20代におすすめの転職サイト▶︎

仕事が辛いのはなぜ?原因別の対処法6選

「仕事がつらいけど辞められない」という人は多いのではないでしょうか。

入社して間もないため職歴に傷付くかも…と思って辞められない人や家族を養っていかないといけない人など辞められない理由は人それぞれだと思います。

とはいえ辛い仕事を続けることは精神的にキツいし、現状を変えたいですよね。

ハルカ

仕事が辛くて毎朝行きたくない、やめたいって思う時もあるよね

しかし、今の仕事を無理に続けなくても、上司への相談、環境や仕事の取り組み方を変えることでもっと楽に仕事に打ち込むことができます。

仕事が辛いと思ったら頑張り過ぎないで、対策を考えることも必要です

サトシ

そこで、この記事では仕事がつらい原因と原因別の対処法を紹介します。

この記事で分かること
  • 仕事がつらい人はたくさんいる
  • 仕事がつらい原因
  • 仕事がつらいときの対処法
  • 仕事がつらいときに利用すべきサービス

3分くらいで読めるので、仕事が辛くて、悩んでいる人はご一読ください。

仕事が辛いのあなただけじゃない!

仕事がつらいと感じている社会人はたくさんいます。

20代〜50代に聞いたアンケート「仕事でストレスをどの程度感じているか?」では、9割以上の人が「ストレスを感じている」という結果があります。

(出典:エンジャパン「仕事におけるストレス」について)

20代には若手社員ならではのストレスが、30〜50代にも上司なりのストレスがかかっています。

私自身、20代の頃は社会人としての生活が非常に辛いと感じていました。

あなたの会社の、余裕があるように見える上司も、実は仕事のストレスを感じているでしょう。

ハルカ

仕事でストレスを感じない人なんていないんだね。
社会人2年目は辛い?仕事ができないと感じて心苦しい方に伝えたい4つの対処法

仕事が辛い原因は3つ

仕事が辛い原因は以下の3つの場合が多いです。

  • 労働環境
  • 仕事の量やレベル
  • 自分自身

ここでは各原因の具体的に紹介していきます。

1.労働環境が原因の場合

労働環境が原因の場合は大きく分けて、「人間関係「職場環境・待遇が悪いこと」が挙げられます。

具体例をあげると、人間関係では上司や同僚との相性やセクハラ・パワハラに悩まされているなどです。

同僚との仲が悪いと仕事で成果を出しても妬まれたり、上司に嫌われていると正当な評価を受けることができなくなる可能性があります。

ハルカ

さっきのエン転職のデータでも51%と一番多くの人がストレスを感じてる理由に上司との関係をあげてるんだね

職場環境・待遇が悪いことの具体的をあげると、特殊な企業の社風に馴染めないことや有給取得率の悪さ、薄給などです。

会社の組織体制に問題がある場合が多く、離職率が高い傾向があります。

社風に馴染めない会社では相談できる人も少ないため、ストレスを溜めてしまいがちです。

2. 仕事の量やレベルが原因の場合

仕事が原因の場合は「仕事量が適切ではないこと」「仕事内容が能力に見合っていないこと」が挙げられます。

具体的には、仕事の量が多いと休日出勤や残業でプライベートがなくなり、心身に影響が出ててしまいます。

一方、仕事の量が少なすぎると、なかなかスキルの向上がはかれません。

自分の能力に対して、高いレベルの仕事を求められても現段階のスキルには限界があるため、期待に答えることはできません。

しかし、誰にでもできるような簡単な仕事だけでは何のために働いているのか分からなくなり、モチベーションは下がります。

自分の能力に見合った仕事内容でないと、自信や、やりがいを失ってしまいます。

3.自分自身が原因の場合

仕事の辛さが自分にある原因が自分にある場合もあります。

「自分のやりたいことに打ち込めていない」状態や「要領の悪さからミスが多い」状態です。

例えば、第一志望の仕事でなかった時は熱が入りにくく、プライベートに時間を割きたいと考えます。

他のやりたい仕事があったけど諦めてしまった場合は、仕事自体を無駄な時間と感じてしまうようです。

ミスが多いと自分に自信が持てず、後輩が上司になることやずっと上司から怒られ続けることを考えてしまいます。

要領の良さは出世にも影響するので、他人と自分を比べて自己嫌悪に陥る場合があります。

仕事が辛いときの原因別の対処法

仕事がつらい原因は人それぞれ違うため、友達や家族に相談しても理解してもらうのが難しいですよね。

しかし、今回は労働環境・仕事の量やレベル・自分自身に分けて、6つの対処法を紹介します。

自分に当てはまっている対処法を実践することで、仕事のつらさを軽減しましょう。

1.労働環境が原因の場合の対処法

対策法1:労働環境が原因の場合は環境を変える行動を取る。

会社の組織体制は一人の力ではなかなか変わりませんし、人間関係は相手の受け取り方次第な面もあるため、個人の行動の改善ではどうにもならないことが多いからです。

部署移動を依頼するときは、できるだけポジティブな理由で交渉するのがおすすめです。

例えば、「一緒に働く人を変えて成長したい」や、「経験したことのない業務に挑戦したい」などです。

交渉に失敗した場合や労働環境がどの部署も大差がない場合などは転職して環境を変えることも検討してみましょう。

まずは人事部や上司に相談してみましょう

サトシ

2. 仕事の量やレベルが原因の場合の対処法

対処法2:仕事が原因の場合は自分に合った量やレベルを上司と面談して決める。

部下への仕事を振るのは上司の裁量次第なので、それが適切でない場合は上司に自分の要領を誤解されているかもしれません。

例えば、仕事の量が多すぎるなら上司に助けを求めてたり、量を減らしてもらえるように頼んでみてください。

仕事の量が少なすぎるなら周りの忙しそうな人の仕事を手伝うことで、社内での評価も上がります。

対処法3:仕事の内容が自分の能力に見合わないときも上司に相談する。

自分の能力を明らかに超えている仕事を任され、どうしようもできない時にはまず、上司に相談しましょう。

上司は「これくらいできる」と思っていたり、「これをできるようになって欲しい」と期待を込めていたりします。

しかし、レベルが高すぎては仕事も進まず、プレッシャーが増すばかりなので、きちんと上司に伝えることが大切です。

対処法4:特に仕事のレベルが高い場合は、上司に相談したり、できる人のやり方を真似したり、勉強しながら試行錯誤してみる。

自分の力量に比べて仕事内容が難しいという時には、自分自身をレベルアップさせることで次第に、きちんと仕事ができるようになることもあります。

どうやったら仕事ができるようになるかわからない場合には、周りにいる上司や先輩のやり方を真似てみましょう。

デキる人を真似て自分に合うやり方を見つけられれば、自ずと仕事で苦しむことも減ります。

また、自分で勉強してスキルを磨くことも大切です。

読書も非常に良いですし、今はアプリや配信サービスなどでも簡単に勉強できます。

例えば「グロービス学び放題」ではスマホ一つで簡単にビジネススキルを学べます。

語学であれば「スタディサプリ」でTOEICの勉強も可能ですし、オンライン英会話では「Bizmates」も非常におすすめです。

こういったツールを活用してぜひ勉強してみてください。

5.レベルの高い仕事を任されるということは上司から評価されている証、成長できるチャンスだと割り切る。

「仕事はできる人に集まる」とよく言われるように、仕事が与えられているのは上司や同僚からの期待の表れかもしれません。

仕事が多いのは辛いかもしれませんが、きちんと終わらせることができれば、自分の評価が上がりますし、学ぶことも多いはずです。

辛い時期を経て、仕事から多くのことを学び、実績も残すことができれば自分の市場価値が上がます。

市場価値が上がれば転職でキャリアアップできたり、今の会社で昇進できたりとキャリアの幅も広がることもあります。

このように前向きに仕事に取り組むように割り切る姿勢もあることを覚えておきましょう。

ハルカ

ピンチをチャンスに変えるのも1つの手だね

3.自分自身が原因の場合の対処法

6.自分が原因の場合は仕事への取り組み方を変える。

仕事に無気力な状態や、要領の悪さを言い訳していては、やる気も自信もついていきません。

実際やりたい仕事につけている人は少数派でしょう。

事実、アンケートでは「現在の仕事内容と実際にやりたいと思っている仕事の間にギャップを感じるか?」という質問には6割の人が「ギャップを感じている」と回答しています。

(出典:NTTコムリサーチ)

「やりたい仕事では見つからない」と割り切り、人の役に立つことを考えて、仕事に取り組んでください。

自分の仕事をしっかりこなし、周りのフォローをこなせるようになれば、仕事にやりがいが出てきます。

具体例をあげると、要領が悪い人はメモを取ることや録音などを使い、ミスを減らす働き方をしてみてください。

ミスを数えるのでなく、できたことを数えるようにすれば、自信は自然とついてきます。

仕事への取り組み方と捉え方を変えていけば、仕事でのストレスは減っていくものです。

仕事が辛いときは相談しよう

仕事がつらいときは第三者からのアドバイスを求めましょう。

なぜなら、一人で煮詰まっていても答えは出ないですし、自分に近い関係の人は保守的な意見に留まりがちです。

そこでそうだんドットミーという、相談内容に合わせてアドバイザーを紹介してくれるサービスを利用してみてください。

「そうだんドットミー」の特徴
  • 転職を目的としておらず、悩みに真摯に受け止めてくれる
  • 匿名で相談できる
  • オンライン面談で地方在住の方や、対面での面談が苦手な人も安心
  • 様々な資格や経歴を持つ約80名のアドバイザーが、あなた悩みを解決するためのサポートをしてくれます。
1人で悩みを抱え込まずに誰かに相談することが大切です。

サトシ

詳しくはこちらで解説しているので是非参考にしてみてください。

そうだんドットミー トップ画面 実際に使って、そうだんドットミーの評判を確かめてみた

悩みを相談するうちに、転職という選択肢も出てくることもあります。

今は終身雇用制度が崩壊しかけており、転職のハードルは高くありません。

キャリアチェンジするなら若い方が適しています。

仕事が辛くてどうしようもない時には「転職」の選択肢も考えてみてください。

転職を少しでも考えているのなら転職エージェントを活用しよう

転職の可能性が少しでもあるのならば、まず転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントは登録も利用も無料ですし、面談で悩みを相談することも可能です。

転職エージェントに登録したからといって、必ずしも転職しなければならないということはありません。

場合によっては転職エージェントの人が「今の会社にいた方が良いと勧めてくれる」こともあるので、安心して相談してみてください。

おすすめの転職エージェントはこちらで紹介

20代におすすめの転職サイト 20代におすすめの転職サイト13選。ランキング形式で比較紹介!

仕事が辛いときの原因と対処法まとめ

仕事が辛いと感じる主な原因は以下の通りです。

  • 労働環境(人間関係・職場環境・待遇が悪い)
  • 仕事(量が適切じゃない・レベルが合っていない)
  • 自分自身(やりたい仕事じゃない・要領が悪い)

上記のような問題を抱えている人が仕事に悩んでいます。

各原因の対処方法は6つありました。

  • 労働環境が原因の場合は環境を変える行動を取る。
  • 仕事量が原因の場合は自分に合った量を上司と面談して決める。
  • 仕事の内容が自分の能力に見合わないときも上司に相談する。
  • 仕事のレベルが高い場合は、できる人のやり方を真似したり、勉強しながら試行錯誤してみる。
  • レベルの高い仕事を任されるということは上司から評価されている証なので、成長できるチャンスだと割り切る。
  • 自分が原因の場合は仕事への取り組み方を変える。
  • 部署異動や転職で環境を変えることで仕事が辛さはかなり軽減される。

また、転職エージェントやそうだんドットミーに相談することで、自分には無かった価値観や解決法を思いつくきっかけになるのでぜひ登録してみてください。

仕事に使う時間は、人生の3分の1とも言われています。

より良い人生をおくるためにも、この記事を参考にして、仕事の辛さを打開してください。

仕事をすぐ辞める人の特徴7個とすぐ辞めないための仕事の見つけ方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です