20代におすすめの転職サイト▶︎

【20代のニートでも就職できる】正社員になるための仕事の選び方

20代はキャリアのスタート地点ともいえる時期ですが、さまざまな理由で就職せずニート状態で過ごしている人もいるでしょう。

将来に不安を感じつつも行動できずに、自分を追い詰めてしまうニートの人もいるかもしれません。

しかし20代だからこそ、ニートの方でもあらゆる可能性と選択肢があります。

正しい情報と知識を身につけられれば、全く想像もしなかった新しい世界にも挑戦可能です。

今回は20代ニートのあなたが自信をもってキャリアのスタート地点に立つために必要な情報と知識として、「仕事の選び方」と「就職するために活用すべきサポート」を紹介します。

仕事や就職について情報をひとつずつ確認して、知識を増やしましょう。

MEMO
ニートから正社員を目指すには転職サイトや転職エージェントを必ず使いましょう。まずは「【目指せ正社員】フリーターにおすすめの転職エージェントはどれ?厳選の4社を紹介。」の記事に紹介されているものから登録してみるのがおすすめです。

20代のニートの仕事の選び方は?不安を解消するための考え方

20代のニートの仕事の選び方は?不安を解消するための考え方

いざ就職を考え始めてもいろいろな不安要素が足手まといになって、なかなか行動に移せない人も多いかもしれません。

ここでポイントになるのが、今感じている苦手意識や不安要素をどのように解消していくかです。

ニート生活から就職に進む上で陥りがちな不安を解消するための考え方のポイントは、次の3つ。

  1. 人間関係が苦手なら業務内容を重視しよう
  2. 資格がなく不安なら経験を重視しよう
  3. 新しい未知の環境が不安ならリアルな情報に触れよう

それぞれ細かく確認していきましょう。

1.人間関係が苦手なら業務内容を重視しよう

仕事をする上で欠かせないのが社内や取引先との人間関係です。

なかなかニート生活から踏み出せない人の中には、学生時代から人間関係に苦手意識を持っている人も多くいます。

仕事を始めると、職場の上司・先輩社員・同僚、そして社外の取引先など、関わる人の数は広範囲に広がり、想像しただけで不安が増してしまいますよね。

業種や職種によっては対人スキルが重要視されますが、コツコツと個々で作業を進めるタイプの業務も多くあります。

仕事=たくさんの人との関わる必要がある、という思い込みを一旦置いて、仕事にはいろいろな業務内容があることを前提に、自分に合う業務を考えてみましょう。

また人間関係を気にせず、仕事だと割り切って生きることも悪いことではありません。

関連記事:【働きたくない人必見】仕事をそこそこに人生を楽に生きる方法

2.資格よりも経験を重視して自分のスキルを見直してみる

特筆した資格がないため自分は就職できないのではと考える人もいるかもしれません。

キャリアと言われると、資格・経験・スキルなどが求められるというイメージを抱きがちですが、最初は誰もが資格やスキルが十分にないところから仕事を始めています。

資格取得を目指して勉強する時間をかけるなら、その時間を就職活動に回し、就職してから経験を積んだ方が近道です。

以下のような経験があれば、仕事で役立てられる可能性も。

仕事に役立つ経験
  • アルバイトをした
  • 学生時代に実行委員などをやった
  • クラブ活動やサークル活動に打ち込んだ

仕事をするために求められるスキルは特別なものではなく、日常生活や学生時代の経験を通して身につけているものも多くあります。

これまでの経験を振り返ってみると、自分にできることが見つかり、仕事に対するイメージが変わる可能性も。

資格よりも経験を重視して、自分のスキルを見直しましょう。

3.新しい未知の環境が不安ならリアルな情報に触れよう

誰にとっても「わからない」「知らない」ことは、不安の素です。

ニート生活を続けるうちに同世代の仕事をしている人との差を感じて、不安がさらに膨れ上がってしまうもの。

「わからない」「知らない」状態を恥ずかしいと思わず、積極的にリアルな情報と向き合うと、自分自身を楽にできます。

最近ではあらゆる働き方を提案してくれる転職サイトや転職エージェントがあり、仕事の経験がなくとも無料で就職に関する情報やアドバイスを提供してくれます。

新卒ではないから・経験がないからなど、自分で無理だと決めつけてしまう気持ちは、リアルな情報に触れると簡単に払拭できるものです。

まずはどのような仕事があるのか、知ることから始めましょう。

仕事について詳しく知りたい場合、転職サイトや転職エージェントに登録して情報収集をすると効果的です。

20代はニートでも需要がある!需要の高い業種・職種は?

20代はニートでも需要がある!需要の高い業種・職種は?

次のステップに進む不安を解消したものの、実際問題として気になるのは、20代のニートでも応募できる求人があるのかということです。

近年の採用市場は売り手市場と言われており、20代の人材への需要は高い状態にあります。

ポイントは経験値ではなく、20代である点をいかに効果的にアピールできるかです。

ここでは、20代のニートから就職活動する上でおさえておきたい、市場における需要について確認しておきましょう。

20代のニートは第二新卒にもなる

新卒のタイミングを逃すと、就職のタイミングは終わりというイメージがあるかもしれませんが、20代にはもう一つのタイミングがあります。

それが第二新卒です。

第二新卒とは、「学校を卒業してから3年以内の若手人材」を指します。

つまり大卒であれば、25歳前後までは職歴を問わず第二新卒として就職活動ができます。

従来の学歴や経歴偏重の採用基準は、働き方の変容に伴って人材の意欲や素質を重視する傾向が強くなっており、第二新卒を積極採用する企業も増えてきています。

職務経歴のないニートであっても、第二新卒として企業からの需要が高いということです。

関連記事:第二新卒の転職時期はいつがおすすめ?20代の僕が解説します。

20代のニートでも需要の高い業種・職種

第二新卒の需要が高い傾向にある中で、特に未経験者を積極的に採用している業種や職種があります。

業種とはメーカー系や金融系などの、企業の事業の種類。

職種とは個々の業務内容の種類を指し、営業職や事務職などの分類を言います。

ここでは、20代のニートでも挑戦しやすい未経験者歓迎の業種と職種をそれぞれ確認していきましょう。

20代未経験者でも歓迎の業種
  • IT業界
  • サービス業界
  • 不動産業界
20代未経験者でも歓迎の職種
  • 医療・福祉関連職
  • 営業職
  • 販売職

20代の未経験者でも歓迎の業種:IT業界

年々需要が高まってきている業界がITです。

最近ではIoT家電と呼ばれる遠隔操作を可能にした家電製品をはじめ日常生活の様々な場面で、ITの技術は欠かせないものとなりました。

IT技術の需要が高まるにつれ、IT関連の業種の幅も広がり、経験を問わず求人数が増加していると考えられます。

20代の未経験者でも歓迎の業種:サービス業

サービス業と聞くと、飲食業のイメージが強いかもしれませんが、実際は多岐に渡ります。

美容師や芸術家など技術・専門性の高いものから、スーパーなどの販売関連、そしてレジャー施設などに関連する娯楽に関するものまで幅広い業種を総合してサービス業と呼んでいます。

業態としての種類が多いことから、技術・専門性を必要としないサービス業では、特に需要が高い傾向があります。

20代の未経験者でも歓迎の業種:不動産業界

賃貸住宅の仲介を始め、分譲物件やビル販売など建物や土地の取引を扱う不動産業も、未経験者を積極採用している業種のひとつです。

専門知識がなくても、現場での経験から知識を身に付けることができます。

生活への密着度の高さも、求人数の多さに繋がっていると考えられます。

20代の未経験者でも歓迎の職種:医療・福祉

近年特に人材不足が社会問題にもなっているのが、医療・福祉関連職です。

当然ながら看護師や医師など専門知識・技術を要する職種もありますが、介護サービスをはじめ医療を支える様々な職種があり、未経験者を積極的に採用しています。

20代の未経験者でも歓迎の職種:営業職

どのような業種でも重要な役割を果たしているのが営業職です。

コミュニケーションスキルといった基本のビジネススキルを重要視し、入社後に自社製品やサービスについて知識を付けることができるという点でも、未経験者歓迎採用の企業が多いといえます。

20代の未経験者でも歓迎の職種:販売職

店舗スタッフや飲食業スタッフなど、店頭で接客をする販売職は、アルバイトスタッフを多く雇用している職種でもあり、経験値よりも人材の素質を重視して採用する傾向があります。

このように、未経験者歓迎の求人を出す業種や職種は多種多様です。

自分自身にできることを模索すると同時に、どのような仕事でどのような人材が求められているのかを知ることで、知らない不安や見えない不安は払拭されるでしょう。

20代のニートが就職するのは難しい?

20代のニートが就職するのは難しい?

チャンスがあるとはいえ、実際に就職できるのか不安に感じているニートの人も多いはず。

20代のニートが就職するのは難しいのか、データを元に検証してみました。

まずは20代のニートの割合から見ていきましょう。

20代ニートの割合はどれくらい?

総務省の調査によると、15歳から34歳までの若年層のニートの割合は2.8%です。

20代ニートの割合はどれくらい?

引用元:総務省 労働力調査(基本集計)2020年(令和2年)平均結果の概要

上記の調査で言う無業者とは非労働人口のうち通学も家事もしていない人を指していて、ニートと同様の意味で使われています。

特徴的なのが、2020年に35歳から44歳のニートよりも若年層のニートの割合が多くなった点です。

データには30代前半も一部含まれていますが、全体を通して20代ニートの割合が多いと予想できます。

20代ニートと正社員の賃金差は?

働くか迷っている人は、ニートと正社員ではどれくらい賃金差があるのかを知っておくのもポイント。

厚生労働省の調査を元に、20代の正社員とフリーターの平均賃金を比較しましょう。

年齢 正社員の平均賃金 フリーターの平均賃金
20歳~24歳 215万5千円 183万4万円
25歳~29歳 249万6千円 202万4千円

参考:厚生労働省 令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

20歳から24歳の場合で年間30万円程度、25歳から29歳になると年間45万円程度の差が出ます。

これだけ年収に差があるので、年数を重ねるとさらに差が出るとわかります。

20代は前半と後半で就職の難易度が変わる

いつ頃から働こうか悩んでいる人は、20代前半と後半で就職難易度が変わるのかも知っておくべきです。

20代の前半と後半を比較すると、20代後半の方が就職の難易度が高くなります。

厚生労働省が紹介している、フリーターの就職に関するデータを見てみましょう。

厚生労働省のフリーター就職に関するデータ

引用元:厚生労働省 正社員?フリーター?何が違うの??

フリーターの期間が3年を超えると、就職できる可能性が50%を下回ります。

3年を超えるまでは60%近くの人が就職できているので、20代前半よりも20代後半の方が就職しにくいと予想できますね。

フリーターで上記の数字なので、ニートになるとさらに割合が下回ると考えられます。

正社員になりたい人は早めの就職活動がおすすめです。

20代のニートは就職しないとどうなる?

20代のニートは就職しないとどうなる?

20代のニートが就職しないと、どうなるのでしょうか。

考えられるのは、以下のような末路です。

  • 正社員として復帰しにくくなる
  • 生活費がなくなり親に頼る生活に
  • 親の高齢化や死亡に伴ってホームレスになる可能性もある
  • ニートであることが負担になり将来に絶望する場合も

ニートでいる期間が長いほど、正社員としての復帰は難しくなります。

自分で生活費が稼げなければ、親などに頼るしかありません。

親が元気なうちは何とかなっても、親の高齢化などに伴って家を失う可能性もあります。

ニートの状態にある人は、すでに精神的な負担を感じているケースも多いので、将来に絶望する可能性がないとは言えません。

ニートのままでいると将来どうなるのか、詳細は「ニートのままだと将来が困る?想定される末路と将来困らないためのポイント」で紹介していますので、参考にしてみてください。

20代のニートが就職するコツは?就職成功のポイント

20代のニートが就職するコツは?就職成功のポイント

20代のニートなら、コツを掴めば就職できます。

就職を成功させるためのポイントは、以下のとおり。

  • 履歴書・職務経歴書作成の書き方に注意する
  • 面接対策をしっかりする

それぞれについて確認しましょう。

20代ニートが履歴書・職務経歴書作成で注意すべきポイント

20代のニートが履歴書・職務経歴書を作成する場合、以下の点に注意しましょう。

  • アルバイトの経験があれば記入する
  • 部活・サークル活動などアピールできる点を記載する
  • スキルを記載する場合はレベルがわかるよう具体的な記載を心がける

仕事をした経験がない場合は「職歴なし」と書くしかありませんが、少しでもアルバイトで働いた経験があれば職歴として記載できます。

アルバイトに関して記載する際には、業務内容と共にバイトリーダーになったなどアピールできる実績や努力した点を添えると好印象です。

職歴がない人は部活やサークル活動など、アピールできる経験を記載しましょう。

経験を通して学んだ内容を就職先の企業でどう生かすかわかりやすく説明すると、担当者が入社後の姿をイメージしやすくなります。

スキルがある場合は、レベルがわかるよう具体的な記載を心がけましょう。

20代ニートが面接で注意すべきポイント

20代ニートが面接を受ける際は、以下の点に注意が必要です。

  • 企業が求める人物像やスキルを理解する
  • 自分の強みを理解し企業でどう生かせるか伝える
  • 志望動機を明確にする

企業によって求める人物像やスキルが違うので、入社したい企業がどのような人材を求めているか理解する必要があります。

企業の特徴を理解したら志望する企業で発揮できる自分の強みを把握して、どう生かせるかアピールしましょう。

志望動機を考える際は、どの企業にも通じる内容ではなく、志望する企業に入りたい理由を明確に伝えなければいけません。

面接対策をしっかりして、企業に合わせてアピールしましょう。

20代のニートが就職するには転職エージェントを使おう

20代のニートが就職するには転職エージェントを使おう

ニートが就職するには自分に合う仕事を知り、書類対策や面接対策をしっかりしてから求人に応募する必要があります。

近年ではインターネットで検索すれば、公的な情報から口コミまであらゆる情報の入手が可能です。

しかし膨大な情報の真偽を確かめ、自分に合うものを取捨選択するのは簡単ではありません。

一人で就職するのが難しい時に活用できるのが、就職を支援する転職エージェントというサービスです。

「転職」という言葉がありますが、「就職のプロ」だと理解しましょう。

転職エージェントには以下のようなメリットがあるので、効率良く不安を解消しながら就職活動が進められます。

  1.  業務内容や職場環境を詳しく知ることができる
  2. 応募から面接・入社まで一貫したサポートを受けられる
  3. キャリアに関する不安や疑問を相談することができる

それぞれのメリットについて確認しましょう。

1. 業務内容や職場環境を詳しく知ることができる

自分でも就職に関する情報収集は可能ですが、「最新で正確な情報」を「必要なタイミング」で手に入れるのは難しいものです。

転職エージェントでは、各業種・各職種の最新の情報を保有していて、採用市場の動向についても熟知しています。

文字情報だけではなく以下のような情報を提供してもらえるので、転職エージェントで得られる情報は不可欠です。

転職エージェントで得られる情報
  • 求人情報の詳細
  • 職場の雰囲気や社風
  • 利用者に合う求人の紹介
  • 非公開求人の紹介

転職エージェントでは、求人票だけではわからない求人情報の詳細も教えてもらえます。

中には企業に取材をした情報を元に、職場の雰囲気や社風まで細かく伝えてくれるところもあるので、より踏み込んだ情報の入手が可能な場合も。

ただ求人を紹介するのではなく、カウンセリングを通して利用者について把握し、その人に合う求人を紹介してもらえます。

転職エージェントは一般には公開されていない非公開求人も持っているので、選択の幅が広がる点もメリットです。

2. 応募から面接・入社まで一貫したサポートを受けられる

就職活動で重要なプロセスが、応募と選考です。

履歴書・職務経歴書の作成や面接対策など、応募には下準備が必要ですが、就職の経験がないと、何をすればいいかわからないのではない人も多いのではないでしょうか。

転職エージェントでは、応募の準備から入社まで一貫してサポートが受けられます。

段階別にするべきことを伝え、「採用される」ための履歴書の書き方や面接のコツまで教えてくれるので、安心です。

選考中の企業との日程調整や条件確認などを、転職エージェントに一任できるメリットもあります。

3. キャリアに関する不安や疑問を相談することができる

就職したいのに自信がない人や不安な人でも、転職エージェントは利用可能です。

就職のプロである転職エージェントは、求人情報を紹介して応募のサポートをするだけはなく、キャリア全般について相談に乗ってくれます。

「人間関係が不安」「失敗するのが怖い」などの不安も、「どう働くか」という観点から対処可能です。

転職エージェントではカウンセリングが行われ、以下のような話ができます。

転職エージェントのカウンセリング例
  • これまでの経験
  • 就職に関する悩み
  • 就職に関する不安
  • 仕事に期待すること

何をやりたいかわからない場合でも、これまでの経験を整理して自分に合う仕事を見つける手伝いをしてもらえます。

不安や疑問をその場で解消できるのも、転職エージェントを活用するメリットです。

あらゆるメリットがある転職エージェントのサポートは、一般的に全て無料で受けられます。

就職活動の第一歩として、ぜひ転職エージェントを活用してみましょう。

ニートの人にもおすすめの転職サイト・転職エージェント

ニートの人にもおすすめの転職サイト・転職エージェント

ニートの就職活動にも役立つサービスとしては、求人情報を検索できる転職サイトと、求人紹介から応募のサポートなど一貫して対応してくれる転職エージェントがあります。

特に20代のニートの就職活動におすすめしたい転職サイトと転職エージェントとして、次のサービスをご紹介します。

  1. ハタラクティブ
  2. DYM就職
  3. マイナビジョブ20’s
  4. キャリトレ

特にニートが使いやすいハタラクティブとDYM就職について、詳細を確認しましょう。

1. ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは社会人未経験・20代・第二新卒に特化した転職エージェントです。

初めて正社員を目指す20代の若手人材をターゲットにしており、社会人未経験者へのサポートが充実しています。

就職後のミスマッチを防ぐための紹介予定派遣の雇用形態から始められる企業案件もあり、入社後をイメージした就職活動ができます。


実際にニートから就職した例もあり、ハタラクティブを利用することで書類選考率も上がるとわかりますね。

詳しくは「ハタラクティブの評判は?第二新卒・既卒・フリーター向けの転職エージェント」で解説していますので、参考にしてみてください。

スマホで簡単登録

登録後も一切お金はかかりません

2. DYM就職

DYM就職

第二新卒やフリーター向けの案件に強いと高い評価を得ているのがDYM就職です。

専任アドバイザーのサポートが丁寧で、個々に合った優良求人を紹介してくれる、という口コミが多いのも特徴です。

書類選考なしで面接を受けられるというのも、他にはない強みといえます。

ニートでも求人を紹介してもらえるエージェントはなかなかないため、非常に貴重といえます。

DYM就職は「【DYM就職の評判】第二新卒・既卒・フリーターにおすすめの転職エージェント」で解説していますので、こちらも読んでみてください。

スマホで簡単登録

登録後も一切お金はかかりません

20代のニートには正社員を含めてあらゆる就職の可能性がある

20代のニートには正社員を含めてあらゆる就職の可能性がある

20代のニートには、正社員を含めあらゆる就職の可能性があります。

就職の経験がないのは欠点ではなく、これから新しいことを吸収できる余白があるということです。

転職エージェントを活用すれば次のステップに進めるのが、20代の今です。

今回紹介した20代の就職に対する考え方を元に、行動に移してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です