20代におすすめの転職サイト▶︎

【仕事を辞めたい】6つの理由に対して、それぞれ徹底的に解決策を紹介します

仕事を辞めたい

サトシ

この記事では、仕事を辞めたいと思っている方に向けて、具体的な解決策を紹介しています。仕事を辞め理由は人それぞれですので、解決策をそれぞれの理由ごとに個別に紹介していますので、ご自身の悩みと近い箇所から読んでみてください。
仕事を辞めたいと思っている人は、多いのではないでしょうか。

例えば以下のようなタイミングで、仕事を辞めたいと感じる場合もありますよね。

これを見ると、職場での人間関係や上司へのストレス、労働環境などが仕事を辞めたい理由だと考えられます。

仕事を辞めたい理由は人によって違うので、同じ「解決策」を提示することはできません。

一つ一つの悩みに対して、それぞれ異なる解決策が必要です。

この記事では、よくある仕事を辞めたい理由に対して、僕なりの解決策を提示していきます。

仕事を辞めたい理由は?よくある6つの理由を紹介

仕事を辞めたい理由は?よくある6つの理由を紹介

仕事を辞めたいと思う理由は人それぞれです。

厚生労働省の調査によると、転職の経験がある人の転職理由は以下の通り。

今回は定年や契約期間の満了・会社都合など、自分で決められない理由は除いて紹介しています。

性別 男性 女性
1位 収入が少なかった:10.2% 労働時間など労働条件が悪かった:13.4%
2位 労働時間など労働条件が悪かった:10.0% 職場の人間関係が好ましくなかった:11.8%
3位 職場の人間関係が好ましくなかった:7.7% 収入が少なかった:8.8%
4位 会社の将来が不安だった:7.6% 仕事内容に興味が持てなかった:5.5%
5位 能力・個性・資格が生かせなかった:4.8% 能力・個性・資格が生かせなかった:4.3%
6位 仕事内容に興味が持てなかった:4.6% 会社の将来が不安だった:4.0%

参考:厚生労働省 平成30年雇用動向調査結果の概況

上記のデータを元にすると、仕事を辞めたい理由として以下の6つが考えられます。

6つの中にあなたの抱える悩みがあれば、その箇所から確認してみてください。

サトシ

新卒の方で仕事を辞めたいと悩んでいる人は「【新卒の転職】仕事を辞めたい?第二新卒で転職をしよう。」に専用記事を書いたので、そちらも参考にしてみてください

自分はすぐに仕事を辞めてしまうと感じている場合は「仕事をすぐ辞める人の特徴7個とすぐ辞めないための仕事の見つけ方」も参考になります。

給与に満足できない

給与に満足していない

仕事を辞めたい理由で多いのは、給与に満足できていないことです。

厚生労働省の調査結果を見ても、男性の転職理由の1位、女性の転職理由の3位になっています。

お金の悩みは多くの人が抱えているものです。

それを解決するために、お金をモチベーションとして仕事を頑張っている人もいるのではないでしょうか。

生活に直結するので、給与に満足できないと仕事に対するやる気が大幅に削がれる可能性があります。

職場の人間関係がうまくいっていない

職場の人間関係

職場の人間関係がうまくいっていないと、仕事を辞めたいと思うケースが多く見られます。

会社では、人間関係を自分で選ぶことができません。

協調性のない人がいたり、パワハラやセクハラをする人がいたりすると、強いストレスがかかります。

人間関係のストレスが続くと、うつになって生活に大きな影響が出る可能性も。

ハーバード大学の100年近くにも及ぶ研究によると、幸福にもっとも関連する要素は「人間関係」であると言われています。

  • 周りとの繫がりは健康にとても良い
  • 良い人間関係は身体の健康だけでなく脳の健康も守る

仕事は人生の時間の大部分を占めるものです。

長い時間を過ごす職場で人間関係にストレスを抱えていると、幸福から遠ざかってしまうでしょう。

仕事内容が合わない

無理に職場の人と仲良くなろうとしない

仕事内容が合わないことも、仕事を辞めたい理由になります。

「お金を稼ぐために仕事をしている」と割り切っている人であれば、この悩みはないかもしれません。

しかし、仕事にやりがいを求める人や成長することに幸せを感じる人は、仕事内容が合わないとやる気が出なくなります。

厚生労働省の調査でも、男性・女性とも「能力・個性・資格が生かせなかった」という転職理由が5位になっていますね。

特に若手のうちは事務的な仕事が多くなる傾向にあるので、「自分がやりたかったのはこんな仕事じゃない!」と悩むケースも。

自分に合わない仕事や雑務としか思えない仕事をしていると、人生を無駄にしてしまっているのではと不安になる場合もあります。

労働時間が長すぎる

労働時間が長すぎる

労働時間が長すぎると、心身ともに疲れてしまいます。

長時間労働はブラック企業の代名詞と呼んでもいいかもしれません。

残業80時間が過労死ラインと言われているので、80時間を超えて残業を強いられている場合は早めの対処が必要です。

厚生労働省の調査を見ると、女性では労働条件の悪さが転職理由の1位になっています。

男性でも2位なので、労働条件の悪さに悩んでいる人は多いと言えますね。

上司へのストレス

上司へのストレス

上司へのストレスも、仕事を辞めたい理由としてよく見られます。

アメリカの研究で、上司へのストレスが心臓病の原因にもなるという結果が出ています。

アメリカの40万人以上の労働者を調査した結果、信頼の置けない環境で仕事をする人は、喫煙、高血圧、糖尿病、質の悪い食生活、肥満、高コレステロールの傾向が高いことが分かった。そして上司こそが、その信頼の置けない環境の原因だった。(上司からのストレスが心臓病の原因になるかもしれない

ストレスを我慢し続けると、体調を崩したり精神的に病んだりする可能性があります。

最悪の場合うつになる場合も。

上司相手だと意見が言いにくいので、問題が深くなります。

参考:打倒クソ上司!クソ上司にありがちな特徴と対処法を解説!

精神的に辛くうつ病の可能性がある

精神的に辛い

仕事に行くことが精神的に辛いと感じられて、仕事を辞めたい人もいます。

その場合はうつ病の可能性もあるので注意が必要です。

厚生労働省の調査によると、日本でうつ病を経験した人は100人に3~7人の割合です。

割合を見ると、自分がうつ病になっていても不思議ではないと思えますね。

うつ病の場合、無理をすると余計に症状が悪くなる場合もあります。

サトシ

頑張りすぎるのは心にも体にもよくありません。

辛いと感じる場合は、その気持ちに素直に従うことも必要です。

仕事を辞めたい時の解決策は?

仕事を辞めたい時の解決策は?

仕事を辞めたいときに考えられる解決法には、以下のものがあります。

  • 転職する
  • 相談する
  • 目の前の仕事に全力を尽くす
  • 仕事を辞めたい理由を探る
  • 楽に生きる方法を考える

それぞれについて、詳しく確認しましょう。

思い切って転職してみる

仕事を辞めたい場合、思い切って転職してみる方法があります。

転職すると今までと環境が全く変わるので、仕事を辞めたい理由の多くに対応できる可能性があります。

転職すれば給与が上がる場合も

企業規模によって、賃金の平均は以下のように異なります。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査のグラフ

参考:厚生労働省 平成30年賃金構造基本統計調査の概況

中小企業で働いている人は、今よりも規模が大きい企業に転職すれば給与が上がる可能性もありますね。

給与水準は業界や職種によっても決まるため、低い給与水準の業界で頑張っても希望する年収に到達しない場合もあります。

リクナビNEXTなどの転職サイトで自分の業界の求人票を見てみると、将来どれくらいの給与が得られるか予想できます。

年収を上げたい場合、給与が高い傾向にある外資系企業への転職を目指すのも一つの方法です。

適切な転職エージェントを利用すれば、外資系企業に入社できる可能性もあります。

外資系企業を目指す方におすすめの転職エージェントは「外資系転職で本当におすすめの転職エージェント7選【実際に使ったものだけ紹介】」で紹介しているので参考にしてみてください。

転職は人間関係の一新にも役立つ

転職すると職場が変わるので、人間関係がリセットされます。

人間関係のストレスは根深く、人生の幸福度にも関わってきます。

ストレスと戦うことに多くの時間を使うより、環境を変える方が近道の可能性も。

ただし、転職をする前には企業選びをきちんとしましょう。

転職をしても結局人間関係がうまくいかなければ、転職した意味がないからです。

事前に転職エージェントに相談をするなどして、転職先の企業の雰囲気を掴むようにしましょう。
20代におすすめの転職サイト 【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

転職すれば仕事内容や労働環境も変えられる

転職すれば仕事内容も変えられるので、仕事内容が合わない・労働時間が長すぎるといった問題も解決できますね。

特に長時間労働は命にも関わってくるため、転職や退職を考えましょう。

とはいえ、長時間労働を強いられていると、転職活動に割く時間や体力がない可能性も。

転職活動が難しい場合は、オファー型の転職サイトが便利です。

オファー型の転職サイトとは、登録しておくと企業からのオファーが届く仕組みのサイトです。

20代であれば大手優良企業などからのオファーが多い「キャリトレ」、30代以上であれば「ビズリーチ」に登録しておきましょう。

精神的に辛くうつ病の可能性がある人は、早めの休職がおすすめです。

休職して落ち着いてから転職や退職を検討すると、この先について冷静に考えられます。

うつ病が原因で転職するとネガティブな印象を与えるのではと思うかもしれませんが、転職エージェントに相談すれば適切なサポートが受けられるので問題はありません。

金銭面に不安がある場合は、失業手当などの制度も活用しましょう。
仕事をやめたいと思うのは鬱(うつ)が原因?適切な対処法で心身を壊さないようにしてください 仕事を辞めたいのは鬱(うつ)が原因かも。適切な対処法を今すぐチェック!

人間関係に悩んでいるなら適切な人や場所に相談してみる

人間関係に悩んでいる場合は、適切な人や場所に相談することで改善できる場合もあります。

考えられる相談先は、以下の通り。

  • 上司で悩んでいる場合は上司の上司
  • 信頼できる先輩や同僚
  • 会社の窓口
  • パワハラやセクハラの場合は社外の相談窓口
  • 家族や友人など社外の人
  • 病院

上司で悩んでいる場合、その上司の上司であれば注意をするなどの対策をしてくれるはずです。

しかし、その二人の関係性が深い場合は、真剣に取り合ってもらえないケースも。

最悪の場合、自分の相談内容が上司に伝わってしまう等の可能性もあるので注意が必要です。

信頼できる先輩や同僚がいれば、その人に相談する方法も。

会社に設けられている相談窓口や人事部への相談もおすすめです。

パワハラやセクハラを受けている場合、社内での相談は難しいケースもあります。

以下のような相談窓口も利用できますので、必要に応じて相談しましょう。

社内の問題でも、会社と関係ない人に話した方がすっきりする場合もあります。

家族や友人など、頼れる人がいるなら親しい人に話す方法も考えましょう。

精神的に辛くてうつかもしれないと考えられる場合は、医師に相談する必要があります。

もし本当にうつ病であれば、診断書を発行してもらいましょう。

労災認定される場合や、手当を受け取れる場合もあります。

目の前の仕事に全力を尽くしてみる

仕事が合わないと感じている場合、まずは目の前の仕事に全力を尽くしてみる方法もあります。

ルーティンタスクや雑務ばかりだとやりがいを感じられない場合もあるかもしれませんが、目の前の仕事に全力を尽くすことで大きな仕事の機会が与えられるケースは多いものです。

今の合わない仕事や雑務の先に自分のやりたい仕事が待っている場合もあるので、まずは全力で頑張ってみましょう。

それでも納得できる仕事が与えられない場合は、転職を考えるといいですね。

何がしたいのか全力で突き詰める方法も

目の前の仕事に全力を尽くすのと合わせて、何がしたいのかを突き詰める方法もおすすめです。

何となく今の仕事が合わないと感じている場合、全力で取り組むのが難しいかもしれません。

やりたいことがわかり、今の仕事の先にやりたことが待っているとわかれば、目の前の仕事に全力を尽くせますね。

天職とも言われますが、本当に自分に合う仕事に就けていれば、毎日職場に向かうのも楽しくなります。

ただし、自分自身のことを深く理解していなければ、天職は見つけられません。

就職活動の際と同じように、自分がどんな時にモチベーションが湧き、どんなことが好きなのか、深く考えることが大切です。

以下のような質問をされてパッと答えられるか、チェックしてみましょう。

  • 好きなことは?
  • 得意なことは?
  • 人生でもっとも重要なことは?
  • どんな時にやる気を感じるか?
  • 人生をかけて成し遂げたいことは何か?

自己分析につながる質問は無数に考えられますが、大切なことは自分の中で明確かつ納得できる軸を持っていることです。

徹底的に自分と向き合うことで、何がモチベーションになるか、譲れない価値観は何かが見えてきます。

僕は自己分析をする際に、『ストレングスファインダー』をしたり、『16 Personalities』のテストをしたりしました。

16 Personality テスト

天職を見つけるためにも、まずは自分自身について深く知ることから始めてみてください。

最近、リクナビNEXTのグッドポイント診断と呼ばれる診断テストを試してみましたが、無料でできるストレングス・ファインダーといった感じで非常に参考になったのでこちらもおすすめです。

リクナビネクストのグッドポイント診断でわかるビジネスパーソンの持つ18要素 【自分の強み・才能を知りたい人向け】リクナビNEXTのグッドポイント診断を実際に試してみた

なぜ仕事を辞めたいのか理由を探ってみる

仕事に強いストレスを感じているのに、仕事を辞めたい理由がはっきりしないケースもあります。

そのような場合は、なぜ仕事を辞めたいのか理由を探ってみましょう。

仕事を辞めたい理由が自分でわからないと、どのように対処すればいいのか見えてきません。

先ほど挙げた仕事を辞めたい理由としてよく挙げられる6つのほかにも、以下のような理由が考えられます。

  • 社風が合わない
  • 会社に将来性が感じられず不安
  • 仕事の評価方法がはっきりしない
  • 起業して自分の力を試したい

仕事を辞めたい理由を書き出すと、整理しやすくなります。

書き出した理由を、自分で解決できそうな内容と解決できない内容に分けてみましょう。

自分ではどうにもできない理由で辞めたい場合は転職する、対処できそうな場合はもう少し頑張ってみるなど、方向性が決めやすくなります。

関連記事:【徹底解説】仕事が嫌すぎる時の7つの対処法

無理に頑張るのをやめて楽に生きてみる

無理に仕事を頑張るのはやめて、楽に生きてみる方法もあります。

仕事よりもプライベートを優先する考え方は、近年広がってきています。

仕事は生きるための手段と割り切ってプライベートに重きを置くと、気持ちが楽になる場合も。

楽に生きるには、以下のように今の仕事を続けながら割り切る方法思い切って仕事を辞める方法があります。

今の仕事を続けながら楽に生きる ・趣味に没頭するなど仕事以外に意識を向ける
・在宅ワークを希望する
・やりたくないと思っていることと関わらない
今の仕事を辞めてみる ・正社員以外の働き方を選ぶ
・一度仕事を辞めて自分を見つめ直す時間を取る

仕事がではないと楽に考えられると、仕事を辞めたい気持ちがなくなる可能性もありますね。

関連記事:【働きたくない人必見】仕事をそこそこに人生を楽に生きる方法

仕事を辞めても良い人とダメな人は?

仕事を辞めても良い人とダメな人は?

仕事に強いストレスを感じている場合は、仕事を辞めるのも一つの方法です。

しかし、すぐに仕事を辞めた方がいい場合と、そうでない場合があるので注意しましょう。

では何を基準に見分ければいいのか、紹介します。

今の仕事を辞めた方がいい人の特徴

今の仕事を辞めた方がいい人の特徴は、以下の通り。

  • 人間関係に悩んでいるが会社の状況で異動や配置換えができない
  • 経営者の方針が合わない
  • 仕事の内容が合わない
  • 年齢が上がった時に働き続けるのが難しいと感じる
  • 長時間労働させられるなど労働環境が悪い

人間関係の悩みの場合、周囲にいる人が変わるだけで解決できるケースもあります。

会社の規模が小さいなどの理由で異動や配置換えができない会社では、人間関係の問題が解決できないので、仕事を辞める方がおすすめです。

経営者の方針が自分と合わない場合、その職場にいる限りストレスから解放されません。

また仕事内容が合わないと、やりがいが感じられずキャリアプランが描けない可能性も。

年齢が上がった時にこの会社で働くのは無理だと感じた場合も、辞めた方がいいと言えます。

年齢が上がっても体力が必要な仕事を任される、経営が不安定で将来性が見えないなど、働き続けるのが難しいと感じるなら転職も考えましょう。

残業が多い・ボーナスがない・パワハラなどがあるなど、労働環境が悪い場合は努力ではどうにもできないので転職がおすすめです。

まだ仕事を辞めない方がいい人の特徴

まだ仕事を辞めない方がいい人の特徴は、以下の通りです。

  • 短期間のうちに転職を繰り返している
  • 次の職場がまだ決まっていない人
  • なんとなく働きたくないなど辞めたい理由がはっきりしていない
  • 自分の市場価値がわかっていない
  • 精神的に辛くうつ状態になっている

短期間のうちに転職を繰り返していると、スキルを身につける時間がありません。

就業期間が長い人が転職回数が多い場合は様々な経験を積んでいると思われますが、3年の間に2回以上転職をしていると落ち着いて仕事ができないと思われる原因に。

次の職場が決まっていない場合は、決まってから転職する方が安心です。

退職してから転職活動をする方法もありますが、収入の心配もあり新しい会社をじっくり選べない可能性もあります。

転職をする際は、自分の市場価値を知ってアピールしなければいけません。

わからない場合は転職エージェントに登録して、市場価値を分析してから行動に移しましょう。

転職は自分にとって気がかりなことや問題点を解決するために行うので、辞めたい理由がはっきりしていない状態で転職してもモチベーションが保てません。

精神的に辛くうつ状態になっている場合は、それ以上無理を重ねると心身共に健康が害されるので、まずは退職ではなく休職しましょう。

うつ状態になっていると、正常な判断が難しい場合が多く見られます。

心が落ち着いたときにあらためて今の職場で働くか転職するかを考えた方が、自分の気持ちがわかりやすくなりますね。

「今の会社を辞めようかな」と思ったときにやっておきたい準備は?

「今の会社を辞めようかな」と思ったときにやっておきたい準備は?

会社を辞めようと思ったら、スムーズに退職できるようにやっておきたい準備があります。

必要な準備は以下の3つ。

  • 自己分析をする
  • 転職エージェントに登録して次の転職先を探す
  • 引継ぎを徹底する

それぞれについて確認しましょう。

自己分析をしておく

転職するなら、今以上に自分に合った職場を見つけたいものです。

自分に合った仕事を選ぶには、自己分析が欠かせません。

以下の点を書き出して、自分がどうしたいのか、何が向いているのかチェックしましょう。

  • やりたいこと
  • 自分にできること
  • 強み・得意なこと
  • 周りからの評価

とはいえ、自分で自己分析をするのが難しく感じる場合もあるでしょう。

その場合は、転職サイトや転職エージェントを活用して、自己分析を手伝ってもらうとスムーズです。

例えば以下のような自己分析ツールがあるので、活用しましょう。

  • リクナビネクスト:グッドポイント診断
  • マイナビジョブ20’s:適性診断
  • doda:キャリアタイプ診断

ポジウィルキャリアではキャリアトレーニングが受けられますが、その中で自己分析のサポートも受けられます。

転職エージェントを利用して転職先を見つけておく

転職したい場合、働きながら転職活動をする方法と辞めてからする方法があります。

おすすめなのは、働きながら転職活動をする方法です。

理由は以下の通り。

  • 生活費が不安になると転職を焦ってしまう
  • 支払いに追われると冷静な判断ができない
  • 転職エージェントを活用すれば働きながらの転職活動も可能
  • 転職エージェントでは内定後のフォローが受けられる場合も

退職してお金に余裕がなくなると、転職を焦って納得できないまま転職したり冷静な判断ができなくなったりする原因になります。

転職エージェントを活用すれば、働きながらの転職活動も可能です。

転職エージェントは様々な転職をサポートした実績を持っているので、円満に退職できるようフォローしてもらえる場合もあります。

次の職場が決まっていれば、生活費などの心配をしなくてすみますね。

転職から円満な退職までサポートしてくれる転職エージェントを上手に活用して、転職をスムーズに進めましょう。

20代におすすめの転職サイト 【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

関連記事:【徹底比較】20代におすすめの転職サイト・転職エージェント13選。ランキング形式で紹介!

後腐れがないよう引き継ぎを徹底しておく

職場を辞めるのだから後はどうなっても構わないと考えると、後腐れが残ってしまいます。

以下のような点を詳細に伝えて、気持ちよく送り出してもらえるよう準備をしましょう。

  • 仕事の進め方
  • 業務の目的や位置づけ
  • トラブルが起きた際の対処法
  • イレギュラーへの対応

担当者が困らないように、文章にして残すのがポイントです。

取引先がある場合は、挨拶回りや担当者の変更の連絡もしておきましょう。

退職後に何かあった時に備えて、連絡先を伝えておく必要もあります。

仕事はどう辞める?退職の流れを事前に知っておこう

仕事はどう辞める?退職の流れを事前に知っておこう

仕事を辞める時は、どうすればいいのでしょうか。

流れを事前に確認して、一般的な流れを知っておきましょう。

ただし会社によっては規則が違うケースもあるので、確認が必要です。

  1. 仕事を辞めたいと上司に相談
  2. 上司が人事に報告
  3. 人事担当と面談をして退職することを伝える
  4. 上司に退職願を提出
  5. 引継ぎを行い退職日を迎える

仕事を辞めたいと上司に相談する

仕事を辞めたいと思ったら、まずは直属の上司に相談しましょう。

引継ぎなどをしなければいけないので、遅くても退職したい日の1か月前には伝える必要があります。

上司から人事へ報告がいく

上司から人事に報告がいき、人事の担当者と話を進める形になります。

人事担当と面談し退職することを告げる

人事担当と面談をして、退職することを告げます。

退職に伴って以下のような公的手続きも必要なので、するべきことを確認しましょう。

退職に必要な手続き
  • 税金関係
  • 年金
  • 健康保険
  • 雇用保険

上司に退職願を提出する

人事担当との話が終わったら、上司と退職日を話し合ったうえで退職願を提出します。

職場によっては退職届になるケースもあります。

退職願と退職届には、以下の違いがあります。

退職願 退職を願い出る書類
却下される可能性もある
退職届 退職の事実を伝える書類
会社に退職の可否を問われない

特に決まりがない場合は、口頭で退職の意思を伝えた後で退職願を出す方が円満な退社に繋がります。

法律的な権利を考えると、退職届を出して2週間が経過したら労働者は会社を辞められます。

しかし退職届は一方的な伝え方になるので、退職を願い出る内容の退職届を提出する方がスムーズです。

引き継ぎを行い退職日を迎える

退職日が決まったら、後任の担当者が困らないようにしっかり引き継ぎをしましょう。

残務整理や社内・社外への挨拶の準備も必要です。

今後も何らかの形で関わる可能性があるので、丁重に挨拶をしましょう。

仕事を辞めるタイミングはいつがベスト?

仕事を辞めるベストのタイミングは、次の転職先が決まった後です。

退職してから転職活動をすると、生活費に困る可能性も。

なかなか内定がもらえないと、希望通りの会社ではないのに入社してしまうケースもあります。

転職先が決まるということは、求められている証拠です。

求められているタイミングで転職すると、その後も仕事が円滑に進みますね。

ただし強いストレスがかかっていて心身に不調が出ている場合は、できるだけ早く次を考えましょう。

まず休職して転職先を考えるのがおすすめですが、難しい場合はいったん退職して、落ち着いてから転職活動をしても構いません。

仕事を辞めたいのは甘えではない!体調を崩す前に転職も考えておこう

仕事を辞めたいと思うのは、甘えではありません。

人間関係や労働環境など、職場には個人の努力では変えられない問題点があるケースもあります。

ストレスを抱えながらずっと仕事を続けていると、体調を崩す可能性も。

仕事を続けるのが無理だと思った場合は、転職も考えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です