20代におすすめの転職サイト▶︎

目指せハイキャリア転職!市場価値の高い人材の5つの特徴と目指し方を紹介します。

ハイキャリアを目指すには転職が手っ取り早いと言われています。

とはいえ、

  • ハイキャリアの定義は?
  • ハイキャリア人材になる方法は?
  • ハイキャリア転職を成功させるにはどんなスキルや実績が必要になるの?

こんな疑問をお持ちの方も多いかと思います。

ハイキャリアと呼ばれる人の特徴が気になるなあ。

ハルカ

サトシ

この記事では、ハイキャリアの特徴や、どうやったら高いレベルでキャリア形成ができるかを紹介するよ。

3分くらいで読めて、ハイキャリアと特徴や目指し方が分かるので、まずはご一読ください。

ハイキャリアの定義

結論、ハイキャリアに明確な定義はありません。

一般的には「市場価値の高い人材」がハイキャリアと呼ばれます。

ハイキャリアと言えば「転職に成功している」というイメージがあるかもしれませんが、転職がうまく行く人はどの会社でも評価される力があるということですよね。

ハイキャリアの人の特徴は出世する人の特徴とも似ていることが多いです

ハイキャリアの特徴
  1. 高学歴
  2. 多くのスキルを身につけている
  3. 優れた職歴、業績
  4. 年齢に関係なく活躍している
  5. 高い給料

それぞれの特徴を具体的に解説していきます。

1.高学歴

多くの優秀な人は、高学歴です。

もちろん高学歴だから優秀というわけではありませんが、傾向としてはどうしても高学歴な人が優秀なケースが圧倒的です。

高学歴な人は学生時代にたくさん勉強した経験を持つ人が多く、知識や常識を兼ね備えていることが多いのはもちろん、一つの目標に向かって努力をすることができます。

ハイキャリアになる上では、成果を残すことが必ず求められます。

努力の仕方を知っている人は成功する確率は高いので、高学歴の人が必然的に多いです。

もちろん、高学歴の人の方が入社時から良いポジションや大企業など成長しやすい場所に出会いやすいということもあります。

しかし、高学歴だからといって、仕事ができるとは限りません。

学力の差が出やすい技術職では低学歴の高学歴に勝つのは難しいですが、営業職では適正次第で高学歴より低学歴の人の方が成績で上回る場合もあります。

学歴だけではなく、仕事での実績もハイキャリアには重要視されます。

2.多くのスキルを身につけている

ハイキャリアになるためには、どんな企業に行っても活躍できるスキルが必要です。

例えば語学が堪能でもプレゼンテーションが下手では相手に自分の主張を伝えることができません。

それでは仕事ができるとは言い難く、評価されにくいですよね。

語学力やプレゼン力、営業力など様々なスキルを持っている人は、プロジェクトを引っ張っていく存在になれると期待され、企業から重宝されます。

そのため、ハイキャリアは多くのスキルを身につけていることが条件になります。

考え抜く・やり抜く姿勢 【ソフトスキルとハードスキルどちらが必要?】ビジネスマンが習得すべき7つのソフトスキル

参考記事:【ソフトスキルとハードスキルどちらが必要?】ビジネスマンが習得すべき7つのソフトスキル

3.優れた職歴、業績

ハイキャリアと呼ばれる人はほとんどの場合、仕事で確かな結果・業績を残しています。

中には大した業績を残していなくても実力以上に人脈でハイキャリアになれる場合もあるかもしれませんが、まずはしっかりと結果を出すことが重要。

また、ハイキャリアな人たちには転職経験があり、どのような会社でも活躍できる能力を備えている人であることが多いです。

どの会社に行っても通用する力を持っており、会社に貢献して評価されてきた人がハイキャリアになりやすい傾向があります。

しかし、たとえ一流企業に務めた職歴があっても、業績を残せなければ、ハイキャリアとは呼べません。

小さな会社でもスキルを磨き、しっかりと結果を出し、市場価値を上げてハイキャリアな人材として認められている人たちもいるので、会社の規模ではなく、「自分がどう行動したか」が大切になります。

リクルートで感じた出世する20代の3つの特徴 リクルートで感じた若手の20代で出世する人の特徴

参考記事:リクルートで感じた若手の20代で出世する人の特徴

4.年齢に関係なく活躍している

ハイキャリアな人には年齢を重ねた人だけでなく、若くから結果を残している人も多いです。

例えば、新入社員でも新規事業を立ち上げて、成果を出すことができれば、市場価値は上がります。

市場価値が高い = ハイキャリアとも取れるでしょう。

若手だからという理由で遠慮することなく、昇進するためにも若いうちからアピールできる実績を作ることが大切です。

5.高い給料

ハイキャリアな人とは、市場価値の高い人と言いました。

そして、市場価値の高さを測る指標の1つに給料があります。

実力があり、会社に貢献できる人は高い報酬をもらえることが多いです。

高い給与を得ているということは、「責任が思い仕事」や「専門性の高い仕事」など代わりの効かない仕事をしていて、それだけ優秀であるということでもあります。

例えば、管理職の仕事は経験の豊富さや、マネジメント能力が必要で、誰にでもできる仕事ではないため、給与が高いです。

高い給料を得ていることは、ハイキャリアの条件になります。

ハイキャリアになるには転職が必要?

ハイキャリアな人材になるためには何をすべきなのでしょうか?

結論から言えば、転職が有効な手段です。

今は一つの会社に勤め続けることが減り、転職を経験することが多くなってきました。

とりあえず3年は過去の考えです。

複数の会社を渡り歩き、多くのスキルを身につけていくことがハイキャリアになるための有効な選択肢の1つになっています。

しかし、すぐに転職すれば良いと言うものではありません。

転職する前に市場価値を上げた状態にしておく必要があります。

そのためには、以下のように順序よくキャリアを進めることが大切です。

ハイキャリアになるために行うこととその順番
  1. スキルを磨く
  2. 実績を残す
  3. 転職する

ここではそれぞれの項目について具体的に解説していきます。

1.スキルを磨く

スキルを磨くことで業績を出しやすくなり、市場価値の上昇に繋がります。

まずは今の仕事で専門性を磨いたり、語学やプログラミングなどのスキルを身に付けてみてください。

ハイキャリアの人を採用する際には、即戦力であることが求められます。

そのために専門性の高い知識、幅広いスキルを複数持っていることが有効です。

20代 自己投資 【圧倒的成長】20代のサラリーマンにおすすめの自己投資はこれだ。

参考記事:【圧倒的成長】20代のサラリーマンにおすすめの自己投資はこれだ。

2.実績を残す

現在の仕事でしっかり結果を出すことが、転職では評価されやすいです。

ハイキャリアの転職では、経歴に合わせて実績が重要視されます。

例えば、ベンチャー企業で営業成績1位の人と一流企業で目立った成果がない人なら、ベンチャー企業の人の方が市場価値は高い傾向があります。

特に数値化できる実績があると、企業側としても自社で同等の成果を上げてくれると、計算が立つので採用しやすいです。

転職する際に現職での実績がないとアピールするものがなく、転職活動でも苦労することがあります。

転職する前にしっかり実績を残すことが大切です。

しかし、実績を残すだけでは採用されません。

実績を残すために何をしたのか、どう考えたのかを伝えられるようにすることも大切です。

3.転職する

転職して、結果を出すと、より年収も上がりやすいです。

今は1つの会社でキャリアを積んだ人より、今は転職して様々なスキルがある人の方が企業側には重宝されます。

言い換えれば、スキルがあるから転職が可能です。

一つの会社の業務で身に付くスキルには限界があります。

例えば、プレゼン力や営業力はどんな会社でも身に付けることができますが、プログラミングはIT企業でしか身に付けることができない専門性の高いスキルです。

会社を渡り歩いた方が、専門性の高いスキルを多く身に付けることができます。

そのため、ハイキャリアになるには、様々な企業に転職することが必要です。

ハイキャリアを目指すならハイキャリアに強い転職エージェントを活用しよう

ハイキャリアを目指すなら、ハイキャリアに強い転職エージェントを活用するのがおすすめです。

理由は、3つあります。

  1. ハイキャリアの求人を中心に取り扱うエージェントは年収1000万を超える求人を扱っている。
  2. 転職エージェントは非公開求人も持っている。
  3. 狭き門であるハイクラスな求人を突破するためには、履歴書の添削や面接対策は必要です。

ハイキャリアを専門とするエージェントであれば年収1000万を超える求人を多く保有しています。

そして非公開の高待遇な求人を持っているところも多く、ライバルが少ない状態で選考に挑むことができます。

しかし、求人は登録しないと見れないため、まずは無料登録して非公開求人をチェックするのがおすすめです。

また、エージェントを利用することで質の高い転職サポートを受けることができるため、選考を突破する確率が高まります。

そんなハイキャリア向けの転職エージェントを紹介します。

ハイキャリア向けの転職エージェント
  • JACリクルートメント:グローバルポジションの求人数が業界No.1。年収アップを目指す方にもっともおすすめ。
  • ビズリーチ:年収1,000万円を超える求人が3分の1以上。スカウト型の転職サイト。
  • キャリアカーバー:ハイクラス人材を対象としたヘッドハンティング型転職サービス。
  • BINAR:ITエンジニアを対象にした年収1000万円以上のハイクラス求人。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイキャリア・高年収の方向けの大手転職エージェント。

JACリクルートメントは、外資系・国内大手企業のグローバルポジションの求人保有率No.1の転職エージェントです。

求人の80%以上が年収800万円以上で、外資系企業への転職の際には、英文のレジュメの作成のアドバイスをしてもらうこともできます。

利用者の94.5%が「知人・友人に紹介したい」と回答する満足度の高い転職エージェントですので、外資系への転職を希望する方は、まずはJACを必ず抑えましょう。

少数精鋭の優秀なキャリアコンサルタントとともに、更なるキャリアアップを目指したい方はぜひ利用してみてください。

簡単3分で登録

登録後もいっさいお金はかかりません

JACリクルートメント JACリクルートメントの評判や口コミと、実際に使ってみた感想を紹介します

ビズリーチ

ビズリーチ

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチはこんな人におすすめ
  • 年収600万以上の方
  • 大手有名企業や外資系企業に勤めている方
  • マネジメント経験をお持ちの方

ビズリーチは、ハイキャリア向けの転職サイトです。

利用すべき層はかなり限られていますが、もし上記のような属性(高年収、ハイクラス企業勤務、マネジメント経験)をお持ちの方でしたら確実に利用すべきサイトになります。

ビズリーチは主体的に求人を探すのではなく、スカウトが来るのを待つタイプの転職サイトです。

ハイクラスの方であれば、鳴り止まないくらいのスカウトが届きます。

ビズリーチの公式サイトによれば、年収1000万以上の求人が3分の1を占めているそうで、年収の高い求人を探している方に非常におすすめです。

ただし、年収が500万以下だとほぼ利用価値はないので、その際にはキャリトレ(こちらもビズリーチ社運営)を利用するようにしてください。

ハイキャリアを目指すならビズリーチ

無料登録後もお金はかかりません。

ビズリーチは登録すべき?どんな人におすすめなのかを紹介! 【ビズリーチの評判】ハイキャリアを目指す方は絶対に利用すべきサービス

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、リクルートが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。

ハイクラス・エグゼクティブの方に適している、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録しています。

紹介される求人も年収800万以上のものばかりですので、すでにハイキャリアを歩んでおり、さらなるキャリアアップを目指す方におすすめのサービスです。

ヘッドハンティング型のサービスですので、特にハイキャリアの方にとって使い勝手の良いサービスでしょう。

ヘッドハンティング型

無料登録後もお金はかかりません。

BINAR

BINARとは

BINARは、ITエンジニアを対象にした年収1000万円以上のハイクラス求人のみを扱う転職エージェントです。

20代後半から30代のエンジニアで、経験とスキルに自信がある人におすすめです。

BINARはハイクラスな求人を扱う株式会社ビズリーチが運営するエンジニア特化の転職エージェントです。

ビズリーチが運営していることもあり、安心して利用できます。

BINARでは基本的に企業からスカウトがくる形になっています。

BINARに登録している企業は「エンジニアの価値に理解がある」「本気でエンジニアを欲しがっている」企業ばかりなので届くオファーのレベルも非常に高く、年収1000万円以上も非常に多いです。

BINARの評判は?ビズリーチによるハイクラスなIT専門転職エージェントを徹底解説!

また、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

他のエージェントと求人の比較ができるため、より待遇の良い求人を見つけることができますよ。

転職はが初めてでコンサルタントのサポートが必要な方は『キャリトレ』『doda』がおすすめですし、また、過去に転職経験があり、サポートがそこまで必要のない方はより求人数の多い業界最大手の『リクルートエージェント』を使うのもおすすめです。

ご自身にあった転職エージェントを2〜3つ利用してみてください。

おすすめ転職エージェントはこちらで紹介

20代におすすめの転職サイト 20代におすすめの転職サイト13選。ランキング形式で比較紹介!

ハイキャリアのまとめ

この記事ではハイキャリアの特徴やハイキャリアになる方法を紹介してきました。

ハイキャリアの特徴は、以下の通りです。

  • 高学歴
  • 優れた職歴、業績
  • 年齢に関係なく活躍している
  • 高い給料

ハイキャリアになるには、以下のように順序よくキャリアを進めることが大切でした。

  • スキルを磨く
  • 実績を残す
  • 転職する

会社で成果を上げているなら、ハイキャリアになれる可能性は十分にあります。

いますぐに転職しなくても情報収集のためにも登録しておくことが、ハイキャリアへの近道になります。

転職を検討している人は、今回紹介した「JACリクルートメント」「Liiga」「BIZAR」といった転職エージェントに相談して、ハイキャリアを目指してみてはいかがでしょうか。

簡単3分で登録

登録後もいっさいお金はかかりません

ix転職の評判は?スカウト多数と口コミでも話題の転職エージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です