージェントからの応募は学歴や企業名に関係なく、書類選考が通過する割合は非常に高いです。

転職エージェントがある程度のフィルタリングをした状態で企業へ推薦してくれているので、書類選考はそれなりの確率で通過することができます。

ぱーしー

転職サイトで企業情報を調べて、転職エージェントの推薦付きで応募するのがベストプラクティスです

第二新卒におすすめの転職エージェントと一般的におすすめの転職エージェントは違います。

他の記事で丁寧におすすめの転職エージェントや転職サイトとの併用方法を記載していますが、おすすめの転職エージェントの結論だけ述べておくと次の3つです。

第二新卒・20代におすすめの転職エージェントまとめ
第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェントを徹底紹介! 20代の転職で役立ったおすすめの転職サイトと転職エージェント13選

ぜひ転職エージェントを利用した攻めの転職活動で大手からの内定を勝ち取ってください。

第二新卒で大手に転職するための方法まとめ

第二新卒で大手に転職するために必要な以下の情報をまとめてきました。

  • 第二新卒の転職市場
  • 第二新卒を採用する企業側のメリット・デメリット
  • 第二新卒が転職するべきおすすめの時期
  • 第二新卒が大手から内定をもらうためのコツ

大手企業への就職は簡単ではありません。

しかし、この記事で書いたような内容をきちんと意識して転職活動をすれば可能性はあります。

たとえ今どんな企業で働いていようと、フリーターであろうときちんと攻める転職活動をしていけば大手からの内定を勝ち取ることは可能です。

ぜひ第二新卒の転職活動を成功させて幸せな人生を歩んでいってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です