20代におすすめの転職サイト▶︎

【20代のニートでも就職できる】正社員になるための仕事の選び方

20代はキャリアのスタート地点ともいえる時期ですが、さまざまな理由で就職せずニート状態で過ごしていると、将来に不安を感じつつも行動できずに自分を追い詰めてしまうこともあるかもしれません。

実は、20代のニートには、あらゆる可能性と選択肢があります。

不安だらけで自信がないからこそ、正しい情報と知識を身につけることで、全く想像もしなかった新しい世界に挑戦できます。

今回は、20代ニートのあなたが自信をもってキャリアのスタート地点に立つために必要な情報と知識として、「仕事の選び方」と「就職するために活用すべきサポート」をご紹介していきます。

まずは仕事、そして就職について情報をひとつずつ確認して知識を増やしていきましょう。

MEMO
ニートから正社員を目指すには転職サイトや転職エージェントを必ず使いましょう。まずは「【目指せ正社員】フリーターにおすすめの転職エージェントはどれ?厳選の4社を紹介。」の記事に紹介されているものから登録してみましょう。

20代のニートの仕事の選び方

いざ就職を考え始めたとしても、いろいろな不安要素が足でまといになって、なかなか行動に移せないという人も多いかもしれません。

ここでポイントになるのが、今感じている苦手意識や不安要素を、どのように解消していくかです。

ニート生活から就職に進む上で陥りがちな不安と解消するための考え方のポイントは次の3つです。

  1. 人間関係が苦手なら業務内容を重視しよう
  2. 経験のなさが不安ならできることを考えよう
  3. 新しい未知の環境が不安ならリアルな情報に触れよう

それぞれ細かく確認していきましょう。

1.人間関係が苦手なら業務内容を重視しよう

なかなかニート生活から踏み出せない人の中には、学生時代から人間関係に苦手意識を持っている人も多くいます。

仕事を始めると、職場の上司や先輩社員、同僚、そして社外の取引先など、関わる人の数は広範囲に広がり、想像しただけで不安が増してしまいますよね。

もちろん、業種や職種によっては対人スキルが重要視されるものもありますが、その一方でコツコツと個々の作業を進めるタイプの業務も多くあります。

仕事=たくさんの人との関わる必要がある、という思い込みを一旦置いて、仕事にはいろいろな業務内容があることを前提に、自分に合う業務を考えてみましょう。

2.経験のなさが不安ならできることを考えよう

学生時代にアルバイトの経験はあるものの、特別なスキルがないから自信がなくて、どうせ就職なんてできない、と考えてしまうこともあるかもしれません。

キャリアという言葉を聞くと、経験やスキルが絶対に必要というイメージを持ってしまいがちですが、実際は誰もが最初は経験もなく十分なスキルがないところから始めています。

仕事をするために、まず求められるスキルは、決して特別なものではなく、日常生活や学生時代の経験を通して身につけているものが多くあります。

例えば、学生時代の文化祭実行委員として、イベントの予算管理やスケジュール管理をやったことがあれば、これは重要なビジネススキルにつながる経験値です。

まずは、これまでの経験を振り返って、「自分がやってきたこと」を再確認してみることから始めましょう。

そこから、「できること」に焦点を当てることで、仕事に対するイメージを変えることが大切です。

3.新しい未知の環境が不安ならリアルな情報に触れよう

誰にとっても「わからない」「知らない」ことは、不安の素です。

実際、ニート生活を続けることで、同世代の仕事をしている人との差を感じ、「わからない」が膨れ上がってしまうものですよね。

そういう時こそ、「わからない」「知らない」状態を恥ずかしいと思わず、積極的にリアルな情報と向き合ってみることで、自分自身を楽にすることができます。

最近ではあらゆる働き方を提案してくれる転職サイトや転職エージェントといったサービスがあり、仕事の経験がなくとも無料で就職に関する情報やアドバイスを提供してくれます。

新卒じゃないとダメ、経験がないとダメ、と勝手に自分でつけてしまっている「ダメ」は、リアルな情報に触れることで簡単に払拭できるものです。

まずは「どんな仕事があるの?」から始めてみましょう。

「どんな仕事があるの?」を知るためにも転職サイトや転職エージェントに登録して情報収集をするのが効果的です。

20代はニートでも需要がある

次のステップに進む不安を解消したものの、実際問題として気になるのは、20代のニートでも応募できる求人があるのか、ということです。

近年の採用市場は売り手市場と言われており、20代の人材への需要は高い状態にあります。

ポイントは、経験値ではなく20代であるということをいかに効果的にアピールできるかです。

ここでは、20代のニートから就職活動する上でおさえておきたい、市場における需要について確認しておきましょう。

20代のニートは第二新卒にもなる

新卒のタイミングを逃すと、就職のタイミングは終わりというイメージがあるかもしれませんが、20代にはもう一つのタイミングがあります。

それが第二新卒です。

第二新卒とは、「学校を卒業してから3年以内の若手人材」を指します。

つまり、大卒であれば25歳前後までは、職歴を問わず第二新卒として就職活動をすることができます。

実際、従来の学歴や経歴偏重の採用基準は、働き方の変容に伴い、人材の意欲や素質を重視する傾向が強くなっており、第二新卒を積極採用する企業も増えてきています。

つまり、職務経歴のないニートであっても、第二新卒として企業からの需要が高いということです。

20代のニートでも需要の高い業種・職種

一般的に第二新卒の需要は高いといえども、その中でも特に未経験者を積極的に採用している業種や職種があります。

業種とは、企業の事業の種類を指しており、メーカー系や金融系といった表現がよく使われています。

一方で、職種とは、個々の業務内容の種類を指し、営業職や事務職といった表現を求人情報などで目にしたことがあるのではないでしょうか。

ここでは、20代のニートでも挑戦しやすい未経験者歓迎の業種と職種をそれぞれ確認していきましょう。

未経験者歓迎の業種

  • IT
    • 年々需要が高まってきている業界がITです。最近ではIoT家電と呼ばれる遠隔操作を可能にした家電製品をはじめ日常生活の様々な場面で、ITの技術は欠かせないものとなりました。
    • IT技術の需要が高まるにつれ、IT関連の業種の幅も広がり、経験を問わず求人数が増加していると考えられます。
  • サービス
    • サービス業と聞くと、飲食業のイメージが強いかもしれませんが、実際はその種類は多岐に渡ります。
    • 美容師や芸術家など技術・専門性の高いものから、スーパーなどの販売関連、そしてレジャー施設などに関連する娯楽に関するものまで幅広い業種を総合してサービス業と呼んでいます。
    • 業態としての種類が多いことから、技術・専門性を必要としないサービス業では、特に需要が高い傾向があります。
  • 不動産
    • 賃貸住宅の仲介を始め、分譲物件やビル販売など建物や土地の取引を扱う不動産業も、未経験者を積極採用している業種のひとつです。
    • 専門知識がなくとも、現場での経験から知識を身に付けることができます。
    • 生活への密着度の高さも、求人数の多さに繋がっていると考えられます。

未経験者歓迎の職種

  • 医療・福祉
    • 近年特に人材不足が社会問題にもなっているのが、医療・福祉関連職です。
    • 当然ながら看護師や医師など専門知識・技術を要する職種もありますが、介護サービスをはじめ医療を支える様々な職種があり、未経験者を積極的に採用しています。
  • 営業
    • どのような業種でも重要な役割を果たしているのが営業職です。
    • コミュニケーションスキルといった基本のビジネススキルを重要視し、入社後に自社製品やサービスについて知識を付けることができるという点でも、未経験者歓迎採用の企業が多いといえます。
  • 販売
    • 店舗スタッフや飲食業スタッフなど、店頭で接客をする職種です。
    • アルバイトスタッフを多く雇用している職種でもあり、経験値よりも人材の素質を重視して採用する傾向があります。

このように、未経験者歓迎の求人を出す業種や職種は多種多様です。

自分自身にできることを模索すると同時に、どのような仕事でどのような人材が求められているのかを知ることで、知らない不安や見えない不安は払拭されるでしょう。

20代のニートが就職するには転職エージェントを使おう

ニート生活から就職へのステップに進むためには、「知る」作業が大切だということがわかりました。

近年ではインターネットで検索すれば公的な情報から口コミまであらゆる情報を手に入れることができます。

ただ「就職活動」とひと言で言っても、その情報量は膨大でその真偽や自分に合うものを取捨選択することは一人ではなかなか難しく、結果としてまた自信喪失してしまうかもしれません。

そういう時の救世主ともいえるのが転職エージェントというサービスです。

「転職」という言葉がありますが、要は「就職のプロ」だと理解しましょう。

効率良く不安を解消しながら就職活動をするためには、活用できるものは積極的に取り入れることが大切です。

具体的には、転職エージェントのサポートを受けることで、次のようなメリットがあります。

  1.  業務内容や職場環境を詳しく知ることができる
  2. 応募から面接・入社まで一貫したサポートを受けられる
  3. キャリアに関する不安や疑問を相談することができる

それぞれのメリットについて確認してみましょう。

1. 業務内容や職場環境を詳しく知ることができる

自分でも情報収集することは可能ですが、最新で正確な情報を必要なタイミングで手に入れるのは難しいものです。

転職エージェントでは、各業種・各職種の最新の情報を保有し、採用市場の動向についても熟知しています。

文字情報だけではなく、その実情をわかりやすく解説してもらえるという点でも、転職エージェントに頼ることで得られる情報量は不可欠といえます。

2. 応募から面接・入社まで一貫したサポートを受けられる

就職活動で重要なプロセスとなるのが、応募と選考の部分です。

まずは履歴書作成から、実際に面接を受ける前の準備など、実際の経験がない状態では、何をすればいいのかわからないですよね。

そういう時に、転職エージェントは、「採用される」ための履歴書の書き方や面接のコツを教えてくれます。

また選考中の企業との調整や条件確認なども、転職エージェントに一任することができるというのも大きなメリットです。

3. キャリアに関する不安や疑問を相談することができる

いつか就職したいけど、自信もなく不安だから動けない、という人こそ、転職エージェントのサポートを受けるべきです。

就職のプロである転職エージェントは、求人情報を紹介して応募のサポートをしてくれるだけではなく、キャリア全般について相談に乗ってくれます。

「人間関係が不安」「失敗するのが怖い」といったことでも、「どう働くか」という観点をもつことで対処することができます。

不安や疑問をその場で解消できるというのも、転職エージェントを活用するメリットです。

このように、あらゆるメリットのある転職エージェントのサポートは、一般的に全て無料で受けることができるものです。

就職活動の第一歩として、転職エージェントを活用することをおすすめします。

ニートの人にもおすすめの転職サイト・転職エージェント

ニートの就職活動にも役立つサービスとしては、求人情報を検索できる転職サイトと、求人紹介から応募のサポートなど一貫して対応してくれる転職エージェントがあります。

特に20代のニートの就職活動におすすめしたい転職サイトと転職エージェントとして、次のサービスをご紹介します。

  1. ハタラクティブ
  2. DYM就職
  3. マイナビジョブ20’s
  4. キャリトレ

それぞれのサービスの特徴について確認していきましょう。

1. ハタラクティブ

社会人未経験・20代・第二新卒に特化した転職エージェントです。

初めて正社員を目指す20代の若手人材をターゲットにしており、社会人未経験者へのサポートが充実しています。

就職後のミスマッチを防ぐための紹介予定派遣の雇用形態から始められる企業案件もあり、入社後をイメージした就職活動ができます。

詳しくは「ハタラクティブの評判は?第二新卒・既卒・フリーター向けの転職エージェント」で解説していますので、参考にしてみてください。

スマホで簡単登録

登録後も一切お金はかかりません

2. DYM就職

第二新卒やフリーター向けの案件に強いと高い評価を得ているのが、DYM就職です。

専任アドバイザーのサポートが丁寧で、個々に合った優良求人を紹介してくれる、という口コミが多いのも特徴です。

書類選考なしで面接を受けられるというのも、他にはない強みといえます。

DYM就職は「【DYM就職の評判】第二新卒・既卒・フリーターにおすすめの転職エージェント」で解説していますので、こちらも読んでみてください。

スマホで簡単登録

登録後も一切お金はかかりません

まとめ

20代のニートには、正社員を含めあらゆる就職の可能性があります。

経験がないことは欠点ではなく、これから新しいことを吸収できる余白があるということです。

転職エージェントといったサービスを活用して、次のステップに進めるのが、20代の今です。

まずは、今回ご紹介した20代の就職に対する考え方や採用市場の状況をおさえて、行動に移してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です