ホワイト企業に転職したい!特徴を見分ける3つの方法

転職を考える際に、どうせならホワイト企業にいきたいはずです。

ごーどん

ブラック企業で働いていた人は特にそう思いますよね

ブラック企業かどうかを見分けるのと同様に、ホワイト企業であるかどうかを転職前に見分けるのは非常に重要です。

結論から述べると、実際に働いてみる前にホワイト企業かブラック企業かを100%見分けるのは不可能です。

しかし、限られた情報の中からある程度見分けることはできます。

この記事では、転職前に限られた情報の中からホワイト企業を見分ける方法を徹底的に解説していきます。

こんな人におすすめ!
  • 転職を考えている人
  • 何がなんでもホワイト企業で働きたい人

ホワイト企業に転職したい!

ブラック企業同様に、ホワイト企業にも明確な定義はありません。

ごーどん

人それぞれブラック・ホワイトの感じ方が違いますもんね

ホワイト企業を簡単に定義づけるとしたら、ブラック企業の対極にいる企業と言えるのではないでしょうか?

※厚生労働省が述べているブラック企業とは以下のような特徴を持ちます

  • 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  • 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
  • このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う
参考 「ブラック企業」ってどんな会社なの?厚生労働省

ごーどん

ブラック企業の特徴と見抜き方をより噛み砕いて解説した以下の記事も参考にしてみてください。

参考記事:ブラック企業にありがちな3つの特徴と見抜き方

これより、ホワイト企業の見分け方を紹介していきます。

転職前に行うべき「ホワイト企業」の見分け方

繰り返しにはなりますが、ホワイト企業に明確な定義はありません。

従って、まずは自分が仕事に対して何に重きを置くのかを考え、自分にとってのホワイト企業を定義しましょう。

ホワイト企業の見分け方①「条件を定める」

働く上でこれだけは譲れないといった内容をボーダーラインとともに考えてみましょう。

  • どれくらい年収が欲しいか?
  • 年間の休みはどれくらい欲しいか?
  • 有休消化率はどれくらいあると嬉しいか?
  • 福利厚生で譲れないものは何か?
  • 残業はどのくらいが許容範囲か?
  • やりたくない仕事はあるか?

ごーどん

求人票の項目を見ながら考えてみるといいと思います

上記のような質問をして、自分自身の中でホワイト企業の条件を定めましょう。

ホワイト企業は人それぞれ定義が違うので、定量的に測れる自分自身の定義があると企業選びの際に非常に効率的に行うことができるようになります。

ホワイト企業の見分け方②「徹底的に企業情報を調べる」

自分にとってのホワイト企業の条件が定まれば、その条件に当てはまる企業を徹底的に調べましょう。

おすすめの方法を以下に記します。

  • 手順1
    求人サイトで調べる
    おすすめサイト:リクナビネクスト、doda
  • 手順2
    企業の口コミサイトで調べる
    おすすめサイト:Openwork、転職会議
  • 手順3
    転職エージェントに尋ねる
    おすすめサイト:リクルートエージェント、マイナビエージェント
  • 手順4
    企業の中の人に話を聞く
     おすすめサイト:LinkedIn

1.求人サイトで調べる

リクナビネクストの求人票

リクナビネクストの求人票

まずは、リクナビネクストやdodaなどの転職求人サイトで企業の情報を徹底的に集めます。

リクナビなどの転職サイトでは、どちらかといえば定量的な情報を比較検討のために集めましょう。

求人票を見ながら、自分の望んでいる条件に当てはまるかどうかをスクリーニングしてください。

無料でリクナビネクストで求人票を見てみる(公式サイト)

2.企業の口コミサイトで調べる

OpenWork(オープンワーク)の企業評価の業界比較

OpenWork(オープンワーク)の企業評価の業界比較

転職サイトの定量的な企業情報だけで判断をしてはいけません。

定量的に比較できる情報は非常に集めやすいですが、雰囲気などの情報については見つけることができません。

そこで有用なのが、企業の口コミサイトです。

最近では口コミサイトも増えてきて、比較検討できるだけの情報を集めることができるようになりました。

中でもおすすめなのが「Openwork」と「転職会議」です。

無料で登録できますので、実際にどんな口コミが書かれているのかをぜひ確認してみてください。

無料で転職会議で口コミを見てみる(公式サイト)

3.転職エージェントに尋ねる

転職エージェントも積極的に利用して、客観的な意見を尋ねましょう。

転職エージェントは何百人、何千人もの求職者と企業をマッチングさせているプロです。

彼らにしかない情報も多数存在しています。

ごーどん

僕は4社を用途別に遣い分けさせていただいていました

リクルートエージェントやマイナビエージェントは業界最大手の転職エージェントなので特にこだわりがなければそのどちらかを利用すると良いでしょう。

もっときちんと転職エージェントを選びたい方は以下の記事に詳しくまとめましたので参考にしてみてください。

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェントを徹底紹介! 20代の転職で役立ったおすすめの転職サイトと転職エージェント13選

4.企業の中の人に尋ねる

最終的には実際に働いている人に尋ねるのが一番です。

ごーどん

人事などの利害関係がある方は信用ならないのでご注意を。

しかしなかなか知り合いにいなかったり、中の人と出会う機会はないでしょう。

そこで使えるのがLinkedInです。

ビジネス版のFacebookのようなSNSで、企業名で人を検索することができ、メッセージを交わすこともできます。

詳しくは以下の記事にまとめてあるので一読してみてください。

参考記事:LinkedIn(リンクトイン)で実際に転職活動をしてみてわかった、オファーを大量にもらうコツ

ごーどん

できる転職活動社はLinkedInを使ってますね。

ホワイト企業の見分け方③「ブラック企業にありがちな条件を避ける」

逆説的ではありますが、ホワイト企業を選ぶためにはブラック企業にありがちな条件を避けましょう。

簡単にまとめると次のようなものです。

  • 大量採用をしている
  • 詰める文化がある
  • 精神論が多い

ごーどん

大量採用は危険です。

ブラック企業の見抜き方は以下の記事に書かれていますので参考にしてみてください。

ブラック企業にありがちな3つの特徴と見抜き方 ブラック企業にありがちな3つの特徴と見抜き方

ホワイト企業に転職したい!のまとめ

ホワイト企業の見分け方を解説してきました。

簡単にまとめると以下の流れになります。

  • 手順1
    自分にとってのホワイト企業を定める
     自分が仕事に対して何に重きを置くのかを考え、自分にとってのホワイト企業を定義する
  • 手順2
    徹底的に企業研究をする
    リクナビNEXTなどの転職サイトやなどの口コミサイトで徹底的に企業研究をする
  • 手順3
    ブラック企業にありがちな条件がないか調べる
    ブラック企業によくある条件と照らし合わせて最終確認する

今回紹介した方法を通じてぜひホワイト企業を見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です